比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/07

フクダ電子の最新業績

業界:医療用製品業界すぐ比較

フクダ電子の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からフクダ電子の事業内容についても確認できます。 注意:フクダ電子の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:8.56

2016-12-31:7.54

2016-09-30:6.33

売上高

2017-06-30:267億7000万

2016-06-30:250億4600万

2015-06-30:235億8700万

2014-06-30:212億4200万

売上総利益

2017-06-30:121億7000万

2016-06-30:114億2700万

2015-06-30:113億5300万

2014-06-30:106億5200万

営業利益

2017-06-30:26億1800万

2016-06-30:22億0500万

2015-06-30:17億8200万

2014-06-30:16億6200万

経常利益

2017-06-30:27億2500万

2016-06-30:19億9800万

2015-06-30:19億3700万

2014-06-30:18億8200万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:21億5700万

2016-06-30:12億2900万

2015-06-30:11億8900万

2014-06-30:10億0500万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:23億3800万

2016-06-30:10億5500万

2015-06-30:18億2700万

2014-06-30:13億2900万

営業CF

2017-03-31:156億9300万

2016-03-31:117億5800万

2015-03-31:128億5100万

2014-03-31:111億2200万

投資CF

2017-03-31:-83億0600万

2016-03-31:-94億2500万

2015-03-31:-65億9200万

2014-03-31:-43億5000万

財務CF

2017-03-31:-43億0400万

2016-03-31:-22億6000万

2015-03-31:-23億2600万

2014-03-31:-78億5200万

総資産

2017-06-30:1435億0000万

2016-06-30:1334億1500万

2015-06-30:1223億0100万

2014-06-30:1130億6000万

流動資産

2017-06-30:902億6400万

2016-06-30:814億4700万

2015-06-30:703億0000万

2014-06-30:626億7400万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:320億0100万

2016-03-31:289億6200万

2015-03-31:241億8900万

2014-03-31:203億3900万

現金及び預金

2017-06-30:416億4400万

2016-06-30:365億2500万

2015-06-30:262億1700万

2014-06-30:229億3700万

固定資産

2017-06-30:532億3600万

2016-06-30:519億6700万

2015-06-30:520億0100万

2014-06-30:503億8600万

負債

2017-06-30:367億1700万

2016-06-30:339億1400万

2015-06-30:328億7400万

2014-06-30:307億9700万

流動負債

2017-06-30:317億3500万

2016-06-30:297億9500万

2015-06-30:307億5700万

2014-06-30:267億7600万

固定負債

2017-06-30:49億8100万

2016-06-30:41億1900万

2015-06-30:21億1600万

2014-06-30:40億2100万

もっと見る

純資産

2017-06-30:1067億8300万

2016-06-30:995億0000万

2015-06-30:894億2700万

2014-06-30:822億6200万

従業員数

2017-03-31:3110

2016-03-31:2903

2015-03-31:2949

2014-03-31:2866

臨時従業員数(外)

