比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-05-31)

2017/07/17

オータケの最新業績

オータケの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からオータケの事業内容についても確認できます。 注意:オータケの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-05-31:4.75

2017-02-28:6.03

2016-11-30:7.54

2016-08-31:8.13

売上高

2017-05-31:240億5425万

2016-05-31:249億0312万

2015-05-31:243億6185万

2014-05-31:230億4314万

売上総利益

2017-05-31:29億5379万

2016-05-31:30億1234万

2015-05-31:29億6918万

2014-05-31:28億4700万

営業利益

2017-05-31:4億0271万

2016-05-31:4億9172万

2015-05-31:5億2382万

2014-05-31:4億4431万

経常利益

2017-05-31:5億0288万

2016-05-31:5億9097万

2015-05-31:6億2705万

2014-05-31:5億3231万

当期純利益

2017-05-31:3億1489万

2016-05-31:3億7435万

2015-05-31:3億6696万

2014-05-31:3億1104万

もっと見る

営業CF

2017-05-31:6億6299万

2016-05-31:6億3718万

2015-05-31:-2668万

2014-05-31:1億6629万

投資CF

2017-05-31:-1億0062万

2016-05-31:-1億3044万

2015-05-31:-1億0453万

2014-05-31:-1億4409万

財務CF

2017-05-31:-9264万

2016-05-31:-1億0069万

2015-05-31:-9273万

2014-05-31:-3億0660万

総資産

2017-05-31:170億4975万

2016-05-31:163億7901万

2015-05-31:165億7713万

2014-05-31:153億8509万

流動資産

2017-05-31:117億4919万

2016-05-31:116億0485万

2015-05-31:115億7671万

2014-05-31:107億2467万

現金及び現金同等物の残高

2017-05-31:17億5553万

2016-05-31:12億8580万

2015-05-31:8億7976万

2014-05-31:11億0555万

もっと見る

現金及び預金

2017-05-31:17億5553万

2016-05-31:12億8580万

2015-05-31:8億7976万

2014-05-31:11億0555万

固定資産

2017-05-31:53億0055万

2016-05-31:47億7415万

2015-05-31:50億0041万

2014-05-31:46億6042万

負債

2017-05-31:58億6718万

2016-05-31:58億2308万

2015-05-31:61億1737万

2014-05-31:54億3060万

流動負債

2017-05-31:49億5462万

2016-05-31:50億4473万

2015-05-31:53億2166万

2014-05-31:46億6981万

固定負債

2017-05-31:9億1256万

2016-05-31:7億7835万

2015-05-31:7億9570万

2014-05-31:7億6078万

純資産

2017-05-31:111億8257万

2016-05-31:105億5592万

2015-05-31:104億5976万

2014-05-31:99億5449万

もっと見る

従業員数

2016-05-31:220

2015-05-31:223

2014-05-31:226

2013-05-31:227

臨時従業員数(外)

