比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2015-03-31)

2017/03/10

NSユナイテッド内航海運の最新業績

業界:水運業界すぐ比較

NSユナイテッド内航海運の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からNSユナイテッド内航海運の事業内容についても確認できます。 注意:NSユナイテッド内航海運の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2015-03-31:3.37

2014-12-31:4.9

2014-09-30:6.65

2014-06-30:8.35

売上高

2015-03-31:219億5652万

2014-03-31:210億4245万

2013-03-31:190億5383万

2012-03-31:186億2693万

売上総利益

2015-03-31:30億9272万

2014-03-31:35億8165万

2013-03-31:28億0073万

2012-03-31:27億9843万

営業利益

2015-03-31:14億4591万

2014-03-31:18億7036万

2013-03-31:11億7144万

2012-03-31:11億3685万

経常利益

2015-03-31:13億9896万

2014-03-31:18億0501万

2013-03-31:11億7519万

2012-03-31:11億3179万

当期純利益

2015-03-31:9億6382万

2014-03-31:11億5901万

2013-03-31:7億8017万

2012-03-31:7億0117万

もっと見る

包括利益

2015-03-31:10億4424万

2014-03-31:11億7672万

2013-03-31:7億9342万

2012-03-31:6億8992万

営業CF

2015-03-31:16億5257万

2014-03-31:18億7100万

2013-03-31:17億2146万

2012-03-31:17億9101万

投資CF

2015-03-31:-12億5164万

2014-03-31:-20億7300万

2013-03-31:-35億9595万

2012-03-31:-3億5679万

財務CF

2015-03-31:-2億8651万

2014-03-31:11億6252万

2013-03-31:17億8709万

2012-03-31:-12億7813万

総資産

2015-03-31:192億5941万

2014-03-31:191億1992万

2013-03-31:160億6583万

2012-03-31:137億4559万

流動資産

2015-03-31:85億6317万

2014-03-31:87億8981万

2013-03-31:67億9625万

2012-03-31:70億5143万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2015-03-31:31億8222万

2014-03-31:30億6507万

2013-03-31:21億0301万

2012-03-31:21億8620万

現金及び預金

2015-03-31:33億5222万

2014-03-31:32億3507万

2013-03-31:22億7301万

2012-03-31:23億2620万

固定資産

2015-03-31:106億9623万

2014-03-31:103億3010万

2013-03-31:92億6958万

2012-03-31:66億9415万

負債

2015-03-31:112億5794万

2014-03-31:119億5031万

2013-03-31:99億2756万

2012-03-31:78億6682万

流動負債

2015-03-31:45億8913万

2014-03-31:50億1156万

2013-03-31:47億1829万

2012-03-31:40億1230万

固定負債

2015-03-31:66億6880万

2014-03-31:69億3874万

2013-03-31:52億0927万

2012-03-31:38億5451万

もっと見る

純資産

2015-03-31:80億0146万

2014-03-31:71億6961万

2013-03-31:61億3827万

2012-03-31:58億7877万

従業員数

2015-03-31:353

2014-03-31:345

2013-03-31:333

2012-03-31:329

売上総利益率

2015-03-31:14.1

2014-03-31:17

2013-03-31:14.7

2012-03-31:15

売上営業利益率

2015-03-31:6.6

2014-03-31:8.9

2013-03-31:6.1

2012-03-31:6.1

売上経常利益率

2015-03-31:6.4

2014-03-31:8.6

2013-03-31:6.2

2012-03-31:6.1

売上純利益率

2015-03-31:4.4

2014-03-31:5.5

2013-03-31:4.1

2012-03-31:3.8

もっと見る

ROA

2015-03-31:5

2014-03-31:6.1

2013-03-31:4.9

2012-03-31:5.1

ROE

2015-03-31:12

2014-03-31:16.2

2013-03-31:12.7

2012-03-31:11.9

自己資本比率

2015-03-31:41.5

2014-03-31:37.5

2013-03-31:38.2

2012-03-31:42.8

流動比率

2015-03-31:186.6

2014-03-31:175.4

2013-03-31:144

2012-03-31:175.7

固定比率

2015-03-31:133.7

2014-03-31:144.1

2013-03-31:151

2012-03-31:113.9

NSユナイテッド内航海運の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
NSユナイテッド内航海運

年度or届出書
四半期or半期

(20150625)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20150206)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

