比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/08

ジーエフシーの最新業績

業界:食品卸売業界すぐ比較

ジーエフシーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からジーエフシーの事業内容についても確認できます。 注意:ジーエフシーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-3.84

2017-03-31:-4

2016-12-31:-4.48

2016-09-30:-4.13

売上高

2017-06-30:52億8947万

2016-06-30:51億9049万

2015-06-30:52億9738万

2014-06-30:50億4018万

売上総利益

2017-06-30:9億2247万

2016-06-30:9億1134万

2015-06-30:9億3116万

2014-06-30:8億5582万

営業利益

2017-06-30:2086万

2016-06-30:2373万

2015-06-30:3014万

2014-06-30:-3517万

経常利益

2017-06-30:3298万

2016-06-30:3587万

2015-06-30:5101万

2014-06-30:-1935万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:2932万

2016-06-30:1278万

2015-06-30:2746万

2014-06-30:-912万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:2167万

2016-06-30:29万

2015-06-30:5467万

2014-06-30:-493万

営業CF

2017-03-31:7億8888万

2016-03-31:8億3657万

2015-03-31:6億1105万

2014-03-31:9億0964万

投資CF

2017-03-31:-3億2696万

2016-03-31:-7億2809万

2015-03-31:-1億7523万

2014-03-31:-7億2320万

財務CF

2017-03-31:-1億4343万

2016-03-31:-1億4350万

2015-03-31:-1億9179万

2014-03-31:-1億4509万

総資産

2017-06-30:184億1758万

2016-06-30:178億2434万

2015-06-30:176億0366万

2014-06-30:171億3462万

流動資産

2017-06-30:114億8097万

2016-06-30:111億4205万

2015-06-30:109億5285万

2014-06-30:106億3986万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:63億4592万

2016-03-31:60億2817万

2015-03-31:60億6461万

2014-03-31:58億2059万

現金及び預金

2017-06-30:62億0530万

2016-06-30:53億8409万

2015-06-30:55億4080万

2014-06-30:50億7415万

固定資産

2017-06-30:69億3661万

2016-06-30:66億8228万

2015-06-30:66億5080万

2014-06-30:64億9475万

負債

2017-06-30:24億3510万

2016-06-30:23億6556万

2015-06-30:25億0952万

2014-06-30:23億8261万

流動負債

2017-06-30:21億5875万

2016-06-30:20億2704万

2015-06-30:21億0149万

2014-06-30:20億0670万

固定負債

2017-06-30:2億7634万

2016-06-30:3億3852万

2015-06-30:4億0802万

2014-06-30:3億7590万

もっと見る

純資産

2017-06-30:159億8247万

2016-06-30:154億5878万

2015-06-30:150億9414万

2014-06-30:147億5200万

従業員数

2017-03-31:251

2016-03-31:260

2015-03-31:270

2014-03-31:264

臨時従業員数(外)

2017-03-31:60

2016-03-31:57

2015-03-31:56

2014-03-31:55

売上総利益率

2017-06-30:17.4

2016-06-30:17.6

2015-06-30:17.6

2014-06-30:17

売上営業利益率

2017-06-30:0.4

2016-06-30:0.5

2015-06-30:0.6

2014-06-30:-0.7

売上経常利益率

2017-06-30:0.6

2016-06-30:0.7

2015-06-30:1

2014-06-30:-0.4

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:0.6

2016-06-30:0.2

2015-06-30:0.5

2014-06-30:-0.2

ROA

2017-06-30:0.8

2016-06-30:0.4

2015-06-30:0.8

2014-06-30:-0.4

ROE

2017-06-30:0.8

2016-06-30:0.4

2015-06-30:0.8

2014-06-30:-0.4

自己資本比率

2017-06-30:86.8

2016-06-30:86.7

2015-06-30:85.7

2014-06-30:86.1

流動比率

2017-06-30:531.8

2016-06-30:549.7

2015-06-30:521.2

2014-06-30:530.2

固定比率

2017-06-30:43.4

2016-06-30:43.2

2015-06-30:44.1

2014-06-30:44

業績ランキングは

2636

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ジーエフシーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ジーエフシー

