比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

日本通運の最新業績

業界:総合物流業界すぐ比較もっと見る...トラック業界すぐ比較倉庫業界すぐ比較水運業界すぐ比較空運業界すぐ比較引越し業界すぐ比較郵便・宅配業界すぐ比較

日本通運の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から日本通運の事業内容についても確認できます。 注意:日本通運の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:8.04

2016-12-31:7.71

2016-09-30:7.42

売上高

2017-06-30:4749億8500万

2016-06-30:4495億1100万

2015-06-30:4743億9700万

2014-06-30:4529億8400万

売上総利益

2017-06-30:417億1600万

2016-06-30:367億1200万

2015-06-30:334億5900万

2014-06-30:298億6300万

営業利益

2017-06-30:152億4800万

2016-06-30:107億7800万

2015-06-30:105億5200万

2014-06-30:91億9900万

経常利益

2017-06-30:169億3500万

2016-06-30:135億8400万

2015-06-30:132億6800万

2014-06-30:120億1800万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:110億8900万

2016-06-30:73億7100万

2015-06-30:81億9900万

2014-06-30:48億2100万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:154億2400万

2016-06-30:-37億8900万

2015-06-30:123億7800万

2014-06-30:40億5700万

営業CF

2017-03-31:1023億6000万

2016-03-31:788億4400万

2015-03-31:745億1900万

2014-03-31:578億9200万

投資CF

2017-03-31:-709億6100万

2016-03-31:-1228億8100万

2015-03-31:-223億8600万

2014-03-31:-581億6500万

財務CF

2017-03-31:-118億2000万

2016-03-31:439億3600万

2015-03-31:-336億3600万

2014-03-31:58億3500万

総資産

2017-06-30:1兆5129億8300万

2016-06-30:1兆4652億9000万

2015-06-30:1兆4504億5500万

2014-06-30:1兆3573億9500万

流動資産

2017-06-30:6912億5800万

2016-06-30:6712億0500万

2015-06-30:7118億3000万

2014-06-30:6269億8100万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:1633億8600万

