比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

スパークス・グループの最新業績

業界:投資業界すぐ比較

スパークス・グループの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からスパークス・グループの事業内容についても確認できます。 注意:スパークス・グループの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:8.45

2017-03-31:5.37

2016-12-31:5.07

2016-09-30:5.36

営業収益

2017-06-30:22億5000万

2016-06-30:18億8600万

2015-06-30:21億8800万

2014-06-30:13億0700万

営業利益

2017-06-30:8億0300万

2016-06-30:5億1600万

2015-06-30:6億6100万

2014-06-30:8100万

経常利益

2017-06-30:8億0700万

2016-06-30:5億0200万

2015-06-30:7億3400万

2014-06-30:1億0600万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:4億6000万

2016-06-30:4700万

2015-06-30:6億0200万

2014-06-30:2億4400万

包括利益

2017-06-30:4億5000万

2016-06-30:-6億7600万

2015-06-30:7億1100万

2014-06-30:4億7500万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:19億7200万

2016-03-31:24億6600万

2015-03-31:13億3200万

2014-03-31:24億4800万

投資CF

2017-03-31:-16億5800万

2016-03-31:-9億6500万

2015-03-31:7000万

2014-03-31:7億2400万

財務CF

2017-03-31:9億1400万

2016-03-31:-6億4100万

2015-03-31:10億0400万

2014-03-31:1億1700万

総資産

2017-06-30:232億4200万

2016-06-30:190億9400万

2015-06-30:199億1000万

2014-06-30:169億4900万

流動資産

2017-06-30:168億7300万

2016-06-30:150億6800万

2015-06-30:156億4000万

2014-06-30:128億8100万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:144億5900万

2016-03-31:130億7000万

2015-03-31:127億0900万

2014-03-31:96億9400万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:128億6800万

2016-06-30:109億4900万

2015-06-30:123億8300万

2014-06-30:104億0900万

固定資産

2017-06-30:63億6900万

2016-06-30:40億2600万

2015-06-30:42億7000万

2014-06-30:40億6700万

負債

2017-06-30:67億5100万

2016-06-30:48億7100万

2015-06-30:48億6700万

2014-06-30:41億6800万

流動負債

2017-06-30:16億3200万

2016-06-30:47億9000万

2015-06-30:15億3800万

2014-06-30:8億7400万

固定負債

2017-06-30:51億1800万

2016-06-30:8100万

2015-06-30:33億2900万

2014-06-30:32億9300万

純資産額

2017-06-30:164億9100万

2016-06-30:142億2300万

2015-06-30:150億4200万

2014-06-30:127億8000万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:133

2016-03-31:135

2015-03-31:117

2014-03-31:132

臨時従業員数(外)

