比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2014-08-31)

2017/03/10

ダイエーの最新業績

ダイエーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からダイエーの事業内容についても確認できます。 注意:ダイエーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2014-08-31:-10

2014-05-31:-8.87

2014-02-28:-7.05

2013-11-30:-5.26

売上高

2014-08-31:3583億1700万

2013-08-31:3811億0700万

2012-08-31:3928億7012万

2011-08-31:4077億6700万

売上総利益

2014-08-31:1054億0000万

2013-08-31:1120億1000万

2012-08-31:1190億6819万

2011-08-31:1237億9900万

営業利益

2014-08-31:-102億8300万

2013-08-31:-41億2800万

2012-08-31:-15億1850万

2011-08-31:20億4700万

経常利益又は経常損失(△)

2014-08-31:-108億6400万

2013-08-31:-47億2700万

2012-08-31:-20億2987万

2011-08-31:2億9700万

当期純利益又は当期純損失(△)

2014-08-31:-138億3900万

2013-08-31:-144億8300万

2012-08-31:-27億1151万

2011-08-31:-93億5700万

もっと見る

包括利益

2014-08-31:-138億3600万

2013-08-31:-144億7400万

2012-08-31:-35億5902万

2011-08-31:-113億7300万

営業CF

2014-08-31:96億1900万

2013-08-31:189億0400万

2012-08-31:55億7351万

2011-08-31:80億4800万

投資CF

2014-08-31:-20億1700万

2013-08-31:-29億3100万

2012-08-31:-75億2464万

2011-08-31:-27億3200万

財務CF

2014-08-31:9億0000万

2013-08-31:-73億3700万

2012-08-31:-27億6845万

2011-08-31:-9億2700万

総資産

2014-08-31:3305億5900万

2013-08-31:3530億2100万

2012-08-31:3723億5000万

2011-08-31:3984億6700万

流動資産

2014-08-31:1035億3800万

2013-08-31:1100億9300万

2012-08-31:1042億8700万

2011-08-31:1230億6200万

もっと見る

現金及び現金同等物

2014-08-31:235億8200万

2013-08-31:402億8200万

2012-08-31:285億5100万

2011-08-31:461億1400万

現金及び預金

2014-08-31:235億9700万

2013-08-31:402億9800万

2012-08-31:285億6700万

2011-08-31:461億3000万

固定資産

2014-08-31:2270億2100万

2013-08-31:2429億2800万

2012-08-31:2680億6300万

2011-08-31:2754億0500万

負債

2014-08-31:2352億3000万

2013-08-31:2340億1900万

2012-08-31:2374億4600万

2011-08-31:2601億8800万

流動負債

2014-08-31:1239億7600万

2013-08-31:1513億9100万

2012-08-31:1026億2300万

2011-08-31:1066億0100万

固定負債

2014-08-31:1112億5400万

2013-08-31:826億2900万

2012-08-31:1348億2300万

2011-08-31:1535億8700万

もっと見る

純資産

2014-08-31:953億2900万

2013-08-31:1190億0100万

2012-08-31:1349億0400万

2011-08-31:1382億7900万

従業員数

2014-02-28:8176

2013-02-28:8698

2012-02-29:9045

2011-02-28:9487

臨時従業員数(外)

2014-02-28:2万4984

2013-02-28:2万5929

2012-02-29:2万6357

2011-02-28:2万8066

売上総利益率

2014-08-31:29.4

2013-08-31:29.4

2012-08-31:30.3

2011-08-31:30.4

売上営業利益率

2014-08-31:-2.9

2013-08-31:-1.1

2012-08-31:-0.4

2011-08-31:0.5

売上経常利益率

2014-08-31:-3

2013-08-31:-1.2

2012-08-31:-0.5

2011-08-31:0.1

もっと見る

売上純利益率

2014-08-31:-3.9

2013-08-31:-3.8

2012-08-31:-0.7

2011-08-31:-2.3

ROA

2014-08-31:-8.4

2013-08-31:-8.2

2012-08-31:-1.4

2011-08-31:-4.6

ROE

2014-08-31:-29

2013-08-31:-24.4

2012-08-31:-4

2011-08-31:-13.6

自己資本比率

2014-08-31:28.8

2013-08-31:33.7

2012-08-31:36.2

2011-08-31:34.7

流動比率

2014-08-31:83.5

2013-08-31:72.7

2012-08-31:101.6

2011-08-31:115.4

固定比率

2014-08-31:238.1

2013-08-31:204.1

2012-08-31:198.7

2011-08-31:199.2

ダイエーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ダイエー
なし

年度or届出書
四半期or半期

(20140520)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20141009)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ダイエーの類似企業へ

