比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2015-03-31)

2017/03/10

スターホールディングスの最新業績

スターホールディングスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からスターホールディングスの事業内容についても確認できます。 注意:スターホールディングスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2015-03-31:-3.18

2014-12-31:-0.15

2014-09-30:2.17

2014-06-30:5.78

売上高

2015-03-31:1億8224万

2014-03-31:7億0158万

2013-03-31:3億4459万

2012-03-31:15億1303万

売上総利益

2015-03-31:7839万

2014-03-31:2億1600万

2013-03-31:5815万

2012-03-31:11億8388万

営業利益

2015-03-31:-1億6472万

2014-03-31:-1億5612万

2013-03-31:-5億6449万

2012-03-31:-3億0179万

経常利益

2015-03-31:-1億5893万

2014-03-31:-1億0574万

2013-03-31:-5億4590万

2012-03-31:-2億6373万

当期純利益

2015-03-31:-1億7100万

2014-03-31:-692万

2013-03-31:-3億8933万

2012-03-31:-3億5943万

もっと見る

包括利益

2015-03-31:-2億1036万

2014-03-31:-2012万

2013-03-31:-3億5921万

2012-03-31:-3億5429万

営業CF

2015-03-31:-1億7883万

2014-03-31:13億1063万

2013-03-31:-9億1957万

2012-03-31:5億9866万

投資CF

2015-03-31:-24億2167万

2014-03-31:-5億5661万

2013-03-31:2億6567万

2012-03-31:-1382万

財務CF

2015-03-31:-5万

2014-03-31:-1億5137万

2013-03-31:-6697万

2012-03-31:-8142万

総資産

2015-03-31:39億7288万

2014-03-31:42億7123万

2013-03-31:46億8620万

2012-03-31:333億4621万

流動資産

2015-03-31:28億3520万

2014-03-31:32億9536万

2013-03-31:43億1490万

2012-03-31:327億9594万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2015-03-31:5億9265万

2014-03-31:31億9322万

2013-03-31:25億9058万

2012-03-31:33億1145万

現金及び預金

2015-03-31:27億7565万

2014-03-31:31億9322万

2013-03-31:29億7823万

2012-03-31:37億0017万

固定資産

2015-03-31:11億3767万

2014-03-31:9億7586万

2013-03-31:3億7129万

2012-03-31:5億5027万

負債

2015-03-31:6億1949万

2014-03-31:7億0742万

2013-03-31:9億5088万

2012-03-31:291億8470万

流動負債

2015-03-31:719万

2014-03-31:7377万

2013-03-31:1億5461万

2012-03-31:283億9179万

固定負債

2015-03-31:6億1230万

2014-03-31:6億3364万

2013-03-31:7億2171万

2012-03-31:7億1836万

もっと見る

純資産

2015-03-31:33億5339万

2014-03-31:35億6381万

2013-03-31:37億3531万

2012-03-31:41億6150万

従業員数

2014-03-31:30

2013-03-31:41

2012-03-31:43

2011-03-31:60

臨時従業員数(外)

