比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

カンダホールディングスの最新業績

業界:トラック業界すぐ比較

カンダホールディングスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からカンダホールディングスの事業内容についても確認できます。 注意:カンダホールディングスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:8.61

2017-03-31:10

2016-12-31:9.71

2016-09-30:9.08

営業収益

2017-06-30:100億4784万

2016-06-30:101億4727万

2015-06-30:89億6689万

2014-06-30:87億3377万

営業利益

2017-06-30:5億1115万

2016-06-30:6億0246万

2015-06-30:3億5540万

2014-06-30:2億7156万

経常利益

2017-06-30:5億2134万

2016-06-30:5億9736万

2015-06-30:3億6246万

2014-06-30:2億6858万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:2億6113万

2016-06-30:3億3063万

2015-06-30:2億1771万

2014-06-30:1億2802万

包括利益

2017-06-30:2億9109万

2016-06-30:3億2240万

2015-06-30:2億6801万

2014-06-30:1億3698万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:38億1154万

2016-03-31:19億5482万

2015-03-31:21億8898万

2014-03-31:17億3788万

投資CF

2017-03-31:-22億1273万

2016-03-31:51億4485万

2015-03-31:-13億1831万

2014-03-31:-10億7358万

財務CF

2017-03-31:-13億7087万

2016-03-31:-59億2375万

2015-03-31:-3億8321万

2014-03-31:-9億1689万

総資産

2017-06-30:370億0597万

2016-06-30:361億6048万

2015-06-30:375億6226万

2014-06-30:370億9590万

流動資産

2017-06-30:130億6449万

2016-06-30:136億2312万

2015-06-30:96億4810万

2014-06-30:90億7026万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:34億5501万

2016-03-31:32億4378万

2015-03-31:20億7501万

2014-03-31:15億6805万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:35億3158万