2013-03-31:0

2012-03-31:0

2011-03-31:0

2010-03-31:0

売上営業利益率

2017-06-30:35.7

2016-06-30:27.4

2015-06-30:30.2

2014-06-30:6.2

売上経常利益率

2017-06-30:35.9

2016-06-30:26.6

2015-06-30:33.5

2014-06-30:8.1

売上純利益率

2017-06-30:20.4

2016-06-30:2.5

2015-06-30:27.5

2014-06-30:18.7

ROA

2017-06-30:8

2016-06-30:0.8

2015-06-30:12

2014-06-30:5.6

もっと見る

ROE

2017-06-30:11.2

2016-06-30:1.2

2015-06-30:16

2014-06-30:7.6

自己資本比率

2017-06-30:71

2016-06-30:74.5

2015-06-30:75.5

2014-06-30:75.4

流動比率

2017-06-30:1033.9

2016-06-30:314.6

2015-06-30:1016.9

2014-06-30:1473.8

固定比率

2017-06-30:38.6

2016-06-30:28.3

2015-06-30:28.4

2014-06-30:31.8

業績ランキングは

1220

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

スパークス・グループの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
スパークス・グループ

キーワードの推移
2017/06/20(年度)2016/06/29(年度)2015/06/15(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/07(四半期)
sparxsparxsparx韓国総合株価指数sparxsparxファンドアクイジションsatmsparx
navpsnavpssatmkospiファンドファンド医院投信ファンドアジア株
投資顧問業投資顧問業navpsマクロン株式市場医院グリーン・フィールド再生可能エネルギー出資者運用会社
投資信託委託業ファンドアジア株浮き彫りグリーン・フィールド北朝鮮の核実験韓国総合株価指数海外投資家投信デフォルト
ファンド投資信託委託業kospiアクイジション韓国大統領グリーン・フィールドアジア株ファンド個人投資家日本株
アジア株スパークスジャパンアセットトラスト北朝鮮情勢韓国総合株価指数韓国総合株価指数スパークス発電所スパークスoneasia
投資判断アクイジション投資顧問業連邦公開市場委員会再生可能エネルギースパークスkospisatmアピファンド
ボトムアップ個人投資家ボトムアップfomcアジア株kospi股関節個人投資家中東呼吸器症候群投信
ギャップinnファンド株式市場スパークス股関節sparxスパークスsparx個人投資家
investmentovation投資信託委託業日経kospi再生可能エネルギー再生可能エネルギーアピmarskospi
management投信スチュワードシップ・コードphiフェーズフェーズフェーズ市場心理mersアピ
capital再生可能エネルギー個人投資家発電所トランプブラウンブラウン中東呼吸器症候群野村證券中東呼吸器症候群
ベンチマーク投資判断運用会社euブラウンアクイジションアクイジションsparxグロmars
再生可能エネルギーボトムアップinn再生可能エネルギーアクイジション石油輸出国機構機関投資家mars證券野村證券
株式市場ショートovationファンド米国大統領株式市場パイオニアphi運用会社mers
ショートロングcosmoまま日本株電機メーカー外科mers専門機関韓国経済
ロング発電所投資判断株価海外投資家海外投資家地熱野村證券投資信託グロ
資産運用ギャップトラスト受け手円安ドル高opec旗艦グロ呼吸器證券
スパークス・グループinvestmentロング手数料機関投資家機関投資家株式市場證券再生可能エネルギー観光業
hwmmanagementショート資金調達パイオニアパイオニア個人投資家運用会社三井住友銀行専門機関
日本円資産運用アセット不動産地熱外科フォーカス専門機関日本株呼吸器
ウォータcapitalミクロリスク旗艦地熱リスク回避投資信託海外投資家株式市場
グリーン・フィールド運用会社management株式磨き旗艦利上げ観測呼吸器バルアセット
機関投資家ベンチマークギャップ資金動画配信磨きバイオマス株式市場症候株価
韓国総合株価指数投資信託investment個人投資家動画配信後発三井住友銀行福祉海外投資家
韓国大統領インテリジェンス資産運用グループフォーカス個人投資家風力日本株子育て支援
catalyst三井住友銀行capital研究開発リスク回避フォーカスベンチャー企業バルバル
satm日本株ベンチマーク環境利上げ観測リスク回避フィールド症候トラスト症候
korea海外投資家株式投資成績バイオマス利上げ観測phiトヨタ自動車
スパークス座標軸投信バイオマス発電所三井トラスト
年度or届出書
四半期or半期

