比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-05-31)

2017/07/13

ハイデイ日高の最新業績

業界:レストラン業界すぐ比較

ハイデイ日高の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からハイデイ日高の事業内容についても確認できます。 注意:ハイデイ日高の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-05-31:10

2017-02-28:9.29

2016-11-30:8.86

2016-08-31:8.44

売上高

2017-05-31:101億3851万

2016-05-31:96億7217万

2015-05-31:91億4519万

2014-05-31:85億5530万

売上総利益

2017-05-31:73億9297万

2016-05-31:70億2840万

2015-05-31:66億6482万

2014-05-31:62億1392万

営業利益

2017-05-31:14億4281万

2016-05-31:12億7170万

2015-05-31:12億1629万

2014-05-31:11億0879万

経常利益又は経常損失(△)

2017-05-31:14億5254万

2016-05-31:12億7871万

2015-05-31:12億1448万

2014-05-31:11億1779万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-05-31:9億8216万

2016-05-31:8億1249万

2015-05-31:7億1259万

2014-05-31:6億6608万

もっと見る

営業CF

2017-02-28:42億9368万

2016-02-29:41億2798万

2015-02-28:51億6687万

2014-02-28:32億4860万

投資CF

2017-02-28:-19億4335万

2016-02-29:-19億5155万

2015-02-28:-27億9556万

2014-02-28:-25億2744万

財務CF

2017-02-28:-9億3844万

2016-02-29:-8億4782万

2015-02-28:-8億8856万

2014-02-28:-3億1797万

総資産

2017-05-31:275億6874万

2016-05-31:251億7808万

2015-05-31:229億9340万

2014-05-31:213億0423万

流動資産

2017-05-31:107億3469万

2016-05-31:83億2105万

2015-05-31:76億3034万

2014-05-31:57億2791万

現金及び現金同等物

2017-02-28:82億0957万

2016-02-29:68億0192万

2015-02-28:54億7332万

2014-02-28:39億9057万

もっと見る

現金及び預金

2017-05-31:96億0094万

2016-05-31:71億8818万

2015-05-31:66億2356万

2014-05-31:46億1347万

固定資産

2017-05-31:168億3405万

2016-05-31:168億5703万

2015-05-31:153億6306万

2014-05-31:155億7632万

負債

2017-05-31:60億1466万

2016-05-31:58億4257万

2015-05-31:57億3430万

2014-05-31:57億8953万

流動負債

2017-05-31:43億8876万

2016-05-31:41億4936万

2015-05-31:39億9791万

2014-05-31:38億9242万

固定負債

2017-05-31:16億2590万

2016-05-31:16億9320万

2015-05-31:17億3638万

2014-05-31:18億9710万

純資産

2017-05-31:215億5408万

2016-05-31:193億3551万

2015-05-31:172億5910万

2014-05-31:155億1470万

もっと見る

従業員数

2017-02-28:747

2016-02-29:699

2015-02-28:672

2014-02-28:617

臨時従業員数(外)

2017-02-28:3353

2016-02-29:3146

2015-02-28:2827

2014-02-28:2562

売上総利益率

2017-05-31:72.9

2016-05-31:72.7

2015-05-31:72.9

2014-05-31:72.6

売上営業利益率

2017-05-31:14.2

2016-05-31:13.1

2015-05-31:13.3

2014-05-31:13

売上経常利益率

2017-05-31:14.3

2016-05-31:13.2

2015-05-31:13.3

2014-05-31:13.1

売上純利益率

2017-05-31:9.7

2016-05-31:8.4

2015-05-31:7.8

2014-05-31:7.8

もっと見る

ROA

2017-05-31:14.4

2016-05-31:12.8

2015-05-31:12.4

2014-05-31:12.4

ROE

2017-05-31:18.4

2016-05-31:16.8

2015-05-31:16.4

2014-05-31:17.2

自己資本比率

2017-05-31:78.2

2016-05-31:76.8

2015-05-31:75.1

2014-05-31:72.8

流動比率

2017-05-31:244.6

2016-05-31:200.5

2015-05-31:190.9

2014-05-31:147.2

固定比率

2017-05-31:78.1

2016-05-31:87.2

2015-05-31:89

2014-05-31:100.4

業績ランキングは

293

(3910社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ハイデイ日高の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ハイデイ日高
なし

