比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

テイ・エス テックの最新業績

業界:輸送機械部品業界すぐ比較

テイ・エス テックの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からテイ・エス テックの事業内容についても確認できます。 注意:テイ・エス テックの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(IFRS_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:5.11

2017-03-31:3.35

2016-12-31:4.76

2016-09-30:6.26

売上高

2017-06-30:1081億8200万

2016-06-30:1038億1700万

2015-06-30:1162億1500万

2014-06-30:1052億8999万

営業利益

2017-06-30:130億4700万

2016-06-30:85億4700万

2015-06-30:116億8600万

2014-06-30:89億8706万

税引前利益

2017-06-30:136億8900万

2016-06-30:75億2700万

2015-06-30:125億6000万

2014-06-30:100億3941万

当期純利益

2017-06-30:70億6600万

2016-06-30:39億6400万

2015-06-30:75億5000万

2014-06-30:56億3078万

包括利益

2017-06-30:95億0300万

2016-06-30:-87億8600万

2015-06-30:115億4300万

2014-06-30:112億2615万

もっと見る

営業CF

2017-06-30:125億2900万

2016-06-30:68億5300万

2015-06-30:173億4600万

2014-06-30:87億3998万

投資CF

2017-06-30:-37億4900万

2016-06-30:-25億6400万

2015-06-30:-78億9800万

2014-06-30:-56億7715万

財務CF

2017-06-30:-56億5300万

2016-06-30:-60億1600万

2015-06-30:-66億0800万

2014-06-30:-28億0005万

総資産

2017-06-30:3232億3400万

2016-06-30:2792億1200万

2015-06-30:3101億2800万

現金及び現金同等物

2017-06-30:992億9000万

2016-06-30:823億6100万

2015-06-30:917億6400万

現金及び預金

2017-03-31:960億0800万

2016-03-31:904億3700万

2015-03-31:878億8900万

もっと見る

純資産

2017-06-30:2352億2800万

2016-06-30:2067億4900万

2015-06-30:2171億4063万

従業員数

2017-03-31:1万6335

2016-03-31:1万5601

2015-03-31:1万5181

2014-03-31:1万5155

臨時従業員数(外)

2017-03-31:2709

2016-03-31:2492

2015-03-31:2907

2014-03-31:2585

売上営業利益率

2017-06-30:12.1

2016-06-30:8.2

2015-06-30:10.1

2014-06-30:8.5

売上純利益率

2017-06-30:6.5

2016-06-30:3.8

2015-06-30:6.5

2014-06-30:5.3

ROA

2017-06-30:8.8

2016-06-30:5.6

2015-06-30:9.6

もっと見る

ROE

2017-06-30:12

2016-06-30:7.6

2015-06-30:14

自己資本比率

2017-06-30:72.8

2016-06-30:74

2015-06-30:70

業績ランキングは

1811

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

テイ・エス テックの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
テイ・エス テック

キーワードの推移
2017/06/26(年度)2016/06/27(年度)2015/06/24(年度)2015/05/22(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/08(四半期)2016/11/09(四半期)2016/08/09(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/11(四半期)
テイ・エステックテイ・エステックテイ・エステックテイ・エステック臨時雇用臨時雇用新機種臨時雇用テイ・エステックテイ・エステック
trimtrimホンダtrim機種臨時雇用臨時雇用臨時雇用
ホンダtrimホンダ新機種台数四輪車四輪車
汽車slashtst台数トリム台数台数機種機種
tstalabama四輪車ドル/円alabamaalabama
汽車ホンダtstwgnドル/円自動化シートシート
cr-vmobilシートドル/円内装戸前ドル/円kftkft
alabamatstjasthan汽車戸前切替派遣社員戸前hungaryhungary
シートkabinburisun ra派遣社員戸前人員派遣社員
ifrsシートcon人員派遣社員円高人員
conhonda汽車部品人員シート円高台数
tsts四輪車シートドア内装シート台数
四輪車de内装円高機種為替戸前戸前
deシートcon内装為替レート新機種為替レート内装派遣社員派遣社員
triアロケーションtstri預入ファイナンス・リース為替機種人員人員
トリムcon二輪車hondaシート預入為替レート汽車汽車
ifrsbrasilkftmfg為替為替預入
honda四輪車内装na定期預金機種定期預金新機種
mfgkfthungaryholding持分為替レート持分債権llc
hungarycrider債権預入配当金定期預金llc内装
nadedets配当金モデル資金持分内装為替
tritri資金配当金為替預入
二輪車トリムhonda二輪車定期預金研究開発事業所事業所
内装asianmfgパーツ研究開発債権資金資金調達定期預金
gienianaindustries資金セグメント研究開発持分資金調達
avanciermfgmandal戸前セグメント配当金成績受取手形持分
nsxprivate本田技研工業成績研究開発セグメント資金手形
llc内装リアamericas成績手形資金
機種najasthanセグメント支払手形
industries保税パーツsun ra配当金
年度or届出書
四半期or半期

