比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

シャクリー・グローバル・グループの最新業績

業界:通販業界すぐ比較

シャクリー・グローバル・グループの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からシャクリー・グローバル・グループの事業内容についても確認できます。 注意:シャクリー・グローバル・グループの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-10

2017-03-31:-8.09

2016-12-31:-5.95

2016-09-30:-3.82

売上高

2017-06-30:71億1900万

2016-06-30:81億3000万

2015-06-30:112億4500万

2014-06-30:123億4300万

売上総利益

2017-06-30:44億6700万

2016-06-30:50億7800万

2015-06-30:73億4400万

2014-06-30:82億6600万

営業利益

2017-06-30:7700万

2016-06-30:5億4300万

2015-06-30:9億1900万

2014-06-30:26億3600万

経常利益

2017-06-30:-5300万

2016-06-30:2億5200万

2015-06-30:8億1200万

2014-06-30:21億6600万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-3億3300万

2016-06-30:3億3200万

2015-06-30:3億4400万

2014-06-30:13億0200万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-2億6000万

2016-06-30:-12億5700万

2015-06-30:8億2400万

2014-06-30:11億4300万

営業CF

2017-03-31:-1300万

2016-03-31:37億2500万

2015-03-31:33億6200万

2014-03-31:83億2900万

投資CF

2017-03-31:-4400万

2016-03-31:-7億9000万

2015-03-31:-16億5800万

2014-03-31:-7億3300万

財務CF

2017-03-31:-11億0700万

2016-03-31:-10億8800万

2015-03-31:-8億5800万

2014-03-31:-60億0100万

総資産

2017-06-30:394億2500万

2016-06-30:411億4000万

2015-06-30:508億1700万

2014-06-30:429億8600万

流動資産

2017-06-30:254億7300万

2016-06-30:266億6000万

2015-06-30:331億5500万

2014-06-30:275億2200万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:190億3400万

2016-03-31:203億2600万

2015-03-31:196億9200万

2014-03-31:163億4400万

現金及び預金

2017-06-30:177億8600万

2016-06-30:172億2100万

2015-06-30:195億9800万

2014-06-30:119億0400万

固定資産

2017-06-30:139億5200万

2016-06-30:144億7900万

2015-06-30:176億6200万

2014-06-30:154億6300万

負債

2017-06-30:239億2600万

2016-06-30:245億7700万

2015-06-30:309億9000万

2014-06-30:293億5700万

流動負債

2017-06-30:78億9900万

2016-06-30:85億3000万

2015-06-30:119億2300万

2014-06-30:125億4400万

固定負債

2017-06-30:160億2700万

2016-06-30:160億4700万

2015-06-30:190億6700万

2014-06-30:168億1300万

もっと見る

純資産

2017-06-30:154億9800万

2016-06-30:165億6200万

2015-06-30:198億2700万

2014-06-30:136億2800万

従業員数

2017-03-31:1005

2016-03-31:1087

2015-03-31:1302

2014-03-31:1277

売上総利益率

2017-06-30:62.7

2016-06-30:62.5

2015-06-30:65.3

2014-06-30:67

売上営業利益率

2017-06-30:1.1

2016-06-30:6.7

2015-06-30:8.2

2014-06-30:21.4

売上経常利益率

2017-06-30:-0.7

2016-06-30:3.1

2015-06-30:7.2

2014-06-30:17.5

売上純利益率

2017-06-30:-4.7

2016-06-30:4.1

2015-06-30:3.1

2014-06-30:10.5

もっと見る

ROA

2017-06-30:-3.2

2016-06-30:3.2

2015-06-30:2.8

2014-06-30:12

ROE

2017-06-30:-8.4

2016-06-30:8

2015-06-30:6.8

2014-06-30:38.4

自己資本比率

2017-06-30:39.3

2016-06-30:40.3

2015-06-30:39

2014-06-30:31.7

流動比率

2017-06-30:322.5

2016-06-30:312.5

2015-06-30:278.1

2014-06-30:219.4

固定比率

2017-06-30:90

2016-06-30:87.4

2015-06-30:89.1

2014-06-30:113.5

業績ランキングは

3018

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

シャクリー・グローバル・グループの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
シャクリー・グローバル・グループ

