比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

高速の最新業績

業界:包装関連卸売業界すぐ比較

高速の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から高速の事業内容についても確認できます。 注意:高速の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:8.56

2017-03-31:8.9

2016-12-31:9.52

2016-09-30:10

売上高

2017-06-30:200億7387万

2016-06-30:190億8738万

2015-06-30:184億6076万

2014-06-30:169億4849万

売上総利益

2017-06-30:36億1639万

2016-06-30:33億6087万

2015-06-30:31億4728万

2014-06-30:29億8939万

営業利益

2017-06-30:7億0924万

2016-06-30:7億1679万

2015-06-30:6億3563万

2014-06-30:5億3470万

経常利益

2017-06-30:7億5670万

2016-06-30:7億5998万

2015-06-30:6億8841万

2014-06-30:5億8775万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:4億7854万

2016-06-30:5億3967万

2015-06-30:4億4205万

2014-06-30:4億0092万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:5億1665万

2016-06-30:5億4449万

2015-06-30:5億7625万

2014-06-30:4億2730万

営業CF

2017-03-31:9億4611万

2016-03-31:32億4697万

2015-03-31:22億3672万

2014-03-31:24億9632万

投資CF

2017-03-31:-3億4527万

2016-03-31:-13億7455万

2015-03-31:-6億3839万

2014-03-31:-16億6206万

財務CF

2017-03-31:-8億1089万

2016-03-31:-7億4651万

2015-03-31:-20億9753万

2014-03-31:-15億7944万

総資産

2017-06-30:418億2579万

2016-06-30:422億3830万

2015-06-30:401億3069万

2014-06-30:392億7313万

流動資産

2017-06-30:237億7164万

2016-06-30:241億8941万

2015-06-30:220億7325万

2014-06-30:219億4465万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:76億6061万