キーワードの推移
2017/06/27(年度)2016/06/28(年度)2015/06/26(年度)2017/08/08(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/07(四半期)
加工食材加工食材加工食材加工食材加工食材加工食材加工食材ジーエフシージーエフシー加工食材
水産加工ジーエフシー水産加工外食産業台風食材食材加工食材加工食材珍味
畜肉水産加工畜肉食材食材熊本地震熊本地震シンガポール共和国シンガポール共和国食材
出前畜肉出前営業力観光客地震地震珍味珍味和食
食材出前食材手形米国大統領陰り物流費食材食材食の安全
水産食材水産支払手形外食産業観光客外食産業和食和食外食産業
ジーエフシー水産ジーエフシー受取手形熊本地震台風訪日外国人食の安全食の安全関心
下味下味下味投資有価証券営業力外食産業営業力外食産業外食産業販路
生肉生肉生肉配当金地震営業力物流singaporesingapore原材料
燻製燻製運送会社個人消費資源国資源国金融資本関心シェア
サンコーサンコー燻製天候マインド手形ptepteエネルギ
珍味シンガポール共和国サンコー製品株価株価支払手形販路販路手形
外食産業珍味珍味証券eu離脱有価証券有価証券マーケティング有価証券
冠婚葬祭外食産業外食産業金融資源投資有価証券受取手形シェアマーケティング支払手形
道具singapore道具手形eu離脱配当金ltdシェア個人消費
魚介道具結婚式場情報支払手形証券手形ltd証券
旅館結婚式場魚介受取手形資源証券支払手形証券有価証券
和食魚介旅館グループ個人消費手形金融リスク原材料受取手形
調味料pte和食研究開発製品資金金融手形投資有価証券
農産物旅館調味料セグメント金融支払手形情報受取手形資金コスト
和食農産物受取手形投資有価証券支払手形配当金
野菜調味料環境情報研究開発
singapore農産物食の安全研究開発仕入れグループ証券受取手形金融
熊本地震野菜売上高グループ配当金投資有価証券情報
売上原価食の安全singapore成績セグメント情報長期
地震マーケティング関心セグメント製品研究開発仕入れ
pte野菜売上原価環境金融環境グループ配当金研究開発
ltdソフトウエア売上高グループ
ホテルpte売上高情報成績セグメント製品セグメント
政権売上原価販路成績研究開発金融
年度or届出書
四半期or半期

(20170627)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170808)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ジーエフシーの類似企業へ

ジーエフシーの業績推移

ジーエフシーの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業グループは、当社および連結子会社5社、非連結子会社2社、持分法適用の関連会社1社により構成されており、外食産業向け食材等の卸売業およびブイヨン、スープ、ソース等の製造販売を主な事業内容とし、さらに不動産賃貸業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社および連結子会社株式会社久世フレッシュ・ワンが国内において当該事業を行っております。首都圏を中心に関東・中部・関西地区に外食産業向け業務用食材および資材の販売を行っております。また仕入れ商品に加え、オリジナル商品の開発も手掛けております。連結子会社の旭水産株式会社は、築地市場内の水産物仲卸であり、場内...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、連結子会社5社および関連会社1社により構成されております。主な事業としてコーヒーおよび食品の販売を行っており、その部門別の主要品目等は次のとおりであります。上記のすべての品目を海外から輸入または国内で仕入れ、全国のコーヒー焙煎業者、業務用食品問屋、飲料メーカー、食品加工メーカー、量販店、外食チェーン店等に販売をしております。当社取扱品目のアンテナショップとしてイタリアンレストランを経営しております。コーヒー生豆を自家焙煎喫茶店等の小口ユーザーに販売をしております。当社が販売するコーヒー生豆の焙煎およびレギュラーコーヒー・インスタントコーヒーの加...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、商社として、食を中心とした事業を展開しており、主に食品原材料の国内販売及び輸出入取引を行っているほか、アイスクリーム等の製造・販売、ならびにコンビニエンスストアの運営等を行っております。当社グループは、商社としての重要な機能として、国内外に食品原材料の供給拠点を確保し、食品メーカー等に安全で安心な商品を適時安定供給しております。また、かつては脱脂粉乳等を使用するのが主流だったコーヒー飲料等向けの業務用殺菌乳など、従来の商社が手掛けてこなかった分野にも着目して供給体制の構築を図り、現在では当社グループの主力商品となっております。その他にも、取引先と一体となった新商品の開発を行って...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社1社により構成されており、業務用食品の卸売業、小売業、及び水産品の卸売業を行っております。当社は、東海地区を中心に関東地区から関西地区までを本支店・営業所・物流センターの9拠点でカバーし、主にホテル・レストラン等で使用される食品から給食・弁当・惣菜等に使用される食品の卸売を行っております。当社は、小規模外食業者及び一般消費者に対して、現金等で販売し商品をお客様自身に持ち帰っていただくキャッシュアンドキャリー形式による直営店舗「アミカ」を、愛知・岐阜を中心に東京・静岡・三重・滋賀の1都5県に43店舗展開しております。株式会社マリンデリカ...(20170823に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/23