キーワードの推移
2017/05/26(年度)2016/05/25(年度)2015/05/27(年度)2017/07/13(四半期)2017/01/13(四半期)2016/10/13(四半期)2016/07/13(四半期)2016/01/13(四半期)2015/10/13(四半期)2015/07/13(四半期)
日高屋日高屋日高屋桜エビ炒飯ガッツリガッツリ中仙道中仙道中仙道
中華そば中華そば中華そばつけ麺ヘルシーオリーブ光熱費つけ麺motsu日高屋つけ麺
焼鳥焼鳥餃子フレンドガッツリ光熱フレンドラーメンフレンドフレンド
ハイデイ日高ハイデイ日高焼鳥黒酢光熱費フレンド黒酢日高屋つけ麺黒酢
味噌ラーメン中華ハイデイ日高しょうゆ味噌ラーメンつけ麺しょうゆ辛子明太子メニュしょうゆ
中華餃子タンメン光熱ごまホルモン味噌ラーメンごまメニュ
餃子中華料理味噌ラーメン和風黒酢和風チゲ黒酢とんかつ
中華料理ラーメンイワシ階層チゲしょうゆ店舗つけ麺焼鳥店舗
炒飯motsu中華ラーメン唐揚げ味噌階層フレンドしょうゆ和風
光熱費中華一番チゲ店舗つけ麺ホルモンメニュ味噌階層
光熱中華料理メニュフレンド和風メニュごまとんかつ豚肉
メニュアルコールごま階層アルコール黒酢店舗アルコール
ヘルシーオリーブfc酸辣湯麺黒酢焼鳥和風iso
motsu野菜中華一番パート調理技術店舗パートしょうゆ階層
中華一番飲食店トマト資格オリーブメニュ資格野菜豚肉パート
辛子明太子外食産業しょうゆアルコール国産味噌アルコール
ガッツリ食堂fc野菜社会保険外食産業iso品質保証
野菜チェーン飲食店飲食店メニュパート野菜店舗気温
飲食店タンメンラーメンチェーンセット資格飲食店とんかつパート資格
ラーメン廉価メニュコンビニエンスストア味噌国産チェーン豆腐規格
食堂味噌ラーメン光熱費店舗展開ホルモン外食産業コンビニエンスストア和風品質保証外食産業
チェーンとことん食堂ガスそば野菜店舗展開小麦粉気温fc
メニュチェーン祭り飲食店ペース階層資格野菜
タンメン過去最高益廉価電気カロリチェーン株式市場豚肉規格飲食店
廉価チゲ光熱原材料和風コンビニエンスストアガスアルコール外食産業チェーン
とことん飲茶とことんコスト店舗店舗展開isofcコンビニエンスストア
過去最高益つけ麺過去最高益個人消費階層ペース電気野菜食材
チゲフレンド飲茶敷金コストパート飲食店店舗展開
唐揚げごまつけ麺研究開発アルコール株式市場個人消費チェーン物価
飲茶黒酢フレンドセグメント保証金品質保証食材
年度or届出書
四半期or半期

(20170526)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170713)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ハイデイ日高の類似企業へ