2017-03-31:557

2016-03-31:506

2015-03-31:473

2014-03-31:445

売上総利益率

2017-06-30:45.5

2016-06-30:45.6

2015-06-30:48.1

2014-06-30:50.1

売上営業利益率

2017-06-30:9.8

2016-06-30:8.8

2015-06-30:7.6

2014-06-30:7.8

売上経常利益率

2017-06-30:10.2

2016-06-30:8

2015-06-30:8.2

2014-06-30:8.9

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:8.1

2016-06-30:4.9

2015-06-30:5

2014-06-30:4.7

ROA

2017-06-30:6

2016-06-30:3.6

2015-06-30:4

2014-06-30:3.6

ROE

2017-06-30:8

2016-06-30:4.8

2015-06-30:5.2

2014-06-30:4.8

自己資本比率

2017-06-30:74.4

2016-06-30:74.6

2015-06-30:73.1

2014-06-30:72.8

流動比率

2017-06-30:284.4

2016-06-30:273.4

2015-06-30:228.6

2014-06-30:234.1

固定比率

2017-06-30:49.9

2016-06-30:52.2

2015-06-30:58.1

2014-06-30:61.3

業績ランキングは

237

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

フクダ電子の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
フクダ電子
なし

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/07(四半期)2017/02/08(四半期)2016/11/08(四半期)2016/08/05(四半期)2016/02/08(四半期)2015/11/09(四半期)2015/08/07(四半期)
フクダ電子フクダ電子フクダ電子フクダ電子生体生体生体生体生体生体
フクダライフテックフクダライフテックフクダライフテック生体フクダコーリン医療機器医療機器在宅医療在宅医療在宅医療
生体生体生体フクダコーリンオムロンコーリンフクダ電子フクダ電子医療機器医療機器医療機器
フクダコーリンファインテックファインテック医療機器医療機器馬手ディスポーザブルフクダ電子フクダ電子フクダ電子
人工呼吸器ディスポーザブルフクダ電子積立器械医療馬手医療
ファインテックディスポーザブル在宅医療器械人工呼吸器ディスポーザブルディスポーザブル積立ディスポーザブル
ディスポーザブル血球ディスポーザブル医療ディスポーザブル血球医療血球医療血球
血球器械血球プラン血球器械プラン器械ディスポーザブル器械
器械血圧器械医療従事者器械医療従事者血球
在宅医療在宅医療aed在宅医療医療医療血圧医療機関器械医療機関
電極電極血圧電極プランプラン在宅医療プランプラン
心音図医用保健医療従事者医療従事者電極医療従事者医療機関医療従事者
呼吸不全心音図電極ルール在宅医療血圧保健血圧プラン血圧
心停止呼吸不全診療報酬電極在宅医療電極医療従事者電極
ポリグラフ心停止心音図臨床試験保健電極ルール保健血圧保健
心音ポリグラフ呼吸不全医師ルール保健診療報酬電極
心電図モニタ心音心停止販売業カウンタ臨床試験ルール保健ルール
心臓心電図モニタポリグラフ消耗品診療報酬ルール医師カウンタカウンタ
オムロンコーリン心臓心音臨床臨床試験カウンタ販売業診療報酬ルール診療報酬
医用医用心電図モニタ医療機関医師診療報酬消耗品臨床試験カウンタ臨床試験
積立心臓販売業臨床試験臨床医師診療報酬医師
心疾患心疾患積立機器消耗品医師医療機関販売業臨床試験販売業
患者患者心疾患ペース臨床販売業消耗品医師消耗品
switzerlandカウンタ患者人工消耗品機器臨床販売業臨床
人工switzerlandカウンタ専門家医療機関臨床ペース消耗品
オムロン情報提供医療機関機器臨床機器
医療人工呼吸器switzerlandマイナス機器専門家ペースペース
ペース医療なすペース機器情報提供機器
ペース医療機関製造業保険マイナス高齢化保険高齢化
心電図電子機器ペースなす専門家ペース専門家
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170807)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

フクダ電子の類似企業へ

フクダ電子の業績推移

フクダ電子の同業他社

業績赤字あり (2016-11-30)