2016-05-31:28

2015-05-31:26

2014-05-31:24

2013-05-31:26

売上総利益率

2017-05-31:12.3

2016-05-31:12.1

2015-05-31:12.2

2014-05-31:12.4

売上営業利益率

2017-05-31:1.7

2016-05-31:2

2015-05-31:2.2

2014-05-31:1.9

売上経常利益率

2017-05-31:2.1

2016-05-31:2.4

2015-05-31:2.6

2014-05-31:2.3

売上純利益率

2017-05-31:1.3

2016-05-31:1.5

2015-05-31:1.5

2014-05-31:1.3

もっと見る

ROA

2017-05-31:1.8

2016-05-31:2.3

2015-05-31:2.2

2014-05-31:2

ROE

2017-05-31:2.8

2016-05-31:3.5

2015-05-31:3.5

2014-05-31:3.1

自己資本比率

2017-05-31:65.6

2016-05-31:64.4

2015-05-31:63.1

2014-05-31:64.7

流動比率

2017-05-31:237.1

2016-05-31:230

2015-05-31:217.5

2014-05-31:229.7

固定比率

2017-05-31:47.4

2016-05-31:45.2

2015-05-31:47.8

2014-05-31:46.8

業績ランキングは

2322

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

オータケの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
オータケ

キーワードの推移
2016/08/26(年度)2015/08/27(年度)2017/04/14(四半期)2017/01/13(四半期)2016/10/11(四半期)2016/04/11(四半期)2016/01/14(四半期)2015/10/13(四半期)2015/04/13(四半期)2015/01/14(四半期)
コックコック管材管材管材管材管材管材管材管材
継手継手建築設備興国アイテム建築設備電子記録債権アイテム電子記録債権気象
パイプパイプユーロ圏ビル再開発電子記録債権ビル再開発市場規模電子記録債権
バルブバルブ電子記録債権天候ビル素材繰延税金負債インバウンド公共投資夏場
給排水給排水再開発マイナスシェア興国シェアビルマイナス物流
冷暖房冷暖房政権シェア製造業マイナス製造業マイナスシェア市場規模
管工機材管工機材繰延税金負債製造業円高シェア原油価格シェア製造業倉庫
管材管材シェア株価為替製造業投資有価証券製造業原油価格事業所
フリーフリー製造業投資有価証券個人消費中国経済原油原油価格原油センタ
建築設備建築設備円高原油電子原材料シェア
インタレストインタレスト電子大型研究開発電子手形原油電子資金調達
カバレッジカバレッジ手形手形売上高手形為替手形投資有価証券
時価総額時価総額差額差額債権個人消費なか住宅
衛生衛生支払手形証券成績支払手形証券金融差額電子
器材器材差額証券差額支払手形手形
繰延税金負債発行済株式数証券配当金有価証券配当金研究開発証券債権
電子記録債権利子有価証券支払手形受取手形支払手形売上高有価証券
再開発利払い受取手形資金投資有価証券棚卸受取手形証券
発行済株式数ベース投資有価証券有価証券債権資金成績投資有価証券差額
利子市場規模為替受取手形有価証券債権配当金
利払い仕入れ債権為替受取手形資金
ベース製造原価仕入れ研究開発為替支払手形
市場規模公共投資個人消費債権仕入れ
ソフトウエアビル研究開発個人消費売上高研究開発有価証券
仕入れ自己資本研究開発受取手形
ビル貸付売上高研究開発成績環境仕入れ
自己資本繰延税金負債売上高売上高
差額シェア成績売上高
貸付製造業成績成績個人消費
製造業原油価格成績研究開発
年度or届出書
四半期or半期

(20160826)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170414)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

