比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-04-30)

2017/06/13

トップカルチャーの最新業績

トップカルチャーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からトップカルチャーの事業内容についても確認できます。 注意:トップカルチャーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-04-30:-5.94

2017-01-31:-3.1

2016-10-31:-0.22

2016-07-31:1.04

売上高

2017-04-30:164億0215万

2016-04-30:170億3574万

2015-04-30:174億5958万

2014-04-30:180億2377万

売上総利益

2017-04-30:54億3086万

2016-04-30:56億1216万

2015-04-30:57億9324万

2014-04-30:58億7602万

営業利益

2017-04-30:3億8136万

2016-04-30:5億1845万

2015-04-30:5億1662万

2014-04-30:4億2762万

経常利益

2017-04-30:3億6093万

2016-04-30:4億9156万

2015-04-30:4億8339万

2014-04-30:3億9801万

当期純利益

2017-04-30:2億2769万

2016-04-30:2億9693万

2015-04-30:2億4416万

2014-04-30:2億3393万

もっと見る

包括利益

2017-04-30:2億4113万

2016-04-30:2億7844万

2015-04-30:2億4795万

2014-04-30:2億3552万

営業CF

2017-04-30:20億6715万

2016-04-30:17億8236万

2015-04-30:8億7539万

2014-04-30:6293万

投資CF

2017-04-30:5597万

2016-04-30:-5092万

2015-04-30:-2億9987万

2014-04-30:-3億4803万

財務CF

2017-04-30:12億9462万

2016-04-30:-4億9763万

2015-04-30:7億2686万

2014-04-30:5億0454万

総資産額

2017-04-30:293億4488万

2016-04-30:280億4124万

2015-04-30:265億7297万

2014-04-30:254億9633万

流動資産

2017-04-30:145億3478万

2016-04-30:139億2098万

2015-04-30:124億8974万

2014-04-30:118億2849万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-04-30:48億9186万

2016-04-30:46億3675万

2015-04-30:19億2945万

2014-04-30:11億2876万

現金及び預金

2017-04-30:49億0186万

2016-04-30:46億4675万

2015-04-30:19億3945万

2014-04-30:11億3876万

固定資産

2017-04-30:148億1010万

2016-04-30:141億2026万

2015-04-30:140億8323万

2014-04-30:136億6783万

負債

2017-04-30:219億6675万

2016-04-30:208億0627万

2015-04-30:195億6959万

2014-04-30:178億3011万

流動負債

2017-04-30:114億9120万

2016-04-30:108億5992万

2015-04-30:97億7491万

2014-04-30:89億4542万

固定負債

2017-04-30:104億7555万

2016-04-30:99億4635万

2015-04-30:97億9467万

2014-04-30:88億8469万

もっと見る

純資産

2017-04-30:73億7813万

2016-04-30:72億3497万

2015-04-30:70億0338万

2014-04-30:76億6622万

従業員数

2016-10-31:362

2015-10-31:367

2014-10-31:378

2013-10-31:363

臨時従業員数(外)

