比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

エフ・シー・シーの最新業績

業界:輸送機械部品業界すぐ比較

エフ・シー・シーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からエフ・シー・シーの事業内容についても確認できます。 注意:エフ・シー・シーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(IFRS_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:1.38

2017-03-31:0.21

2016-12-31:-0.89

2016-09-30:0.53

売上高

2017-06-30:408億7800万

2016-06-30:388億5800万

2015-06-30:414億1900万

2014-06-30:370億5000万

営業利益

2017-06-30:30億0400万

2016-06-30:36億3000万

2015-06-30:14億9600万

2014-06-30:23億0900万

税引前利益又は税引前損失(△)

2017-06-30:33億5200万

2016-06-30:13億2000万

2015-06-30:19億2500万

2014-06-30:19億7600万

純利益又は純損失(△)

2017-06-30:23億0500万

2016-06-30:9億8800万

2015-06-30:13億9200万

2014-06-30:14億3700万

当期純利益

2017-06-30:22億7000万

2016-06-30:8億2800万

2015-06-30:12億2100万

2014-06-30:12億5600万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:20億5600万

2016-06-30:-63億5900万

2015-06-30:25億1100万

2014-06-30:-3億6000万

営業CF

2017-06-30:72億5400万

2016-06-30:79億3700万

2015-06-30:72億3400万

2014-06-30:32億3200万

投資CF

2017-06-30:-50億3300万

2016-06-30:-49億7900万

2015-06-30:-53億5400万

2014-06-30:-48億1300万

財務CF

2017-06-30:-2億0700万

2016-06-30:-15億2300万

2015-06-30:17億4600万

2014-06-30:10億5700万

総資産

2017-06-30:1651億7700万

2016-06-30:1490億7300万

2015-06-30:1678億5400万

2014-06-30:1383億9600万

現金及び現金同等物

2017-06-30:255億5500万

2016-06-30:229億2900万

2015-06-30:212億8300万

2014-06-30:181億6200万

もっと見る

現金及び預金

2017-03-31:234億7400万

2016-03-31:234億5000万

2015-03-31:175億5700万

純資産

2017-06-30:1142億0700万

2016-06-30:1052億2300万

2015-06-30:1178億2100万

従業員数

2017-03-31:8189

2016-03-31:7893

2015-03-31:7603

2014-03-31:7235

臨時従業員数(外)

2017-03-31:3210

2016-03-31:3235

2015-03-31:3647

2014-03-31:3489

売上営業利益率

2017-06-30:7.3

2016-06-30:9.3

2015-06-30:3.6

2014-06-30:6.2

売上純利益率

2017-06-30:5.6

2016-06-30:2.1

2015-06-30:2.9

2014-06-30:3.4

もっと見る

ROA

2017-06-30:5.6

2016-06-30:2.4

2015-06-30:2.8

2014-06-30:3.6

ROE

2017-06-30:8

2016-06-30:3.2

2015-06-30:4

自己資本比率

2017-06-30:69.1

2016-06-30:70.6

2015-06-30:70.2

業績ランキングは

2234

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

エフ・シー・シーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
エフ・シー・シー
なし

キーワードの推移
2017/06/22(年度)2016/12/28(年度)2016/06/24(年度)2015/06/24(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/09(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/11(四半期)
fccfccfccfccクラッチクラッチクラッチクラッチクラッチクラッチ
クラッチクラッチクラッチクラッチ四輪車四輪車四輪車二輪車fcc二輪車
四輪車四輪車四輪車ホンダグループホンダ二輪車二輪車四輪車二輪車四輪車
carolinacarolinacarolinaclutch二輪車zf四輪車zf
二輪車二輪車二輪車四輪車フォード
clutchclutchclutchparts販売台数販売台数fcazffca
二輪車金融資産円高円高フォードclutchフォード
partspartspartscarolina台数台数fca自動車販売
llcllcllc矢立預入繰延税金負債債権円高private
ifrsifrsifrs定期預金棚卸棚卸債権indiaのれん
ifrs債権資金棚卸棚卸
本文棚卸システム資金資金フォード債権
マニュアル車マニュアル車マニュアル車private金融研究開発システムシステムmanufacturing
adamsadamsadamsindia資金為替為替自動車販売資金
天龍天龍天龍llc為替金融研究開発研究開発ltdシステム
ford motorzfzfde配当金金融持分為替
philippinephilippinephilippine研究開発長期長期長期繰延税金負債研究開発
indonesiafordfordのれん長期
indonesiaindonesiaadamsグループグループグループグループ棚卸
corpマニュアル車債権グループ
バギーfcafcaindonesiaセグメントセグメントセグメントセグメント
スクータcorpcorp天龍成績成績成績成績資金セグメント
privateバギーバギーmexicoシステム成績
atvスクータスクータphilippine為替
indiaprivateprivatemotive研究開発
deatvatv長期
オートバイindiaindiacorp
汎用機dedemanufacturingグループ
技研工業フォードフォードバギー
オートバイオートバイスクータセグメント
年度or届出書
四半期or半期

