比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

ムロコーポレーションの最新業績

ムロコーポレーションの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からムロコーポレーションの事業内容についても確認できます。 注意:ムロコーポレーションの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:9.5

2016-12-31:8.26

2016-09-30:7.01

売上高

2017-06-30:49億2143万

2016-06-30:48億0098万

2015-06-30:44億6031万

2014-06-30:43億2120万

売上総利益

2017-06-30:10億8971万

2016-06-30:11億8436万

2015-06-30:9億3990万

2014-06-30:8億5894万

営業利益

2017-06-30:5億3030万

2016-06-30:6億3385万

2015-06-30:3億9451万

2014-06-30:3億1590万

経常利益

2017-06-30:5億3856万

2016-06-30:4億4560万

2015-06-30:4億2554万

2014-06-30:3億5526万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:3億8887万

2016-06-30:3億1914万

2015-06-30:2億4550万

2014-06-30:1億2408万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:3億0332万

2016-06-30:1億4583万

2015-06-30:2億2092万

2014-06-30:1億0708万

営業CF

2017-03-31:31億6280万

2016-03-31:22億5706万

2015-03-31:12億8296万

2014-03-31:12億4759万

投資CF

2017-03-31:-30億9989万

2016-03-31:-9億8649万

2015-03-31:-10億7970万

2014-03-31:-16億4500万

財務CF

2017-03-31:-5億0814万

2016-03-31:-1億8702万

2015-03-31:-2億9709万

2014-03-31:2億3630万

総資産

2017-06-30:209億4043万

2016-06-30:186億7261万

2015-06-30:181億2220万

2014-06-30:172億9028万

流動資産

2017-06-30:110億6790万

2016-06-30:107億6605万

2015-06-30:97億4871万

2014-06-30:93億7545万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:40億8613万

2016-03-31:45億6415万

2015-03-31:35億9077万

2014-03-31:35億5953万

現金及び預金

2017-06-30:49億4499万

2016-06-30:49億2780万

2015-06-30:40億8253万

2014-06-30:36億9083万

固定資産

2017-06-30:98億7253万

2016-06-30:79億0655万

2015-06-30:83億7348万

2014-06-30:79億1482万

負債

2017-06-30:69億8742万

2016-06-30:66億2685万

2015-06-30:65億8746万

2014-06-30:71億8701万

流動負債

2017-06-30:58億5411万

2016-06-30:54億2304万

2015-06-30:52億5925万

2014-06-30:53億2238万

固定負債

2017-06-30:11億3330万

2016-06-30:12億0380万

2015-06-30:13億2821万

2014-06-30:18億6462万

もっと見る

純資産

2017-06-30:139億5301万

2016-06-30:120億4576万

2015-06-30:115億3474万

2014-06-30:101億0327万

従業員数

2017-03-31:986

2016-03-31:936

2015-03-31:869

2014-03-31:836

臨時従業員数(外)

2017-03-31:212

2016-03-31:198

2015-03-31:180

2014-03-31:166

売上総利益率

2017-06-30:22.1

2016-06-30:24.7

2015-06-30:21.1

2014-06-30:19.9

売上営業利益率

2017-06-30:10.8

2016-06-30:13.2

2015-06-30:8.8

2014-06-30:7.3

売上経常利益率

2017-06-30:10.9

2016-06-30:9.3

2015-06-30:9.5

2014-06-30:8.2

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:7.9

2016-06-30:6.6

2015-06-30:5.5

2014-06-30:2.9

ROA

2017-06-30:7.6

2016-06-30:6.8

2015-06-30:5.6

2014-06-30:2.8

ROE

2017-06-30:11.2

2016-06-30:10.4

2015-06-30:8.4

2014-06-30:4.8

自己資本比率

2017-06-30:66.6

2016-06-30:64.5

2015-06-30:63.6

2014-06-30:58.4

流動比率

2017-06-30:189.1

2016-06-30:198.5

2015-06-30:185.4

2014-06-30:176.2

固定比率

2017-06-30:70.8

2016-06-30:65.6

2015-06-30:72.6

2014-06-30:78.3

業績ランキングは

566

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ムロコーポレーションの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ムロコーポレーション