2016-03-31:78億7067万

2015-03-31:67億4476万

2014-03-31:72億4396万

現金及び預金

2017-06-30:69億6082万

2016-06-30:79億8194万

2015-06-30:63億0964万

2014-06-30:65億2896万

固定資産

2017-06-30:180億5414万

2016-06-30:180億4888万

2015-06-30:180億5744万

2014-06-30:173億2848万

負債

2017-06-30:179億7000万

2016-06-30:199億6232万

2015-06-30:194億3982万

2014-06-30:188億2523万

流動負債

2017-06-30:158億5387万

2016-06-30:178億1103万

2015-06-30:172億1865万

2014-06-30:163億7812万

固定負債

2017-06-30:21億1612万

2016-06-30:21億5129万

2015-06-30:22億2117万

2014-06-30:24億4711万

もっと見る

純資産

2017-06-30:238億5578万

2016-06-30:222億7597万

2015-06-30:206億9086万

2014-06-30:204億4790万

従業員数

2017-03-31:879

2016-03-31:759

2015-03-31:749

2014-03-31:758

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1100

2016-03-31:1025

2015-03-31:955

2014-03-31:914

売上総利益率

2017-06-30:18

2016-06-30:17.6

2015-06-30:17

2014-06-30:17.6

売上営業利益率

2017-06-30:3.5

2016-06-30:3.8

2015-06-30:3.4

2014-06-30:3.2

売上経常利益率

2017-06-30:3.8

2016-06-30:4

2015-06-30:3.7

2014-06-30:3.5

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:2.4

2016-06-30:2.8

2015-06-30:2.4

2014-06-30:2.4

ROA

2017-06-30:4.4

2016-06-30:5.2

2015-06-30:4.4

2014-06-30:4

ROE

2017-06-30:8

2016-06-30:9.6

2015-06-30:8.4

2014-06-30:8

自己資本比率

2017-06-30:57

2016-06-30:52.7

2015-06-30:51.6

2014-06-30:52.1

流動比率

2017-06-30:149.9

2016-06-30:135.8

2015-06-30:128.2

2014-06-30:134

固定比率

2017-06-30:75.7

2016-06-30:81

2015-06-30:87.3

2014-06-30:84.7

業績ランキングは

1198

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

高速の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
高速

キーワードの推移
2017/06/22(年度)2016/06/23(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/15(四半期)2016/02/15(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/12(四半期)
茶袋茶袋茶袋食品加工食品加工食品加工食品加工包装資材
ポリ袋ポリ袋ポリ袋包装資材包装資材包装資材包装資材三和
包装資材包装資材包装資材食の安全食の安全食の安全食の安全三和
ラミネートラミネート事務用品食品食品利払い食品三和食品加工
段ボール段ボール段ボールインタレスト建設仮勘定包装資材
緩衝材緩衝材緩衝材情報提供情報提供カバレッジ情報提供卸売業食品加工物流コスト
事務用品事務用品三和販売事業販売事業時価総額販売事業食品加工包装資材食の安全
紙器紙器ラミネートであるである食品であるである過去最高益同軸
かごかご紙器情報株価株価資材食の安全
ラベルラベルかご受取手形売上原価情報提供円高食品最高食品
容器容器ラベル手形手形自己資本情報金融機関保険金建設仮勘定
容器個人消費支払手形販売事業受取手形食の安全同軸営業力
製品情報である手形販売事業普通株式
紙袋株価個人消費同軸金融機関パッケージ
紙袋紙袋グループ受取手形売上原価製品利払い株高
シール食品加工食品加工研究開発投資有価証券ベース事務所インタレスト振替
パレットセグメント為替手形グループ建設仮勘定カバレッジ情報提供
環境金額支払手形研究開発営業力時価総額物価
トレーシールシール個人消費資金セグメント販売事業
シーパックパレットパレット売上高グループ情報環境倉庫食品である
昌和物産トレートレー成績研究開発金額パッケージ営業力エネルギ
ハイプルエースシーパックシーパックセグメント売上高株高棚卸
割箸割箸割箸環境受取手形成績振替災害原材料
茶筒昌和物産昌和物産売上高投資有価証券情報提供パッケージ手形
マルトモハイプルエースハイプルエース為替棚卸株高差額
リサイクルトナ茶筒茶筒個人消費事業所預入支払手形
食品加工マルトモマルトモ成績株式振替
バラン役員退職慰労金リサイクルトナグループ物価ベース証券
備品リサイクルトナ資材研究開発最高情報提供情報
フィルム資材バランセグメント支払手形自己資本有価証券
年度or届出書
四半期or半期

