比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

セイノーホールディングスの最新業績

セイノーホールディングスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からセイノーホールディングスの事業内容についても確認できます。 注意:セイノーホールディングスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:9.55

2016-12-31:9.37

2016-09-30:9.03

営業収益

2017-06-30:1441億5700万

2016-06-30:1370億0300万

2015-06-30:1311億2600万

2014-06-30:1294億0900万

売上総利益

2017-06-30:154億9500万

2016-06-30:149億8500万

2015-06-30:139億4700万

2014-06-30:110億2200万

営業利益

2017-06-30:62億3700万

2016-06-30:60億9800万

2015-06-30:54億7800万

2014-06-30:29億9200万

経常利益

2017-06-30:69億5000万

2016-06-30:67億9000万

2015-06-30:61億9100万

2014-06-30:36億3400万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:44億4500万

2016-06-30:41億5500万

2015-06-30:38億3800万

2014-06-30:25億8200万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:58億4800万

2016-06-30:28億1200万

2015-06-30:42億8700万

2014-06-30:32億1500万

営業CF

2017-06-30:141億4400万

2016-06-30:143億8600万

2015-06-30:71億9400万

2014-06-30:73億4900万

投資CF

2017-06-30:-37億0700万

2016-06-30:-21億4500万

2015-06-30:-245億7300万

2014-06-30:-31億8400万

財務CF

2017-06-30:-38億0900万

2016-06-30:-34億6300万

2015-06-30:100億7000万

2014-06-30:-22億7000万

総資産

2017-06-30:6028億4000万

2016-06-30:5833億9400万

2015-06-30:5703億1600万

2014-06-30:5440億3100万

流動資産

2017-06-30:2390億5800万

2016-06-30:2266億2300万

2015-06-30:2134億9400万

2014-06-30:2219億8500万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-06-30:789億9000万

2016-06-30:725億9800万

2015-06-30:594億6600万

2014-06-30:574億4800万

現金及び預金

2017-06-30:830億3900万

2016-06-30:825億5300万

2015-06-30:705億6500万

2014-06-30:696億1600万

固定資産

2017-06-30:3637億8100万

2016-06-30:3567億7000万

2015-06-30:3568億2200万

2014-06-30:3220億4600万

負債

2017-06-30:2188億1200万

2016-06-30:2129億3200万

2015-06-30:2041億7300万

2014-06-30:1966億8600万

流動負債

2017-06-30:1126億2200万

2016-06-30:1089億5900万

2015-06-30:1053億9800万

2014-06-30:1128億5700万

固定負債

2017-06-30:1061億9000万

2016-06-30:1039億7200万

2015-06-30:987億7500万

2014-06-30:838億2800万

もっと見る

純資産

2017-06-30:3840億2800万

2016-06-30:3704億6200万

2015-06-30:3661億4200万

2014-06-30:3473億4500万

従業員数

2017-03-31:2万7627

2016-03-31:2万7276

2015-03-31:2万6068

2014-03-31:2万6164

臨時従業員数(外)

