比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2015-05-31)

2015/11/01

CFSコーポレーションの最新業績

業界:ドラッグストア業界すぐ比較

CFSコーポレーションの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からCFSコーポレーションの事業内容についても確認できます。 注意:CFSコーポレーションの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2015-05-31:10

2015-02-28:8.14

2014-11-30:6.27

2014-08-31:4.4

売上高

2015-05-31:313億3400万

2014-05-31:306億4300万

2013-05-31:288億7600万

2012-05-31:257億6210万

売上総利益

2015-05-31:93億1700万

2014-05-31:88億7000万

2013-05-31:85億0400万

2012-05-31:77億2441万

営業利益

2015-05-31:8億2700万

2014-05-31:6億1900万

2013-05-31:3億9700万

2012-05-31:-1億4560万

経常利益

2015-05-31:8億5000万

2014-05-31:6億4500万

2013-05-31:4億2900万

2012-05-31:-6370万

当期純利益

2015-05-31:4億3300万

2014-05-31:2億8400万

2013-05-31:2億2200万

2012-05-31:-4752万

もっと見る

営業CF

2015-02-28:38億8800万

2014-02-28:20億2600万

2013-02-28:22億0487万

2012-02-29:14億4045万

投資CF

2015-02-28:-16億9500万

2014-02-28:-15億2400万

2013-02-28:-29億8104万

2012-02-29:-24億8544万

財務CF

2015-02-28:-21億4900万

2014-02-28:-9億5600万

2013-02-28:12億2128万

2012-02-29:3億7887万

総資産

2015-05-31:477億7300万

2014-05-31:452億8300万

2013-05-31:463億0500万

2012-05-31:445億8082万

流動資産

2015-05-31:261億6400万

2014-05-31:239億3900万

2013-05-31:231億4300万

2012-05-31:214億0331万

現金及び現金同等物

2015-02-28:23億5600万

2014-02-28:22億3300万

2013-02-28:26億8800万

2012-02-29:22億5297万

もっと見る

現金及び預金

2015-05-31:26億3100万

2014-05-31:23億0200万

2013-05-31:19億7200万

2012-05-31:24億4789万

固定資産

2015-05-31:216億0900万

2014-05-31:213億4400万

2013-05-31:231億6100万

2012-05-31:231億7739万

負債

2015-05-31:255億0400万

2014-05-31:245億3100万

2013-05-31:257億8600万

2012-05-31:237億1825万

流動負債

2015-05-31:230億1100万

2014-05-31:199億1400万

2013-05-31:192億9700万

2012-05-31:196億1356万

固定負債

2015-05-31:24億9200万

2014-05-31:46億1600万

2013-05-31:64億8900万

2012-05-31:41億0458万

純資産

2015-05-31:222億6900万

2014-05-31:207億5200万

2013-05-31:205億1900万

2012-05-31:208億6257万

もっと見る

従業員数

2015-02-28:1253

2014-02-28:1320

2013-02-28:1275

2012-02-29:1190

臨時従業員数(外)

