比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

内外トランスラインの最新業績

内外トランスラインの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から内外トランスラインの事業内容についても確認できます。 注意:内外トランスラインの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:6.68

2017-03-31:5.02

2016-12-31:3.39

2016-09-30:4.88

売上高

2017-06-30:105億2349万

2016-06-30:100億1343万

2015-06-30:113億6469万

2014-06-30:96億3984万

売上総利益

2017-06-30:29億5190万

2016-06-30:28億2195万

2015-06-30:30億7398万

2014-06-30:26億7280万

営業利益

2017-06-30:7億1892万

2016-06-30:5億7813万

2015-06-30:7億8089万

2014-06-30:3億2307万

経常利益

2017-06-30:7億4855万

2016-06-30:5億0957万

2015-06-30:7億7640万

2014-06-30:3億2004万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:6億1704万

2016-06-30:3億5243万

2015-06-30:4億7386万

2014-06-30:-4億0755万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:6億0820万

2016-06-30:-1億9884万

2015-06-30:5億2786万

2014-06-30:-4億8523万

営業CF

2017-06-30:7億1017万

2016-06-30:3億7751万

2015-06-30:6億9168万

2014-06-30:3億2829万

投資CF

2017-06-30:8039万

2016-06-30:-7億0281万

2015-06-30:3661万

2014-06-30:-4394万

財務CF

2017-06-30:-1億5481万

2016-06-30:15億2258万

2015-06-30:1億3072万

2014-06-30:-1億5315万

総資産額

2017-06-30:99億3816万

2016-06-30:100億8142万

2015-06-30:97億9601万

2014-06-30:83億3001万

流動資産

2017-06-30:72億0829万

2016-06-30:73億3718万

2015-06-30:75億5498万

2014-06-30:61億4575万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-06-30:51億0120万