(20170622)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

エフ・シー・シーの類似企業へ

エフ・シー・シーの業績推移

エフ・シー・シーの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ニチリン(当社)、子会社14社(連結子会社14社)、関連会社1社(持分法適用会社1社)およびその他の関係会社1社により構成されております。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ピーティー.ニチリン インドネシア当社グループについて図示すると次のとおりであります。...(20170424に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社および子会社15社、関連会社5社で構成され、乗用車・二輪車・トラック・バス・汎用製品等の小型エンジンバルブ、船舶用エンジンバルブ、自動車用電磁式連続カム位相可変機構、自動車・トラック・農業機械・建設機械・産業機械等の精密鍛造歯車、オートマチックトランスミッション用部品の製造販売を主な内容とし、事業活動を展開しております。当社が乗用車・二輪車・トラック・バス・汎用製品等の小型エンジンバルブを製造販売しております。台湾日鍛工業股份有限公司が台湾において、PT.フェデラルニッタンインダストリーズがインドネシアにおいて、ニッタンタイランド Co., Ltd.がタイにおいて、U.S...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社3社及び関連会社2社で構成され、電装品、モータの製造、販売を事業としております。国内顧客向け販売の大部分は当社直販で行っており、海外顧客向け販売の大部分は商社を通じて行っております。製造は、当社とその子会社、関連会社が主として加工組立を行っております。社 Kokusan MAHLE Siam Co.,Ltd.を設立し、連結の範囲に含めております。...(20150327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、スイッチ類、シートベルト、キーロック、シフトレバー等、自動車用部品の専門メーカーであり、国内においては当社、連結子会社10社及び持分法適用関連会社2社が、海外においては各地に設立した連結子会社28社及び持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社1社が、それぞれ生産・販売を担当しております。日本 ...恵那東海理化(株)、エヌ・エス・ケイ(株)、(株)サン電材社、東海理化エレテック(株)、北米 ...TRAM(株)、TACマニュファクチャリング(株)、TRIN(株)、TRMI(株)、TRQSS(株)、トウカイリカメキシコ(株)、アジア...理嘉工業(株)、佛山東海理化汽車部件(...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(田中精密工業株式会社)及び子会社8社により構成され、自動車部品の製造販売を主な事業内容とし、その他自動車の販売を行っております。また、当社と継続で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(4輪車・2輪車・汎用機製造販売)は主要な取引先であります。なお、次の5部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の子会社(武蔵精密工業株式会社及び子会社37社により構成)は、自動車用パワートレイン部品・サスペンション部品・ステアリング部品・トランスミッション部品等の製造販売を主な事業内容とし、その製品は、自動車、工作機械、産業機械等多くの産業に使用されております。また、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当事業においては、上記主要製品の製造販売をしております。セグメント区分は製造拠点ごとの区分によっており、当該区分ごとの主要な関係会社の名称は、以下のとおりであります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(子会社16社及び関連会社6社)は、自動車用ブレーキシステム及び部品の製造・販売を主な事業としています。また、本田技研工業株式会社(二輪車、四輪車、汎用パワープロダクツなどの開発、製造、販売)とは、継続的で緊密な事業上の関係にあります。製品区分別の主要製品、セグメント及び主な生産会社は次のとおりです。NISSIN BRAKE OHIO, INC.(子会社)NISSIN BRAKE GEORGIA, INC.(子会社)NISSIN BRAKE DE MEXICO, S.A. DE C.V.(子会社)NISSIN BRAKE (THAILAND) CO., LTD.(子会社)...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)ミクニ)、子会社20社及び関連会社6社により構成されております。事業は、燃料噴射関連品、気化器類、暖房器類、ポンプ類、ガス制御機器類等の製造・販売、航空機部品の輸入販売、不動産賃貸業等のサービス業務を営んでおります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社33社で構成されており、自動車部品の製造販売を主な事業としております。また、本田技研工業株式会社(原動機及び輸送用機械等の製造販売)に製品の販売を行っており、継続的で緊密な事業上の関係にあります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、子会社6社及び関連会社1社により構成されており、自動車関連部品、産業機械関連部品、連続ねじ締め機及びねじ連綴体、柑橘類皮むき機の製造・販売を主たる業務としております。自動車関連部品...........................主要な製品は駆動伝達・操縦装置部品、エンジン部品、コンプレッサー部品等であります。これら製品は当社及び海外子会社ムロテック オハイオ コーポレーション、海外子会社ムロ テック ベトナム コーポレーション、海外子会社ピーティー ムロテック インドネシアが製造・販売、国内子会社北関東プレーティング株式会社がメッキ加工等の製...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社である(株)ミツバ、連結子会社2社(コルポラシオン・タツミ・デ・メヒコ・エス・エー・デ・シー・ブイ、ピーティー・タツミ・インドネシア)により構成されております。(株)ミツバの事業は、自動車用電装品の専門メーカーとして、小型直流モータ及びモータ応用製品の製造並びに販売であります。当社の事業は、主に自動車の電装品用部品及びブレーキ用部品の製造並びに販売であります。当社と(株)ミツバの関係は、製品の販売先であり、材料の仕入先でもあります。