2016-10-31:708

2015-10-31:737

2014-10-31:771

2013-10-31:786

売上総利益率

2017-04-30:33.1

2016-04-30:32.9

2015-04-30:33.2

2014-04-30:32.6

売上営業利益率

2017-04-30:2.3

2016-04-30:3

2015-04-30:3

2014-04-30:2.4

売上経常利益率

2017-04-30:2.2

2016-04-30:2.9

2015-04-30:2.8

2014-04-30:2.2

もっと見る

売上純利益率

2017-04-30:1.4

2016-04-30:1.7

2015-04-30:1.4

2014-04-30:1.3

ROA

2017-04-30:1.6

2016-04-30:2.2

2015-04-30:1.8

2014-04-30:1.8

ROE

2017-04-30:6.2

2016-04-30:8.2

2015-04-30:7

2014-04-30:6.2

自己資本比率

2017-04-30:25.1

2016-04-30:25.8

2015-04-30:26.4

2014-04-30:30.1

流動比率

2017-04-30:126.5

2016-04-30:128.2

2015-04-30:127.8

2014-04-30:132.2

固定比率

2017-04-30:200.7

2016-04-30:195.2

2015-04-30:201.1

2014-04-30:178.3

業績ランキングは

3725

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

トップカルチャーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
トップカルチャー

キーワードの推移
2017/01/16(年度)2016/01/18(年度)2015/09/15(年度)2015/01/19(年度)2017/06/13(四半期)2017/03/15(四半期)2016/09/13(四半期)2016/06/13(四半期)2016/03/15(四半期)2015/09/11(四半期)
蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋蔦屋
蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店蔦屋書店
グランセナブックス書店書店書店書店書店書店書店書店
書店古本市場ブックスブックストップカルチャートップカルチャー文具トップカルチャー文具古本市場
ブックス書店グランセナグランセナ文具文具スタッフサービス文具書籍ブックス
グランセナ新潟グランセナグランセナ新潟グランセナ新潟書籍書籍書籍cdバイパス
文具古本cdcdゲーム高田西峰弥書店サンストリート亀戸dvd文具
スタッフサービスグランセナ新潟dvddvd高田西峰弥書店cdゲームゲーム書籍
フットボール文具文具文具峰弥書店dvddvdcd図書カードcd
図書カードフットボールtsutayatsutayacd書籍トップカルチャーdvdブランクdvd
古本市場図書カードccccccdvd雑貨ぐる図書カード雑貨プラザ
書籍書籍エンターテイメントエンターテイメント雑貨図書カードゲーム中古電化製品ゲーム
ブランクブランクフットボールフットボール図書カードcd図書カード花園金融機関図書カード
ぐるcd書籍書籍中古ブランクブランク振替カフェ
cddvd図書カード図書カードbook新店雑貨雑貨エンターテイメントブランク
dvd新店古本市場古本市場モデルケース電化製品金融機関カフェアクロス
電化製品バイパスブランクブランクcafebook人材開発電化製品gdp三越伊勢丹
エンターテイメント価格戦略電化製品電化製品皮切り音楽cdm新品有馬線古本
サンストリート亀戸ミナモサッカサッカ金融機関cafe金融機関m映画中古品
雑貨電化製品トップカルチャトップカルチャ新品ゲーム振替保育園音楽電化製品
サッカエンターテイメントサッカースタジアムサッカースタジアムmmエンターテイメント振替タイトルライフスタイル
トップカルチャタイトルクラブクラブカフェエンターテイメント
サッカースタジアムサッカゲームゲーム振替振替事業所中古振替
維持管理トップカルチャ回収可能価額回収可能価額エンターテイメントエンターテイメント有馬線カフェカテゴリエンターテイメント
音楽サッカースタジアムサッカークラブサッカークラブ事業所事業所映画マイナス金利政策ライフスタイル経路
ネットデットプラザスクールスクールカフェ店舗音楽圧力販管費店舗
回収可能価額音楽ライフスタイルライフスタイル新店カフェタイトル買取有馬線
サッカークラブ回収可能価額店舗店舗米国大統領店舗有馬線店舗映画
スクールサッカークラブ新店新店有馬線中古映画スポーツ音楽
花園スクール本屋本屋映画有馬線音楽m
年度or届出書
四半期or半期

(20170116)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170613)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

トップカルチャーの類似企業へ

トップカルチャーの業績推移

トップカルチャーの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(ヒビノ株式会社)と連結子会社12社により構成されており、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主たる事業としております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社19社、関連会社1社で構成され、一般顧客を対象としてパッケージソフトを中心にレンタル・中古品買取販売・新品販売を行う店舗(以下「メディアショップ」という)、衣料・雑貨・家電製品等の中古品の買取販売を行う店舗(以下「リユースショップ」という)、ならびにアミューズメント施設の運営を主な事業内容としています。これに加えまして、これら商材の卸販売事業、オンラインサービスやインターネットショップの運営も展開しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の関係会社2社より構成されており、個人顧客事業、法人顧客事業及びサービス販売事業を行っております。各事業の内容は以下のとおりであり、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社の子会社である株式会社三洋堂書店による、本、文具・雑貨、菓子、玩具、音楽ソフト、映像ソフト、ゲームソフト、トレーディングカード等の新品販売及び本、ゲームソフト等のリサイクル並びに映像ソフト、音楽ソフト、コミックのレンタルを主とする小売事業と、幼児、児童からシニアまでを対象とする教育事業を展開しております。また、株式会社三洋...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、平成22年2月1日に丸善株式会社と株式会社図書館流通センターの共同株式移転により、両社を完全子会社とする共同持株会社として設立されました。その後、平成22年8月に丸善株式会社から丸善書店株式会社を分社化し、同年12月に株式会社honto(平成23年6月から株式会社hontoブックサービス)を設立。平成23年2月に株式会社ジュンク堂書店及び株式会社雄松堂書店を株式交換により子会社に加え、丸善株式会社から丸善出版株式会社を分社化しております。また、より効率的な運営とブランド力の発揮による成長と収益拡大を図るため、書店事業において、平成27年2月1日付で丸善書店株式会社と株式会社ジュンク堂書...(20170428に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び子会社4社、その他の関係会社1社で構成されております。 当社グループは、ゲームソフト・映像ソフト・音楽ソフトを中心としたエンタテインメント商品、書籍、携帯電話、化粧品、レンタル及びこれらに関連する商品の販売店の直営並びにFC事業を主たる業務としております。その他、Eコマース事業等を営んでおります。当社は、ゲームソフト、映像ソフト、音楽ソフト、書籍、化粧品、携帯電話等の小売販売及びレンタル、また、それら商品の一部をFCへ卸売を行っております。株式会社ワンダーネットは、携帯電話及びこれらの関連する商品の小売販売を行っております。株式会社ニューウェイブファシリティーズは、ファ...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末現在、当社および子会社23社、関連会社5社により構成されており、「コンテンツ事業」、「ポイント事業」および「レーベル事業」を主たる業務として行っております。(株)ドリーミュージックおよび同社の子会社を連結子会社としたことにより、当連結会計年度において「コロムビア事業」に同社を加え「レーベル事業」としております。『マルチコンテンツ&マルチデバイス戦略』を推進すべく、コンテンツの制作・プロデュースから配信プラットフォーム技術の開発・提供、コンテンツ配信のためのネットワークシステムの構築・運用、ユーザー向けコンテンツ配信サービスまで、ワンストップ・ソリューションを提供...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社関係会社)は、総合エンターテインメント企業である当社を中心として、子会社29社及び関連会社6社により構成されております。グループ展開により、単なるプロダクションの枠組みを超えて、グループ全体の事業の核を「コンテンツビジネス」におき、文化を創造する総合エンターテインメント集団としての企業基盤の強化を図っております。なお、当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)における連結子会社は26社となっております。Amuse Korea Inc.(韓国)AMUSE ENTERTAINMENT SINGAPORE Pte.Ltd.Amuse Group US...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および音楽コンテンツ事業を行っている「株式会社DA Music」と「株式会社DA Music Publishing」の連結子会社2社から構成されております。なお、当連結会計年度において、企業集団を以下のとおり変更しております。平成28年5月1日付で当社を存続会社、持分法適用関連会社であったKNTV株式会社を消滅会社とする吸収合併を行っております。当社は、e-コマースサイト「DATVShopping」で所属アーティストCD、関連グッズおよびドラマDVDをはじめとした物品を携帯電話やインターネットを通じて販売、大手コンビニエンス・ストアあるいは放送局等との提携・企画により、イン...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、音楽及び映像を主たるコンテンツとした「メディア・コンテンツ」、「映像制作」という二つの事業セグメントを展開しております。「メディア・コンテンツ」セグメントにつきましては、(株)スペースシャワーネットワークにおける4つの事業ユニット、および、(株)Pヴァイン、インフィニア(株)、コネクトプラス(株)の子会社3社により構成されており、「映像制作」セグメントにつきましては、子会社の(株)セップが属しております。(株)スペースシャワーネットワークの各事業、および、子会社各社の事業内容につきましては、次のとおりであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-11-30)

