比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

SUBARUの最新業績

業界:自動車業界すぐ比較

SUBARUの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からSUBARUの事業内容についても確認できます。 注意:SUBARUの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:7.45

2017-03-31:6.89

2016-12-31:7.75

2016-09-30:8.63

売上高

2017-06-30:8547億7000万

2016-06-30:7693億7800万

2015-06-30:7652億6600万

2014-06-30:5933億8800万

売上総利益

2017-06-30:2576億9200万

2016-06-30:2142億9400万

2015-06-30:2416億5700万

2014-06-30:1697億3100万

営業利益

2017-06-30:1193億4400万

2016-06-30:1015億4000万

2015-06-30:1342億1000万

2014-06-30:787億2100万

経常利益

2017-06-30:1192億7300万

2016-06-30:1187億9500万

2015-06-30:1300億5300万

2014-06-30:805億7500万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:823億2600万

2016-06-30:788億6600万

2015-06-30:841億8400万

2014-06-30:541億3900万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:853億5400万

2016-06-30:461億0500万

2015-06-30:949億3400万

2014-06-30:539億7000万

営業CF

2017-06-30:1410億6000万

2016-06-30:620億5100万

2015-06-30:1097億3900万

2014-06-30:3億1700万

投資CF

2017-06-30:-383億7100万

2016-06-30:-646億6300万

2015-06-30:-328億1200万

2014-06-30:-166億1900万

財務CF

2017-06-30:-884億1400万

2016-06-30:-609億8100万

2015-06-30:-385億3200万

2014-06-30:-367億1800万

総資産

2017-06-30:2兆7812億0700万

2016-06-30:2兆5244億1100万

2015-06-30:2兆2311億7400万

2014-06-30:1兆8484億2400万

流動資産

2017-06-30:1兆8394億6400万

2016-06-30:1兆7064億1800万

2015-06-30:1兆4780億7500万

2014-06-30:1兆2052億3200万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-06-30:7466億8400万

2016-06-30:7460億4600万

2015-06-30:6540億8500万

2014-06-30:5022億8900万

現金及び預金

2017-06-30:7321億2800万

2016-06-30:5145億3500万

2015-06-30:2809億0300万

2014-06-30:2116億1800万

固定資産

2017-06-30:9417億4300万

2016-06-30:8179億9300万

2015-06-30:7530億9900万

2014-06-30:6431億9200万

負債

2017-06-30:1兆2856億7600万

2016-06-30:1兆1852億1900万

2015-06-30:1兆1343億6100万

2014-06-30:1兆0487億6600万

流動負債

2017-06-30:1兆0228億0900万

2016-06-30:9502億4500万

2015-06-30:8486億1500万

2014-06-30:7781億1600万

固定負債

2017-06-30:2628億6700万

2016-06-30:2349億7400万

2015-06-30:2857億4600万

2014-06-30:2706億5000万

もっと見る

純資産

2017-06-30:1兆4955億3100万

2016-06-30:1兆3391億9200万

2015-06-30:1兆0968億1300万

2014-06-30:7996億5800万

従業員数

2017-03-31:3万2599

2016-03-31:3万1151

2015-03-31:2万9774

2014-03-31:2万8545

臨時従業員数(外)