(20170626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

テイ・エス テックの類似企業へ

テイ・エス テックの業績推移

テイ・エス テックの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(芦森工業株式会社)、子会社11社及び関連会社2社並びにその他の関係会社1社で構成されております。当社は、事業本部制を採用しており、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しており、「自動車安全部品事業」「機能製品事業」を主たる事業としております。(1)自動車安全部品事業......主要な製品は自動車用シートベルト、エアバッグ、後部車室用カバー(トノカバー)、電動リアサンシェード等であります。当社が製造・販売するほか、子会社(ジェット商事(株)、芦森工業山口(株)、芦森科技(無錫)有限公司、無錫...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社3社及び関連会社2社で構成され、電装品、モータの製造、販売を事業としております。国内顧客向け販売の大部分は当社直販で行っており、海外顧客向け販売の大部分は商社を通じて行っております。製造は、当社とその子会社、関連会社が主として加工組立を行っております。社 Kokusan MAHLE Siam Co.,Ltd.を設立し、連結の範囲に含めております。...(20150327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社3社及び関連会社1社により構成されており、自動車、農業機械及び一般機械用の鋼板製プーリ(ベルト等を介して回転することによって動力を伝達する部品)の設計、開発、製造及び販売を主な事業として取り組んでおります。当社グループは、創業以来、技術開発型経営を志向し、地球環境に配慮したモノづくりに取り組んでまいりました。昭和36年に独自開発の回転成形法(注1)にてプーリを1枚の鋼板からの一体成形に成功して以降、高精度・軽量化・低コストな自動車エンジン部品として国内自動車会社のほぼ全社及び主要な部品会社へ製品供給するとともに、海外のグループ会社を通じてア...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社17社、関連会社9社及びその他の関係会社1社で構成され、自動車部品及びそれに伴う金型、機械機具等の製造、販売を行う自動車部品関連事業を主な事業内容としております。また、これに関連する研究開発活動を展開しております。当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社は主要な得意先であります。...(20170713に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(田中精密工業株式会社)及び子会社8社により構成され、自動車部品の製造販売を主な事業内容とし、その他自動車の販売を行っております。また、当社と継続で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(4輪車・2輪車・汎用機製造販売)は主要な取引先であります。なお、次の5部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の子会社(武蔵精密工業株式会社及び子会社37社により構成)は、自動車用パワートレイン部品・サスペンション部品・ステアリング部品・トランスミッション部品等の製造販売を主な事業内容とし、その製品は、自動車、工作機械、産業機械等多くの産業に使用されております。また、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当事業においては、上記主要製品の製造販売をしております。セグメント区分は製造拠点ごとの区分によっており、当該区分ごとの主要な関係会社の名称は、以下のとおりであります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社6社で構成されており、当社の親会社である日産自動車株式会社への自動車及びその部分品の製造・販売を主な事業としている。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(子会社16社及び関連会社6社)は、自動車用ブレーキシステム及び部品の製造・販売を主な事業としています。また、本田技研工業株式会社(二輪車、四輪車、汎用パワープロダクツなどの開発、製造、販売)とは、継続的で緊密な事業上の関係にあります。製品区分別の主要製品、セグメント及び主な生産会社は次のとおりです。NISSIN BRAKE OHIO, INC.(子会社)NISSIN BRAKE GEORGIA, INC.(子会社)NISSIN BRAKE DE MEXICO, S.A. DE C.V.(子会社)NISSIN BRAKE (THAILAND) CO., LTD.(子会社)...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社24社及び関連会社3社で構成されております。営んでいる主な事業内容は、自動車及び産業機械用ブレーキ並びに鉄道車両用ブレーキの製造・販売であり、さらに事業に関連する研究開発・物流・サービス等を展開しております。なお、次の6区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント区分と同一であります。(1)日本...............主要な事業内容は、当社が販売、研究開発を行うほか、曙ブレーキ岩槻製造(株)、曙ブレーキ山形製造(株)、曙ブレーキ福島製造(株)、曙ブレーキ山陽製造(株)の各社でディスクブレーキ、ディスクパッド、ド...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社29社(うち非連結子会社7社)及び関連会社10社(うち持分法非適用の関連会社2社)で構成され、その主な事業内容は自動車座席及び座席部品の製造並びに販売であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。日 本 当社は、自動車座席及び座席部品を製造し、主に国内の得意先に納入しております。国内子会社、関連会社は、主に当社の委託加工先として自動車座席並びに座席部品を製造し当社に納入しております。 なお、関連会社の富士機工株式会社は、自動車座席部品の当社及び他社への製造・販売のほか、自動車用ステアリング部品や車体機構部品などの製造...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社グループは、当社、子会社15社で構成され、自動車部品の製造・販売を中核として、列車用シート他の非自動車部品の製造・販売及び上記事業に関連する各種サービス活動を展開しております。...