比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

安田倉庫の最新業績

業界:倉庫業界すぐ比較

安田倉庫の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から安田倉庫の事業内容についても確認できます。 注意:安田倉庫の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:7.78

2017-03-31:9.38

2016-12-31:4.68

2016-09-30:0.89

営業収益

2017-06-30:102億6400万

2016-06-30:99億9100万

2015-06-30:96億6600万

2014-06-30:88億5900万

営業利益

2017-06-30:4億1700万

2016-06-30:5億8700万

2015-06-30:4億3200万

2014-06-30:4億8400万

経常利益

2017-06-30:4億6500万

2016-06-30:6億2300万

2015-06-30:4億6500万

2014-06-30:5億0600万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:2億8600万

2016-06-30:2億5300万

2015-06-30:2億9400万

2014-06-30:3億4400万

包括利益

2017-06-30:28億0100万

2016-06-30:-4億1800万

2015-06-30:-46億7200万

2014-06-30:-6億1400万

もっと見る

営業CF

2017-06-30:8900万

2016-06-30:8億5300万

2015-06-30:2億5400万

2014-06-30:5億0400万

投資CF

2017-06-30:-3億2800万

2016-06-30:-5億2900万

2015-06-30:-11億1200万

2014-06-30:-3億5000万

財務CF

2017-06-30:1億8000万

2016-06-30:5200万

2015-06-30:8億5000万

2014-06-30:-4億6700万

総資産

2017-06-30:1130億0100万

2016-06-30:1069億2600万

2015-06-30:1073億5300万

2014-06-30:1126億3200万

流動資産

2017-06-30:100億6600万

2016-06-30:92億9100万

2015-06-30:92億3400万

2014-06-30:87億9600万

現金及び現金同等物

2017-06-30:38億2300万

2016-06-30:35億5800万

2015-06-30:35億2800万

2014-06-30:33億1700万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:38億5900万

2016-06-30:36億2500万

2015-06-30:35億9300万

2014-06-30:33億6500万

固定資産

2017-06-30:1029億3500万

2016-06-30:976億3500万

2015-06-30:981億1800万

2014-06-30:1038億3500万

負債

2017-06-30:492億1800万

2016-06-30:468億3700万

2015-06-30:468億4200万

2014-06-30:511億4900万

流動負債

2017-06-30:156億6900万

2016-06-30:142億4100万

2015-06-30:147億6500万

2014-06-30:143億3500万

固定負債

2017-06-30:335億4800万

2016-06-30:325億9500万

2015-06-30:320億7700万

2014-06-30:368億1400万

純資産

2017-06-30:637億8300万

2016-06-30:600億8900万

2015-06-30:605億1000万

2014-06-30:614億8200万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:1019

2016-03-31:992

2015-03-31:984

2014-03-31:884

臨時従業員数(外)

