比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-04-30)

2017/06/13

カナモトの最新業績

カナモトの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からカナモトの事業内容についても確認できます。 注意:カナモトの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-04-30:8.99

2017-01-31:7.82

2016-10-31:6.84

2016-07-31:7.24

売上高

2017-04-30:792億1000万

2016-04-30:686億4200万

2015-04-30:683億0700万

2014-04-30:642億1200万

売上総利益

2017-04-30:254億9200万

2016-04-30:212億5400万

2015-04-30:225億6100万

2014-04-30:215億0600万

営業利益

2017-04-30:99億9300万

2016-04-30:86億0500万

2015-04-30:106億5200万

2014-04-30:100億7200万

経常利益

2017-04-30:102億4200万

2016-04-30:82億4600万

2015-04-30:106億5500万

2014-04-30:98億6000万

当期純利益

2017-04-30:64億6800万

2016-04-30:49億6700万

2015-04-30:67億9000万

2014-04-30:56億5100万

もっと見る

包括利益

2017-04-30:70億5300万

2016-04-30:51億7800万

2015-04-30:72億8300万

2014-04-30:62億2800万

営業CF

2017-04-30:241億1400万

2016-04-30:166億6600万

2015-04-30:175億9600万

2014-04-30:166億6800万

投資CF

2017-04-30:-14億0900万

2016-04-30:-71億7300万

2015-04-30:-18億4200万

2014-04-30:-24億5600万

財務CF

2017-04-30:-156億2700万

2016-04-30:-92億0000万

2015-04-30:-120億5100万

2014-04-30:-135億0900万

総資産

2017-04-30:2301億6700万

2016-04-30:2228億2100万

2015-04-30:2017億0000万

2014-04-30:1802億5200万

流動資産

2017-04-30:940億6400万

2016-04-30:880億6800万

2015-04-30:792億2100万

2014-04-30:692億9158万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-04-30:401億5400万