ハイデイ日高の業績推移

ハイデイ日高の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、レストラン26店舗、ホテル4店舗を運営しております。海外子会社であるHIRAMATSU EUROPE EXPORT SARLは、パリにおいて主に当社グループ向けの飲食材の輸出、ならびに「レストランひらまつ パリ」の運営管理を行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社6社で構成されております。当社グループはレストラン事業を主な事業としております。レストラン事業においては、複合店舗である「XEX」(ゼックス)をはじめとする高級レストラン及び「PIZZA SALVATORE CUOMO」をはじめとするカジュアルなレストランを展開しております。なお、以下の3グループは、セグメントと同一の区分です。Y'S TABLE INTERNATIONAL CO.,LIMITED...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、連結子会社(株式会社ナインブロック、フードランナー株式会社、株式会社A&B)、関連会社(EAT&INTERNATIONAL(H.K.)CO.,LIMITED、E&G FOODS CO.,LTD.、Osaka Ohsho(Thailand)Company Limited)の7社で構成されており、日常食を中心とする外食事業のチェーン展開と、中華惣菜を中心とする冷凍食品の製造および販売を主な事業としております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であり...(20170808に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは「こだわりを持って日本の食文化を変えていく」という理念のもと、水産業において自社で生産・加工物流・販売を一貫して手掛ける「6次産業化」による垂直統合的な事業展開を行っております。「6次産業化」においては、生産である第1次産業から加工物流の第2次産業、そして飲食・卸売の第3次産業に至るすべてを一貫して行うことで当社グループの食材に対するこだわりを徹底することができ、中間流通コストをカットするだけでなく、トレーサビリティが徹底された安全安心な食材を提供することができます。また販売店舗の状況を常に把握することで、タイムリーな食材提供が可能となり、品質の良い食材をより鮮度の高い状態でお客...(20161227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社12社及び関連会社2社で構成されており、2017年3月31日現在、189店舗を展開しております。(但し、海外子会社が運営または管理する店舗については2016年12月31日現在の数字であります。セグメント別の店舗数は、日本154店舗、北米10店舗、ミクロネシア6店舗、アジア19店舗となっております。当社グループは、様々な業態のレストランを運営しており、国内に79店舗、海外に17店舗の直営展開を行っております。カプリチョーザ、トニーローマ、サラベス、巨牛荘、ストーンバーグ及びINAKAYAについては、国内に75店舗、海外に18店舗のフランチャイズ展開を行っております。今...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、主に食材に関連する技術開発及び調達力の強化により、品質面及び安全面において差別化された食材をより低価格で提供することを競争力として、主力事業であるとらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」、かに料理専門店「玄品以蟹茂」、「ふぐ・かに専門 玄品」の店舗展開等を行っております。また、上記に該当しない事業として、暖簾分け店舗や業務提携先への食材販売等の事業を行っております。なお、前連結会計年度において連結子会社でありました(株)だいもん及び(株)関門福楽館は、平成29年3月に清算が結了したため、当事業年度より連結の範囲から除外しております。当社は、店舗運営事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、食品事業、環境事業及びデジタルメディア&マーケティング事業の3つのセグメントにわたって、事業を行っており、当社(食品事業及び環境事業に従事)、連結子会社(株)ベジスタ(食品事業に従事)、(株)テクノメディア(デジタルメディア&マーケティング事業に従事)の計3社で構成されております。なお、事業の区分は、セグメントと同一の区分であります。...(20150630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社梅の花)及び子会社5社並びに関連会社1社により構成され、食と文化の融合をテーマに、外食事業として、くつろぎと安らぎを提供する料理店湯葉と豆腐の店「梅の花」の店舗展開を行い、テイクアウト事業として、巻寿司・いなり寿司等の販売店「古市庵」及び和総菜・お弁当の販売店「梅の花」の店舗展開を行っております。株式会社梅の花Service(連結子会社)は、湯葉と豆腐の店「梅の花」を中心とした店舗を運営しております。当社は、上記子会社に対し、食材の供給を行っております。また、当社は株式会社松華堂(関連当事者)より器等を仕入れております。外食事業における当社グループの業態別の主要販...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、飲食店の経営及び文化事業(美術館)の運営等を主な事業内容とし、事業活動を展開しております。当社は、和食及び洋食料理のディナーレストランの経営と物販商品の開発・製造及び販売を行っております。平成29年3月末現在の店舗数は和食料理店6店舗、洋食料理店7店舗、洋菓子店1店舗になります。和食料理店(和食事業)は、うかい鳥山(いろり炭火焼料理)、うかい竹亭(懐石料理)、とうふ屋うかい大和田店・とうふ屋うかい鷺沼店・東京芝とうふ屋うかい(とうふ料理)、銀座 kappou ukai(割烹料理)の営業を行っております。洋食料理店(洋食事業)は、八王子うかい亭・横浜うかい亭・銀座うかい亭・あざみ野うかい...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び米国子会社であるグローバルダイニング,インク.オブ カリフォルニアにより構成されており、レストラン経営を主とする飲食事業を営んでおります。都内を中心にイタリア料理、メキシコアメリカ料理、アジア料理、国際折衷料理、和食の飲食店など、計47店舗の経営を行っております。(子会社)グローバルダイニング,インク.オブ カリフォルニア米国内においてレストランチェーンを展開するためカリフォルニア州に設立され、現在ロサンゼルス(ウエストハリウッド、サンタモニカ)において2店舗の経営を行っております。なお、当社グループは、レストラン経営を主とする飲食事業という単一のセグメントに属するため...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は料理、飲食物の加工調理提供を主要業務とする飲食業であります。営業部門としては、しゃぶしゃぶ・日本料理の木曽路部門、居酒屋の素材屋部門、焼肉のじゃんじゃん亭部門、鶏料理のとりかく部門、和食レストランの鈴のれん部門及びその他部門(ワイン食堂ウノ、九州味巡り ここの、外販及び不動産の賃貸等)となっており、店舗出店地域は東海地区の4県、関東地区の1都6県、関西地区の1府3県及び九州地区の1県で、店舗数は163店舗であります。なお、当社の事業は飲食店としての事業がほとんどを占める単一セグメントであります。当社の部門別の主な事業内容は次のとおりであります。当社の部門別及び地域別の店舗数は次のとおりで...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(株式会社東天紅)及び子会社(株)LCL Partnersにより構成されており、レストラン及び宴会場の経営を主たる業務としております。中国料理による飲食店、宴会場の経営等であり、当社が販売しております。行い、当社が販売しております。婚礼関連事業の経営であり、(株)LCL Partnersが商品の提供を行い、当社が販売しております。不動産の賃貸収入等であります。なお、当社は飲食店としての事業がほとんどを占めており実質的に単一セグメントのため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、宴会場・結婚式場・レストランの経営と洋菓子等の販売を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社25社、関連会社2社およびその他の関係会社1社で構成され、WHG事業、リゾート事業およびラグジュアリー&バンケット事業の各事業を主な内容とし、さらに各事業に関連する各種サービス等の提供を行っております。上記の他、持分法適用の東海汽船(株)を含む関連会社2社と、その他の関係会社にDOWAホールディングス(株)があります。同社は非鉄金属製錬、環境・リサイクル、電子材料、金属加工、熱処理の各事業会社を保有するDOWAグループの持株会社です。なお、同社との取引関係については、取引金額が些少であり、重要なものはありません。これら当社の企業集団は相互に連携して事業の発展を図...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、飲食業の運営を主な事業内容としており、運営は当社のみで行っております。したがいまして、子会社及び関連会社はなく、企業集団はありません。なお、飲食業及び賃貸業はセグメントと同一区分であります。当社は、宴会場・結婚式場・レストランを備えた上野店を始め、都内及び他県にフランス料理を主体としたレストラン等の運営を行っております。当社は、東京都及びその他地域において、駐車場等の賃貸を行っております。...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/12