(2015-11-30) ”当社は、音楽事業を行っております。当社の親会社は平成25年2月7日より株式会社ワンダーコーポレーションであり、同社の企業集団はWonderGOO事業、WonderREX事業、TSUTAYA事業及び新星堂事業を行っております。...(20150528に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社5社で構成されており「オンライン事業」「コンシューマ事業」「音楽映像事業」を主たる事業としております。オンライン事業においては、SNSプラットフォームやApp Store、Google Play等へのオンラインゲームの企画・開発・運営を行っており、スマートフォン、フィーチャーフォン、PC等の多様なデバイスに向けてコンテンツを供給しています。Marvelous USA, Inc.(連結子会社)、Marvelous Europe Limited(連結子会社)、株式会社ジー・モード(連結子会社)コンシューマ事業においては、当社が発売元となる家庭用ゲーム機向けソフト等の...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社23社並びに持分法適用関連会社9社の合計33社により構成されており、音楽事業、映像事業及びマネジメント/ライヴ事業を主として営んでおります。エイベックス・デジタル(株)エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ(株)エイベックス・ミュージック・パブリッシング(株)Avex Taiwan Inc.Avex Hawaii, Inc.Avex Shanghai Co.,Ltd.Avex International Inc....(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、持株会社である当社「(株)文教堂グループホールディングス」および当社の関係会社によって構成されております。以上の企業集団について図示すると次のとおりであります。...(20161130に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,2年連続プラス成長経常利益4年連続赤字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続赤字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-08-31)

(2011-08-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-06-30)

(2010-06-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続赤字,プラス成長に回復経常利益3年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益5年連続黒字,プラス成長に回復経常利益5年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益5年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益4年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、(株)イエローハット、(株)TSUTAYA等のフランチャイザー本部とフランチャイズ契約を締結し、フランチャイジーとして、主たる事業のカー用品販売・取付・車検・整備等の「イエローハット」をはじめ、DVD・CD等のレンタル・販売の「TSUTAYA」、中古カー用品の買取・販売の「アップガレージ」、自動車小売・買取の「カーセブン」、ダイソー商品販売の「ザ・ダイソー」、インターネットカフェの「自遊空間」を運営しております。また、宝くじの販売等を行う「宝くじ売場」、共同経営方式でアミューズメント施設の「セガ」、不動産賃貸業務を行う「不動産賃貸事業」を運営しております。セグメント区分との関連は、次の...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

トップカルチャーの同業他社をもっと見る

トップカルチャーの関連統計

統計分類検索へ

トップカルチャーの基本情報

企業名 株式会社トップカルチャー
カナ カブシキカイシャトップカルチャー
英語名 TOP CULTURE Co.,Ltd.
業種 小売業
所在地 新潟市西区小針4丁目9番1号
ホームページ http://www.topculture.co.jp/
EDINET E03336
証券コード 7640
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(7640)
決算日 10月31日