2016-03-31:1460億0700万

2015-03-31:1489億4200万

2014-03-31:1259億0000万

現金及び預金

2017-06-30:2072億4400万

2016-06-30:1926億9000万

2015-06-30:2116億2100万

2014-06-30:1661億8800万

固定資産

2017-06-30:8217億2400万

2016-06-30:7940億8400万

2015-06-30:7386億2400万

2014-06-30:7304億1400万

負債

2017-06-30:9506億3900万

2016-06-30:9363億8200万

2015-06-30:8935億3400万

2014-06-30:8498億0400万

流動負債

2017-06-30:4255億8300万

2016-06-30:4369億5800万

2015-06-30:4682億9900万

2014-06-30:4075億1600万

固定負債

2017-06-30:5250億5500万

2016-06-30:4994億2300万

2015-06-30:4252億3400万

2014-06-30:4422億8800万

もっと見る

純資産

2017-06-30:5623億4300万

2016-06-30:5289億0800万

2015-06-30:5569億2000万

2014-06-30:5075億9000万

従業員数

2017-03-31:7万0092

2016-03-31:6万7909

2015-03-31:6万7347

2014-03-31:6万5162

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1万7673

2016-03-31:1万8102

2015-03-31:1万7752

2014-03-31:1万6925

売上総利益率

2017-06-30:8.8

2016-06-30:8.2

2015-06-30:7.1

2014-06-30:6.6

売上営業利益率

2017-06-30:3.2

2016-06-30:2.4

2015-06-30:2.2

2014-06-30:2

売上経常利益率

2017-06-30:3.6

2016-06-30:3

2015-06-30:2.8

2014-06-30:2.7

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:2.3

2016-06-30:1.6

2015-06-30:1.7

2014-06-30:1.1

ROA

2017-06-30:2.8

2016-06-30:2

2015-06-30:2.4

2014-06-30:1.6

ROE

2017-06-30:8

2016-06-30:5.6

2015-06-30:6

2014-06-30:3.6

自己資本比率

2017-06-30:37.2

2016-06-30:36.1

2015-06-30:38.4

2014-06-30:37.4

流動比率

2017-06-30:162.4

2016-06-30:153.6

2015-06-30:152

2014-06-30:153.9

固定比率

2017-06-30:146.1

2016-06-30:150.1

2015-06-30:132.6

2014-06-30:143.9

業績ランキングは

45

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

日本通運の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
日本通運
なし

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/14(四半期)
日本通運日本通運日本通運出前海岸海岸海岸重量重量重量
日通商事日通日通貨物重量重量重量プランプランプラン
日通日通商事日通商事ロジスティクスプランプランプラン海運海運海運
日通旅行日通旅行日通グループlogistics貨物貨物貨物貨物貨物貨物
出前出前日通旅行重量ロジスティクスロジスティクスロジスティクス航空航空航空
航空運送航空運送出前航空logistics燃油燃油ワンビシアーカイブズlogisticslogistics
重量ワンビシアーカイブズ航空運送耐用西logisticslogisticslogistics日通日通
海運業海運業海運業日通グループ港湾西西日通日通グループ日通グループ
日通グループ海運海運コーポレート・ガバナンス報告書航空港湾港湾日通グループ対抗措置対抗措置
logistics重量重量コーポレート・ガバナンス日通グループ航空航空対抗措置コーポレート・ガバナンス報告書コーポレート・ガバナンス報告書
倉庫業海上運送事業海上運送事業執行役員制対抗措置日通グループ日通グループコーポレート・ガバナンス報告書荷動きnec
logisticslogisticsプランコーポレート・ガバナンス報告書対抗措置対抗措置necnecコーポレート・ガバナンス
運送業運送事業貨物コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス報告書コーポレート・ガバナンス報告書コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス
戸前貨物運送事業航空貨物輸出入コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス発行者
ロジスティクスnecnec石油輸出入輸出入発行者発行者執行役員制
海上運送航空倉庫業物流発行者燃油燃油スローハンド
貨物倉庫業航空電子部品燃油発行者発行者執行役員制執行役員制なす
航空戸前戸前車両執行役員制執行役員制執行役員制スローハンドスローハンド洋本
台湾日通通運通運端株スローハンドスローハンドスローハンドなすなすデッド
vergo港湾港湾なすなすなす洋本洋本ハンド
アカウント日本海運太洋日産自動車販売洋本洋本洋本デッドデッド航空貨物
apccsd役員デッドデッドデッドハンドハンド石油
国際物流台湾日通日本海運荷動き物流物流物流石油石油端株
港湾vergo輸出入ハンドハンドハンド端株端株諮問機関
ワンビシアーカイブズ海岸台湾日通金融商品取引所石油石油石油諮問機関諮問機関ルール
アーカイブズapcvergo執行役員輸送量端株端株ルールルール学識経験者
貨物自動車国際物流パナソニック自動車端株諮問機関諮問機関学識経験者学識経験者学識
グローバル企業アーカイブズ海岸スピード諮問機関ルールルール学識学識vi
旅行業貨物自動車apcホームページルールvivi役員
鉄道利用運送事業日通グループ国際物流プラント農産物海運役員役員ii
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