2016-06-30:54億4581万

2015-06-30:55億8549万

2014-06-30:38億1484万

現金及び預金

2017-06-30:51億0120万

2016-06-30:54億4581万

2015-06-30:55億8549万

2014-06-30:38億1484万

固定資産

2017-06-30:27億2986万

2016-06-30:27億4424万

2015-06-30:22億4102万

2014-06-30:21億8426万

負債

2017-06-30:26億1938万

2016-06-30:35億0470万

2015-06-30:21億3113万

2014-06-30:22億9687万

流動負債

2017-06-30:16億9090万

2016-06-30:25億4305万

2015-06-30:17億1706万

2014-06-30:19億1839万

固定負債

2017-06-30:9億2847万

2016-06-30:9億6164万

2015-06-30:4億1407万

2014-06-30:3億7848万

もっと見る

純資産

2017-06-30:73億1878万

2016-06-30:65億7672万

2015-06-30:76億6487万

2014-06-30:60億3314万

従業員数

2016-12-31:565

2015-12-31:564

2014-12-31:543

2013-12-31:511

売上総利益率

2017-06-30:28.1

2016-06-30:28.2

2015-06-30:27

2014-06-30:27.7

売上営業利益率

2017-06-30:6.8

2016-06-30:5.8

2015-06-30:6.9

2014-06-30:3.4

売上経常利益率

2017-06-30:7.1

2016-06-30:5.1

2015-06-30:6.8

2014-06-30:3.3

売上純利益率

2017-06-30:5.9

2016-06-30:3.5

2015-06-30:4.2

2014-06-30:-4.2

もっと見る

ROA

2017-06-30:12.4

2016-06-30:7

2015-06-30:9.6

2014-06-30:-9.8

ROE

2017-06-30:16.8

2016-06-30:10.8

2015-06-30:12.4

2014-06-30:-13.6

自己資本比率

2017-06-30:73.6

2016-06-30:65.2

2015-06-30:78.2

2014-06-30:72.4

流動比率

2017-06-30:426.3

2016-06-30:288.5

2015-06-30:440

2014-06-30:320.4

固定比率

2017-06-30:37.3

2016-06-30:41.7

2015-06-30:29.2

2014-06-30:36.2

業績ランキングは

1665

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

内外トランスラインの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
内外トランスライン
なし

キーワードの推移
2017/03/27(年度)2016/03/28(年度)2015/03/27(年度)2015/03/13(年度)2017/08/10(四半期)2017/05/10(四半期)2016/11/10(四半期)2016/08/10(四半期)2016/05/10(四半期)2015/11/10(四半期)
ハブ港フレイトフォワーダntlフライングフィッシュ銀山銀山載貨フルコンテナトフォワーダ銀山
フレイトフォワーダハブ港フレイトフォワーダハブ港フライングフィッシュフライングフィッシュ慶尚道はとフレイトフォワーダ載貨
直行便ntlハブ港フレイトフォワーダフルコンテナフレイトフォワーダ昌原市貨物フルコンテナフライングフィッシュ
fcl銀山直行便直行便エアフレイトジャパンフルコンテナ銀山載貨はとはと
lcl直行便フライングフィッシュfcluciはとフルコンテナ国際貨物輸送貨物エアフレイトジャパン
海上輸送fclfcllcl載貨載貨はとタイム載貨uci
コンテナコンテナlcl海上輸送国際貨物輸送国際貨物輸送貨物国際貨物輸送貨物
車輪lcl海上輸送コンテナlogisticslogistics国際貨物輸送コンテナコンテナコンテナ
海上海上輸送コンテナ車輪貨物貨物倉庫圧力国際貨物輸送
仕向車輪車輪仕向euタイム建設仮勘定航空
貨物仕向仕向フィートトランプアジア地域航空ぶり航空貨物
フィート貨物貨物海上gdp倉庫コンテナアジア地域消費者マインド
フライングフィッシュフィートフィート貨物消費者マインド政権投資額グローバルアジア地域海運
lading海上海上ladingアジア地域株式海上資金株価logistics
国際貨物輸送フライングフィッシュlading国際貨物輸送倉庫投資有価証券持分表面
containerlading国際貨物輸送エアフレイトジャパンプラス仕入れlogistics長期為替円貨
荷主国際貨物輸送エアフレイトジャパンcontainerit証券物流為替長期合弁
billエアフレイトジャパンcontainer荷主資金航空個人消費通貨
運送契約container荷主uciセグメントアジア地域セグメントアジア地域
船荷証券荷主billbill株式グループグローバル金融グループ物価
uciuci運送契約受取手形研究開発eu離脱研究開発中国経済
loadbill運送契約船荷証券投資有価証券売上高原油金額持分
輸入者運送契約船荷証券手形グループ売上高ベース
フォワーディング船荷証券load配当金セグメント成績
ハブload輸入者個人消費成績研究開発有価証券
nvoccload輸入者ハブ固定負債株式
船荷輸入者ハブnvocc証券為替環境個人消費
載貨フォワーダnvocc船荷長期売上高
貨物輸送ハブ船荷載貨金額成績証券
倉庫nvoccindia海上コンテナセグメント金融グループ
年度or届出書
四半期or半期