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/29(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/12(四半期)2016/06/03(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/13(四半期)
シャクリシャクリシャクリ割戻金割戻金割戻金割戻金シャクリ会議費割戻金
割戻金割戻金割戻金supervisorsupervisorsupervisorアジア地域割戻金割戻金会議費
supervisor会議費supervisor割戻し割戻し割戻しsupervisor会議費アジア地域アジア地域
割戻しsupervisor割戻しアジア地域アジア地域アジア地域割戻しsupervisorsupervisorsupervisor
コーポレーション割戻しコーポレーション為替為替レート新株予約権新株予約権割戻し割戻し割戻し
ファミリアジア地域ファミリ新株予約権為替のれん新株ディストリビュータ通貨のれん
ディストリビュータコーポレーションディストリビュータのれん新株予約権新株通貨アジア地域為替通貨
ケアファミリケア新株のれん為替為替コーポレーション代理店為替
アジア地域ディストリビュータパーソナル新株貸付中国経済ファミリ繰延税金負債代理店
パーソナルケア買い取り棚卸棚卸棚卸eu離脱ケア新株予約権新株予約権
栄養代理店栄養円高円高パーソナルのれん棚卸
使用料パーソナル使用料個人消費差額棚卸買い取り新株新株
メンバ栄養メンバ研究開発個人消費栄養棚卸
ホーム使用料ホーム研究開発研究開発使用料債権
為替レートメンバアジア地域長期長期メンバ個人消費
持株ホーム持株長期代理店研究開発
為替通貨為替金額のれん個人消費
貸付持株日本銀行グループ金額個人消費金額ホーム研究開発
繰延税金負債為替工業グループ研究開発グループ新株予約権金額
工業工業新株予約権売上高金額通貨グループ長期
新株予約権新株予約権のれん成績売上高グループ売上高新株金額
のれんのれん棚卸成績成績持株売上高グループ
棚卸棚卸グローバル売上高為替環境
グローバルグローバル新株棚卸売上高
新株新株成績工業成績
銀行グローバル環境
食品食品食品成績
製品製品製品食品
原材料日本銀行
リスクリスク繰延税金負債
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

シャクリー・グローバル・グループの類似企業へ

シャクリー・グローバル・グループの業績推移

シャクリー・グローバル・グループの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(夢みつけ隊株式会社)、子会社2社及び関連会社1社により構成されており、通販小売事業及び不動産事業を主たる業務としております。当社グループの事業については以下のとおりであります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社(夢みつけ隊株式会社)が、当事業を行っております。当事業は中高年男性を中心ターゲットとし、カタログを毎月4本発行する体制をとっておりました。しかし、カタログごとの採算維持が困難となる中で、不採算のカタログを一新して業務の縮小を図りながら合わせ...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-20)