日本通運の類似企業へ

日本通運の業績推移

日本通運の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、関係会社64社(うち連結子会社39社)で構成されております。当社の祖業は運輸業でありますが、顧客からの運搬請負から発展して事業を拡大した結果、現状においては顧客工場構内での工程請負、プラント設備機器の据付等の多岐にわたる業務を請け負うに至っております。鉄鋼、非鉄・金属、ガス及び化学などの素材産業分野から、食品及び日用品などの消費産業分野、航空産業分野並びに医療産業分野に至るまでの様々な業種・業態を対象として、顧客企業の事業活動における各種工程の業務請負を行っております。当該事業においては、顧客企業が抱える事業活動上の課題に対して、単純な運搬業務に留まらず、生産工程から流通...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”ヤマトグループは、ヤマトホールディングス株式会社(当社)および、子会社50社、関連会社20社により構成されており、デリバリー事業、BIZ-ロジ事業、ホームコンビニエンス事業、e-ビジネス事業、フィナンシャル事業、オートワークス事業を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営んでおります。湖南工業(株)、YAMATO TRANSPORT U.S.A.,INC.、YAMATO TRANSPORT EUROPE B.V.、雅瑪多国際物流有限公司、TAIWAN YAMATO INTERNATIONAL LOGISTI INC.、YAMATO TRANSPORT(S)PTE.LTD....(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社・関連会社76社で構成され、国内外にわたる物流事業をはじめとして、旅行事業および不動産事業を運営しております。当社につきましては物流事業および不動産事業、子会社・関連会社につきましては、物流事業(米州地域4社、欧州・中近東地域9社、東南アジア・インド地域15社、中国8社、国内28社の64社)および旅行事業(11社)、ならびに不動産事業(不動産事業専業1社を含む7社)を営んでおります。なお、当社グループの連結範囲および持分法の適用については、連結子会社55社、持分法適用会社5社となっております。物流事業.........有価証券報告書提出会社(以下(株)日新という)と...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社丸運(当社)及び子会社19社により構成されております。グループの主たる事業として陸運業を営み、貨物輸送、潤滑油・化成品輸送、流通貨物、国際貨物、石油輸送等の物流全般にわたる事業展開を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、総合物流システム集団として、当社と子会社102社及び関連会社9社(平成29年3月31日現在)で構成され、物流事業、商事・貿易事業、その他事業の3部門に関係する事業を行っており、荷主企業の多様化、高度化する物流ニーズに対応して高品質、高付加価値の物流サービスがいつでも提供できるよう体制整備を図っております。各事業の主な内容は次のとおりであります。一般貨物自動車運送事業及び特別積合せ貨物運送の許可を受け、運送事業を行っております。なお、特別積合せ貨物運送としては、下記運行系統で事業を行っております。また、各地域において、得意先の原燃料・資材・製品をトラック...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団等は、子会社43社及び関連会社5社で構成され、運送事業及びこれらに付帯する事業を主体とし、流通加工事業、国際事業並びに不動産の賃貸業等その他事業を営んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。貨物自動車運送事業及び貨物運送取扱事業を営んでおります。当社と北海道福山通運(株)、関東福山通運(株)、甲信越福山通運(株)、九州福山通運(株)、王子運送(株)等子会社28社及び高崎貨物自動車(株)等関連会社4社が連携して全国に輸送ネットワークを形成し、営業基盤を強固なものとしております。一般港湾運送事業及び港湾荷役事業を子会社高知福山通運(株)が営んでおります。商品代金の回収代行...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、純粋持株会社である当社、連結子会社70社及び関連会社21社で構成され、輸送事業、自動車販売事業、物品販売事業、不動産賃貸事業、その他を主な事業としております。なお、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」をご参照下さい。当社グループの指向する「総合物流商社」の中核をなす主要な部門であります。小口商業貨物を主力とし、宅配、引越、貸切等の運送を行う貨物自動車運送事業、航空、鉄道、海上等の各種交通機関を利用...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社102社及び持分法適用関連会社10社で構成され、顧客に対して、陸・海・空を網羅した総合的な物流サービスの提供等を行っている。主な事業の内容は次のとおりである。 なお、当社のその他の関係会社は(株)日立製作所及びSGホールディングス(株)である。 2 2017年4月14日に、CDS Global Logistics - One, LLCを清算している。 3 2017年4月25日に、当社が保有する河南新鑫日立物流有限公司の全持分を譲渡している。 4 2017年5月5日に、当社子会社が保有するPT Nisshin Kuwahara Indonesiaの全株式を譲渡して...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、定期船事業、航空運送事業、物流事業、不定期専用船事業、不動産業、その他の事業の6部門に属する事業を行っています。平成29年3月31日現在の社名を記載しています。当社及び当社の関係会社が運賃、貸船料、コンテナ関連収益等の収受を目的として、定期船による国際的な海上貨物輸送、船舶貸渡業、コンテナターミナル業、港湾運送業、曳船業を行っています。NYK TERMINALS (NORTH AMERICA) INC.、YUSEN TERMINALS LLC、NYK LINE (NORTH AMERICA) INC.、NYK LINE (CHINA) CO., LTD.、当社の関係会社が航空運...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社50社及び関連会社10社で構成されており(平成29年3月31日現在)、倉庫業、港湾運送業、国際輸送業及び陸上運送業等の物流事業、船舶を使用する貨物運送業務を中心とする海運事業並びに事務所及び土地等の賃貸等を行う不動産事業を営んでおります。