2017-03-31:8138

2016-03-31:7168

2015-03-31:7048

2014-03-31:6500

売上総利益率

2017-06-30:30.1

2016-06-30:27.9

2015-06-30:31.6

2014-06-30:28.6

売上営業利益率

2017-06-30:14

2016-06-30:13.2

2015-06-30:17.5

2014-06-30:13.3

売上経常利益率

2017-06-30:14

2016-06-30:15.4

2015-06-30:17

2014-06-30:13.6

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:9.6

2016-06-30:10.3

2015-06-30:11

2014-06-30:9.1

ROA

2017-06-30:12

2016-06-30:12.4

2015-06-30:15.2

2014-06-30:11.6

ROE

2017-06-30:22

2016-06-30:23.6

2015-06-30:30.8

2014-06-30:27.2

自己資本比率

2017-06-30:53.8

2016-06-30:53

2015-06-30:49.2

2014-06-30:43.3

流動比率

2017-06-30:179.8

2016-06-30:179.6

2015-06-30:174.2

2014-06-30:154.9

固定比率

2017-06-30:63

2016-06-30:61.1

2015-06-30:68.7

2014-06-30:80.4

業績ランキングは

1439

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

SUBARUの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
SUBARU

キーワードの推移
2017/06/26(年度)2016/06/29(年度)2015/06/24(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/09(四半期)2016/08/05(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/10(四半期)2015/08/07(四半期)
売上台数売上台数売上台数売上台数売上台数売上台数売上台数outbackレガシィ売上台数
subaru航空宇宙wrxインプレッサエアバッグインフレータスバルエアバッグインフレータ売上台数outbackレガシィ
航空宇宙スバル航空宇宙subarucymruエアバッグインフレータoutbackxv売上台数outback
エアバッグインフレータトヨタスバル航空宇宙outbackcymruフォレスタレガシィwrxインプレッサ
宇宙小型自動車トヨタフォレスタフォレスタフォレスタインフレータスバルインプレッサxv
フォレスタレヴォーグ小型自動車宇宙インプレッサインフレータエアバッグ防衛省xv哨戒機
トヨタ宇宙レヴォーグスバルスバルトヨタ航空宇宙クロストレック哨戒機レヴォーグ
ダイハツダイハツレガシィxvインフレータエアバッグクロストレック哨戒機レヴォーグフォレスタ
スバル普通自動車outbackトヨタトヨタ回転翼機cymruレヴォーグクロスオーバボーイング777
エアバッグ戸前フォレスタcymruエアバッグ航空宇宙レガシィクロスオーバフォレスタstellar
普通自動車軽自動車宇宙エアバッグインフレータ回転翼機レヴォーグ台数インプレッサボーイング777subaru
インフレータ航空ダイハツoutback航空宇宙outbackインプレッサボーイング777stellar台数
戸前普通自動車シフォン台数motive宇宙stellarsubaruボーイング787
軽自動車防衛省eyesightボーイング777motive台数スバルah台数汎用エンジン
クロストレック軽自動車ダイハツオブオブ軽自動車台数ボーイング787ビークル
航空練習機航空エアバッグ宇宙宇宙ボーイング787ヘリコプタ汎用エンジン輸送機
新多台数軽自動車インクインクボーイング787ビークル航空宇宙
uhxv普通自動車ボーイング777汎用エンジンビークル航空宇宙防衛省
クロストレッククロスオーバ台数インフレータstellarオートビークル航空宇宙防衛省
台数スポーツカスポーツカオート軽自動車トヨタ損害賠償宇宙宇宙
xvレガシィ高圧洗浄機戸前軽自動車ボーイング787ユーロ宇宙軽自動車車種
cymruoutback戸前航空ボーイング787軽自動車自動車軽自動車
小型自動車フォレスタダイハツ工業motiveビークル輸送機自動車自動車
レヴォーグインプレッサ自動車部台数ユーロ航空エンジン
スポーツカボーイング777ボーイング787オブビークル航空防衛省エンジン航空エンジン
outbackstellar保証書インクユーロ防衛省motive航空航空
motivesubaru簿価新多航空自動車オブ為替為替
オブah汎用エンジンuh防衛省軽自動車税自動車為替
スポーツ車ダイハツ工業給与水準防衛省自動車エンジン軽自動車税製品
インプレッサヘリコプタエンジンエンジン貸し付けインク製品資金電子
年度or届出書
四半期or半期