2009-03-31:6

2008-03-31:3

2007-03-31:0

2006-03-31:8

売上総利益率

2015-03-31:43

2014-03-31:30.8

2013-03-31:16.9

2012-03-31:78.2

売上営業利益率

2015-03-31:-90.4

2014-03-31:-22.3

2013-03-31:-163.8

2012-03-31:-19.9

売上経常利益率

2015-03-31:-87.2

2014-03-31:-15.1

2013-03-31:-158.4

2012-03-31:-17.4

もっと見る

売上純利益率

2015-03-31:-93.8

2014-03-31:-1

2013-03-31:-113

2012-03-31:-23.8

ROA

2015-03-31:-4.3

2014-03-31:-0.2

2013-03-31:-8.3

2012-03-31:-1.1

ROE

2015-03-31:-5.1

2014-03-31:-0.2

2013-03-31:-10.4

2012-03-31:-8.6

自己資本比率

2015-03-31:84.4

2014-03-31:83.4

2013-03-31:79.7

2012-03-31:12.5

流動比率

2015-03-31:39427.2

2014-03-31:4466.7

2013-03-31:2790.8

2012-03-31:115.5

固定比率

2015-03-31:33.9

2014-03-31:27.4

2013-03-31:9.9

2012-03-31:13.2

スターホールディングスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
スターホールディングス

四半期or半期

(20150212)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

スターホールディングスの類似企業へ

スターホールディングスの業績推移

スターホールディングスの同業他社

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、『日本を世界一豊かに。その未来へ心を尽くす一期一会の「いちご」』という理念の実現を最大の目標とし、不動産の保有期間の賃料収入を享受しつつ、いちごの不動産技術、ノウハウを最大限に活かすことで資産価値の向上を図ります。オフィス、ホテル、商業施設等不動産以外に、遊休地の有効活用策として地球に優しく安全性に優れた太陽光発電所の開発と運営を北海道から沖縄まで全国で行っています。不動産の価値向上が完了後、売却益の獲得等による高い収益を実現しています。私たちの信条「心で築く、心を築く」のもと、新しい不動産価値を創造する「心築」(しんちく)機能を軸とした事業を行っております。いちごでは、「心で築く、心...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高6年連続マイナス成長営業利益7年連続赤字,マイナス成長へ転落経常利益マイナス成長へ転落,7年連続赤字当期純利益7年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本風力開発株式会社)、連結子会社17社及び持分法適用関連会社3社により形成されております。再生可能エネルギー関連事業として、国内においては、二又風力開発(株)、銚子屏風ヶ浦風力開発(株)、(株)MJウィンドパワー市原、南房総風力開発(株)ならびに日本風力開発(株)の計5社、海外においては、JWD Rees Windpark GmbHの合計6社による売電事業を中心として、イオスエンジニアリング&サービス(株)による風力発電所の保守・管理業務、イオスエナジーマネジメント(株)における太陽光発電所監視システム、オートデマンドコントロールシステム等の販...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、国内各地及び米国コロラド州に事業拠点を置き、豊かな成長性を有するベンチャー企業への支援を主な事業として取り組んでおります。ベンチャー企業への投資及び投資助言、投資事業組合の組成及びその管理・運営、投資事業組合の無限責任組合員となって投資先の選定及び育成支援を行う他、その活動に付随して生じる収益機会について積極的に取り組んでおります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社、当社の子会社(2017年3月31日現在187社)及び持分法適用会社(同36社)から構成される当企業グループは、証券・銀行・保険を中心に金融商品や関連するサービスの提供等を行う「金融サービス事業」、国内外のIT、バイオ、環境・エネルギー及び金融関連のベンチャー企業などへの投資や資産運用に関連するサービスの提供等を行う「アセットマネジメント事業」、医薬品、健康食品及び化粧品等の開発・販売を行う「バイオ関連事業」を中心に事業を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(以下「当社グループ」)は、当社を中核として、主として連結子会社35社(22ファンドを含む)、持分法適用関連会社8社(8ファンドを含む)により構成されており、その主な事業内容と主な関係会社の当該事業における位置づけは次のとおりであります。当社グループは日本とアジアで投資を行っております。その際、機関投資家等の出資者からの出資及び当社グループ自身の出資により設立される「ファンド(投資事業組合等)」と自己資金を通じて、投資を実行致します。ファンドを組成し、当該ファンドの管理運営業務を行い、ファンドの管理運営報酬や成功報酬、さらに経理や現物管理の事務代行を受託することによる事務受託手数...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、主として金融商品取引業を中核とする営業活動を営んでおり、「証券ビジネス」、「アセットマネジメントビジネス」及び「サポートビジネス」をセグメント区分としております。証券ビジネスでは、有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い等の事業を営んでおります。また、アセットマネジメントビジネスでは投資運用並びに投資助言・代理、サポートビジネスでは当社グループ及び外部顧客に対する情報処理サービス、事務代行、不動産管理等の事業を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の連結子会社3社で構成され、主たる事業は、金融商品取引業を中核とする投資・金融サービス業を展開しております。当社の具体的業務は、有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集、売出し及び私募の取扱い並びにその他の有価証券関連業であり、これらに関するお客様の多様なニーズに対応したサービスを提供しております。当社の連結子会社は、当社の業務に関連した事業を展開しております。「株式会社いちよし経済研究所」は中小型成長企業の株式に係る調査・情報収集、投資助言・代理業務、「いちよしアセットマネジメント株式会社」は投資運用業・投資助言業務を通じ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当企業集団(当社および連結子会社、以下同じ。)の主たる事業は、金融商品取引業を中核とする投資・金融サービス業であり、国内の営業拠点を通じ、顧客に対し資産運用・資産設計に関する質の高いアドバイスにより幅広いサービスを提供しております。その具体的な事業として、有価証券の委託売買業務、自己売買業務、引受・売出業務、募集・売出しの取扱い業務等を行うことで、顧客資産の形成、運用および管理において幅広いサービスを提供しております。 当社の連結子会社である髙木ビジネスサービス株式会社は、当社の委託を受け周辺業務の事務代行サービス、器具備品の賃貸および損害保険の代理業等を行っております。また、主要株主である株...(20160627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、金融商品取引業を中核とする投資・金融サービス業を主な事業の内容とし、顧客に対して資産運用の幅広いサービスを提供しております。主要業務としては、次の業務を営んでおります。自己の計算により有価証券の売買等(トレーディング業務を含む)を行う業務であります。顧客の委託を受けて有価証券の売買を執行することを中心とする業務であります。有価証券の発行に際し売出しの目的をもって発行者からその全部または一部を取得し、または、既発行有価証券を広く一般に均一の条件で売出す業務であります。有価証券の発行者または所有者もしくは引受人の委託を受け、新たに発行される有価証券の募集を取扱ったり、すでに発行された...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社5社、非連結子会社2社の計7社で構成されており、「投資・金融サービス業」を主な内容とする金融商品取引業者として、お客様に対して資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供することを主な事業としております。具体的には、有価証券の売買等及び売買の受託、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱いを行っております。非連結子会社のAizawa Asset Management(C.I.)Ltd.は投資信託の管理会社であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、持株会社としてグループ全体の投資戦略の立案や、グループ内の資源配分の意思決定を行っています。当社グループは、当社、子会社11社及び関連会社1社を通じて、証券関連事業(有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取り扱い、証券取引を中心とした投資助言業・投資運用業)及び不動産関連事業(高齢者向け住宅事業に関するアセットマネジメント業、不動産取引を中心とした投資助言代理業、投資運用業、トランクルーム運営)を行っています。なお、証券関連事業及び不動産関連事業の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げる...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、連結子会社でありましたOptic Finance Limitedの保有株式の全てを売却したため、当連結会計年度において、連結の範囲から除外いたしました。この結果、当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、事業持株会社である当社、連結子会社1社、関連会社6社で構成されることとなりました。国内外の事業会社が発行する有価証券等に投資を行い、配当及びキャピタルゲインを得ることを目的としております。「伊東温泉ホテルあいおら(静岡県伊東市)」の旅館施設を営業しておりましたが、当連結会計年度において同施設を売却いたしました。その他事業は、不動産投資事業、受託報酬及びファイナンス紹介手数料等に...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(連結子会社11社、持分法適用関連会社3社)は、金融商品取引業を中心とする営業活動を各地域で展開し、主たる事業として投資・金融サービス業(有価証券の売買およびその委託の媒介等、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、その他の金融商品取引業ならびに貸金業等)を営んでおり、お客さまに対し資金調達、資金運用の両面で幅広い投資・金融サービスを提供しております。その中で当社は、証券持株会社として傘下の事業会社各社のグループ間連携を推進しつつ、業態毎に経営資源の配分や業績の確認を行っております。また、同一の親会社をもつ会社である株式会社三菱東京...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-09-30)