2017-03-31:8462

2016-03-31:8248

2015-03-31:7994

2014-03-31:8148

売上総利益率

2017-06-30:10.7

2016-06-30:10.9

2015-06-30:10.6

2014-06-30:8.5

売上営業利益率

2017-06-30:4.3

2016-06-30:4.5

2015-06-30:4.2

2014-06-30:2.3

売上経常利益率

2017-06-30:4.8

2016-06-30:5

2015-06-30:4.7

2014-06-30:2.8

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:3.1

2016-06-30:3

2015-06-30:2.9

2014-06-30:2

ROA

2017-06-30:2.8

2016-06-30:2.8

2015-06-30:2.8

2014-06-30:2

ROE

2017-06-30:4.8

2016-06-30:4.4

2015-06-30:4

2014-06-30:2.8

自己資本比率

2017-06-30:63.7

2016-06-30:63.5

2015-06-30:64.2

2014-06-30:63.8

流動比率

2017-06-30:212.3

2016-06-30:208

2015-06-30:202.6

2014-06-30:196.7

固定比率

2017-06-30:94.7

2016-06-30:96.3

2015-06-30:97.5

2014-06-30:92.7

業績ランキングは

109

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

セイノーホールディングスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
セイノーホールディングス

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/10(四半期)2015/08/11(四半期)
say nosay nosay no路線便jumpjumpjumpjumpjumpjump
西濃運輸西濃運輸西濃運輸take off!安全活動濃飛西濃運輸トラックプランチョンブリー県プラン
西濃西濃西濃オープンパブリックプラットフォームトラック安全活動プランupseinoup
seinoseinoエキスプレス便プラントラックup貨物輸送プラン西濃運輸
エキスプレスエキスプレストヨタカローラプラン店所プラン西濃運輸西濃運輸up跡地
東海西濃運輸スイトトラベル東海西濃運輸西濃運輸up店所跡地跡地logistics自動車販売
濃飛西濃運輸東海西濃運輸セイノー商事跡地貨物輸送トヨタカローラ自動車販売自動車販売貨物輸送企業買収
セイノーエスティーサービスセイノー商事スイトトラベル自動車販売西濃運輸up企業買収企業買収西濃運輸新車販売台数
セイノー商事日野自動車日野自動車企業買収跡地貨物輸送新車販売台数中古車サハグループ中古車
エスティーサービス濃飛西濃運輸濃飛西濃運輸新車販売台数自動車販売西濃運輸路線便車種跡地サーチャージ
スイトトラベルトヨタカローラトヨタホーム中古車企業買収跡地中古車サーチャージ自動車販売
日野自動車indomobilトラックターミナルサーチャージ新車販売台数自動車販売トラックターミナルトラックターミナル企業買収トラックターミナル
トヨタカローラトヨタホーム通運スマートシティ中古車企業買収logisticslogisticssahalogistics
indomobilネッツトヨタ貨物過渡トラックターミナル新車販売台数料金収受料金収受中古車料金収受
トヨタホーム引越高山モーダルシフトlogistics隣地産地直送物品車種物品
ネッツトヨタトラックターミナル自動車販売バリュ産地直送中古車物品台数サーチャージ台数
クラ通運仙台貨物物品cs輸送業cargoトラックターミナルロジスティクス
トラックターミナル産地直送カーロッツbest mix!輸送業トラックターミナルcargoロジスティクス料金収受大約
自動車販売トラック貨物輸送トラックターミナルcargologistics運賃大約物品新車
logistics跡地跡地路線環境対応車バックヤード環境対応車新車台数燃料
圓通自動車販売トラックroji新車産地直送新車燃料cargo戸前
跡地subic乗用車物品貨物物品戸前貨物ロジスティクス新株
トラック貨物引越edi戸前輸送業戸前大約新株予約権
subicエクスプレスエクスプレス大約cargo新株新車
貨物セイノーエスティーサービスセイノーエスティーサービスいち新株環境対応車新株予約権新株燃料労働者派遣
引越ココネットココネット新車新株予約権新車新株予約権貨物割当て
エクスプレスエスティーサービスエスティーサービス燃料トータルサポート労働者派遣物流企業貨物輸送
ココネットセイノーロジックスセイノーロジックスボーダ労働者派遣貨物割当て労働者派遣戸前株券
セイノーロジックスシェンカシェンカ戸前割当て台数割当て乗用車
シェンカロジックスロジックス台数戸前貨物輸送株券ネットワークネットワーク
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