ダイエーの業績推移

ダイエーの同業他社

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”衣料品(衣料品、靴、鞄、服飾雑貨等)、食料品、住居余暇商品(情報通信機器、化粧品、医薬品、日用雑貨、寝具、バス用品等のホームファッション、消耗品等)を販売しております。建材、木材、補修材、家庭用品、ペット用品、園芸用品、食料品等を販売しております。食料品、医薬品、自転車関連商品等を販売しております。併せて、上記の店舗においてテナントの管理・運営や保育所および託児所等の経営を行っております。また、イオングループ各社とは、商品の仕入、店舗の賃借、当社店舗内へのテナント入店等の取引を行っております。これらの関連を概要図で示すと以下のとおりであります。...(20170522に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の事業内容は、チェーンストアとして広島、岡山、香川、愛媛、徳島及び兵庫商勢圏(瀬戸内沿岸部)に配置した店舗において24時間営業を主体にした食品スーパーマーケットを営む流通小売業であります。平成29年2月28日現在、74店舗(広島県24店舗、岡山県24店舗、香川県11店舗、愛媛県7店舗、徳島県4店舗、兵庫県4店舗)を運営しております。広島、岡山、香川、愛媛、徳島及び兵庫商勢圏では、ドミナント出店(一定の地域に集中的に出店すること。)をしております。出店形態は24時間営業の売場面積450坪型及び600坪型の食品スーパーマーケットを核として異業種と複合化したオープンモール型のNSC(近隣購買型シ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、単一セグメントであり、生鮮食料品を中心に一般食料品及びファミリー衣料品を販売の主体とするスーパーマーケット事業を営んでおります。...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、2001年12月に経営破たんした株式会社壽屋からスーパーマーケット店舗を譲り受けることを目的として、2002年3月に設立されました。店舗の立地状況や競争環境を勘案し、うち11店舗を「マックスバリュ」として、残る3店舗を「ザ・ビッグ」として営業しております。その取扱商品につきましては、食料品を中心として、イオングループの独自の基準に基づき、環境へも配慮したイオンのブランド「トップバリュ」や、当社独自の品質基準を満たした商品を日本国内はもとより世界各地から幅広く調達するとともに、九州の各地域で生産・製造された地域で馴染みある商品を積極的に販売することで、地産地消の推進に取り組んでおります。...(20170601に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は純粋持株会社イオン株式会社を中心とする企業集団に属しております。同企業集団はゼネラル・マーチャンダイズ・ストア(GMS)を核とした総合小売事業を主力事業としております。なお、当社は総合小売事業及びその付随業務の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。当社は、衣料品・住居余暇・食品などの総合小売を主な事業として活動しており、北海道内にGMS40店舗、小型スーパー35店舗、自転車専門店1店舗の計76店舗を展開しております。以上の関連を図示すると次のとおりであります。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社は、生活必需品の小売販売を行う総合ディスカウントストアーを事業としております。衣食住のあらゆる部門にわたり網羅的に生活必需品を取扱うスーパーセンターを中心に、生活雑貨・小物を取扱うジョイフルストアー及びホームセンターの3業態をもって、地域密着型の営業展開を行っております。a.店舗業態の特徴域の消費者居住圏を想定しております。b.主要品目の内容...(20161219に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-20)

(2017-05-20) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社6社及び関連会社1社により構成され、小売事業としてスーパーマーケット事業をチェーン展開しており、その他の事業として施設管理業務の受託、外食事業等を展開しております。小売事業............当社(株)オークワ及び連結子会社の(株)ヒラマツは、スーパーマーケットをチェーン展開しております。関連会社の(株)オー・エンターテイメントは、書籍等の販売事業「WAY」をチェーン展開しており、当社店舗内にも出店しております。その他の事業......連結子会社の(株)オークフーズは、中華料理「大阪王将」、回転寿司の「黒潮寿司」等の外食店をチェーン展開...(20170517に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社53社及び関連会社4社で構成され、百貨店事業、食品事業、不動産事業及びその他事業などの事業活動を展開しております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社13社で構成されスーパーマーケット事業を主な事業の内容としております。当社グループ全体の経営管理、統括を行っております。スーパーマーケットの経営を行っております。当社グループ店舗で販売する商品の調達及び当社グループ内の間接業務の集約処理を行っております。当社グループ店舗で販売する各種食品の製造、加工を行っております。当社グループ店舗で販売する自主開発商品の開発を行っております。障害者の雇用、人材派遣を行っております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-08-31)

(2014-08-31) ”当社グループが営んでいる主な事業内容と、各関係会社等の当該事業に係る位置付け及び事業の各セグメントとの関連は、次のとおりであります。イズミヤ株式会社(当社)の営む事業は衣料品、食料品ならびに、住居関連品の総合小売業であり、当社事業を補足する、食品製造、サービス事業、保険・金融サービス事業、不動産事業、旅行業、文化・遊戯施設事業、レストラン事業、専門店事業を営む各関係会社があります。当社の他その主なものは、カナート(株)、(株)デリカ・アイフーズ、(株)アバンティブックセンター、(株)サン・フレッシュ、(株)はやし、(株)ビーユーであります。それ以外の事業はすべて「小売関連サービス事業」に含めて...(20140528に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(イオン)は、当社(純粋持株会社)及び296社の連結子会社、32社の持分法適用関連会社により構成され、GMS(総合スーパー) 事業を核とした小売事業を中心として、総合金融、ディベロッパー、サービス等の各事業を複合的に展開しています。...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-05-31)

