比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/07

川崎重工業の最新業績

川崎重工業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から川崎重工業の事業内容についても確認できます。 注意:川崎重工業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:2.46

2017-03-31:3.84

2016-12-31:5.57

2016-09-30:7.32

売上高

2017-06-30:3353億2900万

2016-06-30:3398億5900万

2015-06-30:3400億4200万

2014-06-30:3041億5400万

売上総利益

2017-06-30:511億7500万

2016-06-30:596億5800万

2015-06-30:588億1600万

2014-06-30:509億8400万

営業利益

2017-06-30:49億0800万

2016-06-30:159億5800万

2015-06-30:148億1900万

2014-06-30:109億0400万

経常利益

2017-06-30:54億3300万

2016-06-30:57億3800万

2015-06-30:153億5800万

2014-06-30:66億9400万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:32億7800万

2016-06-30:47億9700万

2015-06-30:74億9200万

2014-06-30:60億7500万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:31億3000万

2016-06-30:-87億9700万

2015-06-30:91億1000万

2014-06-30:46億1000万

営業CF

2017-03-31:935億1400万

2016-03-31:860億5900万

2015-03-31:1276億5100万

2014-03-31:1517億2100万

投資CF

2017-03-31:-648億7900万

2016-03-31:-741億8500万

2015-03-31:-673億9700万

2014-03-31:-775億5900万

財務CF

2017-03-31:-158億5000万

2016-03-31:-234億0000万

2015-03-31:-571億3300万

2014-03-31:-625億0500万

総資産

2017-06-30:1兆7319億7200万

2016-06-30:1兆6476億3000万

2015-06-30:1兆7078億7600万

2014-06-30:1兆5706億5100万

流動資産

2017-06-30:1兆1191億6000万

2016-06-30:1兆0533億2800万

2015-06-30:1兆1118億7700万

2014-06-30:1兆0170億1000万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:507億2200万