(2016-11-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当連結会計年度において、株式会社Drinkable Air Asiaを新規に設立したことにより連結の範囲に含めることとしました。また、有限会社ダイヤモンドムーン及びJapan Special Healty Water Ltd. の株式を取得したことにより持分法の適用範囲に含めることとしました。この結果、当社及び連結子会社9社並びに持分法適用関連会社2社により構成されております。 当社グループは、医療関連事業を中核ビジネスとして、医療用機器製造販売、当社独自のノウハウによる「EndoSCAを使った再生医療」、病院やクリニックの管理運営及び次世代検診サービスを展...(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、連結財務諸表提出会社(以下当社という。当社グループを構成している各会社間の取引の概要は以下の図のとおりであります。(国内)当社は、カテーテルシステム、人工心肺システムの製品を製造し、また人工心肺システムの一部、人工血管を輸入し、主として医家向業務用代理店を通じて、全国の病院、診療所等へ販売しております。 テルモ・クリニカルサプライ(株)は、カテーテルシステムの製品の一部を製造し、販売しております。 テルモ山口(株)はカテーテルシステムの半製品の製造を行っております。(海外)テルモメディカルCorp.及びテルモヨーロッパN.V.の2社は、当社より製品及び原材料の一部を仕入れ、カ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(栄研化学(株))と連結子会社1社(栄研生物科技(中国)有限公司)により構成されており、検査薬の製造販売を主な事業として営んでおります。なお、連結子会社の栄研生物科技(中国)有限公司は、当社検査薬の加工生産及び検査薬の仕入製造販売を主な事業として営んでおります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業といたしましては、生化学検査試薬(主な製品名:腎機能検査試薬、肝機能検査試薬)と免疫検査試薬(主な製品名:輸血検査試薬、アレルギー検査試薬、癌マーカー検査試薬)及びその他の試薬(主な製品名:標準血清、機器)の研究、開発、製造、販売を主な業務としております。(関連当事者との取引) 当社との間で継続的で緊密な事業上の関係がある関連当事者は、日立化成株式会社及び旭化成ファーマ株式会社であり、関係を図示しますと次のとおりであります。...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社免疫生物研究所(当社)及び連結子会社2社、持分法非適用会社1社で構成されております。主要な製品およびサービスは、研究用関連では、主に抗体を基盤とした研究用試薬販売及び試薬関連受託サービスを行っております。また、医薬用関連では、医薬シーズライセンス事業及び体外診断用医薬品原料の製造・販売を行っております。カイコの繭中に目的タンパク質を効率よく大量生産できる技術による受託サービスや化粧品原料の販売、さらに診断薬、医薬品への実用化を目指し、製薬企業等との共同研究を推進しております。主にLipoSEARCHRを中核事業とし、臨床研究、基礎研究、動物医療...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社である大連クリエート医療製品有限公司、クリエート国際貿易(大連)有限公司、ベトナムクリエートメディック有限会社、ベトナムクリエートメディック国際貿易有限会社、九州クリエートメディック株式会社等で構成されており、シリコーンラバーを主な原材料としたディスポーザブルカテーテル・チューブ及び医療機器の製造・販売を主な事業内容としております。...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、臨床検査用分析装置及び医療機器の研究開発、製造、販売、輸出及び、これら装置で使用する消耗品の製造、販売を主たる業務とし、さらにこれら装置の保守サービス等の事業活動を展開しております。販売系統としましては、当社が直接国内・海外ユーザーへ製品を販売する場合と、販売業者を経由し国内・海外ユーザーへ製品を販売する場合があります。なお、子会社・関連会社はありません。当社は医療機器及び、これら装置で使用する消耗品の製造、販売を主たる事業とする単一セグメントでありますが、事業の傾向を示すため品目別に事業の内容を記載いたします。当社の製品は3つに分類でき、その内容は下記のとおりであります。採血管準備装...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は主に病院の血液検査が行われる臨床検査室に必要な製品群(検体検査装置、臨床検査試薬、臨床検査情報システム、検体検査自動化システム、各消耗品)の開発・製造・販売・カスタマーサポートの事業を行っております。また、当社の関係会社は1社(親会社:株式会社トクヤマ(以下、トクヤマ))となっております。当社はトクヤマの連結子会社であり、同社グループのライフアメニティーセグメントに属する1社でありますが、当社以外、主として臨床検査に関する製品及びサービスを顧客に提供する事業を営む会社はなく、自ら経営責任を持ち事業経営を行っており、人的関係以外、重要な営業上の取引はありません。...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社40社の合計41社(平成29年3月31日現在)で構成されており、医用電子機器の研究開発・製造・販売・保守サービスの事業活動を展開しています。 国内では、当社および日本光電富岡(株)が医用電子機器の研究開発・製造を行っています。また、(株)日本バイオテスト研究所が免疫化学製品の開発・製造・販売、(株)ベネフィックスが医療情報システム製品の製造・販売を行っています。 海外では、上海光電医用電子儀器(有)が医用電子機器、デフィブテック LLCが救命救急医療機器の開発・製造・販売を行い、日本光電マレーシア(株)が医用電子機器の製造・販売・販売促進を行っています。日本光電フィ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社62社及び関連会社等2社で構成されており、検体検査に関連する製品及び関連するサービスを提供する「ヘルスケア事業」を主たる事業としております。国内では、主に当社が製品の開発、製造、販売及びサービスを担当し、一部の製品の開発、製造及び製品の組立の一部を連結子会社が担当しております。また、海外では、米州、EMEA、中国及びアジア・パシフィックの各地域において、製品の製造、販売等を地域によって51社が分担し、関連するソフトウェアの開発を1社が担当しております。