キーワードの推移
2017/06/22(年度)2016/06/23(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/10(四半期)
ムロテックムロテックムロテックムロコーポレーション上下両院悲観論私的流用核実験対ドル瀬戸際
muromuromuroマクロンねじれナショナリズム政治資金ルピアvwねじ
ねじねじねじ新党都議会乗用車燃費偽装ゼロ金利政策軽自動車円安ドル高
車輌車輌中道乗用車軽自動車自動車メーカーねじ自動車メーカー台数
むき生ごみ処理機生ごみ処理機日系レギュレーショントラック日系部材日系自動車メーカー
柑橘類車輌トランプ日系安全通貨台数ルピア日系
車輌むきむきフランス大統領選挙カナダドル東京都知事車輌デフォルト
ティング柑橘類柑橘類台数資源価格台数台数乗用車台数ルピア
メッキティングティング自動車メーカーねじねじ滑り出し新機種ねじドル
軍事衝突メッキメッキeu台数車輌伊勢志摩サミットテロ排ガススト
コーポレーション自動車メーカーコーポレーション指導力部材インバウンド消費小型車軽自動車部材車輌
都議会コーポレーション自動車メーカー地価車輌バス車輌マイナス金利車輌外国人観光客
ねじれ解消日系日系テロ新機種自動車メーカー燃費日経平均乗用車オリンピック
アセアン軽自動車自動車販売熊本地震新機種トラック
掘り師p.t.p.t.品種米国大統領自動車自動車部品ぶりトラック港湾
p.t.潮目台数グローバル自動車メーカー株安販売台数機種自動車販売eu
機屋ハイブリットハイブリット機種日系販売台数部材赤字
フランス大統領台数部品多種販売台数部材メーカ中国経済ユーロまま
台数軽自動車戸前販売台数ペース災害受け手株安機種販売台数
軍事部品ライダ部品ドル公共投資地震販売台数販売台数通貨
トランプライダcvtドル通貨預入通貨受け手ドルインバウンド
部品cvtテックプロセス株高太陽光発電円高太陽光発電受け手資源国
テックダウンサイジング資源グローバル太陽光発電自動車太陽光発電株高
テックダウンサイジング事業所太陽光発電定期預金製造業自動車マインド
政権環境対応車ベース材料自動車株価金利太陽光発電
ユニットエンジン資金調達金利公共グローバル部品グローバル戸前
資源価格戸前産業機械メーカ相場部品部品中国経済興国
産業機械環境対応車ぶりeu離脱土地eu離脱eu離脱原油部品プラス
コンプレッサエンジンコンプレッサ自動車部品為替住宅天候
利払い産業機械利払いリスク住宅研究開発円高住宅
年度or届出書
四半期or半期

