比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

ユタカ技研の最新業績

業界:輸送機械部品業界すぐ比較

ユタカ技研の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からユタカ技研の事業内容についても確認できます。 注意:ユタカ技研の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(IFRS_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:5.15

2017-03-31:4.7

2016-12-31:6.14

2016-09-30:7.02

収益

2017-06-30:413億6300万

2016-06-30:378億0400万

2015-06-30:404億0800万

2014-06-30:353億7400万

営業利益

2017-06-30:22億5500万

2016-06-30:28億2600万

2015-06-30:34億4500万

2014-06-30:33億2200万

税引前利益又は税引前損失(△)

2017-06-30:25億0200万

2016-06-30:18億5300万

2015-06-30:33億7200万

2014-06-30:32億8600万

当期純利益

2017-06-30:13億4400万

2016-06-30:8億2000万

2015-06-30:16億1500万

2014-06-30:19億4100万

包括利益

2017-06-30:18億1300万

2016-06-30:-39億2000万

2015-06-30:28億4800万

2014-06-30:12億1000万

もっと見る

営業CF

2017-06-30:43億9800万

2016-06-30:25億7200万

2015-06-30:55億7500万

2014-06-30:31億0700万

投資CF

2017-06-30:-25億0900万

2016-06-30:-27億7400万

2015-06-30:-28億8900万

2014-06-30:-29億8700万

財務CF

2017-06-30:-35億5800万

2016-06-30:-9億7400万

2015-06-30:-1億0800万

2014-06-30:-22億6000万

総資産

2017-06-30:1526億8300万

2016-06-30:1362億2500万

2015-06-30:1506億1900万

2014-06-30:1206億4200万

現金及び現金同等物

2017-06-30:243億4700万

2016-06-30:187億0900万

2015-06-30:205億5500万

2014-06-30:155億4800万

現金及び預金

2017-03-31:258億4900万

2016-03-31:213億4200万

2015-03-31:175億9100万

もっと見る

純資産

2017-06-30:858億2800万

2016-06-30:757億5100万

2015-06-30:817億7800万

従業員数

2017-03-31:6481

2016-03-31:6121

2015-03-31:5851

2014-03-31:5446

臨時従業員数(外)

2017-03-31:2115

2016-03-31:1809

2015-03-31:2001

2014-03-31:2094

売上営業利益率

2017-06-30:5.5

2016-06-30:7.5

2015-06-30:8.5

2014-06-30:9.4

売上純利益率

2017-06-30:3.2

2016-06-30:2.2

2015-06-30:4

2014-06-30:5.5

ROA

2017-06-30:3.6

2016-06-30:2.4

2015-06-30:4.4

2014-06-30:6.4

もっと見る

ROE

2017-06-30:6.4

2016-06-30:4.4

2015-06-30:8

自己資本比率

2017-06-30:56.2

2016-06-30:55.6

2015-06-30:54.3

業績ランキングは

1805

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ユタカ技研の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ユタカ技研

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/24(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/07(四半期)
マニファクチャリングマニファクチャリングマニファクチャリング新機種新機種新機種新機種brl新機種新機種
インコーポレーテッドインコーポレーテッドインコーポレーテッド自動車販売道のり逆風新機種
インコインコインコ自動車部品上げ円高円高為替相場自動車部品
ユーワイエスユーワイエスキャロライナ自動車販売機種ポンド低位先行投資相場車種
ユージユージテクノロジーズ上げポンド為替相場中国経済
カーディントンカーディントンサウスキャロライナ通貨円高上げ資源価格相場為替部品
ユーワイエス為替相場パーツ通貨上げ中国経済なか為替相場
テクノロジーズテクノロジーズユージプラスプラス為替相場機種原油自動車
リミテッドリミテッドカーディントンマイナスプラス熊本地震為替資金興国
ifrsifrs製造業通貨相場地震債権金額相場
新機種自動車部品リミテッド相場為替相場原油価格通貨なか中国経済
自動車部品美流渡ifrs為替台数持分為替相場配当金債権
パーツ本田技研工業ys債権相場原油プラス資金なか
本田技研工業カルマン本文自動車為替なか相場金額研究開発
カルマンユタカ技研自動車部品なかなか資金eu離脱金融
ユタカ技研ティーリミターダ資金資金為替原油配当金資金
ティー有償サウス為替長期金額
機種ysブイ配当金配当金配当金資源研究開発セグメント為替
有償新機種本田技研工業債権グループ配当金
ysカルマン個人消費研究開発個人消費なか金融
パーツユタカ技研研究開発研究開発資金長期研究開発
数理数理エーセグメント環境金融
アビリティアビリティティー金融長期配当金グループ成績
オートオート有償金額金額長期
リミターダリミターダ新機種金額グループグループ個人消費セグメント
indiaindiaグループ環境環境研究開発環境グループ
ライライパーツ環境セグメントセグメント成績
プライベートプライベート数理セグメント金額
通貨通貨アビリティ成績成績グループ環境
ブイブイe's成績環境成績
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ユタカ技研の類似企業へ