(20170626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

SUBARUの類似企業へ

SUBARUの業績推移

SUBARUの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、「ファイナンステクノロジー(*1)、及びインフォメーションテクノロジー(*2)を融合した『ITプラットフォーム』を提供する」ことを目指す自動車関連事業者向けのBPO(*3)(業務支援)企業です。*1 リース会社等の自動車関連のファイナンス事業者全般を対象にしています。*2 自動車金融事業者及び自動車販売事業者に必要なシステムの開発並びに提供を行っております。*3 Business Process Outsourcing の略。当社グループのビジネスにおいて提供するサービスメニューは、中古車の相場を中心とした情報をフィードバックして構築する、中古車両の価...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の子会社19社及び関連会社5社で構成されており、その他の関係会社が1社あります。なお、平成29年5月9日付で新日鐵住金株式会社が所有する当社普通株式の一部が、住友商事株式会社に対して譲渡されたため、同日付で新日鐵住金株式会社がその他の関係会社でなくなり、住友商事株式会社が新たにその他の関係会社となっております。当社が製造販売するほか、一部製品の製造・販売については子会社Sumitomo Precision USA,Inc.他へ委託しております。ほかに、子会社SPP Canada Aircraft,Inc.(以下SPPCA社)は北米顧客を中心に...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社1社で構成され、気象観測、防災システム、環境計測、宇宙関連、情報通信などの機器およびソフトウェアの開発・製造・販売・保守を展開しております。また、当社の親会社である(株)IHIは、産業機械、車両用過給機、物流システム、発電用ボイラ、各種プラント、航空機用エンジン、宇宙開発機器などのエンジニアリングおよび製造・販売を行っており、当社は(株)IHIに対して一部製品を販売しております。また、IHIグループの連結経営強化のため、財務機能の一元化による資金の効率化を図ることを目的として、グループで導入しているキャッシュ・マネジメント・サービス(CMS)に加盟しております。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当連結会計年度末日において、当社および子会社10社で構成されており、計測機器の製造販売、その機器に関連したコンサルティングおよび保守・修理と計測にかかわる一連の事業を展開しております。製造子会社の(株)山形共和電業、(株)甲府共和電業、(株)共和ハイテックから購入した物品を当社が加工し、販売しております。販売子会社の共和電業(上海)貿易有限公司が中国市場へ、KYOWA AMERICAS INC.がアメリカ市場へ、KYOWA DENGYO THAILAND CO., LTD.がタイ市場へ、KYOWA DENGYO MALAYSIA SDN.BHD.がマ...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社と当社の子会社、関連会社及び当社のその他の関係会社で構成され、自動車及び部品の製造と販売を主な事業内容とし、さらに上記事業における販売活動を支援するために販売金融サービスを行っている。当社グループは世界的な本社機能として「グローバル日産本社」を設置し、各事業への資源配分を決定するとともに、グループ全体の事業を管理している。また当社グループは6つの地域のマネジメント・コミッティによる地域管理と研究・開発、購買、生産といった機能軸による地域を越えた活動を有機的に統合した組織(グローバル日産グループ)により運営されている。当社グループの構成図は以下のとおりである。・上記の他に*日産...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社112社、関連会社45社で構成されており、主として自動車及び部品並びに産業用エンジンの製造、販売を事業内容とし、これらに関連する物流等の各種サービスを展開している。 当社グループは、大型トラック・バス、小型トラック、ピックアップトラックを中心とした商用車及びLCV(ピックアップトラックおよび派生車)の製造・販売に加え、エンジン・コンポーネントの製造・販売、それらに関連する事業をグループの中核事業として国内外に展開している。 生産体制は、当社による製造・組立と、当社が供給するコンポーネントを在外グループ企業により組立てる現地生産を行っている。また、自動車以外の主力製...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”連結財務諸表提出会社 (以下、当社という。) は、米国会計基準に準拠して連結財務諸表を作成しており、関係会社の範囲についても米国会計基準の定義に基づいています。「第2 事業の状況」および「第3 設備の状況」においても同様です。当社および当社の関係会社 (子会社597社 (変動持分事業体を含む) および関連会社200社 (2017年3月31日現在) により構成) においては、自動車事業を中心に、金融事業およびその他の事業を行っています。自動車 当事業においては、セダン、ミニバン、2BOX、スポーツユーティリティビークル、トラック等の自動車とその関連部品・用品の設計、製造および販売を行っています。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社、子会社76社、関連会社21社で構成され、トラック・バスの製造販売及びトヨタ自動車株式会社からの受託生産を主な事業内容とし、さらに事業に関連する製品の開発、設計及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。なお、セグメントは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社 35社、持分法適用関連会社 20社(平成29年3月31日現在)で構成されている。当社グループは自動車及びその部品の開発、生産、販売、金融事業を行っており、開発は当社が中心となって行っている。国内においては、普通・小型乗用車、軽自動車を当社が生産しているほか、一部スポーツ・ユーティリティ・ビークル(パジェロ等)をパジェロ製造株式会社が生産しており、関東三菱自動車販売株式会社等の当社製品販売会社が販売を行っている。このほか三菱自動車エンジニアリング株式会社が当社製品の開発の一部を、三菱自動車ロジテクノ株式会社が当社製品の国内輸送並びに新車点検や整備の一部を行ってい...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社75社及び持分法適用会社20社(平成29年3月31日現在)で構成され、主として、自動車及び同部品の製造・販売、並びにこれらに関連した事業を行っております。国内では、自動車は当社が製造し、自動車部品は当社及び倉敷化工(株)などが製造しております。海外においては、自動車及び同部品をマツダモトールマヌファクトゥリングデメヒコS.A. de C.V.、オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.などが製造しております。当社グループにおいて製造された自動車及び同部品は、国内においては、(株)関東マツダ、東海マツダ販売(株)などの販売会社が顧客に販売するとともに、一部...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-03-31)

(2016-03-31) ”当社グループは、当社、子会社58社及び関連会社19社(持分法適用会社16社)により構成され(平成28年3月31日現在)、自動車の製造・販売に関連する事業を主な事業としております。国内においては、自動車は当社及びダイハツ九州(株)が製造し、関係会社で製造する部品は当社に納入されております。販売はダイハツ東京販売(株)等全国60社の販売会社を通じて顧客に販売するとともに、一部大口顧客に対しては当社が直接販売を行っております。販売会社への自動車輸送はダイハツ輸送(株)が担当し、自動車の販売金融はダイハツ信販(株)が担当しております。一方、海外においては、販売会社を通じて自動車等を販売しており、プロド...(20160629に提出された書類より抜粋)