オータケの類似企業へ

オータケの業績推移

オータケの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社オーテック)、連結子会社6社、非連結子会社2社、関連会社1社及び当社と継続的で緊密な事業上の関係があるその他の関係会社1社により構成されており、主に管工機材商品の販売を行う管工機材販売事業、自動制御システムの設計・施工・メンテナンス(保守)工事を行う工事事業並びに環境関連商品を販売する環境機器販売事業を主要業務とし、その他に製品の製造・販売及びサービスの提供を行っております。(1) 管工機材販売事業......主要な商品は、鋼管、継手、バルブ、衛生陶器及び住設機器類であります。当社は、関連会社の株式会社大和バルブ及びその他の関係会社のJF...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(クリエイト株式会社)、国内連結子会社5社(ダイドレ株式会社、株式会社ハイライト、ダイドレ物流有限会社、ダイポリシステム株式会社、クリテック株式会社)及び海外連結子会社3社(可麗愛特(上海)軟件開発有限公司、可麗愛特(上海)建築装飾工程有限公司、可麗愛特(上海)商貿有限公司)により構成されており、管工機材等の販売を主な事業としております。パイプ・継手・バルブ等の管工機材商品の販売を主たる業務としております。ダイドレ株式会社は、主に排水継手・排水器具・マンホール等のトーロー印商品を製造しており、当社はトーロー印商品の総販売代理店として販売しております...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、国内子会社(日三工業株式会社、共榮機工株式会社)及び海外子会社(中阪貿易(上海)有限公司、DAIKOH(THAILAND)CO.,LTD.、COMINIX(PHILIPPINES),INC.、PT.COMINIX INDONESIA、COMINIX VIETNAM CO.,LTD.、COMINIX INDIA PRIVATE LIMITED、COMINIX MEXICO,S.A.DE C.V.、COMINIX U.S.A.,INC.)の計11社により構成されており、1切削工具事業、2耐摩工具事業、3海外事業、4光製品事業の4セグメントで事業展開しております。当事業では、当...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、イハラサイエンス株式会社(当社)及び連結子会社1社並びに持分法適用の非連結子会社4社により構成されており、事業は、配管用継手、バルブ類の製造及び販売、配管工事並びに機械器具設置工事の設計、施工及び請負、配管システム並びに配管システムを構成する部材等の設計、製造、請負及び販売等を行っております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) CP事業部 主要な製品は半導体・液晶製造装置用の継手、バルブ等であります。(2) GP事業部 主要な製品は油圧用継手、バルブ等であります。(3) IPE...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社3社(国内2社、海外1社)、並びに当社と継続的で緊密な事実上の関係のある関連当事者1社で構成され、各種産業用バルブの開発、製造・販売、そのメンテナンス並びに除染・廃炉事業などを主な事業の内容としております。なお、平成28年2月12日付で当社の主要株主であった三菱商事株式会社の保有する当社株式が株式会社キッツに譲渡されたことに伴い、当社の主要株主となっております。また、株式会社キッツとは、部品の仕入・販売の取引があります。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。原子力発電所...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社4社および関連会社2社で構成されております。 当社グループの事業内容は、自動調整弁の製造販売であります。 製造については、「日本」セグメントに属する当社と製造子会社カワキ計測工業(株)が行っているほか、「東南アジア」セグメントに属するタイ国における製造子会社ヨシタケ・ワークス・タイランド(以下、YWT)が行っております。また、YWTは米国における製造関連会社エバーラスティング・バルブおよび国内における輸入子会社ヨシタケ・アームストロング(株)と共に、当社に対して材料の供給を行っております。販売については、当社と「日本」セグメントに属する販売子会社宏洋サンテック(株)...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社及び当社の関係会社(当社、子会社1社、関連会社1社及びその他の関係会社1社により構成)は、バルブ事業及びメンテナンス事業を主たる業務としております。また、当社の受注、販売活動は、岡野商事(株)(その他の関係会社)を主な代理店として行っております。なお、セグメントと同一の区分であります。バルブ事業..................当社は、主に発電所向け原子力弁・一般弁等を製造・販売しております。製造工程のうち一部については、岡野クラフト(株)(子会社)にアウトソーシングしております。また、その他の関係会社である岡野商事(株)より部品等の一部を仕入れております。メンテナンス事業..........(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、LPG(液化石油ガス)・LNG(液化天然ガス)等のエネルギーガスを中心に各種ガス体を制御するバルブや機器類の製造及び販売を行っている企業です。当社事業は、単一セグメントであるため、製品の種類別に事業の概要を記載しております。容器用弁は、LPGを使用するための一般家庭で使用されている5~50kgの容器、工業用の500kg容器、あるいはタクシー等の自動車用の容器等各分野で使用されている容器に各種容器用弁が取り付けられて使用されております。LPG用弁類・機器は、LPGに関する貯蔵や消費する設備、集合住宅やファミリーレストラン等の外食産業及び工業用に使用されているバルク貯槽(ガスを貯蔵する設備...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社1社並びに関連会社3社で構成され、LPG容器用バルブ・高圧ガス容器用バルブ及び設備弁・配管用バルブの製造及び販売を行っており、当社及び関連会社の主な事業内容と当該事業における位置付け及び事業の種類別セグメントとの関連は次のとおりであります。当社は、LPG容器用バルブ・高圧ガス容器用バルブ及び設備弁を製造販売しております。関連会社北陸ハマイ株式会社は北陸地区の代理店として、関連会社四国ハマイ株式会社は四国地区の代理店としてそれぞれ、当社の製品を販売しております。 また、子会社株式会社ハマイコリアは韓国市場における拠点として高圧ガス容器用バルブを製造販売し、当社...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の子会社は33社ですべてを連結子会社としております。