(20170327)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

内外トランスラインの類似企業へ

内外トランスラインの業績推移

内外トランスラインの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは持株会社制を導入しており、平成28年12月31日現在、連結財務諸表提出会社(以下当社という)並びに子会社24社(うち連結子会社17社)及び関連会社9社(うち持分法適用関連会社1社)から構成されております。当社は持株会社として、グループ戦略の立案・決定やグループ会社のモニタリング機能を果たすとともに、グループ会社への各種共通サービスの提供を行っております。当社グループは、あらゆる産業に繋がり、経済活動に必要不可欠な社会基盤のひとつである物流を中核事業としております。また、物流支援事業として物流の周辺にあるさまざまなニーズにお応えし、物流事業の差別化と充実を図っております。具体的には...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、関係会社64社(うち連結子会社39社)で構成されております。当社の祖業は運輸業でありますが、顧客からの運搬請負から発展して事業を拡大した結果、現状においては顧客工場構内での工程請負、プラント設備機器の据付等の多岐にわたる業務を請け負うに至っております。鉄鋼、非鉄・金属、ガス及び化学などの素材産業分野から、食品及び日用品などの消費産業分野、航空産業分野並びに医療産業分野に至るまでの様々な業種・業態を対象として、顧客企業の事業活動における各種工程の業務請負を行っております。当該事業においては、顧客企業が抱える事業活動上の課題に対して、単純な運搬業務に留まらず、生産工程から流通...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社・関連会社76社で構成され、国内外にわたる物流事業をはじめとして、旅行事業および不動産事業を運営しております。当社につきましては物流事業および不動産事業、子会社・関連会社につきましては、物流事業(米州地域4社、欧州・中近東地域9社、東南アジア・インド地域15社、中国8社、国内28社の64社)および旅行事業(11社)、ならびに不動産事業(不動産事業専業1社を含む7社)を営んでおります。なお、当社グループの連結範囲および持分法の適用については、連結子会社55社、持分法適用会社5社となっております。物流事業.........有価証券報告書提出会社(以下(株)日新という)と...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社102社及び持分法適用関連会社10社で構成され、顧客に対して、陸・海・空を網羅した総合的な物流サービスの提供等を行っている。主な事業の内容は次のとおりである。 なお、当社のその他の関係会社は(株)日立製作所及びSGホールディングス(株)である。 2 2017年4月14日に、CDS Global Logistics - One, LLCを清算している。 3 2017年4月25日に、当社が保有する河南新鑫日立物流有限公司の全持分を譲渡している。 4 2017年5月5日に、当社子会社が保有するPT Nisshin Kuwahara Indonesiaの全株式を譲渡して...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社および子会社11社により構成されており、「運送」、「保管」、「作業(流通加工等)」といった物流サービスの提供を、国内のみならず海外にまで及んだ事業活動を展開しております。具体的には、当社のように、資本力を活かした倉庫事業のほかに利用運送事業ならびに流通加工事業等の倉庫内オペレーション業務を一体的に管理運営する事業として、総合物流事業(「サードパーティーロジスティクス(3PL)型事業」)をおこなっております。また、当社子会社の株式会社タカセ運輸集配システムのように、貨物自動車による実運送事業を主な事業活動としているほか、タカセ物流株式会社は、人材派...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、定期船事業、航空運送事業、物流事業、不定期専用船事業、不動産業、その他の事業の6部門に属する事業を行っています。平成29年3月31日現在の社名を記載しています。当社及び当社の関係会社が運賃、貸船料、コンテナ関連収益等の収受を目的として、定期船による国際的な海上貨物輸送、船舶貸渡業、コンテナターミナル業、港湾運送業、曳船業を行っています。NYK TERMINALS (NORTH AMERICA) INC.、YUSEN TERMINALS LLC、NYK LINE (NORTH AMERICA) INC.、NYK LINE (CHINA) CO., LTD.、当社の関係会社が航空運...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”「コンテナ船」にはコンテナ船事業及び物流事業、「不定期専用船」にはドライバルク事業、自動車船事業、エネルギー資源輸送事業、近海・内航事業、「海洋資源開発及び重量物船」にはエネルギー関連開発事業、オフショア支援船事業及び重量物船事業を集約しています。"K" LINE PTE LTD、"K" LINE AMERICA, INC.、"K" LINE (KOREA) LTD.、KLINE (CHINA) LTD.、"K" LINE (TAIWAN) LTD.、 K LINE (THAILAND) LTD.、"K" LINE (SINGAPORE) PTE LTD、PT. K LINE INDONESI...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-06-30)