2016-03-31:378億3200万

2015-03-31:477億2100万

2014-03-31:454億3100万

現金及び預金

2017-06-30:482億6100万

2016-06-30:391億3100万

2015-06-30:467億4400万

2014-06-30:433億1200万

固定資産

2017-06-30:6128億1200万

2016-06-30:5943億0100万

2015-06-30:5959億9800万

2014-06-30:5536億4000万

負債

2017-06-30:1兆2812億2200万

2016-06-30:1兆2229億4900万

2015-06-30:1兆2631億0700万

2014-06-30:1兆1998億9100万

流動負債

2017-06-30:8883億6000万

2016-06-30:8298億0200万

2015-06-30:8782億4900万

2014-06-30:8197億7600万

固定負債

2017-06-30:3928億6200万

2016-06-30:3931億4700万

2015-06-30:3848億5800万

2014-06-30:3801億1400万

もっと見る

純資産

2017-06-30:4507億4900万

2016-06-30:4246億8000万

2015-06-30:4447億6800万

2014-06-30:3707億6000万

従業員数

2017-03-31:3万5127

2016-03-31:3万4605

2015-03-31:3万5471

2014-03-31:3万4620

売上総利益率

2017-06-30:15.3

2016-06-30:17.6

2015-06-30:17.3

2014-06-30:16.8

売上営業利益率

2017-06-30:1.5

2016-06-30:4.7

2015-06-30:4.4

2014-06-30:3.6

売上経常利益率

2017-06-30:1.6

2016-06-30:1.7

2015-06-30:4.5

2014-06-30:2.2

売上純利益率

2017-06-30:1

2016-06-30:1.4

2015-06-30:2.2

2014-06-30:2

もっと見る

ROA

2017-06-30:0.8

2016-06-30:1.2

2015-06-30:1.6

2014-06-30:1.6

ROE

2017-06-30:2.8

2016-06-30:4.4

2015-06-30:6.8

2014-06-30:6.4

自己資本比率

2017-06-30:26

2016-06-30:25.8

2015-06-30:26

2014-06-30:23.6

流動比率

2017-06-30:126

2016-06-30:126.9

2015-06-30:126.6

2014-06-30:124.1

固定比率

2017-06-30:136

2016-06-30:139.9

2015-06-30:134

2014-06-30:149.3

業績ランキングは

2123

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

川崎重工業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
川崎重工業

キーワードの推移
2017/06/28(年度)2016/06/24(年度)2015/06/25(年度)2017/08/07(四半期)2017/02/09(四半期)2016/11/07(四半期)2016/08/04(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/09(四半期)2015/08/06(四半期)
kawasakikawasakikawasaki航空宇宙民間航空機民間航空機モーターサイクルkcm運搬船航空宇宙
モーターサイクルガスタービンガスタービンモーターサイクル海洋ガスタービン運搬船enseadaガスタービン運搬船
ガスタービンモーターサイクルモーターサイクル海洋エンジン海洋民間航空機運搬船航空宇宙ガスタービン
航空宇宙航空宇宙航空宇宙精密機械航空宇宙エンジン航空宇宙ガスタービンボーイング
精密機械宇宙運搬船運搬船産業用ロボット航空宇宙産業用ロボット航空宇宙半導体産業モーターサイクル
パーソナルウォータークラフトパーソナルウォータークラフト宇宙ガスタービン建設機械プラント防衛省宇宙半導体産業
パーソナルウォータークラフト民間航空機実体経済航空海洋宇宙
川重冷熱工業精密機械精密機械宇宙プラント宇宙エンジン防衛省民間航空機油圧
海洋川重冷熱工業川重冷熱工業エンジン船舶プラントnaval油圧
宇宙海洋海洋防衛省航空モーターサイクル海洋油圧航空
船舶船舶油圧宇宙宇宙空力
船舶船舶宇宙汎用エンジンlnglpg
民間航空機川崎バギー実体経済船舶建設機械川重冷熱工業海洋航空
産業用ロボットバギーガソリンエンジン東京都交通局航空機航空産業用ロボットエンジンlpg
川崎防衛省エンジン航空モーターサイクルごみ汎用エンジンlngロボット
バギーガソリンエンジン川崎重工業油圧交通局国際金融市場建設機械エンジン船体海洋
エンジン油圧ボイラlpg汎用エンジン円高船舶ドリルシッププラント
防衛省エンジンatvジェットフォイルリニア産業用ロボットガスタービン航空モーターサイクルエンジン
ガソリンエンジンatvボーイング東京都交通局ガスタービン防衛省航空機lpgプラント船舶
atv航空航空プラントごみ精密機械ごみ建設機械ロボットごみ
roic破砕機交通局国際金融市場四輪車国際金融市場船舶船舶
油圧防衛省汎用エンジン実体経済精密機械プラントごみ防衛省
プラントプラント破砕機建設機械地下鉄工事損失引当金四輪車indústria精密機械
航空深海救難艇プラントリニア防衛省油圧実体経済日立建機防衛省工事損失引当金
破砕機環境装置kcma国際金融市場精密機械油圧艦艇精密機械車両
民間航空機kcmj四輪車発電所lpgモーターサイクル資源国水力
環境装置車両油圧地下鉄工事損失引当金機械点線工事損失引当金二輪車
艦船アーステクニカ中東地域車両合弁lng二輪車機械
建設機械アーステクニカflutek車両円高ドル円高民間航空機機械lng
車両fluteklng機械機械資源国機械石炭火力発電航空機マインド
年度or届出書
四半期or半期

(20170628)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170807)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