セイノーホールディングスの類似企業へ

セイノーホールディングスの業績推移

セイノーホールディングスの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは持株会社制を導入しており、平成28年12月31日現在、連結財務諸表提出会社(以下当社という)並びに子会社24社(うち連結子会社17社)及び関連会社9社(うち持分法適用関連会社1社)から構成されております。当社は持株会社として、グループ戦略の立案・決定やグループ会社のモニタリング機能を果たすとともに、グループ会社への各種共通サービスの提供を行っております。当社グループは、あらゆる産業に繋がり、経済活動に必要不可欠な社会基盤のひとつである物流を中核事業としております。また、物流支援事業として物流の周辺にあるさまざまなニーズにお応えし、物流事業の差別化と充実を図っております。具体的には...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、関係会社64社(うち連結子会社39社)で構成されております。当社の祖業は運輸業でありますが、顧客からの運搬請負から発展して事業を拡大した結果、現状においては顧客工場構内での工程請負、プラント設備機器の据付等の多岐にわたる業務を請け負うに至っております。鉄鋼、非鉄・金属、ガス及び化学などの素材産業分野から、食品及び日用品などの消費産業分野、航空産業分野並びに医療産業分野に至るまでの様々な業種・業態を対象として、顧客企業の事業活動における各種工程の業務請負を行っております。当該事業においては、顧客企業が抱える事業活動上の課題に対して、単純な運搬業務に留まらず、生産工程から流通...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”(1) 当社グループは、提出会社である日本通運(株)(以下、「当社」という。)、子会社295社(うち連結子会社268社、持分法適用子会社1社)及び関連会社67社(うち持分法適用関連会社24社)合計363社で構成され、国内・海外各地域で貨物自動車運送業、鉄道利用運送業、航空利用運送業、海上運送業、港湾運送業、倉庫業等を行っている「ロジスティクス事業」を主軸とし、更に専門事業である「警備輸送事業」、「重量品建設事業」、及び各事業に関連する販売業・不動産業等の「物流サポート事業」を展開しております。日本各地で、当社、子会社並びに関連会社が、鉄道利用運送事業、貨物自動車運送事業、倉庫業、利用航空運送事...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”ヤマトグループは、ヤマトホールディングス株式会社(当社)および、子会社50社、関連会社20社により構成されており、デリバリー事業、BIZ-ロジ事業、ホームコンビニエンス事業、e-ビジネス事業、フィナンシャル事業、オートワークス事業を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営んでおります。湖南工業(株)、YAMATO TRANSPORT U.S.A.,INC.、YAMATO TRANSPORT EUROPE B.V.、雅瑪多国際物流有限公司、TAIWAN YAMATO INTERNATIONAL LOGISTI INC.、YAMATO TRANSPORT(S)PTE.LTD....(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社・関連会社76社で構成され、国内外にわたる物流事業をはじめとして、旅行事業および不動産事業を運営しております。当社につきましては物流事業および不動産事業、子会社・関連会社につきましては、物流事業(米州地域4社、欧州・中近東地域9社、東南アジア・インド地域15社、中国8社、国内28社の64社)および旅行事業(11社)、ならびに不動産事業(不動産事業専業1社を含む7社)を営んでおります。なお、当社グループの連結範囲および持分法の適用については、連結子会社55社、持分法適用会社5社となっております。物流事業.........有価証券報告書提出会社(以下(株)日新という)と...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社丸運(当社)及び子会社19社により構成されております。グループの主たる事業として陸運業を営み、貨物輸送、潤滑油・化成品輸送、流通貨物、国際貨物、石油輸送等の物流全般にわたる事業展開を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、総合物流システム集団として、当社と子会社102社及び関連会社9社(平成29年3月31日現在)で構成され、物流事業、商事・貿易事業、その他事業の3部門に関係する事業を行っており、荷主企業の多様化、高度化する物流ニーズに対応して高品質、高付加価値の物流サービスがいつでも提供できるよう体制整備を図っております。各事業の主な内容は次のとおりであります。一般貨物自動車運送事業及び特別積合せ貨物運送の許可を受け、運送事業を行っております。なお、特別積合せ貨物運送としては、下記運行系統で事業を行っております。また、各地域において、得意先の原燃料・資材・製品をトラック...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団等は、子会社43社及び関連会社5社で構成され、運送事業及びこれらに付帯する事業を主体とし、流通加工事業、国際事業並びに不動産の賃貸業等その他事業を営んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。貨物自動車運送事業及び貨物運送取扱事業を営んでおります。当社と北海道福山通運(株)、関東福山通運(株)、甲信越福山通運(株)、九州福山通運(株)、王子運送(株)等子会社28社及び高崎貨物自動車(株)等関連会社4社が連携して全国に輸送ネットワークを形成し、営業基盤を強固なものとしております。一般港湾運送事業及び港湾荷役事業を子会社高知福山通運(株)が営んでおります。商品代金の回収代行...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社102社及び持分法適用関連会社10社で構成され、顧客に対して、陸・海・空を網羅した総合的な物流サービスの提供等を行っている。主な事業の内容は次のとおりである。 なお、当社のその他の関係会社は(株)日立製作所及びSGホールディングス(株)である。 2 2017年4月14日に、CDS Global Logistics - One, LLCを清算している。 3 2017年4月25日に、当社が保有する河南新鑫日立物流有限公司の全持分を譲渡している。 4 2017年5月5日に、当社子会社が保有するPT Nisshin Kuwahara Indonesiaの全株式を譲渡して...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、定期船事業、航空運送事業、物流事業、不定期専用船事業、不動産業、その他の事業の6部門に属する事業を行っています。平成29年3月31日現在の社名を記載しています。