(2017-05-20) ”当社グループは、当社および連結子会社9社により構成され、eコマース事業を主な事業として取り組んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。OA・PC用品、事務用品、オフィス生活用品、オフィス家具、食料品、酒類、医療品、化粧品等の販売事業を行っており、販売チャネル別にはBtoB事業とBtoC事業に区分されます。BtoB事業の主たる内容は、文具店等の外商サービスを受けられない中小事業所に対する、インターネット経由ならびにFAXの注文によるオフィス関連商品の翌日配送(一部、当日配送)サービスであります。このサービスを支える販売システム(以下、「アスクルシステム」という。)は...(20170728に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社と連結子会社3社(株式会社フードコスメ、アルファコム株式会社、株式会社プライムダイレクト)及び持分法を適用していない非連結子会社2社並びに関連会社2社により構成されており、事業内容は雑貨類・食品類を販売するメーカーベンダー事業、化粧品を販売するSKINFOOD事業、コンタクトセンターの構築と支援等を提供するITソリューション事業を営んでおります。等を行っております。店舗展開を国内の主要都市の駅ビルを中心として行っております。テム等を販売しております。...(20160825に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、ヒラキ株式会社(当社)を企業集団の中核とし、連結子会社1社(上海平木福客商業有限公司)の計2社で構成されております。 当社グループは、自社企画開発による靴・履物(直輸入商品)を中心として、衣料、日用雑貨品等の通信販売事業、ディスカウント事業および卸販売事業を展開しております。 上海平木福客商業有限公司は中国等海外販売拠点として、靴・履物等を小売業者および量販店等に販売することを目的に設立し、現在準備段階として当社の各事業セグメントで販売する商品を調達しております。なお、セグメントと同一の区分であります。靴を中心としたカタログ、インターネット販売を行っております。靴を中心とした総...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”顧客に対して販売しております。なお、当社の親会社はW.W.Grainger, Inc.であり、当社は商品の一部を同社から購入し、商品の一部を同社の企業グループへ販売しております。当社グループは、国内外の卸業者・メーカーから仕入れた商品を、自社ウェブサイトのウェブカタログ及び各顧客に配布する紙カタログに掲載し、国内外のエンドユーザーに直接販売しております。商品の仕入販売に関しては、店舗・営業所を保有せず、顧客からの受注機能、仕入商品の発注機能、商品の入出荷機能及びコールセンターにおける顧客サポート機能を本社及び物流センターに集約しており、受発注管理のほぼ全てをインターネット及びファクシミリを通じ...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、平成29年1月31日現在、当社及び連結子会社3社によって構成され、家電・PC等のインターネット通販事業及び化粧品、健康食品を中心とした生活必需品の販売事業を行うビューティー&ヘルスケア事業並びに各種販売支援事業とオンライン・ゲーム事業からなるその他事業を展開しております。当社グループのインターネット通販事業は、「ecカレント」「イーベスト」「特価COM」のサイトを有し、販売チャネルとして外部サイト、本体サイト、モバイルサイトがあります。 また、商品の仕入から販売、配送、アフターサービスに至る全ての業務をEコマースと基幹の各システムで繋ぎ、効率的なサイト...(20170428に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)スタートトゥデイ)及び連結子会社4社((株)スタートトゥデイ工務店、(株)アラタナ、(株)クラウンジュエル、ZOZOTOWN HONGKONG CO., LIMITED)によって構成されており、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」、ファッションメディア「WEAR」等の運営を主な事業として行っております。ZOZOTOWN事業は受託ショップ、買取ショップ、ZOZOUSEDから構成されております。受託ショップは、「ZOZOTOWN」に各ブランドがテナント形式で出店を行い、出店後の運営管理を行う事業であり、当社グループが各ブランドの掲載する商...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社と連結子会社(株式会社アペックス・コラムジャパン株式会社・株式会社ダイカイ)の4社で構成されており、主軸となる通信販売による小売事業のほか、通信販売会社・小売店等への卸売事業、物流センターの一部を利用した不動産賃貸事業を展開しております。また、小売・卸売事業間において、一部、取扱商品や販売チャネルを共有しております。当社は、株式保有により連結子会社を統括するとともに、主に自社企画した健康茶、健康食品、化粧品をカタログ、インターネット等を通じ、個人消費者に通信販売する小売事業を営んでおります。「いつまでも健康・いつまでもキレイ」をコンセプトに、健康食品を中心とした商品を取扱う...(20161027に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社(夢新開發(香港)有限公司、夢展望貿易(深圳)有限公司)の計3社で構成されており、衣料品販売事業、玩具・雑貨販売事業を主な事業として取り組んでおります。以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であり、それぞれの事業の内容は以下の通りです。当社グループは、10代後半から30代前半の女性を主なお客様とする衣料品・靴及び雑貨等ファッション関連商品の販売をメインの事業として、主にSPA(Speciality Store Retailer of Private Label Apparel)の方法により展開しております。当事業の特徴としましては、商品の販売を主にインタ...(20170720に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社グループは、当社(ケンコーコム株式会社)、連結子会社9社及び非連結子会社2社により構成されており、健康関連商品にかかわるEコマース(インターネットを基盤とした流通)を事業ドメインとしております。「リテール事業」のうちケンコーコム事業では、当社が運営する健康ECサイトを通じ一般消費者向けに健康関連商品を販売しているほか、Kenko.com Singapore Pte.Ltd. が運営するサイトを通じて海外のサプリメント等を個人輸入にて販売しております。また、中国、シンガポール在住の消費者に向けても、日本の健康関連商品を個人輸入にて販売しております。楽天24事業では、「楽天市場」モール内におけ...(20150326に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社6社により構成されており、菓子・弁当関連の包装資材および食材等の販売事業を主要な事業としております。全国の菓子店・弁当店、個人顧客等を顧客として、菓子・弁当関連の包装資材および食材等の販売事業を行っております。販売方法は、インターネット、ファクシミリ、電話等による通信販売の形態であり、特に当社インターネット通販サイト「cotta(コッタ)」を介した販売が中心となっております。商品提供の特徴としては、顧客のニーズに合わせ、「小ロット」、「短納期」および「低価格」での提供を可能としております。菓子・パン用食材の加工製造および販売事業を行っております。当社およびプ...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社で構成されておりますが、主たる事業である通信販売事業は当連結会計年度末現在、当社が行っております。なお、当社グループは、単一セグメントであるため、主たる事業である通信販売事業について記載しております。国内での通信販売...............当社が日本国内において服飾・服飾雑貨(衣料品、身の回り品)、生活関連品(住宅用品、生活用品、美容健康関連、手芸・余暇関連、食品)等をカタログ、インターネット等を通じて通信販売しております。当社の通信販売は、定期的継続的な購入スタイルを事業コンセプトとしており、販売は主として「フェリシモ定期便(コレクション)」と呼ば...(20170530に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社5社により構成されており、コミュニケーション・セールス事業、化粧品卸事業及びカラーコンタクトレンズ事業を営んでおります。当社グループの事業展開は以下のとおりであります。化粧品及び健康食品の通信販売を行っております。化粧品及び入浴剤の卸売りを行っております。カラーコンタクトレンズ等の製造及び販売を行っております。...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、(株)ファンケル(当社)、子会社13社および関連会社2社で構成され、化粧品および栄養補助食品の製造販売を主な事業としております。営業活動は、通信販売(インターネット通信販売を含む)、直営店舗販売、卸販売の3形態を中心に展開しております。無添加化粧品を中心としたファンケル化粧品の製造は(株)ファンケル美健(連結子会社)が行い、販売は(株)ファンケルおよび(株)ファンケル化粧品(連結子会社)が行っております。アテニア化粧品の製造は(株)ファンケル美健が行い、販売は(株)アテニア(連結子会社)が行っております。boscia(ボウシャ)化粧品はboscia,LLC(連結子会社)が当企業集...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは化粧品の製造販売と栄養補助食品等の製造販売を主な事業としています。当社グループの研究開発、商品開発は当社の生命科学研究所が行っております。当社グループの生産体制は、化粧品については、主にハーバー株式会社で製造している他、ハーバーコスメティクス株式会社、株式会社HプラスBライフサイエンス及び外部委託会社で製造しております。また、栄養補助食品等についても、ハーバー株式会社で製造する他、当社グループが指定した仕様で外部業者に製造を委託しております。販売体制については、当社及び株式会社HプラスBライフサイエンスにより、通信販売のほかに、百貨店向けや販売業者向け卸売販売、直営店舗での販売等...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社44社(平成29年3月31日現在)により構成されており、総合通販事業、専門通販事業、店舗販売事業、ソリューション事業、ファイナンス事業、プロパティ事業及びその他の事業を行っております。次の7事業は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社並びに当社子会社が、カタログやインターネット等を媒体とする販売により、生活関連商品の販売及び関連事業を行っております。主要な商品は、衣料品、生活雑貨・家具等の家庭用品及び身の回り・趣味用品であります。子会社では、(株)ミンなどが総合通販事業を行っており...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-05-31)