(20150612に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社33社で構成されており、自動車部品の製造販売を主な事業としております。また、本田技研工業株式会社(原動機及び輸送用機械等の製造販売)に製品の販売を行っており、継続的で緊密な事業上の関係にあります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社20社、関連会社3社及びその他の関係会社2社で構成され、ステアリングコラム部品、シート部品、パワートレイン部品の製造、販売の事業を展開しております。ステアリングコラム事業.........当社が製造、販売するほか、子会社九州富士機工株式会社、株式会社富士機工クラタが製造しており、当社で仕入れて販売しております。また子会社ダグラス・オートテック・コーポレーション、フジ・オートテック・AB、フジ・オートテック・フランス・S.A.S.、フジ・コーヨー・チェコ・s.r.o.、PT・オートテック・インドネシア、フジ・オートテック(タイランド)Co.,Ltd.、フジ・オートテッ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社である(株)ミツバ、連結子会社2社(コルポラシオン・タツミ・デ・メヒコ・エス・エー・デ・シー・ブイ、ピーティー・タツミ・インドネシア)により構成されております。(株)ミツバの事業は、自動車用電装品の専門メーカーとして、小型直流モータ及びモータ応用製品の製造並びに販売であります。当社の事業は、主に自動車の電装品用部品及びブレーキ用部品の製造並びに販売であります。当社と(株)ミツバの関係は、製品の販売先であり、材料の仕入先でもあります。子会社2社には、自動車用部品並びに自動車部品製造用機械及び工具等を供給しております。その他関連当事者として、(...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社並びに子会社21社及び関連会社3社で構成され、二輪・汎用事業、四輪事業、ステアリング事業、ガススプリング事業及びその他からなっており、主に二輪車用・四輪車用部品及びボート用部品の製造販売等の事業活動を行っています。また、その他の関係会社1社(本田技研工業株式会社:輸送用機械器具の製造販売)とは継続的で緊密な事業上の関係にあります。主要な製品は、二輪車用ショックアブソーバ、船外機用パワーチルトトリム、トリムシリンダです。主要な製品は、四輪車用ショックアブソーバ、プロペラシャフト、オートマチックトランスミッション部品、デファレンシャルギヤ、その他駆動系...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、41社の子会社及び2社の関連会社で構成されており、自動車用の手動変速装置関連事業(MT)及び自動変速装置関連事業(AT)の製造販売を主な事業内容とし、さらに、それらの事業に関連する各種サービス活動を展開しております。当社グループの事業形態は、国内では、当社及びダイナックスにおいて製品、部品等の製造販売を行っており、それ以外の各社は、製造下請、サービス事業等を分担しております。海外では、グループ各社が現地得意先にMT、AT等の製造・販売を行っており、当社及びダイナックスは、得意先へ輸出する他、グループ各社に対して技術援助、製品・部品の供給を行ってお...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社35社及び関連会社1社で構成され、四輪車用・二輪車用・汎用計器類、民生用機器及び自動車販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する物流、コンピューターシステム、樹脂材料加工・販売及び液晶表示素子の製造販売等の事業を展開しております。 国内関係会社においては、製造会社は主として当社の生産体制と一体となって、当社製品の部品・完成品の製造を担当し主に当社へ納入をしております。その他販売及びサービス関連の会社については当社及びグループ間の取引のほか、直接他の法人、エンドユーザーとの取引をしております。 海外関係会社においては、現地系企業への販路拡大及び当社国内得意先の海...(20170705に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社10社、関連会社3社により構成され、セグメント別には、日本、北米、中国、東南アジアの地域からなっており、自動車部品の製造販売を主な事業としております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社23社及び関連会社2社で構成され、二輪車用クラッチ、四輪車用クラッチの製造販売を主たる事業としております。主にオートバイ、スクーター、ATV(バギー)及び汎用機用クラッチの製造販売、並びにその他二輪車・四輪車用部品及び部材の製造販売を行っております。PT. FCC PARTS INDONESIA(インドネシア)当社、天龍産業(株)、東北化工(株)、FCC(North Carolina),LLC.(米国)、FCC(THAILAND)CO.,LTD.(タイ)、FCC(PHILIPPINES)CORP.(フィリピン)、成都永華富士離合器有限公司(中国)、上海中瑞・富士離合...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社(山田製作所)、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、四輪車部品、二輪車部品の機能部品の設計・開発及び製造、販売を主たる業務としております。又、当社と継続的で緊密な事業上の関係にあるその他の関係会社である本田技研工業株式会社(輸送用機器等の製造販売)は主要な取引先であります。当社グループに於ける事業の主な内訳は、次のとおりであります。・四輪車部品...当社が製造、販売するほか、海外は子会社であるヤマダ ノースアメリカ インコーポレーテッド、ヤマダ ソンブン カンパニー リミテッド、成都天興山田車用部品有限公司、又、関連会社である成都正田車用部品有限公司が製造、販売...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

テイ・エス テックの同業他社をもっと見る

テイ・エス テックの関連統計

統計分類検索へ

テイ・エス テックの基本情報

企業名 テイ・エス テック株式会社
カナ テイエス テックカブシキガイシャ
英語名 TS TECH CO.,LTD.
業種 輸送用機器
所在地 朝霞市栄町三丁目7番27号
ホームページ http://www.tstech.co.jp/
EDINET E02380
証券コード 7313
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7313)
決算日 03月31日