2015-02-28:2514

2014-02-28:2533

2013-02-28:2465

2012-02-29:2256

売上総利益率

2015-05-31:29.7

2014-05-31:28.9

2013-05-31:29.5

2012-05-31:30

売上営業利益率

2015-05-31:2.6

2014-05-31:2

2013-05-31:1.4

2012-05-31:-0.6

売上経常利益率

2015-05-31:2.7

2014-05-31:2.1

2013-05-31:1.5

2012-05-31:-0.2

売上純利益率

2015-05-31:1.4

2014-05-31:0.9

2013-05-31:0.8

2012-05-31:-0.2

もっと見る

ROA

2015-05-31:3.6

2014-05-31:2.4

2013-05-31:2

2012-05-31:-0.4

ROE

2015-05-31:7.6

2014-05-31:5.6

2013-05-31:4.4

2012-05-31:-0.8

自己資本比率

2015-05-31:46.6

2014-05-31:45.8

2013-05-31:44.3

2012-05-31:46.8

流動比率

2015-05-31:113.7

2014-05-31:120.2

2013-05-31:119.9

2012-05-31:109.1

固定比率

2015-05-31:97

2014-05-31:102.9

2013-05-31:112.9

2012-05-31:111.1

CFSコーポレーションの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
CFSコーポレーション

キーワードの推移
2015/05/20(年度)2014/05/22(年度)2015/07/10(四半期)2015/01/09(四半期)2014/10/09(四半期)2014/07/11(四半期)
イオングループゴンドラ矢向駅東田中辻堂新町
ゴンドラ花粉症西沢田診療報酬
リロケーションドラッグストア現金自動預け払い機dynacityれこっず薬価
労働生産性hacstart:dash!!れこっずゴンドラ
フォーマット薬品きずなゴンドラ労働生産性
イオングループフォーマット銀聯カードゴンドラリロケーションフォーマット
ドラッグストア構造改革自動体外式除細動器リロケーション労働生産性
hacサンズ血液検査労働生産性店舗チラシ
緑園都市れこっずaed日配品水平
新店イオン水平フォーマット最小限
薬品きずな労働生産性beautyドラッグストア
水平cfs日配品フォーマット川崎
beauty調剤薬局atm店舗チラシ薬品
サンズcfsコーポレーション過去最高益最小限食料
れこっず化粧品店舗マーチャンダイジング低位
過去最高益薬局セルフ冷凍食品ドラッグストア駆け込み需要
イオン雑貨血液駆け込み需要薬品化粧品
きずなbc冷凍食品新店食料雑貨
cfs店舗新店最小限駆け込み需要ポイント
ケアファーマシ低位化粧品店舗
cfsコーポレーションリロケーションドラッグストアドラッグストア雑貨営業力
最小限労働生産性薬品薬品ポイント医薬品
銀聯カード食料食料食料営業力なか
化粧品利払いケア医薬品食品
雑貨ドミナント戦略化粧品大型大型
bcインタレスト食品カテゴリなか
店舗医薬品雑貨なか金額
トレンド携帯電話ヘルスケア食品研究開発
ファーマシカバレッジインバウンド化粧品差額
食料時価総額医薬品食品資金売上高
年度or届出書
四半期or半期

(20150520)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20150710)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

CFSコーポレーションの類似企業へ

CFSコーポレーションの業績推移

CFSコーポレーションの同業他社

業績 (2014-08-15)

(2014-08-15) 売上高マイナス成長へ転落営業利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字経常利益8年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益又は当期純損失(△)2年連続マイナス成長,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-15)

(2017-06-15) ”当社グループは、医薬品、化粧品、日用雑貨、食料品及び酒類等を販売するドラッグストア並びに処方箋調剤を主要業務とする調剤併設型ドラッグストアを営む小売業であります。当社グループは、主に郊外型の店舗を出店しており、売場面積400坪以上をメガ・ドラッグストアと定義し、売場面積400坪~1,000坪のメガ・ドラッグストアを中心に展開しております。また、車社会に対応した広い駐車場を店舗の前面に構え、一台あたりの駐車スペースも広くとっております。店舗形態はワンフロアとなっており、前面の駐車場から地続きになっていることで、段差もなく直接店内に入ることができるバリアフリー型になっております。その店内は、明るく...(20170614に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/27

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループは、当社(ゲンキー株式会社)及び連結子会社2社から構成されており、医薬品、化粧品、雑貨、食品等を中心に販売するディスカウントドラッグの経営、ECサイトを通じた化粧品、雑貨の販売を営む小売業の経営、当社のプライベートブランド商品の企画・開発を主たる業務としております。なお、当社グループは、医薬品、化粧品、雑貨、食品等の小売業という単一セグメントであるため、主要取扱商品及び店舗の特徴を表にまとめて記載しております。当社グループは、出店立地等に合わせて次のような店舗形態に分類しております。お客様の足元に密着した親切・丁寧なサービスが特徴。「近所で生活費が節約できるお店」をコンセプトに、生...(20160912に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-08-15)

(2016-08-15) ”当社グループは、お客さまの健康で快適な生活をサポートすることを使命とし、「健康で明るい社会の実現に貢献する」を経営理念に掲げております。今日、ドラッグストアを取り巻く経営環境は、医薬分業の拡大、規制緩和、少子高齢化、セルフメディケーションなど急速な変化が起こっております。を行い、更なる成長を目指しております。当社グループは、小売事業として、医薬品・化粧品を中心とした健康および美容に関する各種の商品に加え、日用雑貨・食品などの最寄りの商品を販売しております。また、一部店舗には併設の調剤薬局やテナントを配置することで、お客様の利便性向上を図っております。なお、当連結会計年度より、当社グループは単一...(20160513に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-08-31)

