比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-05-31)

2017/07/17

小津産業の最新業績

小津産業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から小津産業の事業内容についても確認できます。 注意:小津産業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-05-31:10

2017-02-28:8.23

2016-11-30:6.24

2016-08-31:4.39

売上高

2017-05-31:402億3597万

2016-05-31:387億5522万

2015-05-31:384億3209万

2014-05-31:392億4225万

売上総利益

2017-05-31:60億0597万

2016-05-31:58億0004万

2015-05-31:57億0217万

2014-05-31:59億2201万

営業利益

2017-05-31:6億6868万

2016-05-31:5億8660万

2015-05-31:4億3914万

2014-05-31:5億1491万

経常利益

2017-05-31:6億7815万

2016-05-31:5億9130万

2015-05-31:5億1478万

2014-05-31:5億4576万

当期純利益

2017-05-31:4億7929万

2016-05-31:3億6993万

2015-05-31:5億0661万

2014-05-31:3億4298万

もっと見る

包括利益

2017-05-31:5億3436万

2016-05-31:8億5978万

2015-05-31:10億2909万

2014-05-31:3億3279万

営業CF

2017-05-31:10億8407万

2016-05-31:6億9461万

2015-05-31:6億8994万

2014-05-31:5億8660万

投資CF

2017-05-31:3734万

2016-05-31:-1億9778万

2015-05-31:3億2946万

2014-05-31:-5億7045万

財務CF

2017-05-31:-1億3377万

2016-05-31:-1億2299万

2015-05-31:-1億5335万

2014-05-31:-1億2579万

総資産額

2017-05-31:226億7684万

2016-05-31:219億1041万

2015-05-31:220億4257万

2014-05-31:205億7885万

流動資産

2017-05-31:145億5110万

2016-05-31:135億6450万

2015-05-31:141億7356万

2014-05-31:128億0454万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-05-31:55億5864万

2016-05-31:45億6281万

2015-05-31:42億3109万

2014-05-31:33億2240万

現金及び預金

2017-05-31:58億5864万

2016-05-31:48億7490万

2015-05-31:45億4318万

2014-05-31:36億0448万

固定資産

2017-05-31:81億2573万

2016-05-31:83億4590万

2015-05-31:78億6900万

2014-05-31:77億7430万

負債

2017-05-31:88億5092万

2016-05-31:85億4826万

2015-05-31:94億1467万

2014-05-31:88億7937万

流動負債

2017-05-31:65億6683万

2016-05-31:68億8361万

2015-05-31:68億6815万

2014-05-31:61億8992万

固定負債

2017-05-31:22億8409万

2016-05-31:16億6465万

2015-05-31:25億4652万

2014-05-31:26億8945万

もっと見る

純資産

2017-05-31:138億2591万

2016-05-31:133億6214万

2015-05-31:126億2789万

2014-05-31:116億9948万

従業員数

2016-05-31:348

2015-05-31:349

2014-05-31:352

2013-05-31:350

臨時従業員数(外)