NSユナイテッド内航海運の類似企業へ

NSユナイテッド内航海運の業績推移

NSユナイテッド内航海運の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結対象会社444社(うち、連結子会社368社、持分法適用関連会社76社)からなり、海運業を中心にグローバルな事業展開を図っております。当社グループの事業は、不定期専用船事業、コンテナ船事業、フェリー・内航RORO船事業、関連事業及びその他の5セグメントに分類されており、それぞれの事業の概要及び主要関係会社は以下のとおりです。当社並びに関係会社を通じて、ドライバルク船、油送船、海洋事業・LNG船、自動車専用船等の不定期専用船を保有、運航し、世界的な規模で海上貨物輸送を行っております。MOL CAPE (SINGAPORE) PTE. LTD.、PHOENIX TANKE...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”「コンテナ船」にはコンテナ船事業及び物流事業、「不定期専用船」にはドライバルク事業、自動車船事業、エネルギー資源輸送事業、近海・内航事業、「海洋資源開発及び重量物船」にはエネルギー関連開発事業、オフショア支援船事業及び重量物船事業を集約しています。"K" LINE PTE LTD、"K" LINE AMERICA, INC.、"K" LINE (KOREA) LTD.、KLINE (CHINA) LTD.、"K" LINE (TAIWAN) LTD.、 K LINE (THAILAND) LTD.、"K" LINE (SINGAPORE) PTE LTD、PT. K LINE INDONESI...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”(1)当社グループは、提出会社(NSユナイテッド海運株式会社、以下当社という。)のほか子会社65社、関連会社3社及びその他の関係会社2社により構成されており、海運業及び海運附帯事業を主たる業務としております。当社:運賃、貸船料、運航手数料等を収受する外航海運事業を営んでおります。NEW HARVEST S.A.、HIGHLAND MARITIME S.A.、HOSEI SHIPPING S.A. 他日邦マリン(株)及びNSユナイテッドマリンサービス(株)は、平成29年4月1日を効力発生日として、日邦マリン(株)を存続会社、NSユナイテッドマリンサービス(株)を消滅会社とする吸収合併を行ない、合...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-06-30)