2017-03-31:983

2016-03-31:978

2015-03-31:883

2014-03-31:720

売上営業利益率

2017-06-30:4.1

2016-06-30:5.9

2015-06-30:4.5

2014-06-30:5.5

売上経常利益率

2017-06-30:4.5

2016-06-30:6.2

2015-06-30:4.8

2014-06-30:5.7

売上純利益率

2017-06-30:2.8

2016-06-30:2.5

2015-06-30:3

2014-06-30:3.9

ROA

2017-06-30:1.2

2016-06-30:0.8

2015-06-30:1.2

2014-06-30:1.2

もっと見る

ROE

2017-06-30:1.6

2016-06-30:1.6

2015-06-30:2

2014-06-30:2.4

自己資本比率

2017-06-30:56.4

2016-06-30:56.2

2015-06-30:56.4

2014-06-30:54.6

流動比率

2017-06-30:64.2

2016-06-30:65.2

2015-06-30:62.5

2014-06-30:61.4

固定比率

2017-06-30:161.4

2016-06-30:162.5

2015-06-30:162.2

2014-06-30:168.9

業績ランキングは

1371

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

安田倉庫の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
安田倉庫

キーワードの推移
2017/06/28(年度)2016/06/28(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/11/01(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)
ワイズ安田倉庫安田倉庫割当て三井郡三井郡対抗措置対抗措置cscs
安田倉庫陸運対抗措置延床面積対抗措置割当て割当てステップステップ
plus one倉庫業陸運プラン対抗措置割当てプランプラン対抗措置対抗措置
中倉陸運業倉庫業三井郡割当て延床面積倉庫業倉庫業割当て割当て
倉庫業m陸運業倉庫業プランプラン街づくり街づくり延床面積プラン
m回転率m街づくり倉庫業倉庫業手当り手当りプラン倉庫業
貨物回転率街づくり街づくり新株予約権新株予約権倉庫業街づくり
回転率貨物新株予約権手当り手当りルールルール街づくり入替え
倉庫倉庫ルール新株予約権新株予約権新株新株手当りルール
北海貨物三井三井ルール新株予約権
北海トン北海新株ルールルール株券株券新株予約権新株
トン再開発トン公課新株新株インフインフ物流物流
倉庫ヤスダキッティングユニット物流物流新株予約権無償割当新株予約権無償割当新株株券
ヤスダ荷役ヤスダ株券株券物流物流株券インフ
エアカーゴ荷役インフ株券インフ脳波脳波インフ新株予約権無償割当
荷役中倉エアカーゴ脳波インフ物流びにびに新株予約権無償割当脳波
エアカーゴ物流中倉倉庫新株予約権無償割当新株予約権無償割当メディカルメディカル脳波びに
運送業運送業空き室源泉脳波脳波源泉源泉びに倉庫
物流芙蓉物流なすびにびにサービサービ倉庫源泉
芙蓉倉庫業法運送業倉庫再開発倉庫倉庫なす
再開発荷動き芙蓉発行者源泉源泉なすなす源泉
メディカルメディカル事業報告サービサービなすcreative
倉庫業法vietnam倉庫業法福岡県倉庫かにかに発行者
陸運業荷動きうえなす福岡県発行者発行者creativebrand
荷動き物流企業ティング貨物なす事業報告事業報告発行者事業報告
vietnamエステートしまうえユニットユニットbrandラス
運輸ワークスユニット情報提供かにかに再開発再開発事業報告再開発
エステート発行者発行者うえうえラスうえ
エステート運輸ビル延床面積事業報告事業報告貨物貨物再開発陸運
ワークス工業ナイト再開発メディカル情報提供情報提供うえ帳簿
年度or届出書
四半期or半期