(20170622)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

高速の類似企業へ

高速の業績推移

高速の同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社ミューチュアル)、連結子会社4社により構成されており、医薬品業界、化粧品業界、食品業界向けの包装関連設備を中心とした産業用機械等の改良・製造・販売を主たる業務としている他、工業用ダイヤモンドの販売、包装資材の製造・販売等を行っております。なお、以下に示す区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。子会社株式会社ウイストでは、充填機等を製造し、主に当社を通じて販売しております。海外子会社のMutual(Thailand)Co.,Ltd.では包装機械等を製造し、日本へ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社6社および関連会社1社で構成され、印刷紙器およびプラスチック包材の製造・販売を主な内容とした事業活動を展開しております。また、当社の企業集団は、同種・同系列のパッケージを専ら製造・販売しておりますが、事業内容を区分すると次のとおりであります。当社が製造・販売するほか、連結子会社台湾古林股份有限公司、上海古林国際印務有限公司および古林紙工(上海)有限公司においても製造・販売しており、また、連結子会社複合工業株式会社および古林包装材料製造(上海)有限公司に製造を委託しております。当社が製造・販売するほか、連結子会社ライニングコンテナー株式会社に製造を委託しておりま...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社、関連会社1社及びその他の関係会社1社で構成され、主として紙袋、レジ袋の製造、販売及びこれらに関連する事業を営んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。連結財務諸表提出会社(以下当社という。)が原紙を北海道スーパーバッグ(株)(連結子会社)に有償支給し、同社が製造した紙袋等を当社が一括購入しており、自社で製造した紙袋等と共に販売しております。また、上海世霸包装材料有限公司(連結子会社)を経由して紙袋等を購入しております。当社が(株)中土製袋所(連結子会社)にポリエチレン樹脂を有償支給し、同社が製造したポリ袋等を当社が一括購入し、販売...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社および子会社14社、関連会社1社で構成されており、事業は段ボール、印刷紙器および軟包装材の個装から外装まで包装資材の製造・販売ならびにこれに附帯する業務を行っているほか、不動産賃貸事業を営んでおります。なお、平成28年7月1日付けでクラウン紙工業株式会社の株式を取得したことにともない、当連結会計年度より連結子会社としております。当社、土岐ダイナパック株式会社、宮城ダイナパック株式会社、宇都宮ダイナパック株式会社、沼津ダイナパック株式会社、神原段ボール株式会社、多治見ダイナパック株式会社、泰納包装(蘇州)有限公司、DYNAPAC(HK)LTD.、泰納包装制品貿易(深圳)有限...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(朝日印刷株式会社)及び子会社8社(うち非連結子会社3社)で構成されており、その主たる事業内容は、印刷包材の製造・販売、及び包装システム(機械)の販売であります。また、その他の事業として人材派遣事業を行っております。当社グループの主たる事業であります印刷包材事業につきましては、当社のほか、子会社である阪本印刷(株)、(株)ニッポーにおいて製造及び販売をしており、協和カートン(株)へは当社製品の製造を委託しております。また、(株)スリーエスは、ラベル・フィルムの仕入・販売を行っております。当セグメントでは、印刷包材と連携したトータル提案による、時流や...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(大村紙業株式会社)とサンオオムラ株式会社(その他の関係会社)から構成されており、事業に係る位置づけは次のとおりであります。当社は、紙器梱包資材等の製造販売の単一セグメントであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、昭和パックス株式会社(当社)と子会社合計6社により構成されています。その主な事業内容は重包装袋、フィルム製品、コンテナー、その他包装関連製品・商品等の製造・販売並びに不動産の賃貸等であります。以上の企業集団等について図示すると次のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社サンエー化研)、子会社2社(東邦樹脂工業株式会社、灿櫻(上海)商貿有限公司)及び関連会社2社(株式会社ネスコ、長鼎電子材料(蘇州)有限公司)により構成されており、その主な事業内容は、軽包装製品、産業資材製品、機能性材料製品等の製造、販売であります。また、法人主要株主1社(新生紙パルプ商事株式会社)に対して製品の販売及び原材料の仕入を行っております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社等)は、当社(日本山村硝子株式会社)、子会社14社、関連会社3社およびその子会社等で構成されており、ガラスびん、プラスチック容器等の製造、販売ならびにこれに関連した各種機器、プラント類の設計、製作、販売や輸送・保管・構内作業等の事業活動を展開しております。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。当社がガラスびんを製造し、販売を行っております。子会社(株)山村製壜所はガラスびんの製造販売を行っており、当社はこの製品の仕入販売を行っております。子会社星硝(株)に対して、当社が製...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本製罐株式会社)及び子会社1社(新生製缶株式会社)で構成され、金属缶の製造、販売を主たる業務としております。新生製缶株式会社は製造拠点を関西地区に有している18L缶の専業メーカーで、関東地区においては関東地区に製造拠点を有する当社が新生製缶株式会社のOEM生産を行っております。