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(持株会社)、東京デリカフーズ(株)、名古屋デリカフーズ(株)、大阪デリカフーズ(株)、(株)メディカル青果物研究所、デザイナーフーズ(株)、エフエスロジスティックス(株)により構成されており、外食産業、中食産業(注1)等向けのホール野菜(注2)の販売、カット野菜の製造・販売等を主たる事業としております。(注1) 中食産業は、持ち帰り弁当や調理済み食品・惣菜など家庭で食事をするための食品および食材を販売している産業であります。レストランなどで食事をする外食産業と家庭で素材から調理する「内食」の中間に相当する意味として、「中食」という名称が使われております。(注2) 当社グル...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は株式会社創健社(当社)及び連結子会社である髙橋製麺株式会社により構成されており、事業は安全性、栄養性を追求した食品を広く取扱う、製造販売を営んでおります。 なお、当社グループは、健康自然食品の卸売業として単一セグメントであるため、セグメントの記載を省略しております。(当社)株式会社創健社 食べ物による健康作りを目指し、「安心で」「おいしく」「栄養価値のある」食品を提供することを企画・開発及び販売しております。髙橋製麺株式会社 当社即席麺の製造会社及び袋詰商品のリパック(小分け作業)工場であります。 また、即席麺の他社ブランド商品のOEM供給及び仕入先への...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び親会社(三菱商事(株))、子会社13社、関連会社2社で構成されており、日本国内の加工食品、低温食品、酒類及び菓子類の卸売事業を主な事業内容とし、さらに物流事業及びその他サービス等の事業活動を展開しております。当社及び子会社は、主に調味料類、麺・乾物類、嗜好品・飲料類等常温加工食品の卸売を行っております。当社及び子会社は、主に冷凍・チルド類等要冷品の卸売を行っております。当社及び子会社は、主に酒類の卸売を行っております。当社及び子会社は、主に菓子類の卸売を行っております。子会社及び関連会社は、物流事業等を行っております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”業務用食品を中心として幅広い食材を取り揃え、主に外食産業のユーザーに販売する事業を営んでおります。なお、当社は食品卸売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社・子会社11社及び関連会社1社で構成され、商事部門(食品・食材の卸売)を中核に、ホテル部門(ビジネスホテルの経営)及び不動産部門(不動産の賃貸)の3部門により事業活動を展開しており、子会社、関連会社の事業は主に当社の補完的な業務を行っております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。商事部門............当社が米の集荷及び販売をするほか、メーカーより小麦粉、澱粉、砂糖、油脂、飼料、畜産、加工食品、酒類その他を仕入れて販売し、ユアサフナショク・リカー...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社28社、関連会社2社で構成されており、主として業務用食品から家庭用食品(一般食品)まで食品全般を幅広く取扱い、ユーザーへ販売する事業を営んでおります。ホテル、テーマパーク、レストラン、事業所給食など、いわゆる外食産業に対し、業務用食材を直接納入販売しております。(株)トーホーフードサービス、(株)トーホー・仲間、(株)トーホー・北関東、(株)トーホー・共栄、(株)A.I.、河原食品(株)、(株)藤代商店、(株)鶴ヶ屋、(株)ヤジマ、(株)ハマヤコーポレーション、(株)プレストサンケー商会、Marukawa Trading(S)Pte.Ltd...(20170419に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、ホテル及び料飲施設の運営や不動産賃貸業を主な事業内容としており、すべてを当社のみで行っております。なお、セグメントと同一の区分であります。ホテルニューグランド内における宿泊及び料飲(婚礼・宴会含む)施設や髙島屋横浜店及びそごう横浜店内においてレストランを営んでおります。オフィスビル等の賃貸管理業務を営んでおります。...(20170223に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは加藤産業(株)(当社)、子会社29社及び関連会社3社より構成されており、食品卸売業を主な事業内容とし、さらに物流及びその他サービス等の事業活動を展開しております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。常温流通事業.........当社及び九州加藤(株)が加工食品の卸売を、カトー菓子(株)及び(株)植嶋は菓子の卸売を、和歌山産業(株)及び兵庫興農(株)は当社グループで販売する商品の一部を製造加工しております。また海外事業として、Naspac Marketing Pte.Ltd.、Toan G...