川崎重工業の類似企業へ

川崎重工業の業績推移

川崎重工業の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社56社、関連会社8社で構成され、主な事業は精密機器事業、輸送用機器事業、航空・油圧機器事業、産業用機器事業に分かれ、その事業内容と各事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は、以下のとおりです。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分です。Nabtesco Motion Control Inc.Nabtesco India Private Ltd.Harmonic Drive L.L.C.Nabtesco Oclap S.r.l.NABMIC B.V....(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び関連会社1社で構成され、半導体・電子工業分野及びバイオロジカル分野を主な需要先とした、クリーンエアーシステムの企画、製造、サービス等の総合技術の販売という単一セグメントに属する事業を営んでおります。事業内容及び当社と関連会社との関係は次のとおりであります。当社よりクリーンエアーシステムの技術供与をうけ、クリーンエアー機器の製造販売を行っております。...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、総合機械メーカーとして、子会社152社、関連会社8社及び当社を含め総計161社から構成されております。減・変速機につきましては、当社及び住友重機械ギヤボックス(株)が製造及び販売全般を行うほか、Sumitomo Machinery Corporation of Americaが主に北米地域を、Sumitomo(SHI)Cyclo Drive Germany GmbH及びHansen Industrial Transmissions NVが欧州地域を、Sumitomo(SHI)Cyclo Drive Asia Pacific Pte.Ltd.が東南アジア地域を、住友重機械(唐山)...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末現在、当社と子会社18社および関連会社10社で構成され、上下水道設備を主要マーケットとする水環境事業と、化学、鉄鋼、食品等の産業用設備および廃液や固形廃棄物処理等環境関連設備を主要マーケットとする産業事業の2つを主たる事業と位置付けており、それら以外の事業をその他としておりますが、その主要な事業内容は以下のとおりであります。当社、サンエコサーマル(株)、月島環境エンジニアリング(株)、月島マシンセールス(株)、テーエスケーエンジニアリング(タイランド)CO., LTD.、月島環保機械(北京)有限公司、大同ケミカルエンジニアリング(株)、BOKELA有限会社なお、...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び関係会社1,252社(連結子会社864社、持分法適用会社388社)から成る当グループは、情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8セグメントにわたって、製品の開発、生産、販売、サービスに至る幅広い事業活動を展開している。なお、当社は主に情報・通信システム、社会・産業システム及び電子装置・システムセグメントにおいて、製品の製造及び販売・サービスに携わっている。...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の関係会社(連結子会社86社、持分法適用非連結子会社2社及び持分法適用関連会社47社)から構成されており、船舶、海洋開発、機械、エンジニアリングの4つの事業を主として行っております。各事業の主な事業内容及び主要なグループ会社は以下のとおりです。MES HOLDINGS B.V.PACECO CORP.Engineers and Constructors International, Inc....(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、主として環境装置・プラント、機械装置、インフラ設備等の設計、製作、据付、販売、修理、保守・保全及び運営等を主な事業としており、当社、連結子会社109社及び持分法適用会社12社で構成されている。環境・プラント......ごみ焼却発電・リサイクル施設、水・汚泥処理施設、エネルギーシステム(発電設備等)、バイオマス利用システム、海水淡水化プラント等各種プラント、電力卸売機械.....................舶用原動機、舶用甲板機械、鍛圧機械、ボイラ、脱硝触媒、圧力容器等各種プロセス機器、原子力関連設備機器、プラスチック機械、食品機械、医薬機械、精密機器、エレクトロニクス・制御...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益2年連続プラス成長,黒字へ回復経常利益2年連続プラス成長,黒字へ回復当期純利益3年連続赤字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループでは、多くの事業において当社及び関係会社が連携して製造、据付、販売及びサービス等を行っている。当社グループの主な事業内容と主な関係会社の当該事業におけるセグメントとの関連は下表のとおりである。PW Power Systems, Inc.Mitsubishi Hitachi Power Systems Americas, Inc.Mitsubishi Caterpillar Forklift America Inc....(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(連結子会社152社及び持分法適用関連会社30社(平成29年3月31日現在))においては,資源・エネルギー・環境,社会基盤・海洋,産業システム・汎用機械及び航空・宇宙・防衛の4つの事業を主として行なっており,その製品は多岐にわたっています。なお,次の4事業は第5「経理の状況」1「連結財務諸表等」の「注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。当事業においては,ボイラ,原動機プラント,陸舶用原動機,舶用大型原動機,プロセスプラント(貯蔵設備,化学プラント),原子力(原子力機器),環境対応システム,医薬プラント等の製造,販売,サービスの提供等を行なっています。JURONG ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、株式会社名村造船所(当社)、子会社27社及び関連会社4社より構成されており、船舶、機械及び鉄鋼構造物の製造販売並びに船舶の修繕を主な事業内容としているほか、これらに付帯する業務等を営んでおります。当社、佐世保重工業(株)(連結子会社)及び函館どつく(株)(連結子会社)が、各種船舶の製造販売を行っております。製造につきましては、鋼材ショット加工を(株)伊万里鉄鋼センター(関連会社)、船舶製造工程の一部を佐世保重工生産サービス(株)(連結子会社)に委託しております。船舶資材の一部につきましては、名和産業(株)(連結子会社)を通じて仕入を行っております。船型の技術開発の一部につきまして...