(2014-06-30) 売上高2年連続プラス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益3年連続赤字,2年連続プラス成長当期純利益3年連続赤字,4年連続マイナス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、提出会社(飯野海運株式会社、以下当社という。)のほか連結対象子会社56社、持分法適用会社4社及び連結対象外の関係会社10社(平成29年3月31日現在)で構成され、外航海運業、内航・近海海運業及び不動産業の3事業を行っております。船舶の運航、貸渡、用船、管理、海運仲立業、舶用品販売及び代理店業を行っております。(運航及び貸渡) AZALEA TRANSPORT S.A.船舶の運航、貸渡、用船及び管理を行っております。ビルの賃貸、管理、倉庫業及び不動産関連事業を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は当社及び子会社15社(国内会社1社、外国会社14社)、その他の関係会社1社(国内会社)で構成されていて、主な事業の内容は船舶運航業務及び船舶貸渡業であり、当該事業に係る関係会社の位置づけは次のとおりであります。船舶を運航又は貸し渡すことにより、運賃、貸船料等を収受する外航海運事業及びその付帯事業を営んでおります。(1)船舶を保有し、当社に船舶を貸し渡す事業を営んでおります。(2)船舶を保有し、得意先に貸し渡す事業を営んでおります。(3)船舶を当社より借り受け、当社に貸し渡す事業を営んでおります。(4)業務委託契約を結びバースマスター業務等の海運周辺事業を営んでおります。日本郵船...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社6社で構成され、海運事業、貿易事業、洋上給油事業及び船舶貸渡事業を主な事業としております。なお、本文中において中華民国は台湾と記載しております。当社及び当社グループが所有する超低温冷蔵船6隻に加え、他社からの受託により運航する超低温冷蔵船2隻の計8隻を主体にした船団により、往航は海外操業漁船向けの冷凍餌料及び漁労資材などの運搬を行い、復航では日本及び外国漁船が漁獲した冷凍まぐろの運搬、海外蓄養まぐろ基地での船上凍結加工及び加工品の運送などを行っております。東南アジアを中心として航海機器・漁具・餌料・水産加工品及び冷凍魚類の輸出入、冷凍まぐろの輸入代行業務を行...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、郵船ロジスティクス株式会社(当社)、日本郵船株式会社(親会社)、連結子会社77社及び持分法適用会社6社で構成されており、貨物運送事業及び旅行事業を主たる事業とし、グローバルに事業活動を展開しております。当社及び当社の関係会社は、次の事業をグローバルに展開し、陸・海・空の総合物流ネットワークを提供しております。他の事業者(実運送事業者)が経営する外航船舶及び国際航空の運送事業を利用して荷主の貨物の運送を行うものです。また、実運送の利用に先行又は後続する自動車利用運送事業による集荷・配送を組み合わせることにより、荷主に対し、戸口から戸口までの一貫輸送サービスの提供を行うも...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(当社及び当社の関係会社)は、株式会社近鉄エクスプレス(当社)、連結子会社136社及び持分法適用会社10社、近鉄グループホールディングス株式会社(その他の関係会社)で構成されており、貨物運送事業(航空、海上、陸上における利用運送)、倉庫業及びその他付帯事業をグローバルに展開しております。当社グループの主な事業内容の詳細は以下のとおりであります。混載事業(複数の荷主から集荷した小口貨物を大口貨物に仕立て、航空会社に運送を委託する事業)と呼ばれる貨物利用航空運送事業は、当社が運送人となり、独自の運送約款及び運賃に基づき荷主と運送契約を締結し、貨物運送状を発行し各荷主に対し航空会社と同...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社5社で構成されており、国際貨物輸送(船舶・航空機・自動車等の輸送手段を利用した国際貨物の輸送)とこれらに付帯する輸出入通関等、並びに物流の管理・運営を行う3PL(サードパーティー・ロジスティクス)業を合わせた国際貨物輸送事業を行っております。当社グループは、自ら輸送手段(船舶・航空機・自動車等)を所有・運行せず、顧客(荷主)の需要に応じて、船会社等の実運送業者のサービスを利用し国際貨物輸送を行っております。またそれらの業者は一般的に「フォワーダー(貨物利用運送業者)」と呼ばれています。さらに、当社グループの行っております国際貨物輸送事業とは、上記の国際貨物輸送...(20170522に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益5年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益5年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高4年連続プラス成長営業利益2年連続プラス成長,7年連続黒字経常利益2年連続プラス成長,7年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、NACの管理、プログラム開発・変更等同システムの運営に関する業務である輸出入等関連業務(※1)と、当社の目的を達成するために財務大臣の認可を受けて行う業務(※2)を行っております。NACCSは、それらをオンラインで結び、貨物の流れに沿って必要な行政手続きや各種業務を初めとした関係者間での手続きを総合的に処理することを通じて、情報の一元的管理や共有化、再利用を実現しており、官民が共同で利用する日本で唯一のシステムであり、国際物流に不可欠なサプライチェーンマネジメントを支援する総合物流情報プラットフォームであります。NACは、民間業務(貨物管理等)を含む輸出入等関連業務を処理する官”...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

内外トランスラインの同業他社をもっと見る

内外トランスラインの関連統計

統計分類検索へ

内外トランスラインの基本情報

企業名 内外トランスライン株式会社
カナ ナイガイトランスラインカブシキガイシャ
英語名 NAIGAI TRANS LINE LTD.
業種 倉庫・運輸関連
所在地 大阪市中央区安土町三丁目5番12号
ホームページ http://www.ntl-naigai.co.jp/
EDINET E21799
証券コード 9384
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9384)
決算日 12月31日