当社及び当社の関係会社が運賃、貸船料、コンテナ関連収益等の収受を目的として、定期船による国際的な海上貨物輸送、船舶貸渡業、コンテナターミナル業、港湾運送業、曳船業を行っています。NYK TERMINALS (NORTH AMERICA) INC.、YUSEN TERMINALS LLC、NYK LINE (NORTH AMERICA) INC.、NYK LINE (CHINA) CO., LTD.、当社の関係会社が航空運...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び関係会社(子会社7社及び関連会社2社により構成)は、総合物流事業者として、国内物流事業、国際物流事業及び不動産事業を行っております。日本国内での貨物の取扱(保管、荷役、運送、その他付随業務)を主な業務としております。外国との取引(輸出、輸入)で発生する貨物の取扱(保管、荷役、運送、通関、国際複合輸送、その他付随業務)を主な業務としております。所有する建物、土地等の賃貸を主な業務としております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社と子会社5社で構成され、その業務は外航海運事業、倉庫・運送事業、不動産事業を展開しております。 当社は子会社5社を連結決算上の対象子会社としております。子会社または船主(同業他社)より定期用船した船舶による貨物輸送(自社運航)と、用船者(同業他社)への定期用船を行っております。また、主に当社への定期用船を行っているのが、DELICA SHIPPING S.A.であり、用船者(同業他社)への定期用船を行っているのが、INUI SHIPPING(SINGAPORE)PTE.LTD.であります。DELICA SHIPPING S.A.、INUI SHIPPING(SINGAPO...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社14社、関連会社1社により構成されており、当社を中心に各社が相互に連携して国内物流事業、国際物流事業およびこれらに付帯する業務を行っており、連結子会社および関連会社の多くは、当社の物流事業に関連する実作業・実運送を担当しております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、子会社3社及び関連会社3社により構成)においては、倉庫業、運送業、国際貨物取扱業の3部門に関係する事業を行っております。なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、倉庫業と賃貸業を営んでおります。倉庫業は基幹業務で、貨物の寄託を受けてこれを倉庫に保管し、また寄託貨物の入出庫及びこれに付随する諸作業を行う事業で、倉庫業法に基づき本業務を営んでおります。また、通常の倉庫業務に加え次のサービスを提供しております。倉庫業法に基づき、保管貨物の受渡し及び担保金融に便益を提供する...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(当社及び当社の関係会社)は、株式会社近鉄エクスプレス(当社)、連結子会社136社及び持分法適用会社10社、近鉄グループホールディングス株式会社(その他の関係会社)で構成されており、貨物運送事業(航空、海上、陸上における利用運送)、倉庫業及びその他付帯事業をグローバルに展開しております。当社グループの主な事業内容の詳細は以下のとおりであります。混載事業(複数の荷主から集荷した小口貨物を大口貨物に仕立て、航空会社に運送を委託する事業)と呼ばれる貨物利用航空運送事業は、当社が運送人となり、独自の運送約款及び運賃に基づき荷主と運送契約を締結し、貨物運送状を発行し各荷主に対し航空会社と同...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当グループは、当社、子会社6社、関連会社10社並びに親会社及びその他の関係会社1社で構成しており、貨物自動車運送事業を主体とし、さらに、それに付帯する事業を行い、総合物流事業の展開をはかっております。当社及び子会社6社並びに関連会社5社が、貨物自動車運送事業を主たる業務として相互に運送業務の委託及び受託を行い、関連会社1社が転貸金融業等、関連会社1社が物品販売業、関連会社1社が自動車整備業、関連会社1社が輸送用機械器具製造業、関連会社1社が酒類製造業を行っております。また、親会社が保険代理業及び燃料販売、その他の関係会社1社が建設業を行っております。...(20170728に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益5年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益5年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社、子会社25社および関連会社7社で構成され、港湾運送およびその関連を主な事業の内容としております。〔港湾運送およびその関連〕 当社グループの事業領域は6つの事業に分かれております。 港湾運送事業については、当社のほか、名海運輸作業(株)等も営業しており、当社事業の一部を下請しております。 倉庫保管事業については、当社のほか、大源海運(株)、MEIKO AMERICA,INC.、MEIKO EUROPE N.V.、MEIKO TRANS POLSKA SP.Z O.O.等も営業しております。 陸上運送事業については、当社は自動車運送利用業を営み、名海運輸作業(株)、名港陸運(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社8社並びに非連結子会社3社(内1社は休眠会社)、持分法非適用関連会社1社の計13社で構成されており、主として物流センター業務をコアとするサードパーティ・ロジスティクス(3PL)業務を行っております。その中でも小売業を中心とした医薬・医療物流、低温食品物流、常温物流に特化し、事業展開を図っております。物流事業には、サードパーティ・ロジスティクス、輸配送サービス及び引越サービス等が含まれ、その主要なサービス内容は次のとおりとなります。顧客に対するロジスティクスコンサルティングを行うことにより、その物流ニーズ・ウォンツを把握し、物流戦略の企画立案や物流システムの構築...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

セイノーホールディングスの同業他社をもっと見る

セイノーホールディングスの関連統計

統計分類検索へ

セイノーホールディングスの基本情報

企業名 セイノーホールディングス株式会社
カナ セイノーホールディングスカブシキガイシャ
英語名 SEINO HOLDINGS CO.,LTD.
業種 陸運業
所在地 大垣市田口町1番地
ホームページ http://www.seino.co.jp/
EDINET E04198
証券コード 9076
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9076)
決算日 03月31日