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、内海造船株式会社(当社)及び連結子会社(内海エンジニアリング(株))、その他の関係会社(日立造船(株))により構成されており、船舶の製造、修理を事業の核にして、土木建設、ホテルの経営などの事業を営んでいる。当社グループ間の取引及びセグメントとの関連は次のとおりである。当社は、船舶の製造・修理等を行っている。当社は、船舶の製造、修理に必要な原材料及び貯蔵品の一部(鋼材等)を日立造船(株)を経由して購入している。内海エンジニアリング(株)は、研掃材の製造販売、救命筏の修理等を行っている。内海エンジニアリング(株)は、土木建設、太陽光発電システムの設置を行っている。内海エンジニアリン...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社(東海旅客鉄道株式会社)、子会社7社および関連会社4社で構成しており、鉄道車両、輸送用機器・鉄構、建設機械、その他の製造・施工・販売および付帯するサービスなどの事業活動を行っております。電車、気動車、客車、リニアモーターカーなどを当社が製造・販売し、連結子会社(株)日車エンジニアリングが部品の製造・販売および役務提供を行い、米国において、電車、気動車、客車などを連結子会社NIPPON SHARYO U.S.A., Inc.およびその子会社2社が製造・販売しております。貨車、機関車、タンクローリ、タンクトレーラ、貯槽、大型陸上車両、コンテナ、無人搬送装置などを当社が製...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社6社及びその他の関係会社で構成され、鉄道車両関連事業及び不動産賃貸事業に事業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分となっております。当社が鉄道車両を製造するに当たり、製造部門の組立の一部を子会社の(株)ケーエステクノス、工場警備及び清掃等を子会社の(株)ケーエスサービスに委託しております。 また米国及びカナダを中心とした海外案件獲得の拠点である子会社のKINKISHARYO (USA) INC.、KINKISHARYO International, L.L.C.、KINKISHARYO INTERNATIONAL CANADA INC.に対しては受注車...(20170727に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(子会社96社及び関連会社7社(2017年3月31日現在)により構成)においては、自動車部門、航空宇宙部門及びその他部門の3部門に関係する事業を主として行っており、その製品は多岐にわたっております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1. 連結財務諸表等 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、軽自動車、小型自動車、普通自動車並びにその部品の製造、販売及び修理を行っております。なお、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)及びダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)と開発・生産における協力関係のもと、ダイハツからは軽自動車のOEM供給を受けており、当...(20170809に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び国内外141社の関係会社(子会社113社、関連会社28社(平成28年12月31日現在))によって構成され、主として、二輪車、船外機、ウォータービークル、ボート、漁船・和船、四輪バギー、レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル、ゴルフカー、スノーモビル、発電機、汎用エンジン、サーフェスマウンター、電動アシスト自転車、自動車用エンジンの製造及び販売を行っています。なお、次の4事業の区分は「第5 経理の状況 1(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。二輪車は当社のほか、海外においてPT.Yamaha Indonesia Motor Manufa...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、子会社11社、関連会社1社、その他の関係会社2社で構成され、旅客機用ギャレー(厨房設備)、ラバトリー(化粧室)、シート(座席)を主体とした客室内装品、及び航空機搭載機器、炭素繊維構造部材、航空機エンジン部品等の製造・販売、並びに航空機の整備を主体に事業活動を展開しており、次のとおりセグメントに区分しています。ギャレー、ラバトリーを主体とした製品製造と販売を行っており、航空機客室の全内装品に関わるデザイン、開発から機体システム改造までを含めた、客室内装備の一括供給メーカー(トータル・インテリア・インテグレーター)として、国内外の主要なエアライン、ボーイング社及びエ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社9社及び関連会社2社で構成され、船舶港湾機器、油空圧機器、流体機器、防衛・通信機器の製造・販売及び修理を行う各事業並びにその他の事業(検査機器、防災機器、鉄道機器の製造・販売及び修理等)を主な内容とし、更に各事業に関連する物流、その他サービス等の事業活動を展開しております。舶用機器の製造・販売、修理及びサービス部品の販売を当社が行う他、舶用無線の通信料金の精算、設備の保守管理を(株)モコス・ジャパンが、舶用機器・部品の販売、販売斡旋及びアフターサービスを東涇技器(上海)商貿有限公司が行っております。油空圧機器の製造・販売及び修理を当社が行う他、油圧応用装置の製造・販...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社の事業は次のとおりです。...(20160628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、非連結子会社1社及びその他の関係会社1社により構成されており、精密加工事業部(主な製品名 小口径銃弾、精密金属加工品)及び機械事業部(主な製品名 プレス機械、航空機部品、ばね機械、自動機・専用機)で事業を営んでおります。当社は、各種精密金属加工品及びプレス機械を製造販売しております。この製品の一部について、株式会社アステックス(非連結子会社)に金型の製造及び業務の委託をしております。また、当社の主要株主でありますオークマ株式会社が、その他の関係会社に該当しております。以上述べた事項を図によって示すと次のとおりであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

川崎重工業の同業他社をもっと見る

川崎重工業の関連統計

統計分類検索へ

川崎重工業の基本情報

企業名 川崎重工業株式会社
カナ カワサキジュウコウギョウカブシキガイシャ
英語名 Kawasaki Heavy Industries,Ltd.
業種 輸送用機器
所在地 神戸市中央区東川崎町3丁目1番1号
ホームページ https://www.khi.co.jp/
EDINET E02127
証券コード 7012
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7012)
決算日 03月31日