主要な連結子会社及び関連会社等の主な事業内容等は、以下のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社9社並びに関連会社1社で構成され、医療機器・医薬品の製造・販売を主な事業内容とし、さらにその事業に関連する保守及びその他サービス等の事業活動を展開しております。当社グループは、医療機器・医薬品関連事業を、国内においては当社<日本>及び持分法適用関連会社である株式会社ジェイ・オー・ファーマが、海外においては、東南アジア、中国、ドイツ、アメリカ等の各地域をジェイ・エム・エス・シンガポールPTE.LTD.<東南アジア>、PT.ジェイ・エム・エス・バタム<東南アジア>、大連ジェイ・エム・エス医療器具有限公司<中国>、バイオニ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社4社及び関連会社1社で構成されており、血液及び血管内関連及び体外循環関連の医療機器・医薬品の製造・販売を事業内容としております。血液及び血管内関連の主要な製品は、血液バッグ・成分採血キット・輸液セット・血管内治療用カテーテル、ステントグラフトであり、体外循環関連の主要な製品は、ダイアライザー(人工腎臓)・血液回路・AVF針(翼付動静脈針)・血液浄化用フィルター・生理食塩液・人工心肺用回路であります。国内は、三重工場、佐伯工場及び野津工場において、血液及び血管内関連及び体外循環関連の医療機器・医薬品の生産を行っております。また、子会社である川...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社15社で構成されており、歯科医療用機器、一般産業用切削・研削器の製造・販売を主たる業務としております。当部門においては、治療用ハンドピース、技工用マイクロモーター&ハンドピース、外科用ハンドピース及び滅菌器等の製造・販売をしております。当社、NSK-AMERICA CORP.、NSK EUROPE GmbH、NSK FRANCE S.A.S.、上海弩速克国際貿易有限公司、NSK OCEANIA PTY.LTD.、NSK UNITED KINGDOM LTD.、NSK-NAKANISHI DENTAL SPAIN S.A.及びDENTAL X S.p.A当部門におい...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社8社により構成されており、針付縫合糸・皮膚縫合器・眼科ナイフ・針付縫合糸の材料であるアイレス縫合針・アイド縫合針・歯科用根管治療機器・歯科用回転切削機器・歯科用実体顕微鏡・歯科用修復材等の製造及び販売を主たる業務としております。当社が製造及び販売するほか、子会社のMANI HANOI CO.,LTD.が製造しており、MANI MEDICAL HANOI CO.,LTD.、馬尼(北京)貿易有限公司及びSchütz Dental GmbHが販売しております。当社が製造及び販売するほか、子会社のMANI HANOI CO.,LTD.が製造してお...(20161128に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社8社(ASAHI INTECC THAILAND CO.,LTD.、ASAHI INTECC HANOI CO.,LTD.、ASAHI INTECC USA,INC.、朝日インテックJセールス株式会社、朝日英達科貿(北京)有限公司、フィルメック株式会社、トヨフレックス株式会社、TOYOFLEX CEBU CORPORATION)で構成されており、医療機器分野及び産業機器分野における製品の開発・製造・販売を主な事業としております。(製造) ASAHI INTECC THAILAND CO.,LTD.、ASAHI INTECC HANOI CO.,LTD.、朝日イ...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(メディキット(株))、子会社3社(連結子会社2社、持分法非適用非連結子会社1社)により構成されており、医療機器の開発・製造・販売を業務としております。医療機器の製造は連結子会社である東郷メディキット(株)、Medikit Vietnam Co.,Ltd.が行っており、当社は東郷メディキット(株)より同製品を仕入れ、国内外ユーザーに販売しております。当社グループは、主として血管・血液に関する分野の医療機器を取扱っております。単一セグメントのため品目別に分類しますと、次のとおりであります。人工透析類では人工透析用留置針を中心とした人工透析関連製品の製...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、研究開発型医療機器メーカーとして、主に麻酔関連・病院内感染防止関連製品の企画開発・製造販売を行っております。なお、当社には、親会社、子会社、関連会社及びその他の関係会社はありません。当社の製品開発の特徴は、麻酔関連・病院内感染防止関連の医師、看護師及び臨床工学技士を中心とした医療現場のニーズを開発担当者が直接聞き、特許を含め独創的な技術を駆使して製品化することを製品開発の基本理念としていることであります。国内の医療機関の多くが、欧米メーカーを中心とした輸入医療機器に依存しており、この欧米主導の医療機器業界において、当社は医療現場第一主義に徹し、現場の小さな声も拾い上げ、製品化することに...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社松風(当社)、連結子会社14社(国内4社、海外10社)及び非連結子会社(海外2社)で構成され、歯科材料、機器の総合メーカーとして、その製造・販売を主な事業内容とするほか、ネイル関連事業、その他の事業(工業用研磨材)を行っており、グループの事業別の内容及び取引の概要は、下記のとおりであります。Advanced Healthcare Ltd.「デンタル関連事業」(イギリス)SHANGHAI SHOFU Dental Material Co., Ltd.「デンタル関連事業」(中国)SHOFU Dental Corp.「デンタル関連事業」(アメリカ)SHOFU Dental T...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

フクダ電子の同業他社をもっと見る

フクダ電子の関連統計

統計分類検索へ

フクダ電子の基本情報

企業名 フクダ電子株式会社
カナ フクダデンシカブシキガイシャ
英語名 FUKUDA DENSHI CO.,LTD.
業種 電気機器
所在地 文京区本郷三丁目39番4号
ホームページ http://www.fukuda.co.jp/
EDINET E02304
証券コード 6960
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6960)
決算日 03月31日