ユタカ技研の業績推移

ユタカ技研の同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(芦森工業株式会社)、子会社11社及び関連会社2社並びにその他の関係会社1社で構成されております。当社は、事業本部制を採用しており、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しており、「自動車安全部品事業」「機能製品事業」を主たる事業としております。(1)自動車安全部品事業......主要な製品は自動車用シートベルト、エアバッグ、後部車室用カバー(トノカバー)、電動リアサンシェード等であります。当社が製造・販売するほか、子会社(ジェット商事(株)、芦森工業山口(株)、芦森科技(無錫)有限公司、無錫...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、スイッチ類、シートベルト、キーロック、シフトレバー等、自動車用部品の専門メーカーであり、国内においては当社、連結子会社10社及び持分法適用関連会社2社が、海外においては各地に設立した連結子会社28社及び持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社1社が、それぞれ生産・販売を担当しております。日本 ...恵那東海理化(株)、エヌ・エス・ケイ(株)、(株)サン電材社、東海理化エレテック(株)、北米 ...TRAM(株)、TACマニュファクチャリング(株)、TRIN(株)、TRMI(株)、TRQSS(株)、トウカイリカメキシコ(株)、アジア...理嘉工業(株)、佛山東海理化汽車部件(...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社3社及び関連会社1社により構成されており、自動車、農業機械及び一般機械用の鋼板製プーリ(ベルト等を介して回転することによって動力を伝達する部品)の設計、開発、製造及び販売を主な事業として取り組んでおります。当社グループは、創業以来、技術開発型経営を志向し、地球環境に配慮したモノづくりに取り組んでまいりました。昭和36年に独自開発の回転成形法(注1)にてプーリを1枚の鋼板からの一体成形に成功して以降、高精度・軽量化・低コストな自動車エンジン部品として国内自動車会社のほぼ全社及び主要な部品会社へ製品供給するとともに、海外のグループ会社を通じてア...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社17社、関連会社9社及びその他の関係会社1社で構成され、自動車部品及びそれに伴う金型、機械機具等の製造、販売を行う自動車部品関連事業を主な事業内容としております。また、これに関連する研究開発活動を展開しております。当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社は主要な得意先であります。...(20170713に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の子会社(武蔵精密工業株式会社及び子会社37社により構成)は、自動車用パワートレイン部品・サスペンション部品・ステアリング部品・トランスミッション部品等の製造販売を主な事業内容とし、その製品は、自動車、工作機械、産業機械等多くの産業に使用されております。また、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当事業においては、上記主要製品の製造販売をしております。セグメント区分は製造拠点ごとの区分によっており、当該区分ごとの主要な関係会社の名称は、以下のとおりであります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社6社で構成されており、当社の親会社である日産自動車株式会社への自動車及びその部分品の製造・販売を主な事業としている。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社24社及び関連会社3社で構成されております。営んでいる主な事業内容は、自動車及び産業機械用ブレーキ並びに鉄道車両用ブレーキの製造・販売であり、さらに事業に関連する研究開発・物流・サービス等を展開しております。なお、次の6区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント区分と同一であります。(1)日本...............主要な事業内容は、当社が販売、研究開発を行うほか、曙ブレーキ岩槻製造(株)、曙ブレーキ山形製造(株)、曙ブレーキ福島製造(株)、曙ブレーキ山陽製造(株)の各社でディスクブレーキ、ディスクパッド、ド...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社29社(うち非連結子会社7社)及び関連会社10社(うち持分法非適用の関連会社2社)で構成され、その主な事業内容は自動車座席及び座席部品の製造並びに販売であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。日 本 当社は、自動車座席及び座席部品を製造し、主に国内の得意先に納入しております。国内子会社、関連会社は、主に当社の委託加工先として自動車座席並びに座席部品を製造し当社に納入しております。 なお、関連会社の富士機工株式会社は、自動車座席部品の当社及び他社への製造・販売のほか、自動車用ステアリング部品や車体機構部品などの製造...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社24社、持分法適用関連会社4社、持分法非適用関連会社1社により構成され、事業内容は自動車等車両部品、情報環境機器部品及び治具溶接機の製造販売であります。上記事業の自動車等車両部品・治具溶接機の事業については、当社が製造販売するほか当社製品の一部を子会社及び関連会社に製造を委託しております。なお、子会社及び関連会社においても得意先への直接販売を行っております。また、主要な販売先であるトヨタ自動車株式会社は、当社を関連会社とする「その他の関係会社」であります。なお、セグメントと同一の区分であります。...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社グループは、当社、子会社15社で構成され、自動車部品の製造・販売を中核として、列車用シート他の非自動車部品の製造・販売及び上記事業に関連する各種サービス活動を展開しております。...