比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/17

三井住友フィナンシャルグループの最新業績

三井住友フィナンシャルグループの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から三井住友フィナンシャルグループの事業内容についても確認できます。 注意:三井住友フィナンシャルグループの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:5.9

2017-03-31:4.16

2016-12-31:4

2016-09-30:5

営業収益

2017-06-30:1兆3610億2700万

2016-06-30:1兆1978億1700万

2015-06-30:1兆2595億4900万

2014-06-30:1兆1186億5600万

経常利益

2017-06-30:3161億8500万

2016-06-30:2739億7300万

2015-06-30:4044億7300万

2014-06-30:3674億4800万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:2415億2100万

2016-06-30:1842億8500万

2015-06-30:2678億6900万

2014-06-30:2589億7200万

包括利益

2017-06-30:2939億4400万

2016-06-30:-343億7500万

2015-06-30:3466億1800万

2014-06-30:3032億9400万

営業CF

2017-03-31:4兆5143億7700万

2016-03-31:-1兆1273億0800万

2015-03-31:8兆2402億2600万

2014-03-31:8兆3037億5200万

もっと見る

投資CF

2017-03-31:5813億4700万

2016-03-31:5兆2409億5000万

2015-03-31:-1兆4571億8800万

2014-03-31:14兆5205億2300万

財務CF

2017-03-31:-1665億2400万

2016-03-31:-559億9500万

2015-03-31:-3025億8900万

2014-03-31:-1兆0388億1400万

総資産

2017-06-30:201兆8647億3900万

2016-06-30:181兆3713億3600万

2015-06-30:187兆3150億7700万

2014-06-30:162兆4382億3600万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:42兆4783億9300万

2016-03-31:37兆5568億0600万

2015-03-31:33兆5986億8000万

2014-03-31:26兆9931億6400万

現金及び預金

2017-03-31:42兆4783億9300万

2016-03-31:37兆5568億0600万

2015-03-31:33兆5986億8000万

2014-03-31:26兆9931億6400万

負債

2017-06-30:190兆4565億8100万

2016-06-30:171兆0732億3500万

2015-06-30:176兆3955億4400万

2014-06-30:153兆2275億6400万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:11兆4081億5800万

2016-06-30:10兆2981億0100万

2015-06-30:10兆9195億3300万

2014-06-30:9兆2106億7200万

従業員数

2017-03-31:7万7205

2016-03-31:7万3652

2015-03-31:6万8739

2014-03-31:6万6475

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1万5965

2016-03-31:1万6329

2015-03-31:1万6334

2014-03-31:1万6328

売上経常利益率

2017-06-30:23.2

2016-06-30:22.9

2015-06-30:32.1

2014-06-30:32.8

売上純利益率

2017-06-30:17.7

2016-06-30:15.4

2015-06-30:21.3

2014-06-30:23.2

ROA

2017-06-30:0.4

2016-06-30:0.4

2015-06-30:0.4

2014-06-30:0.8

もっと見る

ROE

2017-06-30:8.4

2016-06-30:7.2

2015-06-30:10

2014-06-30:11.2

自己資本比率

2017-06-30:5.7

2016-06-30:5.7

2015-06-30:5.8

2014-06-30:5.7

業績ランキングは

1695

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

三井住友フィナンシャルグループの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
三井住友フィナンシャルグループ

