比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

アズビルの最新業績

アズビルの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からアズビルの事業内容についても確認できます。 注意:アズビルの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:7.54

2016-12-31:5.31

2016-09-30:2.44

売上高

2017-06-30:547億9900万

2016-06-30:561億3700万

2015-06-30:492億8600万

2014-06-30:510億6000万

売上総利益

2017-06-30:190億6700万

2016-06-30:181億0700万

2015-06-30:159億6900万

2014-06-30:162億8500万

営業利益

2017-06-30:17億3200万

2016-06-30:7億7200万

2015-06-30:-19億0000万

2014-06-30:-15億3400万

経常利益

2017-06-30:20億0200万

2016-06-30:1億7200万

2015-06-30:-16億8100万

2014-06-30:-15億0000万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:11億8900万

2016-06-30:-6400万

2015-06-30:-13億6700万

2014-06-30:-13億2800万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:23億0300万

2016-06-30:-17億2800万

2015-06-30:-5億5000万

2014-06-30:-4億1600万

営業CF

2017-03-31:199億4900万

2016-03-31:110億7200万

2015-03-31:136億9800万

2014-03-31:158億3500万

投資CF

2017-03-31:-90億6000万

2016-03-31:42億6100万

2015-03-31:-134億7200万

2014-03-31:-106億6900万

財務CF

2017-03-31:-64億4100万

2016-03-31:-105億3600万

2015-03-31:-60億6500万

2014-03-31:-69億3900万

総資産

2017-06-30:2494億9200万

2016-06-30:2435億6500万

2015-06-30:2470億3300万

2014-06-30:2372億4400万

流動資産

2017-06-30:1883億1000万

2016-06-30:1874億3800万

2015-06-30:1798億5200万

2014-06-30:1731億6800万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:598億3700万