更新日:2016/06/30

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および国内外442社の関係会社(連結子会社367社、持分法適用会社75社)により構成され、事業別には、二輪事業、四輪事業、金融サービス事業および汎用パワープロダクツ事業及びその他の事業からなっています。二輪事業、四輪事業、金融サービス事業および汎用パワープロダクツ事業及びその他の事業における主要製品およびサービス、所在地別の主な会社は、以下のとおりです。(主な会社のみ記載しています。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社137社、関連会社32社で構成され、四輪車、二輪車及び船外機・電動車いす・住宅他の特機等の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連する物流及びその他のサービス等の事業を展開しています。なお、「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。四輪車の製造は当社が行うほか、海外においては子会社 Magyar Suzuki Corporation Ltd.、Maruti Suzuki India Ltd.、関連会社 重慶長安鈴木汽車有限公司 他で行っています。また、部品の一部については子会社 (株)スズキ部品製造 他で製造し、当...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、子会社11社、関連会社1社、その他の関係会社2社で構成され、旅客機用ギャレー(厨房設備)、ラバトリー(化粧室)、シート(座席)を主体とした客室内装品、及び航空機搭載機器、炭素繊維構造部材、航空機エンジン部品等の製造・販売、並びに航空機の整備を主体に事業活動を展開しており、次のとおりセグメントに区分しています。ギャレー、ラバトリーを主体とした製品製造と販売を行っており、航空機客室の全内装品に関わるデザイン、開発から機体システム改造までを含めた、客室内装備の一括供給メーカー(トータル・インテリア・インテグレーター)として、国内外の主要なエアライン、ボーイング社及びエ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、国内外のネットワークと各事業分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開拓、事業開発・組成、リスクマネジメント、物流などの商社機能を有機的に結合して、電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・プラント、車両・航空を中心とした幅広い分野で、多種多様な商品・サービスを提供することによって、顧客との信頼関係を深め、共に事業創造を追求していく「事業創造集団」として事業を展開しております。(連結子会社 国内11社、海外 3社)兼松新東亜食品(株)兼松アグリテック(株)(持分法適用会社 国内 3社、海外10社)Dalian Tiantianli Food Co.,Ltd.(連結子会社 16社...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、2016年6月30日現在、当社及び子会社14社と共同支配企業6社で構成され、自動車関連事業、ヒューマンリソース事業、一般貨物事業を主たる業務としております。また、当社グループは、当社の普通株式に対する公開買付けにより2014年6月19日付けにて親会社タンチョンインターナショナルリミテッドグループの一角を形成しております。同社グループは、シンガポール、香港、中国、タイ等のアジア地域において主に自動車の製造・流通・販売を中心に、産業機械、不動産、金融などの領域で事業展開を行っており、香港証券取引所に上場しております。...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、野村オートリース株式会社を吸収合併存続会社、アルファオートリース株式会社を吸収合併消滅会社とする組織再編を行ったことにより、アルファオートリース株式会社は解散しております。また、合弁会社ICHINEN AUTOS(N.Z.)LIMITED(非連結子会社)、株式会社イチネンロジスティクス(連結子会社)を設立いたしました。この結果、当社グループは当社及び子会社19社並びに関連会社1社で構成されることとなりました。なお、株式会社タイホーコーザイは株式会社イチネンケミカルズへ、株式会社ミツトモ製作所は株式会社イチネンミツトモへ、株式会社...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び海外子会社5社 MarkLines North America, Inc.、麦柯莱依斯信息咨詢(上海)有限公司、MarkLines (Thailand) Co., Ltd. 、MarkLines Europe GmbH 及び MarkLines India Pvt. Ltd.(平成28年12月31日現在)で構成され、自動車産業に特化したオンライン情報サービス「情報プラットフォーム」事業を中心に、コンサルティング、人材紹介サービス、LMC Automotive Ltd.製品(市場予測情報)販売事業及びプロモーション広告事業“LINES”の「その他の事業」を加えた「自動車産...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

SUBARUの同業他社をもっと見る

SUBARUの関連統計

統計分類検索へ

SUBARUの基本情報

企業名 株式会社SUBARU
カナ カブシキガイシャスバル
英語名 SUBARU CORPORATION
業種 輸送用機器
所在地 渋谷区恵比寿一丁目20番8号
ホームページ http://www.fhi.co.jp/
EDINET E02152
証券コード 7270
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7270)
決算日 03月31日