(2013-09-30) 営業収益プラス成長に回復営業利益5年連続プラス成長,黒字へ回復経常利益プラス成長に回復,黒字へ回復当期純利益プラス成長に回復,黒字へ回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の子会社3社(連結子会社1社、非連結子会社2社)を中心に構成され、投資・金融サービス業を展開しております。当社及び連結子会社の丸八証券株式会社は、金融商品取引業を営んでおり、有価証券の売買、有価証券の売買等の媒介、取次ぎ又は代理、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱いを主たる業務とし、資金調達と運用の双方で顧客のニーズにお応えすべく、営業活動を展開しております。また、当社の非連結子会社は、当社の業務に関連した事業を展開しており、株式会社エースコンサルティングは、当社の法人顧客を中心に企業経営の助言等に関する業務を行ってお...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”連結会社は、当社、主な連結子会社2社(みらいエフピー株式会社、日中産権交易所株式会社)、その他の連結子会社1社で構成されており、主たる事業は証券業務及び証券業に関連する業務から構成される投資・金融サービス業であり、その事業系統図は次のとおりであります。自己の計算に基づき、有価証券の売買等を行う業務であります。顧客より委託を受けて、有価証券の売買等を執行する業務であります。新たに発行される有価証券及び既発行有価証券の買付けの申込みの勧誘を行う目的で取得する業務並びに他に当該有価証券を取得するものがない場合にその残部を取得する業務であります。有価証券の発行者または引受人の委託を受けて新たに発行され...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-09-30)

(2014-09-30) 営業収益マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益マイナス成長へ転落,赤字へ転落

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社、当社の親会社(野村ホールディングス株式会社)およびその関係会社の主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、わが国をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、お客様に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供しております。具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営んでおります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-11-30)

(2012-11-30) 売上高プラス成長に回復営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益黒字へ回復,プラス成長に回復当期純利益黒字へ回復,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

スターホールディングスの同業他社をもっと見る

スターホールディングスの関連統計

統計分類検索へ

スターホールディングスの基本情報

企業名 スターホールディングス株式会社
カナ スターホールディングスカブシキガイシャ
英語名 STAR HOLDINGS CO.,LTD.
業種 証券、商品先物取引業
所在地 福岡市早良区西新五丁目15番55号
ホームページ 
EDINET E03818
証券コード 8702
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(8702)
決算日 03月31日