2016-04-30:364億6900万

2015-04-30:356億9200万

2014-04-30:336億7200万

現金及び預金

2017-04-30:403億5400万

2016-04-30:366億0900万

2015-04-30:353億6200万

2014-04-30:336億8280万

固定資産

2017-04-30:1361億0200万

2016-04-30:1347億5300万

2015-04-30:1224億7900万

2014-04-30:1109億6127万

負債

2017-04-30:1427億6200万

2016-04-30:1445億0800万

2015-04-30:1296億3800万

2014-04-30:1181億3367万

流動負債

2017-04-30:747億4700万

2016-04-30:752億9200万

2015-04-30:638億0700万

2014-04-30:581億3352万

固定負債

2017-04-30:680億1500万

2016-04-30:692億1500万

2015-04-30:658億3100万

2014-04-30:600億0014万

もっと見る

純資産

2017-04-30:874億0400万

2016-04-30:783億1300万

2015-04-30:720億6200万

2014-04-30:621億1900万

従業員数

2016-10-31:2944

2015-10-31:2465

2014-10-31:2339

2013-10-31:2231

売上総利益率

2017-04-30:32.2

2016-04-30:31

2015-04-30:33

2014-04-30:33.5

売上営業利益率

2017-04-30:12.6

2016-04-30:12.5

2015-04-30:15.6

2014-04-30:15.7

売上経常利益率

2017-04-30:12.9

2016-04-30:12

2015-04-30:15.6

2014-04-30:15.4

売上純利益率

2017-04-30:8.2

2016-04-30:7.2

2015-04-30:9.9

2014-04-30:8.8

もっと見る

ROA

2017-04-30:5.6

2016-04-30:4.4

2015-04-30:6.8

2014-04-30:6.2

ROE

2017-04-30:14.8

2016-04-30:12.6

2015-04-30:18.8

2014-04-30:18.2

自己資本比率

2017-04-30:38

2016-04-30:35.1

2015-04-30:35.7

2014-04-30:34.5

流動比率

2017-04-30:125.8

2016-04-30:117

2015-04-30:124.2

2014-04-30:119.2

固定比率

2017-04-30:155.7

2016-04-30:172.1

2015-04-30:170

2014-04-30:178.6

業績ランキングは

604

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

カナモトの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
カナモト

キーワードの推移
2017/01/26(年度)2016/01/28(年度)2015/01/29(年度)2017/06/13(四半期)2017/03/16(四半期)2016/09/13(四半期)2016/06/13(四半期)2016/03/15(四半期)2015/09/11(四半期)2015/06/11(四半期)
nishi-kenカナモト東洋工業台風災害粛粛nishi-kennishi-ken中古震災復興震災復興
カナモト関東信越unite!粛粛nishi-ken東京五輪東京五輪公共投資震災防災対策
カナhassyu関東信越nishi-ken東京五輪五輪五輪建設需要舗装工事民間需要
ユニットハウスfeconカナ台風五輪建設需要災害対策本部民間需要機材
建設機械カナ建設機械再開発災害総体建設需要建設機械除染震災
kg信越ユニットハウス東京五輪建設需要トンネル工事現場鉄鋼建設機械
constructionjscレンタックス五輪鉄鋼水処理災害公共建設需要鉄鋼
ructionユニットハウスkg災害福祉インフラ輸出産業情報通信公共工事中古
hassyukne信越体質改善政権鉄鋼福岡県合弁
feconkgカンキ減災地震中古インフラ建設業鉄鋼
ヱーワ建設機械カナモト老朽化情報通信福祉公共工事マーケット中古災害
knkヱーワ建設機械公共投資株安である公共稼働率
constknknelson鉄鋼建設業地震建設機械原油価格公共投資公共投資
鉄鋼鉄鋼ワークステーション中古ビジョン鉄鋼機械さら
東洋工業東洋工業鉄鋼熊本地震インフラ情報通信中古原油建設業株高
カンキカンキ切れ目福祉である災害地震なか物価建設業
unite!unite!理工系地震eu離脱エンジニアリング情報通信為替であるなか
パラリンピック情報機器震災復興情報通信なか資源国個人消費中国経済インフラ
情報機器rentalテクノ公共投資システム一環情報なかである
rental周辺機器個人消費建設業建設業金融個人消費資材
nelsonテック建設業情報である資源環境製品公共
nelson手薄ビジョン長期eu離脱であるグループ金融機械
リニア新幹線再開発フロー興国円高公共研究開発グループ資金
東京オリンピックワークステーション機材であるグループ資源研究開発製品
ワークステーション震災復興機械eu離脱研究開発なか円高売上高金融
建設需要テクノ弾力売上高情報機械セグメント売上高長期
テクノ周辺機器債権の流動化機械セグメント金融なか成績環境
周辺機器テック資源成績グループ資金セグメントグループ
福祉フロー道路なか研究開発株式成績研究開発
テックレンjp資金情報
年度or届出書
四半期or半期

(20170126)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170613)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