2016-06-30:32億2368万

2015-06-30:19億8140万

2014-06-30:16億7924万

固定資産

2017-06-30:239億4147万

2016-06-30:225億3736万

2015-06-30:279億1415万

2014-06-30:280億2564万

負債

2017-06-30:213億1258万

2016-06-30:212億2073万

2015-06-30:240億5720万

2014-06-30:242億3699万

流動負債

2017-06-30:114億4345万

2016-06-30:115億5847万

2015-06-30:170億1504万

2014-06-30:154億2832万

固定負債

2017-06-30:98億6912万

2016-06-30:96億6225万

2015-06-30:70億4216万

2014-06-30:88億0866万

純資産額

2017-06-30:156億9339万

2016-06-30:149億3974万

2015-06-30:135億0505万

2014-06-30:128億5890万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:2182

2016-03-31:2018

2015-03-31:1839

2014-03-31:1855

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1010

2016-03-31:998

2015-03-31:881

2014-03-31:938

売上営業利益率

2017-06-30:5.1

2016-06-30:5.9

2015-06-30:4

2014-06-30:3.1

売上経常利益率

2017-06-30:5.2

2016-06-30:5.9

2015-06-30:4

2014-06-30:3.1

売上純利益率

2017-06-30:2.6

2016-06-30:3.3

2015-06-30:2.4

2014-06-30:1.5

ROA

2017-06-30:2.8

2016-06-30:3.6

2015-06-30:2.4

2014-06-30:1.2

もっと見る

ROE

2017-06-30:6.8

2016-06-30:8.8

2015-06-30:6.4

2014-06-30:4

自己資本比率

2017-06-30:42.4

2016-06-30:41.3

2015-06-30:36

2014-06-30:34.7

流動比率

2017-06-30:114.2

2016-06-30:117.9

2015-06-30:56.7

2014-06-30:58.8

固定比率

2017-06-30:152.6

2016-06-30:150.9

2015-06-30:206.7

2014-06-30:217.9

業績ランキングは

1184

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

カンダホールディングスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
カンダホールディングス

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/07/08(年度)2016/06/29(年度)2015/06/29(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)
nustarカンダカンダnustarnustarnustarnustargusus国際物流国際物流
カンダnustarnustarカンダ貨物自動車運送事業貨物自動車運送事業貨物自動車運送事業ガサスグローバルエクスプレス貨物自動車運送事業貨物自動車運送事業
カンダコーポレーション国際物流国際物流ペガサスカーゴサービス国際物流国際物流国際物流nustar流通加工流通加工
ぃまカンダコーポレーションカンダコーポレーション国際物流intertransぃまペガスグローバルエクスプレス宅配便事業宅配便事業
カンダコアテクノカンダコアテクノカンダコアテクノベルjapaindo流通加工ぃま貨物自動車運送事業貨物自動車貨物自動車
国際物流流通加工流通加工カンダコーポレーションgusus貨物自動車流通加工国際物流nustarnustar
流通加工貨物自動車運送事業貨物自動車運送事業カンダコアテクノガサスグローバルエクスプレスドライバ貨物自動車エクスプレスペガサスペガサス
貨物自動車運送事業pegasuspegasusカンダハ流通加工清掃業ドライバぃま土地清掃業
pegasusペガサスペガサス流通加工貨物自動車清掃業流通加工清掃業エクスプレス
貨物自動車貨物自動車貨物自動車貨物自動車運送事業pegasus物流貨物自動車エクスプレス物流
エンタープライズexpressexpressトランスエンタープライズラインエクスプレスドライバ物流物流コスト
コールドチェーン清掃業清掃業輸出業prima物流コスト物流清掃業物流コスト便
expressエクスプレスエクスプレスペガサスセンタライン便保険代理店
清掃業レキストレキスト貨物自動車ドライバ保険代理店物流コスト物流保険代理店ドライバ
阪神ワカバワカバcargoexpress販売業センタラインドライバ販売業
レキストオービーエスオービーエスjlna貨物土地保険代理店物流コスト販売業貨物
ワカバロジメディカルロジメディカル清掃業物流貨物販売業センタ貨物
オービーエスjpljplレキスト清掃業預り金貨物保険代理店コンピュータ
ロジメディカルカンダハカンダハオービーエスコンピュータコンピュータ販売業預り金ソフト
jplヤマナシヤマナシロジメディカルエクスプレスソフトソフトeuコンピュータ不動産
カンダハ宅配便事業宅配便事業ワカバライン不動産不動産グローバルソフト太陽光発電
ヤマナシ物流物流jpl物流コスト太陽光発電太陽光発電貨物不動産ライン
物流ファイナンスファイナンスヤマナシ海上お客様お客様預り金燃料興国
ファイナンス土地土地東証保険代理店興国ガスコンピュータ太陽光発電センタ
保険代理店保険代理店ティーglobal政権のれんソフトラインお客様
保険代理店globalglobalヒガシ販売業のれんグローバル不動産興国グローバル
globalコンピュータコンピュータ物流indonesia保険保険太陽光発電グローバル役員
ドライバコーポレーションコーポレーションライン預り金部品部品お客様役員保険
コンピュータソフトウェア開発ソフトウェア開発東部ネットワークコンピュータ固定負債固定負債興国保険持分
コーポレーションコムコム宅配便事業建設仮勘定差額ベースのれん持分部品
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

