比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

ヤマタネの最新業績

ヤマタネの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からヤマタネの事業内容についても確認できます。 注意:ヤマタネの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:8.47

2017-03-31:7.12

2016-12-31:7.19

2016-09-30:7.64

営業収益

2017-06-30:132億3100万

2016-06-30:128億2200万

2015-06-30:128億6500万

2014-06-30:130億1700万

営業利益

2017-06-30:10億6900万

2016-06-30:10億0200万

2015-06-30:12億0400万

2014-06-30:9億7400万

経常利益

2017-06-30:10億3100万

2016-06-30:9億2800万

2015-06-30:11億0000万

2014-06-30:8億1300万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:6億2200万

2016-06-30:5億0500万

2015-06-30:5億9200万

2014-06-30:4億8500万

包括利益

2017-06-30:9億2700万

2016-06-30:1億8500万

2015-06-30:13億3600万

2014-06-30:7億8900万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:38億0400万

2016-03-31:44億8700万

2015-03-31:42億6100万

2014-03-31:50億1900万

投資CF

2017-03-31:-25億8800万

2016-03-31:-7億5300万

2015-03-31:-40億1200万

2014-03-31:-21億2800万

財務CF

2017-03-31:-33億9700万

2016-03-31:-16億3300万

2015-03-31:5億8000万

2014-03-31:-28億9400万

総資産

2017-06-30:940億1100万

2016-06-30:916億5500万

2015-06-30:924億8000万

2014-06-30:872億0600万

流動資産

2017-06-30:105億9000万

2016-06-30:97億4800万

2015-06-30:96億0300万

2014-06-30:95億0300万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:22億9500万

2016-03-31:44億7600万

2015-03-31:23億7600万

2014-03-31:15億4700万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:29億6900万

2016-06-30:28億2400万

2015-06-30:29億4100万

2014-06-30:23億2300万

固定資産

2017-06-30:830億6500万

2016-06-30:814億6900万

2015-06-30:824億6300万

2014-06-30:773億6200万

負債

2017-06-30:573億9400万

2016-06-30:590億6400万

2015-06-30:600億0700万

2014-06-30:593億7000万

流動負債

2017-06-30:134億9600万

2016-06-30:142億7700万

2015-06-30:171億4100万

2014-06-30:220億9400万

固定負債

2017-06-30:438億9700万

2016-06-30:447億8600万

2015-06-30:428億6500万

2014-06-30:372億7600万

純資産額

2017-06-30:366億1700万

2016-06-30:325億9000万

2015-06-30:324億7200万

2014-06-30:278億3500万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:761

2016-03-31:764

2015-03-31:754

2014-03-31:755

売上営業利益率

2017-06-30:8.1

2016-06-30:7.8

2015-06-30:9.4

2014-06-30:7.5

売上経常利益率

2017-06-30:7.8

2016-06-30:7.2

2015-06-30:8.6

2014-06-30:6.2

売上純利益率

2017-06-30:4.7

2016-06-30:3.9

2015-06-30:4.6

2014-06-30:3.7

ROA

2017-06-30:2.8

2016-06-30:2.4

2015-06-30:2.4

2014-06-30:2.4

ROE

2017-06-30:6.8

2016-06-30:6

2015-06-30:7.2

2014-06-30:6.8

もっと見る

自己資本比率

2017-06-30:38.9

2016-06-30:35.6

2015-06-30:35.1

2014-06-30:31.9

流動比率

2017-06-30:78.5

2016-06-30:68.3

2015-06-30:56

2014-06-30:43

固定比率

2017-06-30:226.8

2016-06-30:250

2015-06-30:254

2014-06-30:277.9

業績ランキングは

1213

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ヤマタネの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ヤマタネ