(2015-08-31) ”当社グループは、当社及びその他の関係会社1社から構成されており、医薬品、化粧品、雑貨、食品等の販売及び処方箋調剤を主要な業務とする小売業を営んでおります。なお、当社は医薬品・化粧品等の小売業の単一セグメントのため、事業部門別に記載しております。...(20150529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社マツモトキヨシホールディングス)、連結子会社14社及び関連会社1社により構成されております。ドラッグストア・保険調剤薬局等のチェーン店経営を行う小売事業を核に、卸売事業、管理サポート事業を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社9社及び関連会社2社により構成されており、医薬品、化粧品、日用雑貨等の店頭販売及び薬局の経営を主たる事業としております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び関係会社10社(連結子会社6社、非連結子会社3社及び関連会社1社)により構成されており、「ドラッグストア」を基本として、医薬品・衛生介護品・ベビー用品・健康食品、調剤、化粧品、家庭用雑貨及び食品等の販売を主たる事業とする小売業を主な事業としております。また、(株)CFSサンズは平成28年9月1日付でウエルシアオアシス(株)と合併しております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは当社(株式会社クリエイトSDホールディングス)及び子会社5社により構成されており、医薬品、化粧品等の小売販売を主たる業務としております。株式会社クリエイトエス・ディーが担当しております。また、ドラッグストアで販売するプライベートブランド商品の製造企画を株式会社エスタが、店舗清掃等を株式会社クリエイトビギンが、それぞれ担当しております。ドラッグストア事業の主な業務は医薬品、化粧品、食料品、日用雑貨品等の販売及び調剤であります。有料老人ホーム事業をウェルライフ株式会社が、デイサービス事業を株式会社サロンデイが、それぞれ担当しております。...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、「コスモス薬品の店があることで、その地域の日常の暮らしが豊かになることを目指します」を経営理念としております。忙しい現代人にとって、最も大切なものは時間であり、時間の節約こそが消費者の最大のニーズと考えます。そこで当社グループは、日常生活で必ず必要となる消耗品を満載したドラッグストアを展開することによって、その地域の生活を便利で豊かなものとし、「地域生活者=お客様」の更なる満足を追求していくことを経営の基本方針としております。また、医薬品・化粧品の専門知識を有したスタッフが、お客様の相談に気軽に応じる「ライトカウンセリング」をはじめ、良い接客、清潔で整理整頓された売場の徹底など...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、医薬品、化粧品、食料品及び日用雑貨等、生活関連商品を扱う小売業を主たる業務としております。主要な取扱品目については、当社は単一セグメントであるため、部門別に記載しております。...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-15)

(2017-05-15) ”当社グループは、当社、連結子会社11社および非連結子会社1社により構成されております。ダイジングに吸収合併しております。...(20170810に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-08-20)

(2016-08-20) ”当社は、「健康と美と衛生を通じて社会から期待される企業作りを目指すこと」という経営理念に基づいて、医薬品や化粧品を核商品としながら、生活者の利便性も重視して、日用雑貨、食品、小物衣料などの生活必需品を加えた品揃えのあるドラッグストア事業を行っております。当社のドラッグストアは、出店立地の環境に応じて売場面積150坪から500坪の範囲で店舗展開を進めております。ドラッグストアの出店地域は主に北陸3県であり、当該地域におけるドミナント基盤強化を行っております。更に、信越・北関東・東海近畿への出店を継続しており、当該地域においてもドミナントエリアの拡大を行っております。平成28年5月20日現在で北陸...(20160818に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(スギホールディングス株式会社)及び子会社4社により構成されております。当社グループの主要な会社の事業内容は次のとおりであります。医薬品・健康食品・化粧品・日用品等を販売するとともに、処方箋調剤や地域の医療関係者と連携した在宅医療に取り組む『地域医療対応型ドラッグストア』の経営を主たる業務としております。訪問看護サービス・居宅介護支援サービスの提供を通して、地域医療機関ならびに社会福祉事業者との連携を密にした『訪問看護ステーション』の経営を主たる業務としております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社アインホールディングス)、子会社89社及び関連会社1社により構成されており、「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報と同一区分であり、当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。当社は、調剤薬局の経営及びフランチャイズ業、調剤薬局開設に係るコンサルティング等を行っております。子会社株式会社アインファーマシーズ、株式会社アインメディオ、株式会社ダイチク、株式会社あさひ調剤、株式会社メディオ薬局、NPホールディングス株式会社、株式会社葵調剤ほか73社は、調剤薬局の経...(20170731に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社サンドラッグ(当社)及び子会社7社(株式会社サンドラッグファーマシーズ、株式会社星光堂薬局、株式会社サンドラッグプラス、株式会社サンドラッグ・ドリームワークス、株式会社ピュマージ、ダイレックス株式会社、株式会社サンドラッグエース)の合計8社により構成されております。当社グループは、薬局の経営並びに医薬品・化粧品・日用雑貨等の販売及び卸売りを主たる事業としております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-08-31)

(2010-08-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-09-30)

(2009-09-30) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社3社、持分法適用関連会社1社、非連結子会社1社及び持分法非適用関連会社1社の計7社で構成されており、ドラッグストア及び保険調剤薬局等における、医薬品、健康食品、化粧品、育児用品及び雑貨等の販売を主たる事業として展開しております。当連結会計年度において、連結子会社であったBEAUNET CORPORATION LIMITEDは第三者割当増資により議決権比率が減少し関連会社となったため、連結の範囲から除外し、持分法適用の範囲とするとともに、同社の子会社である上海美優文化伝播有限公司、璞優(上海)商貿有限公司並びに美悉商貿(上海)有限公司については、連結の範囲から除外...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

CFSコーポレーションの同業他社をもっと見る

CFSコーポレーションの関連統計

統計分類検索へ

CFSコーポレーションの基本情報

企業名 株式会社CFSコーポレーション
カナ カブシキガイシャシーエフエスコーポレーション
英語名 CFS Corporation
業種 小売業
所在地 三島市広小路町13番4号
ホームページ http://www.cfs-corp.jp/
EDINET E03135
証券コード 8229
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(8229)
決算日 -