また、当社の関連当事者(主要株主)である伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社より主たる原材料を仕入れております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び関係会社は、当社及び子会社5社で構成され、セグメントとしては印刷事業のみを行っております。商業印刷部門...........................カレンダー、カタログ、パンフレット、ダイレクトメール、ポスター、高級美術印刷等、当社が製造、販売するほか、子会社野崎カレンダー(株)に対しては当該製品の一部を販売しております。包装資材及び紙器、紙工品部門...包装紙、紙袋類、紙器類、ビジネスフォーム類等、当社が製造、販売するほか、子会社早和製本(株)に小ロットの製造並びに作業工程の一部を下請けさせております。情報機器及びサプライ品部門......バーコードプリンター、フルカラーカー...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と関係会社3社で構成されており、包装資材事業、精密塗工事業、その他事業の3事業を展開しております。また、連結子会社TOIN(THAILAND) CO., LTD.では包装資材、材料の輸出入及び販売を、連結子会社TOIN VIETNAM CO., LTD.及び関連会社Printing Solution Co., Ltd.では紙器、樹脂パッケージ等の製造販売をしております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社31社により構成されており、「簡易食品容器関連事業」を主たる事業としており、トレー容器・弁当容器等の製造販売を中心として、その販売に付随する包装資材の販売も併せて行っております。当社グループの事業における各社の事業及び役割は、次のとおりであります。(株)ダックス四国(エフピコダックス(株)へ社名変更)へ事業を承継しております。また、事業開始は平成30年4月を予定しております。記載しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社、連結子会社(株式会社、株式会社クルー、SHOEI PLASTIC(THAILAND)CO.,LTD.)の計4社で構成されており、当社グループの主力事業でありますパッケージ事業を中心に、メディアネットワーク事業、日用雑貨品事業を主な事業として取り組んでおります。パッケージ事業は、プラスチックフィルムを主材料としたフィルムパッケージなどの包装資材を顧客の要望に合わせて、企画、製造、販売するとともに、フィルム袋の規格品を企画、製造し、小ロットで販売しております。自社工場には液体充填、フィルムシュリンク包装、ピロー包装などの設備を保有しており、フィルムパッケージ製造と連動して、”...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社4社、関連会社4社で構成されており、段ボール製品を中心とした各種包装材の製造販売を主な事業とし、更に、事業に関する輸送・古紙の取扱い等の事業活動を行っております。国内においては当社及び子会社2社が、海外においては、子会社2社及び関連会社4社が製造販売等を行っております。なお、関係会社の「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分との関連は次のとおりであります。また、上記以外に子会社であるCHUOH PACK(MALAYSIA)SDN.BHD.と現地段ボール会社との合弁会社であるMC PACK(MALAYSIA)SD...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高プラス成長に回復営業利益5年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益5年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益5年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続黒字,プラス成長に回復経常利益5年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益5年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益5年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益3年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(竹本容器株式会社)及び連結子会社7社(株式会社共栄プラスコ、上海竹本容器包装有限公司、竹本容器(昆山)有限公司、TAKEMOTO PACKAGING INC.、Takemoto Netherlands B.V.、TAKEMOTO PACKAGING (THAILAND) CO., LTD.、TAKEMOTO YOHKI INDIA PRIVATE LIMITED)により構成されており、プラスチック製の包装容器等の製造販売を行う、容器事業を営んでおります。なお、当社グループは、容器事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当社、連結子会社11社(国内7社、海外4社)及び持分法適用関連会社1社により構成され、印刷加工(グラビア印刷)、ラミネート加工、コーティング加工及び成型加工による製品の販売を主な事業としております。凹版印刷(印刷しようとする文字や模様などの部分が凸版印刷と反対に窪んでいる版面を使う印刷)で、微細な濃淡が表現できる。包装材料の強化及び機能付加を目的として、接着剤及び高熱により多層複合化すること。素材表面を樹脂等の薄い皮膜で覆い、素材を保護したり、機能性を持たせること。プラスチックシートに熱を加え、形を変えること(食品用容器、トレー、蓋等)。インフレーション法に...(20170531に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

高速の同業他社をもっと見る

高速の関連統計

統計分類検索へ

高速の基本情報

企業名 株式会社高速
カナ カブシキガイシャコウソク
英語名 KOHSOKU CORPORATION
業種 卸売業
所在地 仙台市宮城野区扇町七丁目4番20号
ホームページ http://www.kohsoku.com/
EDINET E02850
証券コード 7504
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7504)
決算日 03月31日