キーワードの推移
2017/06/28(年度)2016/06/28(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/11(四半期)
玄米コメ玄米玄米玄米玄米玄米玄米玄米玄米
コメ玄米運送業者コメトンコメコメトントントン
運送業者運送業者ヤマタネハンディコメトントン量販店引越ハンディ
コメトン引越引越送料利鞘朝日テナントビル
入れ替わり入替え物流引越貨物回転率朝日
ヤマタネ転作ターミナル荷主小売店ハンディ物流物流物流
貨物ヤマタネ貨物まり物流荷動き物流引越国際物流食品
輸送量秋口アクティブ荷主小売店社債ソフト朝日食品ターミナル
荷主貨物トン食品荷動き食品ターミナル回転率荷役小売店
アクティブアクティブ運送業産地食品量販店小売店秋口小売店荷動き
トントン京浜港小売店量販店テナント食品国際物流社債コンピュータ
運送業運送業ラボ物流社債ソフトテナントコンテナ低位ソフト
京浜港京浜港小売店テナントテナント不動産不動産荷役有利子棚卸
倉庫ラボ倉庫システム開発ソフト稼働率センタ小売店量販店不動産
ラボ荷役港湾倉庫稼働率センタである食品スポット稼働率
入れ替わり小売店先安稼働率支払利息である土地有利子貨物ビル
産地倉庫国際航空棚卸センタ土地棚卸スポットコンピュータ支払利息
小売店物流コンピュータマイナス不動産持分コンピュータシステム開発である
港湾港湾logistics不動産である持分情報システム開発不動産物件
国際航空国際航空である土地大型大型不動産預入利息
logisticsコンピュータ量販店土地利息情報差額ビル棚卸情報
logistics物流大型差額支払利息ビル差額
主食食品情報差額長期証券センタ支払利息
量販店主食米穀差額有価証券であるである証券
米穀量販店ビル棚卸棚卸投資有価証券物件物件有価証券
商事米穀商事証券証券有価証券仕入れ金融機関金融機関受取手形
物流商事夏場有価証券情報仕入れ社債定期預金投資有価証券
食品個人情報保護個人情報保護システム有価証券利息利息手形
国土交通大臣利鞘赤字投資有価証券投資有価証券証券長期情報情報配当金
引越国土交通大臣国土交通大臣仕入れ仕入れ研究開発長期
年度or届出書
四半期or半期