2016-03-31:559億4700万

2015-03-31:519億2000万

2014-03-31:558億4400万

現金及び預金

2017-06-30:560億3900万

2016-06-30:521億9000万

2015-06-30:519億7700万

2014-06-30:515億8100万

固定資産

2017-06-30:611億8200万

2016-06-30:561億2600万

2015-06-30:671億8000万

2014-06-30:640億7500万

負債

2017-06-30:880億9300万

2016-06-30:908億1800万

2015-06-30:930億8800万

2014-06-30:900億3100万

流動負債

2017-06-30:741億2800万

2016-06-30:781億7500万

2015-06-30:776億6300万

2014-06-30:749億1600万

固定負債

2017-06-30:139億6500万

2016-06-30:126億4300万

2015-06-30:154億2500万

2014-06-30:151億1400万

もっと見る

純資産

2017-06-30:1613億9800万

2016-06-30:1527億4600万

2015-06-30:1539億4400万

2014-06-30:1472億1200万

従業員数

2017-03-31:9290

2016-03-31:9464

2015-03-31:9408

2014-03-31:9712

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1823

2016-03-31:1844

2015-03-31:1824

2014-03-31:2285

売上総利益率

2017-06-30:34.8

2016-06-30:32.3

2015-06-30:32.4

2014-06-30:31.9

売上営業利益率

2017-06-30:3.2

2016-06-30:1.4

2015-06-30:-3.9

2014-06-30:-3

売上経常利益率

2017-06-30:3.7

2016-06-30:0.3

2015-06-30:-3.4

2014-06-30:-2.9

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:2.2

2016-06-30:-0.1

2015-06-30:-2.8

2014-06-30:-2.6

ROA

2017-06-30:2

2016-06-30:0

2015-06-30:-2.4

2014-06-30:-2.4

ROE

2017-06-30:2.8

2016-06-30:0

2015-06-30:-3.6

2014-06-30:-3.6

自己資本比率

2017-06-30:64.7

2016-06-30:62.7

2015-06-30:62.3

2014-06-30:62.1

流動比率

2017-06-30:254

2016-06-30:239.8

2015-06-30:231.6

2014-06-30:231.1

固定比率

2017-06-30:37.9

2016-06-30:36.7

2015-06-30:43.6

2014-06-30:43.5

業績ランキングは

177

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

アズビルの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
アズビル
なし

キーワードの推移
2017/06/27(年度)2016/06/28(年度)2015/06/25(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/11(四半期)2015/08/07(四半期)
アズビルアズビルアズビルアズビルアズビルアズビルアズビルアズビルアズビルアズビル
オートメーションオートメーションオートメーション市場化テストlseオートメーションオートメーションオートメーションオートメーションオートメーション
ビルディングビルディングbaオートメーションオートメーションbababababa
アドバンステルスタビルディングiapbalseメータ市場化テスト市場化テスト市場化テスト
baアドバンスアドバンスlse全館メータアドバンスlselseアドバンスオートメーション
lsebaアドバンスオートメーションbaメータアドバンスビルディングアドバンスアドバンスlse
ビルディングオートメーションシステムビルディングオートメーションシステムメータライフラインアドバンスビルディングジョブビルディングビルディングジョブ
iap市場化テスト川砂インダストリアルオートメーションプロダクツライフ・サイエンス全館全館ジョブジョブアドバンス
メータアドバンスオートメーションlseメータビルディングルールルールルールルールビルディング
アドバンスオートメーションlse装置産業発信器クリーンルーム株券株券メータメータメータ
全館ジョブ居住空間体質改善既設既設既設株券株券ルール
ライフラインメータライフ・サイエンスcpアドバンスオートメーションアドバンスオートメーションアドバンスオートメーションアドバンスオートメーションアドバンスオートメーション株券
川砂ライフ・サイエンスコントローラコンポーネント空調ライフ・サイエンスlse福祉福祉kabu
ライフ・サイエンス全館ライフプロダクツ居住空間protectライフ・サイエンスprotectprotectライフ・サイエンス
ライフライフラインクロスイッチライフライフprotect装置産業薬品福祉
ポジショナ居住空間バイオビジラント事業単位ジョブ居住空間ライフ情報システム装置産業装置産業
インダストリアルオートメーションプロダクツライフマイクロフローセンサ計器都市再開発水道居住空間居住空間情報システム居住空間
ビルディングオートメーションサービスアズビルテルスターグループリミットスイッチ都市再開発ライフライン発行者水道ライフ居住空間ライフ
バルブ川砂アズビルバイオビジラントアドバンスソリューション地球環境問題発行者発行者ライフ情報システム
テルスタポジショナautomation全館のれん都市再開発地球環境問題ha発行者発行者
空調ビルディングオートメーションサービス全館ビルディング水道空調都市再開発ファクトリーオートメーションha素材
クリーンルームバルブ空調ライフ都市ガス空間空調再開発リソースha
コントローラコントローラライフラインインダストリアル体質改善地球空間薬品ファクトリーオートメーションリソース
ユーザーズユーザーズアプリケーションパッケージ都市ガスlpガス焦土化経営地球ソリューション再開発ファクトリーオートメーション
発信器福祉ビルディングオートメーションシステムローカル情報提供焦土化経営地球環境問題ソリューション地球環境問題
cp空調テルスタ制御システムエンジニアリング焦土情報提供都市再開発地球環境問題ソリューション
制御システム戸前ディテクタlpガスガス備え焦土lng船都市再開発空間
構造改革情報システムローカル大型ソリューション備え空間lng船地球
コンポーネント水道dcs大型着実ライフラインソリューション地球空間全館
水道ライフサイクル発信器川砂省エネルギーjpライフライン全館地球焦土化経営
年度or届出書
四半期or半期