2016-05-31:117

2015-05-31:134

2014-05-31:128

2013-05-31:131

売上総利益率

2017-05-31:14.9

2016-05-31:15

2015-05-31:14.8

2014-05-31:15.1

売上営業利益率

2017-05-31:1.7

2016-05-31:1.5

2015-05-31:1.1

2014-05-31:1.3

売上経常利益率

2017-05-31:1.7

2016-05-31:1.5

2015-05-31:1.3

2014-05-31:1.4

もっと見る

売上純利益率

2017-05-31:1.2

2016-05-31:1

2015-05-31:1.3

2014-05-31:0.9

ROA

2017-05-31:2.1

2016-05-31:1.7

2015-05-31:2.3

2014-05-31:1.7

ROE

2017-05-31:3.5

2016-05-31:2.8

2015-05-31:4

2014-05-31:2.9

自己資本比率

2017-05-31:61

2016-05-31:61

2015-05-31:57.3

2014-05-31:56.9

流動比率

2017-05-31:221.6

2016-05-31:197.1

2015-05-31:206.4

2014-05-31:206.9

固定比率

2017-05-31:58.8

2016-05-31:62.5

2015-05-31:62.3

2014-05-31:66.5

業績ランキングは

285

(3910社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

小津産業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
小津産業

キーワードの推移
2016/08/29(年度)2015/08/28(年度)2017/04/14(四半期)2017/01/13(四半期)2016/10/14(四半期)2016/04/14(四半期)2016/01/14(四半期)2015/10/15(四半期)2015/04/14(四半期)2015/01/14(四半期)
アズフィットアズフィットアズフィットアズフィットアズフィットアズフィットアズフィットアズフィットアズフィットアズフィット
シーダシーダシーダシーダシーダシーダシーダシーダシーダシーダ
コスメティックコスメティックティシュティシュテープウェットウェットウェットコスメティックコスメティック
日用雑貨ガーゼコスメティックコスメティック日用雑貨コスメティックコスメティックコスメティック日用雑貨日用雑貨
日用雑貨ベビーサニタリ日用雑貨日用軟弱野菜法蓮草生紙ガーゼガーゼ
ウェット日用雑貨日用人参法蓮草テープ再生紙日用日用
日用日用日用人参落花生テープ日用雑貨日用雑貨デジタルカメラフェイスマスク
テープティシュ人参トイレットペーパ日用雑貨日用ガーゼティシュデジタルカメラ
落花生トイレットペーパウェットティシュレンズ落花生日用ウェットティシュ
液晶テレビウェットコンバータウェット日用落花生コンバータウェット
ティシュ雑貨コンバータ衛生材料コスメティック落花生ティシュ除菌コンバータ
粒子ウェット衛生材料熊本地震コーン作物ティシュ
雑貨デジタルカメラ熊本地震衛生コンバータティシュコーン作物雑貨基金解散
家庭ozu衛生家庭作物コンバータコーンプラント雑貨
コーンオヅテクノ雑貨衛生材料コーン家庭コンバータpb商品プラント
光学機器ココカラファインヘルスケア雑貨プラント熊本地震メガネ衛生材料家庭家庭pb商品
衛生材料小津産業プラント地震除菌コンバータ除菌光学機器電装家庭
ozu家庭地震販路粒子家庭粒子仕様変更電装
オヅテクノエレクトロニクス販路テープ雑貨衛生材料雑貨粒子ユーロ圏
ココカラファインヘルスケアメディカルテーププライベートブランド商品プラント除菌エレクトロニクス雑貨メディカル基金
小津産業プラントプライベートブランド商品家庭地震粒子プラントエレクトロニクス駆け込み需要ユーロ圏
機材電装家庭用紙歯科雑貨歯科プラント人材育成メディカル
メディカル電子部品用紙プライベートブランド商品プラント夏物夏物ペース駆け込み需要
夏物デバイスドラッグストア夏物プライベートブランド商品テープエレクトロニクス人材育成
プライベートブランド商品タブレット製造業大手ドラッグストアプライベートブランド商品コストアッププライベートブランド商品デバイスエレクトロニクス
エレクトロニクスコンバータドラッグストアメディカルメディカル足取り足取りコストアップタブレットデバイス
プラント除菌大手ペーパ人材育成陰り電装足取り日本銀行タブレット
陰り基金解散メディカル貸し付け株安電装電装小売業預入
電装資材ペーパ人材育成衛生インバウンド消費端末日本銀行
台風管理会社人材育成医療機器エレクトロニクスデジタルカメラデジタルカメラデジタルカメラ繰延税金負債小売業
年度or届出書
四半期or半期

(20160829)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170414)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