カナモトの類似企業へ

カナモトの業績推移

カナモトの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、首都圏(東京、埼玉)、北関東(群馬、栃木、茨城)、東北(宮城、福島)、信越(新潟、長野)地域において、土木・道路機械、建設機械、レンタカーなどの賃貸及び販売を主な業務とし、併せてこれらに附帯関連する一切の事業を営んでおります。なお、当社は、建設機械などの賃貸、販売及び修理の単一セグメントであります。...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び親会社、子会社3社により構成され、建設機械等商品・部品の販売、サービス、レンタルを主な事業内容とし、更にクレーン製品、トンネル用機器、各種プラント、特装自動車、油圧シリンダー、設備機械関連装置・情報関連機器製造装置の設計、製造、販売等の事業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。当社は、建設機械等商品の販売、サービス、レンタルを行っており、これに関連する部品の販売も行っております。また、自動車の車検・整備を行っております。なお、一部については親会社の前田建設工業株式会社へレンタルを行っております。当社は、クレーン製品、トンネル用機器、各種プラント、特...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”平成28年8月31日現在の当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社技研製作所)と子会社8社により構成されており、無振動・無騒音で環境負荷を極小に抑えた圧入工法の優位性を最大限に活かした機械と新工法の開発を行い、国内外で公害対処企業として事業活動を行っております。当社グループの目指すところは、国民の視点に立った建設工事のあるべき姿を実現させることであり、この基準を環境性・安全性・急速性・経済性・文化性の5つの要素に集約して「建設の五大原則」として定め、当社グループの機械・工法開発の絶対条件としております。当社グループのセグメントとその主たる内容は次のとおりであります。当社は、各...(20170609に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(オカダアイヨン株式会社)及び子会社2社により構成されており、建設機械につけるアタッチメントの製造及び販売、環境関連機器の製造及び販売を主たる業務としております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)国内 破砕機、廃木材処理機、コンクリートガラ処理機を当社が製造及び販売をしております。また、子会社株式会社アイヨンテックは破砕機の製造をしております。(2)海外 破砕機を当社及び子会社Okada America,Inc.がディーラー及び海外ユーザーに販売し...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則の一部を改正する内閣府令(平成14年(2002年)内閣府令第11号)附則」第3項の規定により、米国会計基準に準拠して作成しており、当該連結財務諸表をもとに、関係会社については米国会計基準の定義に基づいて開示している。「第2 事業の状況」及び「第3 設備の状況」においても同様である。当社グループ(当社及び当社の関係会社)は「建設機械・車両」、「リテールファイナンス」、「産業機械他」の3部門にわたって、製品の研究開発、生産、販売、サービス、販売金融に至る幅広い事業活動を国内並びに海外で展開している。当社グループは、当社、連結子...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結グループの事業の系統図は次のとおりです。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社8社で構成され、主に道路舗装機械並びに道路維持補修機械、散水車など多種類にわたって製造し、国内外に販売するほか、他社製品である産業機械の販売も行っております。更に、新製品の開発などの研究開発活動も併せて行うと同時に、各事業に関連するその他サービス等の事業活動を展開しております。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。SAKAI AMERICA,INC.P.T.SAKAI INDONESIAP.T.SAKAI ROAD MACHINERY INDONESIA...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社6社及び関連会社1社で構成され、コンプレッサ、発電機及び車両系建設機械等の建設機械・産業機械の製造及び販売を主な内容とし事業活動を展開しております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。主要な製品は、エンジンコンプレッサ、エンジン発電機及び高所作業車等であります。当社、子会社イーエヌシステム(株)、(株)ファンドリー及びAIRMAN USA CORPORATION、関連会社上海復盛埃爾曼機電有限公司が製造・販売するほか、子会社(株)エーエスシー、HOKUETSU INDUS...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、「当社」、「連結子会社4社、非連結子会社3社及び関連会社6社」で構成され、建設用クレーン、油圧ショベル等及びその他の製品の製造ならびに販売を主な事業としております。当社グループのセグメントは、製造・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」は当社(建設用クレーン・油圧ショベル等・その他の製品)及び株式会社KATO HICOM(建設用クレーン・油圧ショベル等・その他の製品)、「中国」は加藤(中国)工程机械有限公司(油圧ショベル等)及び石川島中駿(厦門)建機有限公司(油圧ショベル等)及び「その他」はKATO WORKS(THAILAND)CO.,LTD.(建...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社30社及び関連会社2社で構成され、建設用クレーン、車両搭載型クレーン及び高所作業車等の製造販売を営んでおります。主要品目は次のとおりであります。当社は日本セグメントにおいて製造販売等を行っております。なお、子会社及び関連会社の業務は次のとおりであります。タダノ・アメリカCorp.、タダノ・パナマ S.A.、タダノ・ブラジル・エキパメントス・デ・エレヴァサォンLtda.タダノ・マンティスCorp.タダノ・アメリカ・ホールディングスInc....(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社4社から構成されております。