(20170627)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

アズビルの類似企業へ

アズビルの業績推移

アズビルの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社13社(うち、連結子会社12社)は、熱絶縁工事を中心とする建設工事事業及びボイラ事業の事業活動を展開しております。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社と国内及びアジア地域等での現地法人を含めた連結子会社で構成されており、国内外での材料等の製造及び施工において、熱絶縁工事、建材工事(クリーンルーム)、冷凍冷蔵低温工事等、幅広い需要先のニーズに対応しています。(施工) 明星建工(株)、(株)エムエステック、メイセイ工事(株)、MEISEI INTERNATIONAL PTE.LTD...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益3年連続マイナス成長,8年連続黒字経常利益3年連続マイナス成長,8年連続黒字当期純利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(日本空調サービス株式会社)、子会社16社(国内10社、海外6社)及び関連会社1社(NA TPS ENGINEERING CO., LTD.)により構成され、空調を中心とした建物設備等のメンテナンス、維持管理及びリニューアル工事を主な事業としております。”...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社と連結子会社(NIC Autotec(Thailand)Co.,Ltd.)の計2社で構成されております。当社グループではアルファフレーム部門、装置部門及び商事部門の3部門体制で、機械・装置の基礎フレームなど機械要素となるアルミニウム合金製構造部材のアルミフレーム及びフレーム同士を結合するブラケット等の補助部品システムからなる「アルファフレームシステム」(商標名「ALFA FRAME® SYSTEMM」以下、「アルファフレームシステム」という。)、FA装置(FA:Factory Automation/「自動化・省力化装置」をいう。)等及び工業生産財といった製商品の販売を行っ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”平成29年3月31日現在の各事業における当社並びに子会社及び関連会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。当事業においては、方向制御機器、駆動機器、空気圧補助機器などの空気圧機器をはじめ温調機器、センサー等の製品及び部品を製造・販売しております。当事業に係る会社数は71社(当社並びに子会社69社及び関連会社1社)であり、主要な会社の名称は、以下のとおりであります。当事業においては、普通倉庫業等を営んでおります。当事業に係る子会社は、東洋運輸倉庫(株)ほか3社であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および当社の関係会社43社(子会社28社、関連会社15社)により構成されており、主な事業内容であるEPC事業は、一般化学、石油化学、石油精製、天然ガス、電力、原子力、水、交通、高度生産システム、物流、医薬、資源開発、バイオ、環境その他各種産業におけるプラントの研究・開発協力、企画、設計、機器調達、建設、試運転、技術指導などを内容としており、当社および当社のグループ会社が、グローバルな体制で、変化する顧客ニーズにフレキシブルに応える総合エンジニアリングビジネスを展開しております。なお、当社グループは、EPC事業ならびにこれらの付帯事業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社7社及び関連会社2社により構成されており、エンジニアリング事業、単体機械事業の2事業を主たる事業としております。MKK Asia Co.,Ltd.MKK EUROPE.B.V.(非連結子会社)...(20170809に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(木村化工機株式会社(当社)、連結子会社2社、非連結及び持分法非適用子会社1社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、エンジニアリング事業、化工機事業及びエネルギー・環境事業の3事業を行っており、その製品の種類は多岐にわたっております。また、次の3部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、蒸発装置、晶析装置、洗浄装置、攪拌機、圧力容器タンク、ステンレス・鉄・樹脂の配管工事等の設計、製作、加工並びに販売を行っております。当部門においては、プラント設備の設計、機器製作、既設撤去、据付、配管、塗装...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社2社(鳥羽(上海)貿易有限公司、TOBA(THAILAND)CO.,LTD.)、関連会社1社(東莞市鳥羽機械設備有限公司)で構成されており、下記、主要取扱品目に記載の制御機器、FA機器及び産業機器などの販売を主な事業内容としております。国内取引については、有力メーカーなどより商品を仕入れ、大手ユーザーを中心に販売を行っております。また、海外取引については、主として国内有力メーカーより仕入れた商品を海外ユーザーに販売を行っております。なお、当社グループは、単一の事業セグメントとしております。当社グループは、単に機械工具類の卸売りを行うばかりではなく、主としてユーザーの...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社1社、非連結子会社1社及び関連会社1社により構成されております。社宅管理事務代行事業は、顧客企業に対して社宅・寮及び駐車場の社宅事務業務をアウトソーシング事業として行うものであります。具体的には顧客企業に対して借上社宅物件の紹介、契約・入居手続、家賃の支払い、退去時における原状回復費用のチェック等の社宅管理事務代行サービスを提供しております。当事業は顧客企業からの受託件数に対応して売上高が増加するビジネスモデルとなっております。受託件数とは社宅のアウトソーシングの申込を受けている申込済み件数と既に当社運営中の件数を合算した件数であります。過去5年間の決算日現在の...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ハリマビステム(当社)及び子会社6社、子会社を除く関係会社12社で構成されており、建築物総合サービス事業(清掃業務、設備保守管理業務、警備業務、工営業務のほか営繕工事業務、ケータリング業務等)、その他(居宅介護サービス業、トナー販売業、保険代理業)を主な事業として営んでおります。(1) 清掃業務 公共施設、オフィスビル、店舗、医療施設等の清掃業務を行っております。(2) 設備保守管理業務 公共施設、オフィスビル等の設備機器に対する常駐の専門技術者又は遠隔監視システムによる運転、監視、記録の分析等を行っております。(3) 警備業務 公共施設、オフィスビル等に対する常駐の警...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社(イオンディライト(株))は、連結子会社25社及び持分法適用関連会社2社により企業集団を構成しており、同時に当社は純粋持株会社であるイオン(株)の企業集団に属しております。総合FMS事業は、設備管理事業、警備事業、清掃事業、建設施工事業、資材関連事業、自動販売機事業、サポート事業の7事業により構成し、それぞれの事業単位で事業戦略の立案及び推進を行っております。なお、各事業の主な内容は次のとおりであります。(1) 設備管理事業.........建物設備の保守・点検・整備等を行う事業(2) 警備事業...............施設警備、雑踏・交通誘導警備、貴重品運搬警備等の警備全般を行う事業...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社11社、非連結子会社4社及び関連会社7社からなり、事業は、競馬場・病院・ホテル・一般テナントビル等の清掃、保安警備、設備管理、食品製造設備の洗浄・殺菌、実験動物の飼育、住宅用地等の建築販売及び施設営繕リフォーム工事等多分野にわたり、広くビル等の総合管理業務を営んでおります。また、医療機関として運営される医療法人良善会と医療法人聖授会が介護事業におけるノウハウの供与等で協力関係にあります。なお、次の4事業は「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記」に掲げるセグメントの区分と同一であります。SINGAPORE BIKEN PTE.L...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-02-20)