小津産業の類似企業へ

小津産業の業績推移

小津産業の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社4社(うち連結子会社3社)で構成されており、アルミ電解コンデンサのセパレータとして使用されるコンデンサ用セパレータおよび電池のセパレータとして使用される電池用セパレータの製造・販売を主事業としております。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社2社により構成されており、不織布および紙の製造・加工および販売事業を営んでおります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分であります。当社グループが生産・販売する不織布は、主にパルプ不織布(エアレイド製法(注1))と化合繊不織布(サーマルボンド製法(注2))であります。パルプ不織布は、フレッシュパルプを主原材料とした不織布で主にクッキングペーパー、おしぼり、ドリップ吸収シート(肉、魚のドリップ吸収材)等に使用されております。当社グループはパルプ不織布を原反として、あるいはクッキングペー...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(ホシデン株式会社)、子会社27社により構成されており、当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係わる位置付けは次のとおりであります。「機構部品」の区分に属する主要な製品にはコネクタ、ジャック、スイッチ等を含みます。「音響部品」の区分に属する主要な製品はマイクロホン、ヘッドホン、ヘッドセット、スピーカー、レシーバー等となっています。「表示部品」の区分に属する主要な製品は液晶表示素子、タッチパネルとなっています。「複合部品その他」の区分に属する主要な製品は上記の区分に属さない複合機器となっています。当社は、最終製品の製造を行い、子会社より...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益8年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益8年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益8年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、トミタ電機株式会社(当社)、子会社2社で構成されており、主な事業内容は、電子部品材料であるフェライトコア(磁性材料)、電子部品のコイル・トランスの製造及び販売並びに、国内不動産の賃貸事業であります。なお、当社グループは、同一セグメントに属する電子部品材料の製造、販売を行っており、電子部品材料事業については製品別に記載しております。当社、TOMITA FERRITE LTD.以上の当社グループ等について図示すると次のとおりであります。...(20170426に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/19

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、株式会社エノモト(当社)及び子会社4社(連結子会社3社、非連結子会社1社)により構成されており、事業は主にIC・トランジスタ用リードフレーム(※1)、オプト用リードフレーム、コネクタ用部品とそれらの製造に使用する精密金型・周辺装置の製造・販売を行っております。当社グループは、金型技術の基本である「抜き・曲げ」に、「つぶし(コインニング)・絞り」及び樹脂成形など多彩な技術を複合させることにより、あらゆる分野で高度な要求に応えられることを強みとしています。なお、当社グループは、国内4工場、海外3工場(フィリピン2ヵ所、中国1ヵ所)に展開しております。ENOMOT...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、浜松ホトニクス株式会社(当社)、子会社17社及び関連会社3社で構成されており、光電子増倍管、イメージ機器及び光源、光半導体素子、画像処理・計測装置等の光関連製品の製造、販売を主な事業とし、かつ、これらに付帯する事業を営んでおります。当社が製造販売するとともに、子会社のハママツ・コーポレーション、ハママツ・ホトニクス・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハー、ハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル、浜松光子学商貿(中国)有限公司他海外子会社を通じ販売しております。また、当社は、光電子増倍管につきましては、国内子会社の高丘電子(株)、浜松電子プレス(株)、海外子会社の...(20161216に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社日本抵抗器製作所)、子会社10社により構成されており、電子部品(主な製品群としては、抵抗器、ポテンショメーター、ハイブリッドIC、電子機器)の製造販売を主たる業務としております。主な用途として自動車用、農電機器用、住設機器用、電源機器用、医療機器用、家電用等があり、主に(株)日本抵抗器大分製作所、(株)サンジェニックスで生産し、当社が生産管理、品質管理し、日本抵抗器販売(株)に販売しております。主な用途として自動車用、建設機械用、農電機器用等があり、主に(株)サンジェニックスで生産し、当社が生産管理、品質管理し、日本抵抗器販売(株)に販売...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社1社により構成され、機械部品事業、電機部品事業並びにこれらに類しないその他の事業を行っております。当社グループの事業概要は次のとおりであります。NTダイカッター、切削工具、耐摩耐食部品、機械部品、磁気ヘッド基板、超精密加工品、半導体・液晶関連機械部品、自動化・省力化機器等を製造販売しております。NIPPON TUNGSTEN USA, INC. (米国、連結子会社)NIPPON TUNGSTEN EUROPE S.r.l (イタリア、連結子会社)電気接点、電極、遮蔽材、タングステン及びモリブデン線・棒・板等の製造販売を行っております。上...