(20150612に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(プレス工業株式会社)、子会社26社により構成され、自動車関連事業及び建設機械関連事業等を営んでおります。 上記の自動車関連事業及び建設機械関連事業では、当社製品の一部を子会社に製造委託しております。なお、子会社においても得意先への直接販売を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社20社、関連会社3社及びその他の関係会社2社で構成され、ステアリングコラム部品、シート部品、パワートレイン部品の製造、販売の事業を展開しております。ステアリングコラム事業.........当社が製造、販売するほか、子会社九州富士機工株式会社、株式会社富士機工クラタが製造しており、当社で仕入れて販売しております。また子会社ダグラス・オートテック・コーポレーション、フジ・オートテック・AB、フジ・オートテック・フランス・S.A.S.、フジ・コーヨー・チェコ・s.r.o.、PT・オートテック・インドネシア、フジ・オートテック(タイランド)Co.,Ltd.、フジ・オートテッ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社である(株)ミツバ、連結子会社2社(コルポラシオン・タツミ・デ・メヒコ・エス・エー・デ・シー・ブイ、ピーティー・タツミ・インドネシア)により構成されております。(株)ミツバの事業は、自動車用電装品の専門メーカーとして、小型直流モータ及びモータ応用製品の製造並びに販売であります。当社の事業は、主に自動車の電装品用部品及びブレーキ用部品の製造並びに販売であります。当社と(株)ミツバの関係は、製品の販売先であり、材料の仕入先でもあります。子会社2社には、自動車用部品並びに自動車部品製造用機械及び工具等を供給しております。その他関連当事者として、(...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、41社の子会社及び2社の関連会社で構成されており、自動車用の手動変速装置関連事業(MT)及び自動変速装置関連事業(AT)の製造販売を主な事業内容とし、さらに、それらの事業に関連する各種サービス活動を展開しております。当社グループの事業形態は、国内では、当社及びダイナックスにおいて製品、部品等の製造販売を行っており、それ以外の各社は、製造下請、サービス事業等を分担しております。海外では、グループ各社が現地得意先にMT、AT等の製造・販売を行っており、当社及びダイナックスは、得意先へ輸出する他、グループ各社に対して技術援助、製品・部品の供給を行ってお...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社10社、関連会社3社により構成され、セグメント別には、日本、北米、中国、東南アジアの地域からなっており、自動車部品の製造販売を主な事業としております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社(提出会社)と親会社、子会社8社で構成されており、エンジンバルブ、バルブシート、コッタ、ローテータ、リテーナ、機械等の製造、販売を主な内容としており、さらにそれらに関連する物流その他のサービス活動を展開しております。当社および当社の関係会社の事業は次のとおりであります。当社と子会社である富士气門(広東)有限公司、PT. FUJI OOZX INDONESIA、FUJI OOZX MEXICO, S.A. DE C.V. はエンジンバルブ等の製品の製造、販売を行い、子会社であるオーゼックステクノ株式会社は金型等の製造および当社の生産工程に付帯する業務を行い、子会社であるフジホロ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び国内外52社の関係会社により構成され、セグメント別には、日本、米州、中国、アジア・欧州の4地域からなっています。また、その他の関係会社である本田技研工業株式会社とは、事業上、継続的で緊密な関係にあります。主に二輪車用シート及び樹脂部品等、四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行っています。TRI-CON INDUSTRIES, LTD.、TS TRIM INDUSTRIES INC.、TS TECH USA CORPORATION、TS TECH AMERICAS, INC.、TS TECH ALABAMA, LLC.、TRIMOLD LLC、TS TECH INDIA...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、平成25年10月1日に株式会社アイメタルテクノロジーと自動車部品工業株式会社ならびにテーデーエフ株式会社の共同株式移転の方法による共同持株会社として設立されました。当社グループは、当社、連結子会社8社、非連結子会社2社および関連会社4社で構成されており、自動車、建設機械ならびに産業車輛・機械業界等を需要先とした鍛造品、鋳造品および機械加工・組立品の製造、販売を主な事業としております。以上に述べた事項の概要図は次のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高2年連続プラス成長営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,7年連続黒字経常利益プラス成長に回復,7年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

ユタカ技研の同業他社をもっと見る

ユタカ技研の関連統計

統計分類検索へ

ユタカ技研の基本情報

企業名 株式会社ユタカ技研
カナ カブシキガイシャユタカギケン
英語名 YUTAKA GIKEN CO.,LTD.
業種 輸送用機器
所在地 浜松市東区豊町508番地の1
ホームページ https://www.yutakagiken.co.jp/
EDINET E02236
証券コード 7229
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7229)
決算日 03月31日