(20170620)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

スパークス・グループの類似企業へ

スパークス・グループの業績推移

スパークス・グループの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、国内各地及び米国コロラド州に事業拠点を置き、豊かな成長性を有するベンチャー企業への支援を主な事業として取り組んでおります。ベンチャー企業への投資及び投資助言、投資事業組合の組成及びその管理・運営、投資事業組合の無限責任組合員となって投資先の選定及び育成支援を行う他、その活動に付随して生じる収益機会について積極的に取り組んでおります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社、当社の子会社(2017年3月31日現在187社)及び持分法適用会社(同36社)から構成される当企業グループは、証券・銀行・保険を中心に金融商品や関連するサービスの提供等を行う「金融サービス事業」、国内外のIT、バイオ、環境・エネルギー及び金融関連のベンチャー企業などへの投資や資産運用に関連するサービスの提供等を行う「アセットマネジメント事業」、医薬品、健康食品及び化粧品等の開発・販売を行う「バイオ関連事業」を中心に事業を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(以下「当社グループ」)は、当社を中核として、主として連結子会社35社(22ファンドを含む)、持分法適用関連会社8社(8ファンドを含む)により構成されており、その主な事業内容と主な関係会社の当該事業における位置づけは次のとおりであります。当社グループは日本とアジアで投資を行っております。その際、機関投資家等の出資者からの出資及び当社グループ自身の出資により設立される「ファンド(投資事業組合等)」と自己資金を通じて、投資を実行致します。ファンドを組成し、当該ファンドの管理運営業務を行い、ファンドの管理運営報酬や成功報酬、さらに経理や現物管理の事務代行を受託することによる事務受託手数...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(連結子会社52社、持分法適用関連会社11社)の主たる事業は有価証券関連業を中核とする投資・金融サービス業であり、具体的な事業として有価証券及びデリバティブ商品の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱いその他有価証券関連業並びに銀行業その他の金融業等を営んでおります。当社及び当社の関係会社は、日本をはじめ、欧州、アジア、米州の主要な金融市場に営業拠点を設置し、グローバルに展開するネットワークにより世界中のお客様の資金調達と運用の双方のニーズに対応した幅広いサービスを提供しております。なお、当社は特定...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および当社の連結子会社等(連結子会社および連結変動持分事業体、2017年3月末現在1,285社)の主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、わが国をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、お客様に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供しております。具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営んでおります。なお持分法適用会社は2017年3月末現在15社であり...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、主として金融商品取引業を中核とする営業活動を営んでおり、「証券ビジネス」、「アセットマネジメントビジネス」及び「サポートビジネス」をセグメント区分としております。証券ビジネスでは、有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い等の事業を営んでおります。また、アセットマネジメントビジネスでは投資運用並びに投資助言・代理、サポートビジネスでは当社グループ及び外部顧客に対する情報処理サービス、事務代行、不動産管理等の事業を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の連結子会社2社の主たる事業は、有価証券を中核商品とする投資・金融サービス業であります。投資・金融サービス業の具体的な業務として、有価証券の売買及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、その他の金融商品取引業を営んでおります。当社は丸三ファイナンス株式会社から当社の店舗の一部を賃借しております。また、丸三エンジニアリング株式会社へはコンピューターシステム関連業務を委託しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社から構成されており、その主たる事業は、有価証券の売買等及び売買等の受託、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、その他の金融商品取引業であります。国内金融商品取引市場を中核として営業拠点を設け、投資・金融サービスを提供しております。ただし、平成28年4月1日から清算結了日までの損益計算書については連結しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社21社及び関連会社8社で構成されております。当社グループは主たる事業として、有価証券の売買及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、私募の取扱いその他の金融商品取引業並びに金融商品取引業に関連又は付随する業務のほか、保険代理店業務を営んでおり、アジア、ヨーロッパ及びアメリカの金融・資本市場に拠点を設置し、顧客の資金調達、資金運用の両面において、グローバルで幅広いサービスを提供しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の主たる事業は、金融商品取引業(有価証券売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受および売出し)を中核とする投資金融サービス業であり、金融資本市場を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供しております。当企業集団は、当社および子会社1社から構成されております。当社の業務は、投資・金融サービス業という単一セグメントであります。当社の主な業務は以下のとおりであります。(1) 「有価証券の売買、有価証券指数等先物取引、有価証券オプション取引および外国市場証券先物取引」(以下「有価証券の売買等」という。自己の計算で有価証券の売買などをおこなう業務であります。(2) 「有価...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、金融商品取引業を営んでおり、有価証券の売買、売買の取次ぎ、引受・売出し・募集及び売出しの取扱い等において幅広いサービスを提供しております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当企業集団(当社および連結子会社、以下同じ。)の主たる事業は、金融商品取引業を中核とする投資・金融サービス業であり、国内の営業拠点を通じ、顧客に対し資産運用・資産設計に関する質の高いアドバイスにより幅広いサービスを提供しております。その具体的な事業として、有価証券の委託売買業務、自己売買業務、引受・売出業務、募集・売出しの取扱い業務等を行うことで、顧客資産の形成、運用および管理において幅広いサービスを提供しております。 当社の連結子会社である髙木ビジネスサービス株式会社は、当社の委託を受け周辺業務の事務代行サービス、器具備品の賃貸および損害保険の代理業等を行っております。また、主要株主である株...(20160627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、金融商品取引業を中核とする投資・金融サービス業を主な事業の内容とし、顧客に対して資産運用の幅広いサービスを提供しております。主要業務としては、次の業務を営んでおります。自己の計算により有価証券の売買等(トレーディング業務を含む)を行う業務であります。顧客の委託を受けて有価証券の売買を執行することを中心とする業務であります。有価証券の発行に際し売出しの目的をもって発行者からその全部または一部を取得し、または、既発行有価証券を広く一般に均一の条件で売出す業務であります。有価証券の発行者または所有者もしくは引受人の委託を受け、新たに発行される有価証券の募集を取扱ったり、すでに発行された...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社5社、非連結子会社2社の計7社で構成されており、「投資・金融サービス業」を主な内容とする金融商品取引業者として、お客様に対して資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供することを主な事業としております。具体的には、有価証券の売買等及び売買の受託、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱いを行っております。非連結子会社のAizawa Asset Management(C.I.)Ltd.は投資信託の管理会社であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、持株会社としてグループ全体の投資戦略の立案や、グループ内の資源配分の意思決定を行っています。当社グループは、当社、子会社11社及び関連会社1社を通じて、証券関連事業(有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取り扱い、証券取引を中心とした投資助言業・投資運用業)及び不動産関連事業(高齢者向け住宅事業に関するアセットマネジメント業、不動産取引を中心とした投資助言代理業、投資運用業、トランクルーム運営)を行っています。なお、証券関連事業及び不動産関連事業の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げる...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(連結子会社11社、持分法適用関連会社3社)は、金融商品取引業を中心とする営業活動を各地域で展開し、主たる事業として投資・金融サービス業(有価証券の売買およびその委託の媒介等、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、その他の金融商品取引業ならびに貸金業等)を営んでおり、お客さまに対し資金調達、資金運用の両面で幅広い投資・金融サービスを提供しております。その中で当社は、証券持株会社として傘下の事業会社各社のグループ間連携を推進しつつ、業態毎に経営資源の配分や業績の確認を行っております。また、同一の親会社をもつ会社である株式会社三菱東京...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/23