(20170622)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ムロコーポレーションの類似企業へ

ムロコーポレーションの業績推移

ムロコーポレーションの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ニチリン(当社)、子会社14社(連結子会社14社)、関連会社1社(持分法適用会社1社)およびその他の関係会社1社により構成されております。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ピーティー.ニチリン インドネシア当社グループについて図示すると次のとおりであります。...(20170424に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社18社(連結子会社13社、非連結子会社5社)、関連会社1社により構成され、プレス関連製品、定温物流関連製品のほか、空調機器、電子機器などの製造・販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する物流、研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しています。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。・プレス部品 ............国内は、当社及び連結子会社 東プレ九州(株)、東プレ埼玉(株)、東プレ東海(株)で製造し、販売は当社が行っております。塗装工程については、連結子会社 東京...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社4社により構成されており、主にプラスチックを加工するための射出成形用金型及び成形システムなどの製造・販売を行うとともに、精密成形品その他の製造・販売を行っております。当社が各種の射出成形用精密金型及び成形システムの製造・販売をするほか、タイにおいてTHAI FUJI SEIKICO.,LTD.が、中国において上海不二精机有限公司及び常州不二精机有限公司が、さらにインドネシアにおいてPT.FUJI SEIKI INDONESIAが射出成形用精密金型及び成形システムの製造・販売を行っております。当社が精密成形品その他の製造・販売を行うほか、タイにおいてTHAI FU...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社のニチダイフィルタ株式会社、THAI SINTERED MESH CO.,LTD.、NICHIDAI(THAILAND)LTD.、NICHIDAI ASIA CO.,LTD.、NICHIDAI U.S.A. CORPORATIONの6社で構成されております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社グループは、当社(株式会社富士テクニカ宮津)、子会社3社及び関連会社4社により構成されており、自動車用プレス金型事業を主たる業務としております。当社は自動車用プレス金型の製造販売を行っており、販売先は国内及び海外の自動車メーカーであります。主に大型の自動車用プレス金型を日本国内の3工場で製造しております。また、北米の営業拠点として富士テクニカ宮津アメリカ社が、欧州の営業拠点として富士テクニカ宮津フランス社が、当社の営業活動をサポートしております。関連会社は、現地の自動車メーカー向けに金型及び自動車用部品の製造販売等を行っており、当社は各社に対して技術支援を行っております。各社の事業内容は次...(20150625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、株式会社積水工機製作所(当社)及び子会社2社で構成されており、金型事業と産業機器事業を営んでおります。金型事業ではプラスチック成形用金型の製造・販売、産業機器事業では、押出成形機及び周辺設備、省力・自動化設備、その他産業機器の製造・販売を主な事業としています。当社は三光合成株式会社の持分法適用関係会社であり、平成27年3月末現在の持株比率は33.0%です。なお、すでに開示のとおり、同社が平成27年3月9日より4月20日まで実施しておりました当社の普通株式に対する公開買付けの結果、4月24日付けで同社の持株比率は93.4%となり当社の親会社となりました。...(20150625に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社3社及び関連会社2社で構成され、電装品、モータの製造、販売を事業としております。国内顧客向け販売の大部分は当社直販で行っており、海外顧客向け販売の大部分は商社を通じて行っております。製造は、当社とその子会社、関連会社が主として加工組立を行っております。社 Kokusan MAHLE Siam Co.,Ltd.を設立し、連結の範囲に含めております。...(20150327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(田中精密工業株式会社)及び子会社8社により構成され、自動車部品の製造販売を主な事業内容とし、その他自動車の販売を行っております。また、当社と継続で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(4輪車・2輪車・汎用機製造販売)は主要な取引先であります。なお、次の5部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の子会社(武蔵精密工業株式会社及び子会社37社により構成)は、自動車用パワートレイン部品・サスペンション部品・ステアリング部品・トランスミッション部品等の製造販売を主な事業内容とし、その製品は、自動車、工作機械、産業機械等多くの産業に使用されております。また、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当事業においては、上記主要製品の製造販売をしております。セグメント区分は製造拠点ごとの区分によっており、当該区分ごとの主要な関係会社の名称は、以下のとおりであります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(子会社16社及び関連会社6社)は、自動車用ブレーキシステム及び部品の製造・販売を主な事業としています。また、本田技研工業株式会社(二輪車、四輪車、汎用パワープロダクツなどの開発、製造、販売)とは、継続的で緊密な事業上の関係にあります。製品区分別の主要製品、セグメント及び主な生産会社は次のとおりです。NISSIN BRAKE OHIO, INC.(子会社)NISSIN BRAKE GEORGIA, INC.(子会社)NISSIN BRAKE DE MEXICO, S.A. DE C.V.(子会社)NISSIN BRAKE (THAILAND) CO., LTD.(子会社)...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)ミクニ)、子会社20社及び関連会社6社により構成されております。事業は、燃料噴射関連品、気化器類、暖房器類、ポンプ類、ガス制御機器類等の製造・販売、航空機部品の輸入販売、不動産賃貸業等のサービス業務を営んでおります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社33社で構成されており、自動車部品の製造販売を主な事業としております。