(20170628)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ヤマタネの類似企業へ

ヤマタネの業績推移

ヤマタネの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、木徳神糧株式会社(当社)及び関係会社8社により構成されており、事業は精米の製造販売・玄米の販売を行う米穀事業、加工食品・米粉・その他製造販売を行う食品事業、飼料の販売を行う飼料事業、鶏卵の商品販売を行う鶏卵事業を行っております。米穀事業は、精米販売と玄米販売に大別されます。精米には一般家庭で消費される家庭用精米と、外食・中食産業で使用される業務用精米があり、それぞれ普通精米と無洗米があります。なお、家庭用精米には「純づくり」「特別栽培米」「とがずに炊ける無洗米」「木徳神糧セレクション」という自社ブランド4シリーズを取り揃えております。当社米穀グループは、全国均一したサービスをお...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、生活産業、素材、エネルギー・金属、電力・プラント、輸送機その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開しております。当社グループにおいてかかる事業を推進する連結対象会社は、連結子会社285社、関連会社等153社、合計438社から構成されております。当連結会計年度より、全ての現地法人についてオペレーティング・セグメント毎に分割しております。当社グループのオペレーティング・セグメント毎の取扱商品・サービスの内容及び主要な関係会社名は次の通りであります。国内...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、ストレージ部門におけるシェア・質の「圧倒的なNO.1」、「事業基盤(ストレージ部門、アセット部門、オフィス部門における貸会議室)の強化」による超安定高成長の実現、「人材育成の充実」、「安定した配当」を基本方針に掲げ、首都圏を中心にストレージ(ハロートランク、ハローコンテナ)等のハローシリーズを展開しております。当社の主な事業とセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。ストレージ事業 ..................(運用)当社が所有者より土地を借りて内部を細かく区切った輸送用コンテナを収納スペースとして利用者へ提供する事業。または空きビルを...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ヒューテックノオリン)、連結子会社2社(株式会社ヘルティー、株式会社ヒューテックサービス)及び関連会社1社(エヌ・ケー商事株式会社)により構成されており、主に低温食品(冷凍食品、チルド食品等)を対象としたDC事業(保管在庫型物流事業)、TC事業(通過型センター事業)の2事業とその他に区分しております。あります。ン物流を構築しております。とした食材の仕分・配送を行っております。事業を行っております。の重要書類や貴重品等の警備輸送を行っております。配等を行っております。...(20150629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(遠州トラック株式会社)及び子会社3社並びに親会社である株式会社住友倉庫により構成されており、一般貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業、倉庫事業及び不動産事業等による総合物流事業を営んでおります。以上の当社グループについて図示すると次のとおりであります。連結子会社である株式会社中国遠州コーポレーションにつきましては、平成29年5月開催の当社取締役会において同社の解散及び清算の方針が決議されました。平成29年8月を目処に清算が結了する予定です。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社。以下同じ。)は、当社、連結子会社21社、持分法適用関連会社3社およびその他の関係会社2社によって構成されております。得意先の委託を受け、トラック等を使用して貨物を運送する事業であり、当社のほか国内子会社では主に阪神ロジテム株式会社およびロジテムトランスポート株式会社が遂行し、海外子会社では主にLOGITEM VIETNAM CORP.、LOGITEM VIETNAM CORP.NO.2、およびLOGITEM(THAILAND)CO.,LTD.が遂行しております。得意先より委託を受けた貨物の倉庫における入出庫等の荷役をおこなうほか、自社および得意先の倉庫、...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)と連結子会社2社(東北丸八運輸(株)、丸八クリエイト(株))で構成されております。倉庫業務......貨物保管・荷役作業・貸倉庫業務を行っており、保管・荷役業務の一部は東北丸八運輸(株)に依頼しております。運送業務......東北丸八運輸(株)は貨物自動車運送事業法に基づき営業している運送会社で、東北地区を拠点としております。又当社の保管貨物の一部の配送を請負っております。不動産業務......不動産の造成・売買・仲介・賃貸及び管理、コンサルテーションを行っております。丸八クリエイト(株)においても同様の業務を行っております。...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、子会社3社及び関連会社3社により構成)においては、倉庫業、運送業、国際貨物取扱業の3部門に関係する事業を行っております。なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、倉庫業と賃貸業を営んでおります。倉庫業は基幹業務で、貨物の寄託を受けてこれを倉庫に保管し、また寄託貨物の入出庫及びこれに付随する諸作業を行う事業で、倉庫業法に基づき本業務を営んでおります。また、通常の倉庫業務に加え次のサービスを提供しております。倉庫業法に基づき、保管貨物の受渡し及び担保金融に便益を提供する...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社1社(三倉運輸(株))で構成され、物流事業(倉庫・運送業等)、保険代理業およびその他の事業を行っております。なお、当社の親会社は日本曹達(株)であり、同社は化学製品の製造・販売を行っております。なお、セグメントと同一の区分であります。倉庫業:寄託を受けた貨物を倉庫に保管し、あわせて倉庫荷役および流通加工を行う事業であり、当社は親会社である日本曹達(株)等の得意先から委託を受けております。運送業:貨物自動車による貨物の運送、利用運送を行う事業であり、当社は日本曹達(株)等の得意先の依頼を受けて、貨物の利用運送を行っており、その一部について三倉運輸(株)に委託して...