カンダホールディングスの類似企業へ

カンダホールディングスの業績推移

カンダホールディングスの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは丸全昭和運輸株式会社(以下当社)と子会社37社及び関連会社7社で構成され、貨物自動車運送事業、港湾運送事業及び構内作業を主な事業とし、更なる営業の強化と深耕、企業体質の改善をはかり、物流市場において「得意先の最良のロジスティクス・パートナー」となることを目指しております。また、当社と子会社及び関連会社は、夫々地域的な補完と設備の効率的運用により相互に連繋し、業務を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。事業内容は、主に貨物自動車運送事業、港湾運送事業、倉庫業、通関業等であります。当社、丸十運輸倉庫(株)、丸全水戸運輸(株)、丸全北海道運輸(株)、丸全川崎運輸(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”連結財務諸表提出会社(以下、当社という。)グループは、当社、子会社57社及び関連会社15社で構成され、倉庫事業を中核として陸上運送事業、港湾運送事業、及び国際運送取扱事業を総合的、一貫的に運営し、またビル賃貸業を中心とした不動産事業を併営しております。貨物の寄託を受けてこれを倉庫に保管し、あわせて庫入、庫出、その他の荷役を行う事業であって、当社のほか、国内では富士物流(株)、海外ではインドネシア三菱倉庫会社、上海菱華倉庫運輸有限公司等が倉庫事業を行っております。貨物自動車による貨物の運送、利用運送又は運送取次を行う事業であって、このうち自動車運送(実運送)については、菱倉運輸(株)、九州菱倉運...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は当社、子会社91社及び関連会社9社で構成され、その業務は倉庫保管・荷役、港湾作業・運送、海外における物流サービス・複合一貫輸送、航空貨物輸送、3PL、アウトソーシング業務、サプライチェーンマネジメント支援、陸上貨物運送等、様々な物流サービスを有機的・効率的に顧客に提供する物流事業とビル賃貸業を中心とする不動産事業であります。当社は重要性の判断基準により、89社を連結子会社に、6社を持分法適用関連会社として組み込み、連結決算上の対象会社としております。これをセグメントとの関連で示せば、次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社50社及び関連会社10社で構成されており(平成29年3月31日現在)、倉庫業、港湾運送業、国際輸送業及び陸上運送業等の物流事業、船舶を使用する貨物運送業務を中心とする海運事業並びに事務所及び土地等の賃貸等を行う不動産事業を営んでおります。当社は総合物流事業者として物流事業及び不動産事業に携わっております。当社横浜支店における倉庫荷役作業を担当しております。九州において倉庫業等を行っております。当社大阪支店における倉庫荷役作業を担当しております。主として住友倉庫九州(株)取扱貨物の倉庫荷役作業及び陸上運送業等を行っております。大阪を中心に港湾運送業及び損害保険代理業等...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社と子会社5社で構成され、その業務は外航海運事業、倉庫・運送事業、不動産事業を展開しております。 当社は子会社5社を連結決算上の対象子会社としております。子会社または船主(同業他社)より定期用船した船舶による貨物輸送(自社運航)と、用船者(同業他社)への定期用船を行っております。また、主に当社への定期用船を行っているのが、DELICA SHIPPING S.A.であり、用船者(同業他社)への定期用船を行っているのが、INUI SHIPPING(SINGAPORE)PTE.LTD.であります。DELICA SHIPPING S.A.、INUI SHIPPING(SINGAPO...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社43社および関連会社12社で構成され、物流関連事業として倉庫業、港湾運送業、陸上運送業、国際複合輸送業等を営む他、その他の事業として不動産業、ゴルフ場経営、自動車整備業等を営んでおります。当事業は、当社の主体業務であり、寄託を受けた物品を倉庫に保管し、その対価として保管料を収受しております。当社は、倉庫業法に基づく倉庫営業の許可を受け(一部施設においては、関税法に基づく保税蔵置場の許可を受けております。)、保管貨物の受渡しおよび担保金融に便益を提供するための倉荷証券発行の許可も受けております。倉庫保管業務に関連して寄託貨物の入出庫、配送および軽易な加工業務を行い、そ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社14社、関連会社1社により構成されており、当社を中心に各社が相互に連携して国内物流事業、国際物流事業およびこれらに付帯する業務を行っており、連結子会社および関連会社の多くは、当社の物流事業に関連する実作業・実運送を担当しております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社は、日立造船(株)企業グループに属している。当社グループは、当社、子会社3社で構成され、日立造船(株)は環境装置、プラント、機械及び原動機の製造業を主な事業とし、当社、子会社3社は、物流事業として倉庫業、港湾荷役業、陸上輸送業、海上輸送業及び梱包業を主な事業としている。倉庫業、港湾荷役業、梱包業......当社のほか、欧那美国際貨運代理(上海)有限公司が行っている。陸上輸送業 ......当社のほか、大浪陸運(株)、(株)オーナミSが行っている。海上輸送業 ......当社が行っている。また、当社は日立造船(株)から、資材、製品等の輸送を継続的に引受けている。...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2016/01/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社7社で構成されており、倉庫業を中心とした貨物の保管・荷役業務、港湾運送業務、貨物運送取扱業務、通関業務及び流通加工業務等を行う国内物流事業ならびに国際複合一貫輸送業務(NVOCC)を中心とした海外輸送業務、海外との輸出入貨物取扱業務及び海外での現地作業等を行う国際物流事業を主な事業として取り組んでおります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。寄託を受けた貨物を倉庫に保管し、その対価として保管料を収受する事業であります。また、倉庫保管業務に関連して貨物の入出庫およびこれ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社及び連結子会社1社で構成されております。当社グループは主に大阪港の北部、大阪湾ベイエリアにおいて、内外の主要航路と内陸部への幹線道路網で結ばれた立地条件を活かし、京阪神の一大生産・消費地帯を背後に持つ海陸の中継基地として港湾運送事業、倉庫業、運送業を中心とした事業活動を行っております。各種企業を顧客として、取扱貨物は、輸入原材料、石油製品、冷凍食品等多種に及び、受入から保管、需要家納入までの作業を効率的に行っております。なお、当社は取扱貨物の種類を基準に、ばら貨物セグメント、液体貨物セグメント、物流倉庫セグメント及びその他のセグメントに分けております。子会社である浪花建設運輸...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業グループ(当社及び当社の関係会社)は当社及び6社の子会社、並びにその他の関係会社1社により構成され、その主な事業は、港湾運送事業、通運事業、倉庫業、貨物自動車運送業、船舶碇繋場業、不動産業、機械販売業、ホテル業、物品販売業、その他附帯事業であります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社2社、関連会社3社で構成され、ソフトウエアの設計、プログラム開発及び保守運用等のソフトウエア受託開発事業、人事給与・会計パッケージの導入及び運用サービス等のプロダクト事業、データセンター事業等の情報サービス事業を行うとともに、物流事業として連結子会社である鈴与シンワ物流株式会社による輸出入貨物の取扱いと、倉庫における貨物の保管及び荷役を主とした倉庫事業、港湾における貨物の取り扱いの港運事業、セメント・小麦粉輸送を主体とする貨物自動車運送事業を行うことにより、貨物の保管及び輸送に関する業務を一貫して遂行できるような体制を整えております。当社はソフトウエア開発の受託業...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業集団は当社及び11社の子会社、7社の関連会社により構成され、その主な事業は、港運事業、陸運事業、倉庫業、不動産貸付業、繊維製品製造業、その他であります。○は持分法適用関連会社であります。...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業目的は記載されているとおりでありますが、現在行っている事業の内容は次のとおりであります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、大東港運株式会社(当社)、子会社5社および関連会社1社で構成されており、事業は輸出入貨物取扱事業を中心に鉄鋼物流事業及びその他周辺事業を含めた事業活動を展開しています。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、その他の関係会社、子会社15社及び関連会社7社で構成され、物流事業、海運事業、不動産事業の3部門に関係する事業を主として行っております。当部門においては、港湾における輸出入貨物の受渡、揚げ積み、荷捌き保管等の荷役作業及び寄託された貨物の倉庫における入出庫、保管作業、税関に対する通関手続き並びに輸出入貨物の国際複合一貫輸送の取扱業務等のほか、一般貨物自動車、大型トレーラー車、バラセメント車等による貨物の運送及びコンテナ輸送、カーフェリー輸送並びに引越業務等、その他、得意先の工場構内における貨物の保管、移動、梱包及び搬出入業務等を行っております。太平...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”有価証券報告書提出会社(以下当社という。)の企業グループは、子会社23社(連結子会社21社、持分法適用子会社1社、持分法非適用子会社1社)で構成し、その事業内容の主たるものは物流関連事業であり、各社がそれぞれの区域と分野を分担しながら有機的に結合し、相互に協力して事業活動を展開しております。事業内容を示せば概ね次のとおりであり、連結子会社のうち20社は貨物自動車運送事業を主力としております。また、(株)エストピアは損害保険代理業を、(株)宅配百十番商事は産地直送品の販売と各専門分野においてそれぞれの事業区域で当社グループの事業を補完しております。エスライングループの基盤とする事業として、特別積...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/18