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/14(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/29(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/26(四半期)2015/08/14(四半期)
証券業証券業証券業三井住友銀行smbc日興証券smbc日興証券smbc日興証券三井住友銀行smbc日興証券三井住友銀行
消費者金融消費者金融消費者金融ホールセール三井住友銀行三井住友銀行三井住友銀行smbc日興証券三井住友銀行証券業
証券業務証券業務三井住友銀行信託報酬証券業証券業証券業証券業smbc消費者金融
三井住友銀行三井住友銀行証券業務リテール信託報酬信託報酬信託報酬信託報酬証券業証券業務
コンシューマコンシューマコンシューマ不良債権日本ge日本geコンシューマリテールバンク信託報酬smbc日興証券
ファイナンスファイナンスファイナンス市場金利pensiunanpensiunanファイナンスコンシューマコンシューマコンシューマ
頭部頭部銀行業東亜銀行tabungantabunganトップラインファイナンスファイナンスファイナンス
銀行業銀行業セントリック貸出金三井住友アセットマネジメント三井住友アセットマネジメント金融グループsmbctie信託報酬
信託報酬セントリック信託報酬金融再生法コンシューマコンシューマ商工業商工業r1セントリック
利回り信託報酬利回り債券ファイナンスファイナンス銀行業銀行業商工業商工業
無利息利回り無利息smbc日興証券トップラインtie消費者金融消費者金融銀行業銀行業
金融派生商品無利息金融派生商品頭部金融グループトップライン証券業務tlac消費者金融利回り
情報処理金融派生商品情報処理商工業nasionalr1ペンシウナントップラインコーポレートガバナンス・コード情報処理
商工業情報処理商工業日系商工業金融グループsmbcフレンド証券シティバンク銀行トップライン無利息
内侍商工業債券与信銀行業nasionalさくらカードacleda銀行持株会社金融再生法
債券内侍内侍銀行tbk商工業不良債権証券業務貸出金貸出金
貸出金貸出金貸出金特別国際金融取引勘定消費者金融銀行業市場金利ペンシウナンシティバンク銀行金融派生商品
クレジットカード債券クレジットカード国債証券業務tbk貸出金金融安定理事会acleda債券
買い入れクレジットカード買い入れ金利smbcフレンド証券消費者金融情報通信不良債権証券業務クレジットカード
tie買い入れtie譲渡性預金さくらカード銀行持株会社特別国際金融取引勘定市場金利ペンシウナントップライン
コールtieコール荷台不良債権貸出金金融再生法smfg不良債権内侍
r1コールr1委託売買市場金利証券業務セディナ貸出金市場金利三井住友カード
譲渡性預金r1譲渡性預金受け手貸出金smbcフレンド証券センシティブ特別国際金融取引勘定smfg不良債権
ペーパ譲渡性預金金融再生法証券業情報通信さくらカード日本ge債券特別国際金融取引勘定買い入れ
コマーシャルペーパペーパ円相場railcar不良債権ボトムライン金融再生法金融再生法tie
ローンコマーシャルコマーシャル法律特別国際金融取引勘定市場金利三井住友カードコーポレートガバナンス・コード情報処理コール
システム開発ローンローン国債利回り金融再生法情報通信バーゼル銀行監督委員会株式公開リテールバンクsmbc
特別国際金融取引勘定システム開発システム開発取立セディナ特別国際金融取引勘定セントリック情報処理三井住友カード譲渡性預金
保全状況特別国際金融取引勘定特別国際金融取引勘定fintechsmfl金融再生法クレジットカードsibsバーゼル銀行監督委員会市場金利
金融再生法貸出分子外国株式センシティブセディナsmbc三井住友カード債券特別国際金融取引勘定
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170814)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