(20170628)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

安田倉庫の類似企業へ

安田倉庫の業績推移

安田倉庫の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、物流事業(運送事業、倉庫事業)を主体に物流事業から派生したPCのカストマイズ、産業廃棄物収集運搬並びに大型ビル内のデリバリー事業等と共に、商品販売・その他事業として梱包資材・OAトナー等の販売、駐車場経営、大型ビル内のビジネスサポートセンター、福祉用具レンタル、介護商品販売、PCデータのイレース等を業務としており、その詳細は以下に記載のとおりであります。近畿地区及び中部地区の新聞配送、ビールメーカー及び飲料会社の大阪中・南部地区の配送、製鋼所の非鉄金属の輸配送業務並びに一般荷主等の輸送業務を行っております。企業各社の事務所移転業務を受託しており、移転規模に合わせてプロジェクトチ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループは、当社及び子会社21社で構成され、物流センター事業をコアとする3PL物流と貨物自動車運送事業を主な業務とし、それぞれグループ内において相互に連携を図り、事業活動を展開しております。上海濱神物流有限公司 HAMAKYOREX CO., LTD.(バングラデシュ現地法人)...(20170615に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当グループは、当社(名糖運輸株式会社)、子会社11社及び関連会社2社により構成されており、物流サービスの提供を主要な事業として行っております。また、株式会社名商が「物流事業」に附帯する業務として、主に当社及び子会社の車両保険に関する業務及び物流センターのメンテナンスなどを行っております。さらに、当社が受託した業務の一部を、株式会社トランスメイト、ジャパンフーズ物流株式会社、マコトトランスポートサービス株式会社、株式会社ジャステム、株式会社エムズライン、株式会社エス・トラスト、株式会社アイソネットライン、株式会社ケーツー、株式会社デイライン(9社、すべて連結子会社)に委託しております。以上の企業...(20150629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(センコン物流株式会社)及び連結子会社7社で構成され、運送、倉庫、乗用車販売、金融、再生可能エネルギー、その他の6部門に関する事業を行なっております。当社が、顧客の国内貨物及び輸出入貨物の国内の輸送を行なっております。当社が、顧客より預かった貨物を輸送するまでの保管及び輸出入貨物の保税蔵置並びに通関業法に基づく通関に関する手続業務と、顧客の需要に応じて荷造梱包及び解装等の諸作業並びに物流業務の一括受託サービスを行なっております。本田技研工業株式会社製造車輌の仕入・販売・修理等を行なう業務及び中古自動車の仕入・販売業務を、子会社株式会社ホンダカーズ埼玉西が行なっております。ま...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(遠州トラック株式会社)及び子会社3社並びに親会社である株式会社住友倉庫により構成されており、一般貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業、倉庫事業及び不動産事業等による総合物流事業を営んでおります。以上の当社グループについて図示すると次のとおりであります。連結子会社である株式会社中国遠州コーポレーションにつきましては、平成29年5月開催の当社取締役会において同社の解散及び清算の方針が決議されました。平成29年8月を目処に清算が結了する予定です。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社。以下同じ。)は、当社、連結子会社21社、持分法適用関連会社3社およびその他の関係会社2社によって構成されております。得意先の委託を受け、トラック等を使用して貨物を運送する事業であり、当社のほか国内子会社では主に阪神ロジテム株式会社およびロジテムトランスポート株式会社が遂行し、海外子会社では主にLOGITEM VIETNAM CORP.、LOGITEM VIETNAM CORP.NO.2、およびLOGITEM(THAILAND)CO.,LTD.が遂行しております。得意先より委託を受けた貨物の倉庫における入出庫等の荷役をおこなうほか、自社および得意先の倉庫、...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は当社、子会社91社及び関連会社9社で構成され、その業務は倉庫保管・荷役、港湾作業・運送、海外における物流サービス・複合一貫輸送、航空貨物輸送、3PL、アウトソーシング業務、サプライチェーンマネジメント支援、陸上貨物運送等、様々な物流サービスを有機的・効率的に顧客に提供する物流事業とビル賃貸業を中心とする不動産事業であります。当社は重要性の判断基準により、89社を連結子会社に、6社を持分法適用関連会社として組み込み、連結決算上の対象会社としております。これをセグメントとの関連で示せば、次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び関係会社(子会社7社及び関連会社2社により構成)は、総合物流事業者として、国内物流事業、国際物流事業及び不動産事業を行っております。日本国内での貨物の取扱(保管、荷役、運送、その他付随業務)を主な業務としております。外国との取引(輸出、輸入)で発生する貨物の取扱(保管、荷役、運送、通関、国際複合輸送、その他付随業務)を主な業務としております。所有する建物、土地等の賃貸を主な業務としております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社、その他の関係会社、子会社3社及び関連会社1社で構成されております。当社と子会社、関連会社は貨物保管・荷役荷捌・貨物自動車運送等を行う物流事業を中心として、土地・家屋・駐車場等の賃貸を行う不動産事業とゴルフ練習場等のサービス業務、売電事業などのその他の事業を行っております。物流事業については、当社は得意先から受託した貨物の保管業務を行っており、杉村物流サービス(株)は、阪神地区で当社倉庫の保管貨物の梱包作業及び流通加工業務を行っております。また、杉村運輸(株)が阪神地区及び関東地区で自動車運送事業を行っており、当社は、貨物利用運送事業を行い、その一部について杉村運輸...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)と連結子会社2社(東北丸八運輸(株)、丸八クリエイト(株))で構成されております。倉庫業務......貨物保管・荷役作業・貸倉庫業務を行っており、保管・荷役業務の一部は東北丸八運輸(株)に依頼しております。運送業務......東北丸八運輸(株)は貨物自動車運送事業法に基づき営業している運送会社で、東北地区を拠点としております。