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当社、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、事業内容と当社及び関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。なお、次の卸売業部門・小売業部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び(株)アキタサトー商会の2社が調理冷食を中心に各種業務用食品の販売を行っております。当社の業務用食品直売センター18店舗及び業務用食品専門店の1店舗が、宮城県、岩手県、山形県及び福島県の各地域で調理冷食を中心に、各種業務用食品の販売を行っております。(株)エフ・ピー・エスがメニュ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続プラス成長営業利益4年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益4年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本酒類販売株式会社)、子会社16社及び関連会社2社で構成されており、酒類・食品等の販売(酒類の一部については製造・製造受託及び壜詰)を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。酒類・食品等販売・・・・・酒類・食品・空容器の卸売業を当社が行っているほか、子会社(株)水戸日酒販が茨城県内、(株)山陰日酒販が島根県及び鳥取県内、広島中央酒販(株)が広島県内、青森県酒類販売(株)が青森県内、(株)長崎日酒販が長崎県内、(株)弘中酒販が山口県...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社トーカン)、子会社4社及び関連会社2社により構成され、食料品の卸売業を主な事業の内容としております。当社グループの主な事業内容は次のとおりであります。食料品を中心とする各種商品の卸売業を主とし、あわせて、製造加工、その他日用一般商品の販売を行っております。自動車運送業及び倉庫業を行っております。海苔の加工を行っております。椎茸の加工及び椎茸・海苔の販売を行っております。中国における食料品を中心とする各種商品の卸売業を行っております。...(20161216に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の事業は、内外賓客の宿泊貸席及び宴会等のホテルの営業(国際観光ホテル整備法によるホテル業)を主として行っております。当社の事業につきましては、ホテルと館外部門に区分し、ホテルを客室部門、食堂部門、宴会部門、その他部門の4つに分け、以下の記載を行っております。なお、ホテルと館外部門の区分は、セグメントと同一の区分であります。また、当社には子会社がありません。イ.客室部門......宿泊客への客室の提供他ロ.食堂部門......レストラン、バーでの料理、飲物の提供他ハ.宴会部門......宴会場での料理、飲物の提供他...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”海外子会社7社(LACTO USA INC.、 LACTO OCEANIA PTY LTD.、LACTO ASIA PTE LTD.、 LACTO ASIA (M) SDNBHD.、FOODTECH PRODUCTS (THAILAND) CO.,LTD.、叻克透商貿(上海)有限公司、LACTO EUROPE B.V.)および海外関連会社1社(PT. PACIFIC LACTO JAYA)で構成されております。当社グループの管理会計上の区分をベースに記載しております。減少により、輸入による調達の重要性が高まる傾向にあります。対して、安心、安全な乳原料等を安定的に提供できるよう努めております。ま...(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社13社および非連結子会社1社により構成されております。当社は、食品の製造および販売をおこなう中小企業の支援・活性化を目的とし、持株会社として、グループ全社の経営戦略の立案・実行および経営管理をおこなうとともに、子会社に対し、営業、製造、仕入物流、商品開発、品質管理、経営管理といった機能ごとに支援および統括をおこなっております。当社の統括により、各子会社の“強み”を伸ばし、“弱み”を補い合う仕組み「中小企業支援プラットフォーム」を構築しております。a.中小食品企業を取り巻く状況日本食は世界的にも極めて高い評価を受け注目されている分野であると同時に、国内の食品産業は...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

ジーエフシーの同業他社をもっと見る

ジーエフシーの関連統計

統計分類検索へ

ジーエフシーの基本情報

企業名 ジーエフシー株式会社
カナ ジーエフシーカブシキガイシャ
英語名 GLOBAL FOOD CREATORS CO.,LTD.
業種 卸売業
所在地 羽島郡笠松町田代978番地の1
ホームページ http://www.gfc-c.co.jp/
EDINET E02874
証券コード 7559
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7559)
決算日 03月31日