三井住友フィナンシャルグループの類似企業へ

三井住友フィナンシャルグループの比較例

業界ごとの代表的な比較例へ

三井住友フィナンシャルグループの業績推移

三井住友フィナンシャルグループの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループ(平成29年3月31日現在、当行、子会社221社(うち株式会社アプラスフィナンシャル、昭和リース株式会社、新生フィナンシャル株式会社および新生プリンシパルインベストメンツ株式会社等の連結子会社124社、非連結子会社97社)、および関連会社20社(日盛金融控股股份有限公司等の持分法適用会社20社)により構成)は、『法人業務』、『金融市場業務』および『個人業務』を通じ、国内の法人や個人のお客さまへ幅広い金融商品・サービスを提供しています。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。『法人業務』の「法人営業」セグメントは事...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社213社及び持分法適用関連会社58社で構成され、「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を目指し、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、資産運用業務、その他業務を行っております。なお、当社グループでは、お客さまの様々な金融ニーズに対応するため、既存の業態の枠を超え、グループ一体となって金融商品・サービスを提供するグループ融合型の組織体制を構築しており、グループ各社の連携のもと一元的に戦略を定め事業を推進する事業本部制度を導入しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、完全子会社である株式会社りそな銀行、株式会社埼玉りそな銀行及び株式会社近畿大阪銀行等とともに、りそなグループを構成しております。当連結会計年度末における当グループの連結会社数は、国内連結子会社12社、海外連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社となっております。なお、りそな保証株式会社と大和ギャランティ株式会社は、2017年4月1日付でりそな保証株式会社を存続会社として合併しております。これらのグループ会社は、銀行・信託業務のほか、クレジットカード業務・ベンチャーキャピタル業務・ファクタリング業務・投資信託委託業務などの金融サービスを提供しております。当グループの組織を図によって示すと...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び連結子会社4社で構成され、銀行業務を中心に、リース業務その他の金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店54、出張所2においては、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務、社債受託業務などのほか、代理業務、債務の保証(支払承諾)、国債等公共債及び証券投資信託の窓口販売などの附帯業務等を行い、岩手県内を中心に営業を展開しております。また、東北保証サービス株式会社において、各種個人ローン等の信...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び連結子会社3社及び非連結子会社1社で構成され、預金業務、貸出金業務、為替業務、有価証券投資業務等の銀行業務を中心に、リース業務、信用保証業務、クレジットカード業務などの金融サービスに係る事業を行っております。当行の本店のほか支店等においては、預金業務、貸出金業務、為替業務、有価証券投資業務等を行っております。連結子会社であるみちのくリース株式会社においては、リース業務等を行っております。上記の他に、連結子会社であるみちのく信用保証株式会社においては信用保証業務を、みちのくカード株式会社においてはクレジットカード業務を行っております。おります。当該組合は、持分法...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び連結子会社6社等で構成され、銀行業務を中心に、リース業務などの金融サービスに係る事業を行っております。当行の本店ほか159か店において、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務、社債受託業務、金融等デリバティブ取引業務、附帯業務を営み、地域の金融パートナーとして、多様な商品・サービスを提供しております。十六ビジネスサービス株式会社においては、事務受託業務等の金融従属業務を営み、銀行業務の効率化に貢献しております。十六リース株式会社においては、リース業務を営み、地域のリースに関するニーズに積極的にお応えしております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び連結子会社10社で構成され、銀行業務を中心に証券業務、リース業務及び信用保証業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。南都リース株式会社においては、顧客の多様なニーズにお応えするため、OA機器から産業用大型設備・自動車まで豊富なリース物件を取り揃え、地元産業の発展に貢献できるよう努めております。南都信用保証株式会社においては、当行でご利用いただく住宅ローンをはじめとする各種消費者ローン等の保証業務を行い、顧客のローンのご利用をバックアップして...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、連結子会社12社及び関連会社1社で構成され、北海道、北陸三県、東京・名古屋・大阪の三大都市圏に拠点を持つ広域地域金融グループを形成しております。また、北陸銀行と北海道銀行を中核に、証券業務、リース、クレジットカード、ベンチャーキャピタル、ソフトウェア開発、サービサー業務等、広範なニーズに対応する総合的な金融サービス機能を有しております。事業系統は次のとおりであります。なお、当社は、連結子会社単位を事業セグメントとして認識しております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社1社及び持分法適用関連会社2社で構成され、銀行業務を中心に、クレジットカード業務、リース業務、ベンチャーキャピタル業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、投資事業有限責任組合を1組合有しておりますが、重要性が乏しいため連結の範囲及び持分法の対象から除いております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店等において、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務等を行い、地域に密着した営業活動を展開しております...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び子会社14社で構成され、銀行業務を中心に、リース業務等の金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。また、連結子会社では、銀行事務代行業務、信用保証業務、クレジットカード業務、有価証券投資業務、投資ファンドの運営業務を行っております。連結子会社のいよぎんリース株式会社において、リース業務等を行っております。連結子会社の株式会社いよぎんコンピュータサービスにおいて、情報処理受託業務、ソフトウェア開発業務等を、いよぎん証券株式会社において、証券業務を行って...