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社7社で構成されており、倉庫業を中心とした貨物の保管・荷役業務、港湾運送業務、貨物運送取扱業務、通関業務及び流通加工業務等を行う国内物流事業ならびに国際複合一貫輸送業務(NVOCC)を中心とした海外輸送業務、海外との輸出入貨物取扱業務及び海外での現地作業等を行う国際物流事業を主な事業として取り組んでおります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。寄託を受けた貨物を倉庫に保管し、その対価として保管料を収受する事業であります。また、倉庫保管業務に関連して貨物の入出庫およびこれ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社12社で構成され、主として物流事業及び不動産事業並びにこれらに関連する 業務を一体となって展開しております。子会社とその主な事業内容は以下のとおりです。YASUDA LOGISTI(VIETNAM)CO.,LTD. ベトナムにおける国際貨物取扱業 <不動産事業> 株式会社安田エステートサービス 倉庫施設及び賃貸ビルの管理業 上記<物流事業>、<不動産事業>は事業の種類別セグメントの区分と同一であります。承継いたしました。現在会社清算手続中であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び連結子会社3社の合計4社で構成されており、主に梱包事業、運輸事業、倉庫事業を中心とした物流事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。梱包事業............当社、連結子会社の千葉三立梱包運輸(株)、山立国際貨運代理(上海)有限公司、SANRITSU LOGISTI AMERICA Inc.が行っており、その一部を当社が受託又は委託しております。運輸事業............当社、連結子会社の千葉三立梱包運輸(株)及びSANRITSU LOGISTI AMERICA Inc.が行っており、その一部を当社が受託又は委託し”...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、その他の関係会社、子会社15社及び関連会社7社で構成され、物流事業、海運事業、不動産事業の3部門に関係する事業を主として行っております。当部門においては、港湾における輸出入貨物の受渡、揚げ積み、荷捌き保管等の荷役作業及び寄託された貨物の倉庫における入出庫、保管作業、税関に対する通関手続き並びに輸出入貨物の国際複合一貫輸送の取扱業務等のほか、一般貨物自動車、大型トレーラー車、バラセメント車等による貨物の運送及びコンテナ輸送、カーフェリー輸送並びに引越業務等、その他、得意先の工場構内における貨物の保管、移動、梱包及び搬出入業務等を行っております。太平...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社新潟ケンベイ)及び子会社2社、関連会社1社により構成されており、米穀(主な商品名 米穀全般・米糠・酒糠・肥料・農薬・配合飼料・畜産物・造園資材・受託搗精・包装餅・酒類)、食料(主な商品名 小麦粉・砂糖・豆類・澱粉・食用油)、商事(主な商品名 石油製品・LPガス・LNG・セメント・住宅設備機器・固形燃料)の販売を主たる業務としております。国内において、当社が製造販売するほか、関連会社(株)魚沼ライスが製造し、子会社(株)ケンベイミユキほか1社が販売をしております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) ”当社グループは当社と関連会社1社で構成され、米穀の卸売及び加工業務を主とし、それに関連する食料品、飲料品、家庭用品、燃料を含めた卸売事業を営んでおります。なお、当社では米穀事業の単一セグメントであります。なお、関連会社(株)和穀は、当社の商品事業部門を営業譲渡し設立しました。当社の事業組織は次のとおりであります。大阪府下の米穀店向けの玄米、精米製品の卸業務を主軸に営業活動を展開しております。また、地域に密着した情報収集から、それぞれのお店に合わせた販売促進計画の立案も実践しております。これまでの米穀卸売の実績を基に、スーパー、百貨店、生協、CVS(コンビニ)など、チェーン展開を進める大型、多店...(20140626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社13社、関連会社10社及びその他の関連当事者4社で構成され、倉庫業、港湾運送事業を主な内容とし、更に各事業に関連するサービス及び不動産事業を展開しております。〔総合物流事業〕 「倉庫事業」「港湾運送事業」「複合輸送事業」及びこれらを一体化した総合物流事業を営んでおります。〔不動産事業〕 オフィスビルの賃貸を主体とする不動産事業を営んでおります。子会社、関連会社及び関連当事者との重要な取引はありません。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社8社並びに非連結子会社3社(内1社は休眠会社)、持分法非適用関連会社1社の計13社で構成されており、主として物流センター業務をコアとするサードパーティ・ロジスティクス(3PL)業務を行っております。その中でも小売業を中心とした医薬・医療物流、低温食品物流、常温物流に特化し、事業展開を図っております。物流事業には、サードパーティ・ロジスティクス、輸配送サービス及び引越サービス等が含まれ、その主要なサービス内容は次のとおりとなります。顧客に対するロジスティクスコンサルティングを行うことにより、その物流ニーズ・ウォンツを把握し、物流戦略の企画立案や物流システムの構築...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、親会社である株式会社ディア・ライフが形成する企業集団であるディア・ライフグループのアウトソーシングサービス事業を構成しております。株式会社ディア・ライフは不動産開発・売買、管理及び人材派遣事業を営んでおります。当社は、「セルフストレージ(レンタル収納スペース・トランクルーム)市場で必要不可欠のインフラとなり、セルフストレージ市場とともに発展する」を経営ビジョンとして掲げ、「ビジネスソリューションサービス」を中核として、「ITソリューションサービス」、「ターンキーソリューションサービス」を営んでおります。(1)ビジネスソリューションサービス(以下、「」という。当サービスは、セルフスト...(20161220に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

ヤマタネの同業他社をもっと見る

ヤマタネの関連統計

統計分類検索へ

ヤマタネの基本情報

企業名 株式会社ヤマタネ
カナ カブシキガイシャヤマタネ
英語名 Yamatane Corporation
業種 卸売業
所在地 江東区越中島一丁目1番1号
ホームページ http://www.yamatane.co.jp/
EDINET E04291
証券コード 9305
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9305)
決算日 03月31日