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、中華料理を主体にした直営レストランチェーンの運営及びフランチャイズ加盟店等への中華食材等の販売を目的とした中華事業を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(株式会社ゼットン)及び連結子会社2社により構成されており、当連結会計年度末現在、直営店70店舗(国内67店舗(ビアガーデン9店舗含む)、海外3店舗)、FC店7店舗の合計77店舗のレストラン店舗を運営しております。当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ゼットン)及び連結子会社2社により構成されております。実際の事業運営に関しては、レストランの運営を行うフードサービス、レストランでの結婚式・披露宴の企画・運営を行うブライダルの機能別区分によって横断的に行っております。また、平成28年9月1日付で、株式会社ダイヤモンドダイニングは当社のその他の関係会社に該当し...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社2社により構成されています。当社は、純粋持株会社としてグループ各社をとりまとめ、経営管理および業務遂行支援を行い、JBレストラン株式会社は飲食店の運営事業、桶狭間フーズ株式会社は食材の製造販売事業を行っています。飲食店の運営事業は、当連結会計年度末時点においてラーメン・中華料理の分野で「一刻魁堂」、その派生業態の「一刻魁堂/真一刻」「LONG‐hu Air KITCHEN(ロンフーエアーキッチン)」、「ロンフーダイニング」およびその派生業態の「LONG‐hu BISTRO(ロンフービストロ)」を直営店により多店舗展開しています。食材の製造販売事業は、名古屋センタ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社、100%出資子会社の株式会社ヒューマンウェブ、株式会社ジーオー・ストア、株式会社ゼネラル・オイスター・ヴィレッジ、株式会社海洋深層水かきセンター、株式会社日本かきセンター及び株式会社ジーオーシード、52.5%出資子会社の株式会社ジーオー・ファームの8社で構成され、「牡蠣の新たな価値を創造し、画期的な未来を提供します」という企業理念の下で、牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)を経営する店舗事業と、安全性の高い牡蠣の生産研究、産地の開拓、牡蠣の安定供給を目的として、牡蠣の卸売事業を展開しております。当社グループは、店舗事業を通じて安全安心な牡蠣...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/01

あとで比較する

すぐに比較する

ハイデイ日高の同業他社をもっと見る

ハイデイ日高の関連統計

統計分類検索へ

ハイデイ日高の基本情報

企業名 株式会社ハイデイ日高
カナ カブシキガイシャハイデイヒダカ
英語名 
業種 小売業
所在地 さいたま市大宮区大門町三丁目105番地
ホームページ http://hidakaya.hiday.co.jp/
EDINET E03318
証券コード 7611
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7611)
決算日 02月28日