また、本田技研工業株式会社(原動機及び輸送用機械等の製造販売)に製品の販売を行っており、継続的で緊密な事業上の関係にあります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社である(株)ミツバ、連結子会社2社(コルポラシオン・タツミ・デ・メヒコ・エス・エー・デ・シー・ブイ、ピーティー・タツミ・インドネシア)により構成されております。(株)ミツバの事業は、自動車用電装品の専門メーカーとして、小型直流モータ及びモータ応用製品の製造並びに販売であります。当社の事業は、主に自動車の電装品用部品及びブレーキ用部品の製造並びに販売であります。当社と(株)ミツバの関係は、製品の販売先であり、材料の仕入先でもあります。子会社2社には、自動車用部品並びに自動車部品製造用機械及び工具等を供給しております。その他関連当事者として、(...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社並びに子会社21社及び関連会社3社で構成され、二輪・汎用事業、四輪事業、ステアリング事業、ガススプリング事業及びその他からなっており、主に二輪車用・四輪車用部品及びボート用部品の製造販売等の事業活動を行っています。また、その他の関係会社1社(本田技研工業株式会社:輸送用機械器具の製造販売)とは継続的で緊密な事業上の関係にあります。主要な製品は、二輪車用ショックアブソーバ、船外機用パワーチルトトリム、トリムシリンダです。主要な製品は、四輪車用ショックアブソーバ、プロペラシャフト、オートマチックトランスミッション部品、デファレンシャルギヤ、その他駆動系...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社35社及び関連会社1社で構成され、四輪車用・二輪車用・汎用計器類、民生用機器及び自動車販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する物流、コンピューターシステム、樹脂材料加工・販売及び液晶表示素子の製造販売等の事業を展開しております。 国内関係会社においては、製造会社は主として当社の生産体制と一体となって、当社製品の部品・完成品の製造を担当し主に当社へ納入をしております。その他販売及びサービス関連の会社については当社及びグループ間の取引のほか、直接他の法人、エンドユーザーとの取引をしております。 海外関係会社においては、現地系企業への販路拡大及び当社国内得意先の海...(20170705に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社20社で構成され、自動車用の機構部品、車体部品及び機関部品並びに金型・設備の製造、販売を主な事業内容とし、更に各事業に関連する物流、研究及びサービス等の事業活動を展開しております。 なお、セグメントは地域別に区分されているため、事業の内容を事業部門によって記載しております。自動車部品............国内得意先向けについては、主として当社が製造販売するほか、国内連結子会社(株)ヨロズ栃木、(株)ヨロズ大分、(株)ヨロズ愛知及び(株)庄内ヨロズに製造工程の一部または全部を外注し、当社を通じて販売しております。海外得意先向けについては、海外連結子会社ヨロズオ...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社23社及び関連会社2社で構成され、二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチの製造販売を主たる事業としております。主にオートバイ、スクーター、ATV(バギー)及び汎用機用クラッチの製造販売、並びにその他二輪車・四輪車用部品及び部材の製造販売を行っております。PT. FCC PARTS INDONESIA(インドネシア)当社、天龍産業(株)、東北化工(株)、FCC(North Carolina),LLC.(米国)、FCC(THAILAND)CO.,LTD.(タイ)、FCC(PHILIPPINES)CORP.(フィリピン)、成都永華富士離合器有限公司(中国)、上海中瑞・富士離合...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び国内外52社の関係会社により構成され、セグメント別には、日本、米州、中国、アジア・欧州の4地域からなっています。また、その他の関係会社である本田技研工業株式会社とは、事業上、継続的で緊密な関係にあります。主に二輪車用シート及び樹脂部品等、四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行っています。TRI-CON INDUSTRIES, LTD.、TS TRIM INDUSTRIES INC.、TS TECH USA CORPORATION、TS TECH AMERICAS, INC.、TS TECH ALABAMA, LLC.、TRIMOLD LLC、TS TECH INDIA...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度において、当社グループは、株式会社丸順(提出会社)と子会社5社で構成されており、その主な事業内容、当該事業にかかわる位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりであります。 また、当社と継続的で緊密な事業上の関係にある本田技研工業株式会社(輸送用機械器具等の製造販売等)は主要な取引先であります。丸順においては、自動車用車体プレス部品、自動車用精密プレス部品等の製品のほか、プレス用金型、溶接治具及び検具等の設備を製造販売しております。 また、当社は主に本田技研工業株式会社から部品及び原材料等を仕入れ、製品及び設備等を同社へ製造販売しております。タイにおいては、自動車用車体プレス部品、...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社(山田製作所)、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、四輪車部品、二輪車部品の機能部品の設計・開発及び製造、販売を主たる業務としております。又、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当社グループに於ける事業の主な内訳は、次のとおりであります。・四輪車部品...当社が製造、販売するほか、海外は子会社であるヤマダ ノースアメリカ インコーポレーテッド、ヤマダ ソンブン カンパニー リミテッド、成都天興山田車用部品有限公司、又、関連会社である成都正田車用部品有限公司が製造、販売...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

ムロコーポレーションの同業他社をもっと見る

ムロコーポレーションの関連統計

統計分類検索へ

ムロコーポレーションの基本情報

企業名 株式会社ムロコーポレーション
カナ カブシキガイシャムロコーポレーション
英語名 MURO CORPORATION
業種 輸送用機器
所在地 宇都宮市清原工業団地7ー1
ホームページ http://www.muro.co.jp/
EDINET E02234
証券コード 7264
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7264)
決算日 03月31日