(2014-06-30) 売上高2年連続プラス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益3年連続赤字,2年連続プラス成長当期純利益3年連続赤字,4年連続マイナス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、提出会社(飯野海運株式会社、以下当社という。)のほか連結対象子会社56社、持分法適用会社4社及び連結対象外の関係会社10社(平成29年3月31日現在)で構成され、外航海運業、内航・近海海運業及び不動産業の3事業を行っております。船舶の運航、貸渡、用船、管理、海運仲立業、舶用品販売及び代理店業を行っております。(運航及び貸渡) AZALEA TRANSPORT S.A.船舶の運航、貸渡、用船及び管理を行っております。ビルの賃貸、管理、倉庫業及び不動産関連事業を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社(T.S. Central Shipping Co.,Ltd.、大四マリン(株)及び本山パインクレスト(株))の計4社で構成されており、外航海運業、内航海運業及び不動産賃貸業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。連結財務諸表提出会社(玉井商船(株)、以下当社という。)は、主として、内外航船舶をもって海上の貨物運送を行い、運賃、貸船料等の海運業収益を得ることを目的とする海運業を営んでおります。T.S. Central Shipping Co., Ltd.(連結子会社、以下、T.S. Central社という。海運業)からの長期定期用船船舶5隻を...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は当社及び子会社15社(国内会社1社、外国会社14社)、その他の関係会社1社(国内会社)で構成されていて、主な事業の内容は船舶運航業務及び船舶貸渡業であり、当該事業に係る関係会社の位置づけは次のとおりであります。船舶を運航又は貸し渡すことにより、運賃、貸船料等を収受する外航海運事業及びその付帯事業を営んでおります。(1)船舶を保有し、当社に船舶を貸し渡す事業を営んでおります。(2)船舶を保有し、得意先に貸し渡す事業を営んでおります。(3)船舶を当社より借り受け、当社に貸し渡す事業を営んでおります。(4)業務委託契約を結びバースマスター業務等の海運周辺事業を営んでおります。日本郵船...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社6社で構成され、海運事業、貿易事業、洋上給油事業及び船舶貸渡事業を主な事業としております。なお、本文中において中華民国は台湾と記載しております。当社及び当社グループが所有する超低温冷蔵船6隻に加え、他社からの受託により運航する超低温冷蔵船2隻の計8隻を主体にした船団により、往航は海外操業漁船向けの冷凍餌料及び漁労資材などの運搬を行い、復航では日本及び外国漁船が漁獲した冷凍まぐろの運搬、海外蓄養まぐろ基地での船上凍結加工及び加工品の運送などを行っております。東南アジアを中心として航海機器・漁具・餌料・水産加工品及び冷凍魚類の輸出入、冷凍まぐろの輸入代行業務を行...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社13社並びにその他関係会社10社で構成され、海上運送業を主たる事業としている内航船社であり、輸送貨物の集配及び積揚げなどをグループとして行い、海陸一貫輸送の事業に従事しております。なお、セグメントと同一の区分であります。日本国内での内航運送業、内航運送取扱業、内航船舶貸渡業に従事しております。東南アジア地域での外航定期航路運送業、外航不定期航路運送業、外航船舶貸渡業に従事しております。栗林物流システム(株)、CLOVER MARITIME S.A.日本国内での港湾運送業、港湾荷役業、港湾運送関連事業、利用運送業に従事しております。関係会社への船舶用燃料油販売、...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、佐渡汽船株式会社(当社)のほか連結子会社11社で構成されており、海運、一般貨物自動車運送、売店・飲食、観光を主たる業務としております。...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社は、日立造船(株)企業グループに属している。当社グループは、当社、子会社3社で構成され、日立造船(株)は環境装置、プラント、機械及び原動機の製造業を主な事業とし、当社、子会社3社は、物流事業として倉庫業、港湾荷役業、陸上輸送業、海上輸送業及び梱包業を主な事業としている。倉庫業、港湾荷役業、梱包業......当社のほか、欧那美国際貨運代理(上海)有限公司が行っている。陸上輸送業 ......当社のほか、大浪陸運(株)、(株)オーナミSが行っている。海上輸送業 ......当社が行っている。また、当社は日立造船(株)から、資材、製品等の輸送を継続的に引受けている。...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2016/01/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社及び連結子会社1社で構成されております。当社グループは主に大阪港の北部、大阪湾ベイエリアにおいて、内外の主要航路と内陸部への幹線道路網で結ばれた立地条件を活かし、京阪神の一大生産・消費地帯を背後に持つ海陸の中継基地として港湾運送事業、倉庫業、運送業を中心とした事業活動を行っております。各種企業を顧客として、取扱貨物は、輸入原材料、石油製品、冷凍食品等多種に及び、受入から保管、需要家納入までの作業を効率的に行っております。なお、当社は取扱貨物の種類を基準に、ばら貨物セグメント、液体貨物セグメント、物流倉庫セグメント及びその他のセグメントに分けております。子会社である浪花建設運輸...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業集団は当社及び11社の子会社、7社の関連会社により構成され、その主な事業は、港運事業、陸運事業、倉庫業、不動産貸付業、繊維製品製造業、その他であります。○は持分法適用関連会社であります。...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、その他の関係会社、子会社15社及び関連会社7社で構成され、物流事業、海運事業、不動産事業の3部門に関係する事業を主として行っております。当部門においては、港湾における輸出入貨物の受渡、揚げ積み、荷捌き保管等の荷役作業及び寄託された貨物の倉庫における入出庫、保管作業、税関に対する通関手続き並びに輸出入貨物の国際複合一貫輸送の取扱業務等のほか、一般貨物自動車、大型トレーラー車、バラセメント車等による貨物の運送及びコンテナ輸送、カーフェリー輸送並びに引越業務等、その他、得意先の工場構内における貨物の保管、移動、梱包及び搬出入業務等を行っております。太平...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高4年連続プラス成長営業利益2年連続プラス成長,7年連続黒字経常利益2年連続プラス成長,7年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社、連結子会社10社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、海運業・貨物運送事業・石油製品販売業・ホテル業・その他事業の5部門に関係する事業を主として行っており、各事業における当社グループの位置付け等は次のとおりであります。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。定期航路は、当社グループの主体事業であり、国内定期航路(フェリー事業)として日本海において一般旅客、自動車の海上輸送を展開しています。その航路は大型カーフェリー8隻によって小樽-舞鶴航路、苫小牧-敦賀航路、小樽-新潟...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社、子会社25社および関連会社7社で構成され、港湾運送およびその関連を主な事業の内容としております。〔港湾運送およびその関連〕 当社グループの事業領域は6つの事業に分かれております。 港湾運送事業については、当社のほか、名海運輸作業(株)等も営業しており、当社事業の一部を下請しております。 倉庫保管事業については、当社のほか、大源海運(株)、MEIKO AMERICA,INC.、MEIKO EUROPE N.V.、MEIKO TRANS POLSKA SP.Z O.O.等も営業しております。 陸上運送事業については、当社は自動車運送利用業を営み、名海運輸作業(株)、名港陸運(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社11社及び持分法適用関連会社1社の計13社で構成されており、事業のセグメントは物流事業であります。なお、当社は一般貨物自動車運送事業以外のすべての事業を担当しております。港湾運送事業法に基づいた一般港湾運送事業、港湾荷役事業、はしけ運送事業であり、港湾における貨物の受取り、もしくは引渡し業務を中心にコンテナターミナル管理運営、上屋保管、はしけ運送等を行う業務であります。連結子会社(株)コクサイ物流が、そのうち一般港湾運送事業、港湾荷役事業に、持分法適用関連会社五洋海運(株)が一般港湾運送事業に係わっております。倉庫業とは荷主より寄託を受けた物品の倉庫における保管...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

NSユナイテッド内航海運の同業他社をもっと見る

NSユナイテッド内航海運の関連統計

統計分類検索へ

NSユナイテッド内航海運の基本情報

企業名 NSユナイテッド内航海運株式会社
カナ シンワナイコウカイウンカブシキガイシャ
英語名 NS United Naiko Kaiun kaisha,Ltd.
業種 海運業
所在地 千代田区大手町一丁目5番1号
ホームページ http://www.nsu-naiko.co.jp/
EDINET E04270
証券コード 9180
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9180)
決算日 03月31日