当社、東洋バルヴ(株)、(株)清水合金製作所、(株)キッツエスシーティー、三吉バルブ(株)、(株)キッツマイクロフィルター、KITZ(THAILAND)LTD.、台湾北澤股份有限公司、北澤精密機械(昆山)有限公司、北澤閥門(昆山)有限公司、連雲港北澤精密閥門有限公司、北澤半導体閥門(昆山)有限公司、上海開滋国際貿易有限公司、KITZ CORP.OF ASIA PACIFIC PTE.LTD.、KITZ CORP.OF AMERICA、Metalúrgica Golden Art's Ltda.、KITZ CORP.OF EUROPE, S...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末において当社及び連結子会社3社(橋本総業株式会社、大明工機株式会社、若松物産株式会社)と非連結子会社2社(株式会社リード・エンジニアリング、株式会社大和)により構成されており、管材類、衛生陶器・金具類、住宅設備機器類、空調機器・ポンプの販売を主たる業務としております。セグメントごとの主要商品は、次のとおりであります。当社グループの品目及び販売経路は次のとおりであります。また、ルート部門とは、二次店への販売(卸売)をいいます。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社であるNAITO VIETNAM CO.,LTD.、関連会社であるSOMAT Co.,Ltd.および藤中工具(上海)有限公司の計4社で構成されており、切削工具、計測、産業機器、工作機械等の販売を主な内容とし、これらを単一のセグメントとしております。...(20170523に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社トミタ(以下「当社」という。)及び関係会社13社(連結子会社)により構成されており、機械・工具販売業を主たる業務としております。日本 当社が工作機械・工具の仕入・販売を行っているほか、(株)ツールメールクラブが工具の通信販売を行っております。北米 TOMITA U.S.A.,INC.、TOMITA CANADA,INC.及びTOMITA MEXICO, S. DE R.L. DE C.V.が工作機械・工具の販売を行っております。欧州 TOMITA U.K.,LTD. が工作機械・工具の販売を行なっております。アジア TOMITA ASIA CO...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社2社及び関連会社2社から構成されています。当社は、ファクトリールート(製造業、建設関連業等向け卸売)、eビジネスルート(通販企業、電子購買仲介企業等向け販売)、ホームセンタールート(ホームセンター、プロショップ等向け販売)と、販売ルートに即した営業体制のもと事業を行っています。各ルートで取り扱う作業用品・ハンドツール等の一部(キャスター、工具箱等)及び物流保管用品、研究管理用品等の一部(作業台等)を関連会社が製造し、当社が仕入れて国内の販売店に販売しています。また、子会社トラスコナカヤマ タイランド及びトラスコナカヤマ インドネシアは、当社...(20170314に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は株式会社コンセック(当社)、子会社8社(祥建企業股份有限公司(在外子会社)、南通康賽克工程工具有限公司(在外子会社)、南通康賽克半導体工具有限公司(在外子会社)、北斗電気工業株式会社(国内子会社)、株式会社サンライフ(国内子会社)、株式会社デンサン(国内子会社)、山陰建設サービス株式会社(国内子会社)、建設サービス島根株式会社(国内子会社)及び関連会社1社(南通偉秀精密机械有限公司(在外関連会社))並びにその他の関係会社1社で構成されております。主たる業務は、当社及び祥建企業股份有限公司は穿孔・切断機器、ダイヤモンド切削消耗品の製造、販売及び建設資材・工具の販売並びに建設特殊工...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社は、機械、工具及び産業機械・器具の仕入販売が主な事業であり、東北地区を地盤として行っております。取扱商品は次のとおりであります。...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社1社及び非連結子会社2社で構成され、当社及び連結会社は測定器具、工作用器具、機械工具、空圧・油圧器具等の販売を主な事業内容としております。 当社グループのセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、セグメントと同一区分であります。 当社グループは、営業所単位で独立採算の営業を展開しており、営業所単位で財務情報が入手可能であり、取締役会では、経営の判断、業績の評価・検討を営業所単位で行っております。当社グループの取扱商品は測定器具・機械器具を中心に工場等で使用される機械、工具、工場用品、消耗品等を販売しております。当社の営業方針は、地域密着型の営業であり、...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ミスミグループ本社(当社)、連結子会社46社、非連結子会社1社及び関連会社2社で構成されており、FA事業、金型部品事業、VONA事業の3つの領域において事業を展開しております。FA(ファクトリーオートメーション)などの生産システムの合理化・省力化で使用される自動機の標準部品(シャフト、ブッシュ、リニアガイド、位置決め部品、プーリー、アルミフレーム、ステ-ジなど)をはじめ、高精度の精密生産装置に利用される自動位置決めモジュール、光技術関連の各種実験研究機器の開発・提供と電子機器類のデジタル化に伴い変化する各種機器生産現場への部材などを開発・提供しております。主に自動車、電...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社1社により構成されており、鋳鉄器材、スチール機材、製作金物等の製造、販売を主たる事業の内容としております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、金属加工品の製造・販売を行う子会社及びグループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する事業を行っています。用)に異動となりました。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

オータケの同業他社をもっと見る

オータケの関連統計

統計分類検索へ

オータケの基本情報

企業名 株式会社オータケ
カナ カブシキガイシャオータケ
英語名 OTAKE CORPORATION
業種 卸売業
所在地 名古屋市中村区名駅三丁目9番11号
ホームページ http://www.kk-otake.co.jp/
EDINET E02803
証券コード 7434
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7434)
決算日 05月31日