(2010-02-20) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下同じ)は、当社(大成株式会社)、子会社3社及び関連会社2社で構成されており、事業内容はオフィスビル並びにシティホテル等建物の清掃管理を行うクリーン業務(ベッドメイクを含む)、電気及び空調機器等、諸設備の運転管理及び保守点検を行う設備管理業務、警備、駐車場管理及びその他受付等を行うセキュリティ業務、リフォームや建築及び改修工事を行うリニューアル工事業務、プロパティ・マネジメント業務や指定管理者業務、PFI業務等を行う不動産ソリューション業務となっております。なお、次の5業務は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、製鉄・電力・ガス・石油等あらゆるプラントの解体工事を展開しております。当社ではプラント解体に特化した工事業者として、長年にわたるプラント解体工事を通じて得られた経験と、その間に蓄積してきたノウハウやアイデアをもとに、工法の提案、設計、施工計画、外注・資機材手配、施工管理、安全管理、原価管理、資金管理および行政対応等のエンジニアリング全般を提供しております。また、当社の設計、施工計画に基づいた工事の管理監督を行い、施工については専門の外注先に外注しております。また、プラント解体トータルマネジメントの強化を目的として、建設技能労働者の慢性的な人手不足に対応するため、平成25年1月より人材サ...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

アズビルの同業他社をもっと見る

アズビルの関連統計

統計分類検索へ

アズビルの基本情報

企業名 アズビル株式会社
カナ アズビルカブシキガイシャ
英語名 Azbil Corporation
業種 電気機器
所在地 千代田区丸の内二丁目7番3号
ホームページ http://www.azbil.com/jp/
EDINET E01879
証券コード 6845
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6845)
決算日 03月31日