当社は総合物流事業者として物流事業及び不動産事業に携わっております。当社横浜支店における倉庫荷役作業を担当しております。九州において倉庫業等を行っております。当社大阪支店における倉庫荷役作業を担当しております。主として住友倉庫九州(株)取扱貨物の倉庫荷役作業及び陸上運送業等を行っております。大阪を中心に港湾運送業及び損害保険代理業等...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び関係会社(子会社7社及び関連会社2社により構成)は、総合物流事業者として、国内物流事業、国際物流事業及び不動産事業を行っております。日本国内での貨物の取扱(保管、荷役、運送、その他付随業務)を主な業務としております。外国との取引(輸出、輸入)で発生する貨物の取扱(保管、荷役、運送、通関、国際複合輸送、その他付随業務)を主な業務としております。所有する建物、土地等の賃貸を主な業務としております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社14社、関連会社1社により構成されており、当社を中心に各社が相互に連携して国内物流事業、国際物流事業およびこれらに付帯する業務を行っており、連結子会社および関連会社の多くは、当社の物流事業に関連する実作業・実運送を担当しております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社は、日立造船(株)企業グループに属している。当社グループは、当社、子会社3社で構成され、日立造船(株)は環境装置、プラント、機械及び原動機の製造業を主な事業とし、当社、子会社3社は、物流事業として倉庫業、港湾荷役業、陸上輸送業、海上輸送業及び梱包業を主な事業としている。倉庫業、港湾荷役業、梱包業......当社のほか、欧那美国際貨運代理(上海)有限公司が行っている。陸上輸送業 ......当社のほか、大浪陸運(株)、(株)オーナミSが行っている。海上輸送業 ......当社が行っている。また、当社は日立造船(株)から、資材、製品等の輸送を継続的に引受けている。...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2016/01/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社及び連結子会社1社で構成されております。当社グループは主に大阪港の北部、大阪湾ベイエリアにおいて、内外の主要航路と内陸部への幹線道路網で結ばれた立地条件を活かし、京阪神の一大生産・消費地帯を背後に持つ海陸の中継基地として港湾運送事業、倉庫業、運送業を中心とした事業活動を行っております。各種企業を顧客として、取扱貨物は、輸入原材料、石油製品、冷凍食品等多種に及び、受入から保管、需要家納入までの作業を効率的に行っております。なお、当社は取扱貨物の種類を基準に、ばら貨物セグメント、液体貨物セグメント、物流倉庫セグメント及びその他のセグメントに分けております。子会社である浪花建設運輸...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、郵船ロジスティクス株式会社(当社)、日本郵船株式会社(親会社)、連結子会社77社及び持分法適用会社6社で構成されており、貨物運送事業及び旅行事業を主たる事業とし、グローバルに事業活動を展開しております。当社及び当社の関係会社は、次の事業をグローバルに展開し、陸・海・空の総合物流ネットワークを提供しております。他の事業者(実運送事業者)が経営する外航船舶及び国際航空の運送事業を利用して荷主の貨物の運送を行うものです。また、実運送の利用に先行又は後続する自動車利用運送事業による集荷・配送を組み合わせることにより、荷主に対し、戸口から戸口までの一貫輸送サービスの提供を行うも...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(当社及び当社の関係会社)は、株式会社近鉄エクスプレス(当社)、連結子会社136社及び持分法適用会社10社、近鉄グループホールディングス株式会社(その他の関係会社)で構成されており、貨物運送事業(航空、海上、陸上における利用運送)、倉庫業及びその他付帯事業をグローバルに展開しております。当社グループの主な事業内容の詳細は以下のとおりであります。混載事業(複数の荷主から集荷した小口貨物を大口貨物に仕立て、航空会社に運送を委託する事業)と呼ばれる貨物利用航空運送事業は、当社が運送人となり、独自の運送約款及び運賃に基づき荷主と運送契約を締結し、貨物運送状を発行し各荷主に対し航空会社と同...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益5年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益5年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社、子会社25社および関連会社7社で構成され、港湾運送およびその関連を主な事業の内容としております。〔港湾運送およびその関連〕 当社グループの事業領域は6つの事業に分かれております。 港湾運送事業については、当社のほか、名海運輸作業(株)等も営業しており、当社事業の一部を下請しております。 倉庫保管事業については、当社のほか、大源海運(株)、MEIKO AMERICA,INC.、MEIKO EUROPE N.V.、MEIKO TRANS POLSKA SP.Z O.O.等も営業しております。 陸上運送事業については、当社は自動車運送利用業を営み、名海運輸作業(株)、名港陸運(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社11社及び持分法適用関連会社1社の計13社で構成されており、事業のセグメントは物流事業であります。なお、当社は一般貨物自動車運送事業以外のすべての事業を担当しております。港湾運送事業法に基づいた一般港湾運送事業、港湾荷役事業、はしけ運送事業であり、港湾における貨物の受取り、もしくは引渡し業務を中心にコンテナターミナル管理運営、上屋保管、はしけ運送等を行う業務であります。連結子会社(株)コクサイ物流が、そのうち一般港湾運送事業、港湾荷役事業に、持分法適用関連会社五洋海運(株)が一般港湾運送事業に係わっております。倉庫業とは荷主より寄託を受けた物品の倉庫における保管...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

日本通運の同業他社をもっと見る

日本通運の関連統計

統計分類検索へ

日本通運の基本情報

企業名 日本通運株式会社
カナ ニッポンツウウンカブシキガイシャ
英語名 Nippon Express Co.,Ltd.
業種 陸運業
所在地 港区東新橋一丁目9番3号
ホームページ http://www.nittsu.co.jp/
EDINET E04319
証券コード 9062
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9062)
決算日 03月31日