主たる事業は、建設機械の製造・販売であり、平成29年2月期において当社グループの売上高のうち99.3%を占めております。また、当該事業のほか、その他事業として主に撹拌機の製造・販売を行っております。建設機械の製造・販売を行っております。中国市場へは、主に竹内工程機械(青島)有限公司が製造し、現地ディーラーに販売しております。加えて、当社から一部の国内メーカーを対象にOEM供給契約(相手先ブランドによる生産)に基づく製品供給を行っているほか、日本国内の販売を行っております。TAKEUCHI MFG.(U.S.),LTD. (販売会社)...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、三協フロンテア(株)(当社)と、子会社であるフロンテア流通(株)、 広州番禺三協豪施有限公司、SANKYO FRONTIER MYANMAR COMPANY LIMITED及び親会社である(有)和幸興産の5社で構成されております。当社は、ユニットハウス及び立体駐車装置等の製造・販売・レンタルの事業を主に行っております。子会社フロンテア流通(株)は、主にユニットハウス等の出荷整備及び配送・建方・解体工事並びにユニットハウス等のレンタル・販売の事業を行っており、他に土質改良プラントによる建設残土の加工及び建設機械(破砕機)のレンタル・販売の事業も行っており...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社1社及び関連会社1社で構成されており、機械・機器のレンタル、中古の建設機械及び産業機械等の販売、並びに工事用電気設備工事の設計管理及び請負等を主な事業としております。また、当社グループが所属する西尾レントオール株式会社グループは、建設機械を中心とした機械・機器の賃貸及び販売を主な内容として事業活動を展開しております。...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社は、建設用機械器具(バックホー、ブルドーザー、タイヤショベル、発電機、コンプレッサー、ハウス、車両等)のレンタルを主業とする建機レンタル部門及び、その他の事業部門では、農業用機械器具(トラクター、プラウ、フォーレージハーベスター、ロータリーハロー等)のレンタルと農作業の請負、ゼオライト(土壌改良材等)の製造・販売、各種イベントの企画・設営・運営、携帯電話の販売等の事業を行っております。子会社である株式会社ユニバーサルハウスとは、簡易組立ハウスの製造委託他の取引を行っております。法人主要株主である株式会社アクティオとは、包括的業務提携契約を締結し、営業上の取引としてレンタル機械の賃貸借等を行...(20160610に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、建設・設備工事用機器(土木・道路用機械、高所作業用機械、建築用機械、測量機器等)及びイベント・産業用関連機材の賃貸を主な事業内容とし、その他関連する事業を行っております。当社グループは、当社及び子会社26社、関連会社1社で構成されております。当社が建設・設備工事用機器、通信・情報・映像機器の賃貸及び販売、イベント展示会用機材の賃貸、販売及び企画運営その他、産業用機械の賃貸及び販売を行う他、連結子会社のサコス(株)が建設・設備工事用機器の賃貸及び販売を行っております。また、連結子会社のニシオティーアンドエム(株)はトンネル・ダム工事用機械の賃貸及び販売を...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、連結子会社ならびに関連会社)は、建設仮設材の賃貸および販売ならびに仮設工事の設計、施工等を主たる事業内容とする当社を中核として、各建設作業所における関連商品群を取扱い、総合的な営業活動を全国規模で展開しております。仮設鋼材事業におきましては、当社ならびに連結子会社5社、関連会社2社にて展開しております。連結子会社ジェコス北海道(株)は北海道を中心に建設仮設材の賃貸および販売等を行っております。関連会社の協友リース(株)はH形鋼桁材等を保有、管理しており、当社はその提供を受けて顧客に供給しております。関連会社の北日本建材リース(株)は当社と建設仮設材等の賃貸借を行っております...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社8社、関連会社1社で構成され、主に商品(建設機械及び産業機器)の販売、建設機械のレンタルを中心として事業活動を展開しております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社が、建設機械及び産業用車輌等の販売、建設機械のレンタルを行うほか、(株)南陽レンテックが、当社より主に建設機械を購入し、国内で建設機械のレンタルを行っております。また、(株)南陽重車輌は当社と中古の産業用車輌の仕入・販売を行っております。当社が、産業機器の販売を行うほか、共栄通信工業(株)は産業機器を...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社と子会社2社で構成され、道路安全資材、建築防災用品、保安用品、保護具等の安全機材用品の販売及びレンタル並びに各種サインメディアの製作販売を事業としております。なお、当社グループの事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170731に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績未設定-

()

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と連結子会社7社により構成されており、フィルタ製品の製造・販売を主たる事業としております。当社グループは、「仕濾過事」(ろかじにつかふる)を経営理念に掲げ、フィルタビジネスを通じて社会に貢献すべくフィルタ製品の開発・製造・販売をしております。当社グループはフィルタ事業の単一セグメントであり、製品品目は建設機械向け油圧フィルタ(以下、建機用フィルタ)、産業機械向け油圧フィルタ(以下、産業用フィルタ)、プロセス用フィルタの3品目であります。当社グループは、創業以来、一貫してフィルタの専門メーカとして実績を重ねてきました。当社グループは、フィルタのキーパ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

カナモトの同業他社をもっと見る

カナモトの関連統計

統計分類検索へ

カナモトの基本情報

企業名 株式会社カナモト
カナ カブシキガイシャカナモト
英語名 Kanamoto Co., Ltd.
業種 サービス業
所在地 札幌市中央区大通東三丁目1番地19
ホームページ http://www.kanamoto.co.jp/
EDINET E04862
証券コード 9678
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9678)
決算日 10月31日