又当社の保管貨物の一部の配送を請負っております。不動産業務......不動産の造成・売買・仲介・賃貸及び管理、コンサルテーションを行っております。丸八クリエイト(株)においても同様の業務を行っております。...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、子会社3社及び関連会社3社により構成)においては、倉庫業、運送業、国際貨物取扱業の3部門に関係する事業を行っております。なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、倉庫業と賃貸業を営んでおります。倉庫業は基幹業務で、貨物の寄託を受けてこれを倉庫に保管し、また寄託貨物の入出庫及びこれに付随する諸作業を行う事業で、倉庫業法に基づき本業務を営んでおります。また、通常の倉庫業務に加え次のサービスを提供しております。倉庫業法に基づき、保管貨物の受渡し及び担保金融に便益を提供する...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社7社で構成されており、倉庫業を中心とした貨物の保管・荷役業務、港湾運送業務、貨物運送取扱業務、通関業務及び流通加工業務等を行う国内物流事業ならびに国際複合一貫輸送業務(NVOCC)を中心とした海外輸送業務、海外との輸出入貨物取扱業務及び海外での現地作業等を行う国際物流事業を主な事業として取り組んでおります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。寄託を受けた貨物を倉庫に保管し、その対価として保管料を収受する事業であります。また、倉庫保管業務に関連して貨物の入出庫およびこれ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び連結子会社3社の合計4社で構成されており、主に梱包事業、運輸事業、倉庫事業を中心とした物流事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。梱包事業............当社、連結子会社の千葉三立梱包運輸(株)、山立国際貨運代理(上海)有限公司、SANRITSU LOGISTI AMERICA Inc.が行っており、その一部を当社が受託又は委託しております。運輸事業............当社、連結子会社の千葉三立梱包運輸(株)及びSANRITSU LOGISTI AMERICA Inc.が行っており、その一部を当社が受託又は委託し”...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の親会社はキユーピー(株)であり、当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、親会社、連結子会社14社、非連結子会社2社および関連会社3社で構成されております。親会社は、マヨネーズ・ドレッシング類、缶詰類、卵製品および冷凍食品などを製造販売しており、当社並びに当社の子会社および関連会社は、親会社および親会社グループ各社ならびに一般の得意先に保管、荷役(入出庫)、運送、情報処理などの総合的な物流サービスを提供することを主たる業務にしております。...(20170223に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,プラス成長に回復経常利益4年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益黒字へ回復,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社の主たる事業は物流業であります。その事業は貨物運送事業、倉庫事業、その他事業に区分されますが、それぞれの事業内容は次のとおりであります。貨物自動車運送事業法に基づく、一般貨物自動車運送事業の許可をうけて、愛知県、岐阜県、三重県、及び静岡県を営業区域とし、主に食料品、日用品雑貨等、消費関連貨物の輸送を行っております。また、貨物運送取扱事業法に基づく第一、第二種利用運送事業の許可もうけております。現在、愛知県下に8支店、三重県下に1支店の拠点を持ち、倉庫業とともに総合的な物流サービスの一環として効率的な輸送サービスの提供を行っております。倉庫業法に基づく倉庫業の許可をうけて、愛知県下に2か所の...(20170614に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社1社により構成されております。当社グループは、トラック輸送の合理化、道路交通の円滑化及び環境の保全に資するため、物流拠点としてのトラックターミナルを整備、運営することを主たる事業としております。なお、当社グループのセグメントは、トラックターミナル賃貸等部門とトラックターミナル附帯部門からなるトラックターミナル事業の単一セグメントでありますが、セグメントに関連づけて記載する項目は、この部門区分により記載しております。東京都内に4ヵ所のトラックターミナルを整備し、荷捌き、積み換えのための荷扱場(バース)や流通加工及び一時保管のための配送センター...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長当期純利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高5年連続マイナス成長営業利益プラス成長に回復,5年連続赤字経常利益プラス成長に回復,5年連続赤字当期純利益プラス成長に回復,5年連続赤字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社8社並びに非連結子会社3社(内1社は休眠会社)、持分法非適用関連会社1社の計13社で構成されており、主として物流センター業務をコアとするサードパーティ・ロジスティクス(3PL)業務を行っております。その中でも小売業を中心とした医薬・医療物流、低温食品物流、常温物流に特化し、事業展開を図っております。物流事業には、サードパーティ・ロジスティクス、輸配送サービス及び引越サービス等が含まれ、その主要なサービス内容は次のとおりとなります。顧客に対するロジスティクスコンサルティングを行うことにより、その物流ニーズ・ウォンツを把握し、物流戦略の企画立案や物流システムの構築...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

安田倉庫の同業他社をもっと見る

安田倉庫の関連統計

統計分類検索へ

安田倉庫の基本情報

企業名 安田倉庫株式会社
カナ ヤスダソウコカブシキガイシャ
英語名 The Yasuda Warehouse Company, Limited
業種 倉庫・運輸関連
所在地 港区海岸三丁目3番8号
ホームページ https://www.yasuda-soko.co.jp/
EDINET E04290
証券コード 9324
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9324)
決算日 03月31日