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社13社、関連会社10社及びその他の関連当事者4社で構成され、倉庫業、港湾運送事業を主な内容とし、更に各事業に関連するサービス及び不動産事業を展開しております。〔総合物流事業〕 「倉庫事業」「港湾運送事業」「複合輸送事業」及びこれらを一体化した総合物流事業を営んでおります。〔不動産事業〕 オフィスビルの賃貸を主体とする不動産事業を営んでおります。子会社、関連会社及び関連当事者との重要な取引はありません。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社、子会社25社および関連会社7社で構成され、港湾運送およびその関連を主な事業の内容としております。〔港湾運送およびその関連〕 当社グループの事業領域は6つの事業に分かれております。 港湾運送事業については、当社のほか、名海運輸作業(株)等も営業しており、当社事業の一部を下請しております。 倉庫保管事業については、当社のほか、大源海運(株)、MEIKO AMERICA,INC.、MEIKO EUROPE N.V.、MEIKO TRANS POLSKA SP.Z O.O.等も営業しております。 陸上運送事業については、当社は自動車運送利用業を営み、名海運輸作業(株)、名港陸運(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社グループは、当社及び子会社7社(連結子会社5社、非連結子会社2社)並びに関連会社4社により構成されており、港湾運送事業を主たる業務としております。(1) 港湾運送事業............主に京浜地区、横須賀地区及び千葉地区において船内荷役・沿岸荷役を当社、連結子会社2社(相模船舶作業(株)、SAGAMI THAI CO.,LTD.)及び持分法適用関連会社3社(相東運輸(株)、徳松運輸(株)、SIAM MABUCHI CO.,LTD.)で営んでいます。(2) 倉庫事業..................主に京浜地区、横須賀地区、千葉地区及び東京都、群馬県において貨物の保管及び入出庫を当社...(20160628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

カンダホールディングスの同業他社をもっと見る

カンダホールディングスの関連統計

統計分類検索へ

カンダホールディングスの基本情報

企業名 カンダホールディングス株式会社
カナ カンダホールディングスカブシキガイシャ
英語名 Kanda Holdings Co.,Ltd
業種 陸運業
所在地 千代田区東神田三丁目1番13号
ホームページ http://www.kanda-web.co.jp/
EDINET E04194
証券コード 9059
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9059)
決算日 03月31日