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社18社及び関連会社1社で構成され、主な事業内容は、電子機器等の回路部品である抵抗器、IC、複合部品等の製造販売であり、企業集団内の位置づけは次のとおりであります。(生産拠点)高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、当社と興亜エレクトロニクス(株)を含めた連結子会社4社、及び子会社である日本電子応用(株)において抵抗器、IC、高周波インダクタ等の生産を担当しております。(販売拠点)当社の9ヶ所の営業所と連結子会社である興亜販売(株)が担当しております。(生産拠点)生産コスト面の有利性とグローバルな事業展開を目的として、連結子会社であ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社73社及び関連会社24社の計98社で構成されており、紙パルプ等の卸売を主な事業とし、これに関連する製造、加工等の事業並びに再資源化等の事業及び不動産賃貸事業に取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。JPP Far East(S)Pte. Ltd.、Tai Tak Paper Co., Ltd.、Japan Pulp & Paper GmbH、Japan Pulp & Paper Co.,(H.K.)Ltd.、Japan Pulp & Paper(U.S.A.)Corp.、Talico,S.A.de C.V.、Japan P...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社共同紙販ホールディングス)、子会社(関東流通株式会社、ファイビストオフィス株式会社)の計3社で構成されており洋紙の販売を主たる業務としております。(1)洋紙卸売事業・・・当社が洋紙を顧客へ販売しております。また、当社はファイビストオフィス株式会社を通じて特殊紙等を仕入れております。(2)不動産賃貸事業・・当社が不動産賃貸業を行っております。(3)物流事業・・・・・関東流通株式会社が当社を含む顧客商品の保管・加工・配送を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社)が営んでいる主な事業内容は、木材及びその他の原料から製造された紙、又は、これらの紙から製造された紙加工品等を取扱う和洋紙卸売業であり、当該事業にかかわる各社の位置づけは次のとおりであります。なお、当社グループは、和洋紙の販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、主要な事業の内容別に記載しております。和洋紙卸売業他 :当社並びに連結子会社である株式会社辻和及び平和紙業(香港)有限公司も販売しております。なお、株式会社辻和は、主として和紙の販売をおこなっております。倉庫業・紙加工業:連結子会社である平和興産株式会社は、主として当社及び株式会社辻和の商品...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益黒字へ回復,プラス成長に回復当期純利益黒字へ回復,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社21社(国内7社、海外14社)及び関連会社13社(国内10社、海外3社)により構成されており、その他の関係会社である王子ホールディングス(株)グループ内の製紙会社等より仕入れた紙類を国内外に販売することを主要業務とし、ほかに不動産の賃貸業、紙製品の加工業等を営んでおります。DaiEi Papers(H.K.)Limited、DaiEi Papers(USA) Corp.、DAIEI PAPE (S) PTE LTD、DAIEI PAPE BRAZIL LTDA.、慶真紙業貿易(上海)有限公司、DAIEI PAPE(S.A.)PTE LTD、DAIEI P...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業内容と当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。当社グループは紙、板紙、化成品、機械、パルプその他紙関連物資の販売を主要業務としており、ほかに不動産の賃貸・管理、紙加工業等を営んでおります。紙・板紙・化成品等卸売関連事業につきましては、当社が卸売事業を全国的に行うほか、子会社(株)紙大倉他8社及び関連会社(株)大文字洋紙店が卸売事業を地域的に行っております。また、子会社新生物流(株)他1社及び関連会社若洲共同物流(株)が主に当社の委託を受け、商品の保管・運送業務を行っております。紙加工等関連事業につきましては、子会社(株)興栄他4社及び...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-08-31)

(2010-08-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、各種アナログIC製品の開発・製造・販売を行っております。当社グループは、当社、連結子会社8社(販売子会社6社、製造子会社2社)によって構成されております。当社グループは、「常に豊かな知性と感性を磨き、市場に適応した価値ある製品を創出し、豊かな社会の実現と地球環境の保全に貢献するとともに、私たちの事業に携わるすべての人々が共に繁栄することを企業の理念とする」という企業理念に基づき、事業活動を展開しています。私たちの生活に欠かせない携帯電話、AV機器、パソコン、家電などから産業用機器、医療機器、自動車などの各種機械装置まで、高度情報化社会の進展に伴って電子機器化が急速に進んでいます。当社の...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

小津産業の同業他社をもっと見る

小津産業の関連統計

統計分類検索へ

小津産業の基本情報

企業名 小津産業株式会社
カナ オヅサンギョウカブシキガイシャ
英語名 ozu corporation
業種 卸売業
所在地 中央区日本橋本町三丁目6番2号
ホームページ http://www.ozu.co.jp/
EDINET E02842
証券コード 7487
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7487)
決算日 05月31日