(2012-05-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、主にインターネット上で一般消費者向けに健康美容商品を販売する「Eコマース事業」を行っております。当社は、製品の製造は外部委託及びOEM先に製造委託することにより業務のスリム化を図っております。また、受注・出荷業務、サイト制作、販売促進ツール等の企画制作、システム開発等については社内で運営する体制を基本としながら、今後の事業拡大を視野に入れ、外注による一層の業務効率化と機能強化を合わせて進めております。以上により、顧客満足度向上のための業務改善の迅速化や効率化を図っております。当社が取り扱う商品ジャンルは、健康や美容の悩みに対して具体的に効果を体感しやすくリピート使用されやすいものを中心...(20170531に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び非連結子会社1社(Fujisan Magazine Service USA,INC.)、関連会社2社(GGメディア株式会社、株式会社rumors)により構成されております。また、当社グループは、当社のその他の関係会社であるカルチュア・エンタテインメント株式会社及び同社の親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の企業グループ(以下、「CCCグループ」という。)に属しており、CCCグループにおいて、インターネットを活用した雑誌の定期購読サービスを提供しております。当社は、創業当時において、米国では一般的であった雑誌の定期購読サービスが、日本ではほとんど普及して...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

シャクリー・グローバル・グループの同業他社をもっと見る

シャクリー・グローバル・グループの関連統計

統計分類検索へ

シャクリー・グローバル・グループの基本情報

企業名 シャクリー・グローバル・グループ株式会社
カナ シヤクリーグローバルグループカブシキガイシャ
英語名 SHAKLEE GLOBAL GROUP,INC.
業種 卸売業
所在地 新宿区西新宿二丁目6番1号
ホームページ http://www.shaklee.co.jp/
EDINET E03105
証券コード 8205
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(8205)
決算日 03月31日