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”連結会社は、当社、主な連結子会社2社(みらいエフピー株式会社、日中産権交易所株式会社)、その他の連結子会社1社で構成されており、主たる事業は証券業務及び証券業に関連する業務から構成される投資・金融サービス業であり、その事業系統図は次のとおりであります。自己の計算に基づき、有価証券の売買等を行う業務であります。顧客より委託を受けて、有価証券の売買等を執行する業務であります。新たに発行される有価証券及び既発行有価証券の買付けの申込みの勧誘を行う目的で取得する業務並びに他に当該有価証券を取得するものがない場合にその残部を取得する業務であります。有価証券の発行者または引受人の委託を受けて新たに発行され...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-09-30)

(2014-09-30) 営業収益マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益マイナス成長へ転落,赤字へ転落

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社、当社の親会社(野村ホールディングス株式会社)およびその関係会社の主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、わが国をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、お客様に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供しております。具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営んでおります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の主たる事業は、有価証券関連業であり、具体的な事業として有価証券及びデリバティブ商品の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、その他有価証券関連業並びに投資助言業等を営んでおります。当社は、株式会社大和証券グループ本社(以下、「大和証券グループ本社」という。)の連結子会社として、大和証券グループ本社を中心とする企業集団(以下、「大和証券グループ」という。)に属しております。当社は、有価証券関連業を中心としたリテール営業部門及び国内ホールセール部門を担っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

スパークス・グループの同業他社をもっと見る

スパークス・グループの関連統計

統計分類検索へ

スパークス・グループの基本情報

企業名 スパークス・グループ株式会社
カナ スパークスグループカブシキガイシャ
英語名 SPARX Group Co., Ltd.
業種 証券、商品先物取引業
所在地 港区港南一丁目2番70号品川シーズンテラス
ホームページ http://www.sparx.jp/
EDINET E05242
証券コード 8739
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(8739)
決算日 03月31日