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループ(当行及び当行の関係会社)は、当行、連結子会社5社、非連結子会社1社及び関連会社1社で構成され、銀行業務を中心に、リース業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行は、本店をはじめ支店等99か店において、預金業務、貸出業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務のほか、公共債・投資信託・保険の販売業務及び金融商品仲介業務並びに信託業務等を通じ、地域の皆さまに幅広い金融商品・サービスを提供しております。また、銀行業務の補完として、連結子会社の阿波銀ビジネスサ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社8社及び持分法非適用の関連会社1社で構成され、銀行業を中心に、リース業、クレジットカード業、信用保証業、金融商品取引業などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店60か店、出張所4か所においては、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、有価証券投資業務、国債等窓販業務及び信託業務等を行っております。株式会社おきぎんリースにおいては、リース業務及びそれに関連する業務を行っております。株式会社おきぎんジェーシービーに...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループは、当行と連結子会社6社で構成され、銀行業を中心にリース業などの金融サービスを提供しております。 なお、当連結会計年度において、りゅうぎんオフィスサービス株式会社を解散いたしました。同社の事務代行業務を当行へ内製化しグループにおける経営の効率化および合理化を図りました。当行は本店を含む営業店75カ店(うち出張所数16)において、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務などを取り扱い、県内中小企業ならびに個人の資金ニーズに対して安定的に資金を供給し、沖縄県における中核的金融機関として、金融システムの安定さらには県経済の発展に寄与しております。また、当行の資金証券部門においては、...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、銀行持株会社として、銀行持株会社、銀行、証券専門会社、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理及びこれに附帯する業務、その他銀行法により銀行持株会社が営むことのできる業務を行うことを事業目的としております。「みずほフィナンシャルグループ」(以下、当社グループ)は、当社、連結子会社139社及び持分法適用関連会社18社等で構成され、銀行業務、信託業務、証券業務、その他の金融サービスに係る業務を行っております。ントに係る事業を営んでいる会社は、主たるセグメントに記載しております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社16社及び持分法適用関連会社3社で構成(平成29年3月31日現在)され、銀行業務を中心に、証券業務、クレジットカード業務、リース業務など金融サービスに係る事業を行っております。なお、当社は平成28年6月30日付けで住友生命保険相互会社との共同出資により株式会社ワイエムライフプランニングを設立しております。また、平成28年10月3日付けで株式会社ワイエムライフプランニングを通じて、株式会社保険ひろばの発行済株式全株を取得しております。また、当社は特定上場会社等であります。(その他) 証券業務、クレジットカード業務、リース業務などの事業に取...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループ(当行及び当行の関係会社)は、当行及び連結子会社4社で構成され、銀行業務を中心に、総合ファイナンスリース業務、受託業務、クレジットカード業務等の金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店等においては、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、有価証券投資業務、商品有価証券売買業務、社債受託及び登録業務等を行い、お客さまの多様なニーズにより一層応えていくため、経営資源の合理化・効率化の実現に取組んでおります。国内子会社の株式会社名古屋リースにおいては、...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社4社及び投資事業組合等で構成され、銀行業務を中心にリース業務やクレジットカード業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行は、本店ほか支店等において、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、有価証券業務、クレジットカード業務等を営んでおり、地域経済の活性化に貢献すべく、多様な金融商品・サービスを提供しております。株式会社札幌北洋リースはリース業務を営んでおります。株式会社札幌北洋カードはクレジットカード業務及び信用保証業...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(以下、本項目においては当社グループといいます。)は、当社、連結子会社2社及び関連会社(持分法適用会社)1社で構成され、銀行業務を中心に、クレジットカード業務、リース業務などの金融サービスに係る事業を行っております。また、子会社のトマトビジネス株式会社は、銀行事務に係る関連業務を行っております。子会社のトマトカード株式会社においては、クレジットカードの取扱いに関する業務を行っております。関連会社のトマトリース株式会社においては、産業機械等のリース業務を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社6社で構成され、銀行業務を中心にリース業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店及び支店において、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、有価証券業務等を行っております。また、連結子会社において、貸出業務、信用保証業務等を行っております。リース業務等を行っております。クレジットカード業務等を行っております。また、非連結子会社及び関連会社(持分法適用会社)はありません。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループ(当行及び当行の関係会社)は、当行及び連結子会社3社で構成され、銀行業務を中心にクレジットカード業務、リース業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店77か店、出張所2か所においては、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務、社債受託及び登録業務等を行っております。また、連結子会社きたぎんビジネスサービス株式会社においては、銀行事務代行業務等の主に銀行の従属業務を営んでおります。連結子会社きたぎんリー...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

三井住友フィナンシャルグループの同業他社をもっと見る

三井住友フィナンシャルグループの関連統計

統計分類検索へ

三井住友フィナンシャルグループの基本情報

企業名 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
カナ カブシキガイシャミツイスミトモフィナンシャルグループ
英語名 Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.
業種 銀行業
所在地 千代田区丸の内一丁目1番2号
ホームページ http://www.smfg.co.jp/
EDINET E03614
証券コード 8316
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(8316)
決算日 03月31日