(2016-05-31) ”当グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社29社及び関連会社8社の計38社(平成28年2月29日現在)で構成され、主に小売業及びその関連事業を営んでおります。 なお、当社は特定上場会社等であります。また、(株)Uはグループ各社と保険業務・リース取引及びクレジット債権の買取等を、(株)サン総合メンテナンスはグループ各社と施設管理業務の請負を、カネ美食品(株)等は、(株)サークルKサンクスへ商品の供給を行っております。...(20160526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社15社、関連会社5社及び非連結子会社1社で構成され、小売事業、小売周辺事業及びその他の事業を展開しています。なお、セグメントと同一の区分です。ショッピングセンター、ゼネラル・マーチャンダイジング・ストア(GMS)、スーパーマーケット等の業態による衣料品、住居関連品、食料品等の販売を主体としています。クレジット取扱業務、店舗施設管理業務、外食等の小売事業を補完する業務を主体としています。卸売業、不動産賃貸業等です。...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-20)

(2017-05-20) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社24社、関連会社1社で構成され、小売及び小売周辺業務を主な事業内容とし、更に外食事業等の事業活動を展開しております。総合スーパーを営む当社及び子会社の(株)エール、平和堂(中国)有限公司、スーパーマーケットを営む(株)丸善、書籍・CD・DVD等の販売及びCD・DVD・ビデオのレンタル業を行う子会社の(株)ダイレクト・ショップがあります。また、百貨店を営む子会社の(株)ヤナゲンがあります。なお、当社は、(株)エール及び(株)丸善に商品供給を行っており、(株)エール及び(株)ダイレクト・ショップに建物等を賃貸しております。主として当社の販売す...(20170519に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当企業集団(当社及び当社の関係会社)は、株式会社フジ(当社)及び子会社20社、関連会社2社及びその他の関係会社2社で構成され、総合小売業を中心に生活提案型の事業活動を展開しています。...(20170519に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社で構成されており、国内においては広島県・兵庫県・山口県・岡山県・香川県・徳島県・愛媛県、海外においては中国(山東省青島市)に配置した店舗において食料品・日用雑貨等の販売を主力とした小売業を営んでおります。当社グループは、イオングループ各社とイオンブランド(トップバリュ)をはじめとする商品の一部供給、物流・クレジット業務の委託、不動産賃借取引、店舗の維持管理、資材の供給等の取引を行っております。なお、当社グループは単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170519に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、子会社4社、関連会社1社及びその他の関係会社4社で構成され、小売業とその付帯事業、小売周辺事業及びその他の事業を営んでおります。その事業の内容及びセグメントとの関連は次のとおりであります。小売事業 :当社は、食料品、雑貨、衣料品の小売業を主体とし、これに付帯する店舗賃貸業等を営んでおります。また、連結子会社である(株)ポムアンは、主に当社の店舗内で婦人服及び紳士服の専門店を展開しております。小売周辺事業 :連結子会社である(株)でりか菜は、惣菜等調理食品の製造販売業を営んでおります。また、連結子会社である(株)エッセンは、ファミリーレストラン等の外食事業を営んでおります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社3社及び非連結子会社2社により構成されています。当社は、食品スーパーマーケットを主な事業としております。また、連結子会社アルビスクリーンサポート(株)は、障がい者を雇用しリサイクル及びグループ内の各種業務を受託しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループは、当社(株式会社ヤマナカ)及び、子会社3社、関連会社2社で構成され、小売事業及びそれに附随する小売周辺事業として、外食事業、食品製造及び加工販売、不動産の賃貸借、店舗設備等のメンテナンス及び商品配送代行事業を行っております。 また、プレミアムサポート(株)がスポーツクラブを運営しております。 さらに、サンデイリー(株)が神守店の店舗賃貸、新安城商業開発(株)が新安城店の店舗等の賃貸借管理を、アスティ開発(株)はアスティ店の店舗賃貸借管理を行っております。小売事業 ............当社がスーパーマーケットチェーンを展開しております。小売周辺事業 ......(株)アイビーが...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-05-20)

(2015-05-20) 売上高マイナス成長へ転落営業利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字経常利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字当期純利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

ダイエーの同業他社をもっと見る

ダイエーの関連統計

統計分類検索へ

ダイエーの基本情報

企業名 株式会社ダイエー
カナ カブシキガイシャダイエー
英語名 The Daiei, Inc.
業種 小売業
所在地 神戸市中央区港島中町四丁目1番1
ホームページ http://www.daiei.co.jp/
EDINET E03049
証券コード 8263
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(8263)
決算日 -