子会社2社には、自動車用部品並びに自動車部品製造用機械及び工具等を供給しております。その他関連当事者として、(...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社並びに子会社21社及び関連会社3社で構成され、二輪・汎用事業、四輪事業、ステアリング事業、ガススプリング事業及びその他からなっており、主に二輪車用・四輪車用部品及びボート用部品の製造販売等の事業活動を行っています。また、その他の関係会社1社(本田技研工業株式会社:輸送用機械器具の製造販売)とは継続的で緊密な事業上の関係にあります。主要な製品は、二輪車用ショックアブソーバ、船外機用パワーチルトトリム、トリムシリンダです。主要な製品は、四輪車用ショックアブソーバ、プロペラシャフト、オートマチックトランスミッション部品、デファレンシャルギヤ、その他駆動系...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社35社及び関連会社1社で構成され、四輪車用・二輪車用・汎用計器類、民生用機器及び自動車販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する物流、コンピューターシステム、樹脂材料加工・販売及び液晶表示素子の製造販売等の事業を展開しております。 国内関係会社においては、製造会社は主として当社の生産体制と一体となって、当社製品の部品・完成品の製造を担当し主に当社へ納入をしております。その他販売及びサービス関連の会社については当社及びグループ間の取引のほか、直接他の法人、エンドユーザーとの取引をしております。 海外関係会社においては、現地系企業への販路拡大及び当社国内得意先の海...(20170705に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社並びに親会社1社、子会社22社及び関連会社1社で構成され、その主な事業として、本田技研工業株式会社(親会社)及びそのグループ会社を始めとする国内外の自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に対し、自動車及び自動車部品の製造及び販売を行っております。当社は自動車及び自動車部品等を製造し、子会社である合志技研工業株式会社、株式会社ウエムラテック及び株式会社合志テックが自動車部品等を製造し、自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に販売しております。ユー エス ヤチヨ インコーポレーテッド(米国)、ヤチヨ マニュファクチュアリング オブ アメリカ エル エル シー(米国)、エー ワイ ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社(提出会社)と親会社、子会社8社で構成されており、エンジンバルブ、バルブシート、コッタ、ローテータ、リテーナ、機械等の製造、販売を主な内容としており、さらにそれらに関連する物流その他のサービス活動を展開しております。当社および当社の関係会社の事業は次のとおりであります。当社と子会社である富士气門(広東)有限公司、PT. FUJI OOZX INDONESIA、FUJI OOZX MEXICO, S.A. DE C.V. はエンジンバルブ等の製品の製造、販売を行い、子会社であるオーゼックステクノ株式会社は金型等の製造および当社の生産工程に付帯する業務を行い、子会社であるフジホロ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び国内外52社の関係会社により構成され、セグメント別には、日本、米州、中国、アジア・欧州の4地域からなっています。また、その他の関係会社である本田技研工業株式会社とは、事業上、継続的で緊密な関係にあります。主に二輪車用シート及び樹脂部品等、四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行っています。TRI-CON INDUSTRIES, LTD.、TS TRIM INDUSTRIES INC.、TS TECH USA CORPORATION、TS TECH AMERICAS, INC.、TS TECH ALABAMA, LLC.、TRIMOLD LLC、TS TECH INDIA...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、国内連結子会社2社及び海外連結子会社3社、海外関連会社2社で構成され、自動車関連を中心とする各種ばねの製造販売を主として営んでおります。連結子会社の知多鋼材株式会社は、当社が二・四輪車業界、産業機械業界などへ製造販売している各種線ばね、薄板ばね及びパイプ成形加工品などの原材料の供給・販売を行っております。また連結子会社の知多ゴム工業株式会社は、独立して工業用ゴム製品の製造販売を行っており、当社の緩衝用金具を仕入、ゴム付け加工をし、主として二・四輪車業界向けに販売しております。海外連結子会社のUS CHITA CO.,LTD.は、アメリカ合衆国におい...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,4年連続黒字経常利益プラス成長に回復,4年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社(山田製作所)、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、四輪車部品、二輪車部品の機能部品の設計・開発及び製造、販売を主たる業務としております。又、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当社グループに於ける事業の主な内訳は、次のとおりであります。・四輪車部品...当社が製造、販売するほか、海外は子会社であるヤマダ ノースアメリカ インコーポレーテッド、ヤマダ ソンブン カンパニー リミテッド、成都天興山田車用部品有限公司、又、関連会社である成都正田車用部品有限公司が製造、販売...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,7年連続黒字経常利益プラス成長に回復,7年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

エフ・シー・シーの同業他社をもっと見る

エフ・シー・シーの関連統計

統計分類検索へ

エフ・シー・シーの基本情報

企業名 株式会社エフ・シー・シー
カナ カブシキガイシャエフシーシー
英語名 F.C.C.CO.,LTD.
業種 輸送用機器
所在地 浜松市北区細江町中川7000番地の36
ホームページ http://www.fcc-net.co.jp/
EDINET E02221
証券コード 7296
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7296)
決算日 03月31日