比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

アイエックス・ナレッジの最新業績

アイエックス・ナレッジの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からアイエックス・ナレッジの事業内容についても確認できます。 注意:アイエックス・ナレッジの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:8.3

2017-03-31:7.63

2016-12-31:5.28

2016-09-30:6.97

売上高

2017-06-30:40億8890万

2016-06-30:42億8791万

2015-06-30:43億1483万

2014-06-30:36億6249万

売上総利益

2017-06-30:6億8379万

2016-06-30:7億3546万

2015-06-30:7億3689万

2014-06-30:5億7275万

営業利益

2017-06-30:1億0881万

2016-06-30:1億0101万

2015-06-30:1億1134万

2014-06-30:-8201万

経常利益

2017-06-30:1億2949万

2016-06-30:1億2266万

2015-06-30:1億2616万

2014-06-30:-6538万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:8673万

2016-06-30:8230万

2015-06-30:8171万

2014-06-30:-4459万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:5億8880万

2016-03-31:3億7736万

2015-03-31:5億9854万

2014-03-31:1億1597万

投資CF

2017-03-31:-1041万

2016-03-31:-9269万

2015-03-31:1849万

2014-03-31:1613万

財務CF

2017-03-31:-2億6858万

2016-03-31:-6億7055万

2015-03-31:-2億7399万

2014-03-31:-4億0009万

総資産

2017-06-30:84億8839万

2016-06-30:82億5357万

2015-06-30:87億2435万

2014-06-30:85億9213万

流動資産

2017-06-30:64億0997万

2016-06-30:62億3071万

2015-06-30:65億8568万

2014-06-30:63億5218万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:35億1099万

2016-03-31:32億0119万

2015-03-31:35億8707万

2014-03-31:32億4403万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:33億2670万

2016-06-30:28億0014万

2015-06-30:32億7814万

2014-06-30:30億2079万

固定資産

2017-06-30:20億7841万

2016-06-30:20億2286万

2015-06-30:21億3867万

2014-06-30:22億3995万

負債

2017-06-30:44億9369万

2016-06-30:45億8733万

2015-06-30:47億6417万

2014-06-30:50億1192万

流動負債

2017-06-30:19億9567万

2016-06-30:20億0817万

2015-06-30:21億0011万

2014-06-30:23億1568万

固定負債

2017-06-30:24億9802万

2016-06-30:25億7915万

2015-06-30:26億6405万

2014-06-30:26億9623万

純資産額

2017-06-30:39億9469万

2016-06-30:36億6624万

2015-06-30:39億6017万

2014-06-30:35億8021万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:1286

2016-03-31:1308

2015-03-31:1319

2014-03-31:1376

売上総利益率

2017-06-30:16.7

2016-06-30:17.2

2015-06-30:17.1

2014-06-30:15.6

売上営業利益率

2017-06-30:2.7

2016-06-30:2.4

2015-06-30:2.6

2014-06-30:-2.2

売上経常利益率

2017-06-30:3.2

2016-06-30:2.9

2015-06-30:2.9

2014-06-30:-1.8

売上純利益率

2017-06-30:2.1

2016-06-30:1.9

2015-06-30:1.9

2014-06-30:-1.2

ROA

2017-06-30:4

2016-06-30:4

2015-06-30:3.6

2014-06-30:-2

もっと見る

ROE

2017-06-30:8.8

2016-06-30:8.8

2015-06-30:8.4

2014-06-30:-4.8

自己資本比率

2017-06-30:47.1

2016-06-30:44.4

2015-06-30:45.4

2014-06-30:41.7

流動比率

2017-06-30:321.2

2016-06-30:310.3

2015-06-30:313.6

2014-06-30:274.3

固定比率

2017-06-30:52

2016-06-30:55.2

2015-06-30:54

2014-06-30:62.6

業績ランキングは

1258

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

アイエックス・ナレッジの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
アイエックス・ナレッジ
なし

キーワードの推移
2017/06/22(年度)2016/06/23(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/10(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/09(四半期)2015/08/05(四半期)
インテグレーションマネージメントebaseikicncマネージメントマネージメント生保同軸
マネージメントインテグレーションマネージメントblockchainメガバンクpmopmo健康保険生保メガバンク
cnc情報サービスインテグレーションメガバンクオフショア開発メガバンクメガバンクメガバンクシステム開発管理ツール
オフショア開発システム開発メガバンクシステム開発ビッグビッグビッグ管理ツールメガバンク製販
情報サービスみずほ情報総研informationknowledgeマネージメントデーデーデーシステム開発管理ツールマネージメント
情報サービスcloud computingマネージメントインテグレーションインテグレーション製販証券業務インテグレーション
みずほ情報総研記憶装置モノ組込みインテグレーション組み込み人工知能マネージメント製販生命保険
ピークアウトiotitインテグレーション投資事業組合知能インテグレーションマネージメント生命
コンサルティングコンサルティングサポートサービスvision組み込みストレージ生命保険広告代理店インテグレーション市場規模
エヌ・ティ・ティ・データ生保システム開発通信事業者ストレージピーク同軸福祉広告代理店預り金
メガバンクモノ事業譲渡自動車産業ピーク人工知能生命iotマイナンバー制度iot
利払いメガバンクみずほ情報総研同軸人工知能知能eu営業力投資事業組合営業力
インタレストictエンベデッド投資信託知能生命保険人工年金abenomics情報サービス
カバレッジ利払い大規模開発ビッグデータ生命保険プロジェクトモノシステムステージ機動
時価総額itコンサルティングモノ同軸生命預り金crowd東京オリンピックシステム開発
cloud computing生損保鉄道事業者預り金iteuiot仕掛品システムcrowd
保険会社インタレストサービス業iot生命人工情報サービスコンサルティングiotパートナ
組み込みカバレッジエヌ・ティ・ティ・データ情報サービスリソースモノシステム製造業営業力システム
投資事業組合時価総額利払い仕掛品人工iotシステム開発インフラ情報サービスコンサルティング
ストレージ証券業インタレストシステムモノ情報サービスcrowditcrowdインフラ
システム自動運転カバレッジビジョン預り金システム仕掛品着実サービス業it
プロダクト組込み時価総額コンサルティングiotシステム開発さら公共興国保険
itfintech金融業it情報サービスオフィスコンサルティングビジネスコンサルティング着実
リソース広告代理店プロジェクトマネジメント大手システム開発crowdプロジェクト大型製造業銀行
消耗品マイナンバー制度情報技術技術crowd仕掛品itなかインフラ技術
発行済株式数組み込みplus自動車仕掛品さら株価不動産it公共
ビッグデータ投資事業組合製販大型一環マイナス有価証券中国経済ビジネス
モノストレージinn研究開発技術コンサルティング保険金融有価証券金融
利子システムovation売上高コンサルティングit銀行情報保険不動産
持分ビジネス市民環境システム株価技術ニーズ着実ニーズ
年度or届出書
四半期or半期

(20170622)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

アイエックス・ナレッジの類似企業へ

アイエックス・ナレッジの業績推移

アイエックス・ナレッジの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、当社の子会社12社(連結子会社12社)及び関連会社4社(持分法適用会社3社、持分法非適用会社1社)の計17社によって、2つのセグメントを構成しています。ひとつは、政策や一般事業に関する調査研究及びコンサルティングを実施する「シンクタンク・コンサルティングサービス」で、もうひとつは、ソフトウェア開発・運用・保守、情報処理・アウトソーシングサービスを実施する「ITサービス」です。当社は設立以来、総合シンクタンクとして培った政策・制度、国民的課題、次世代先端技術に関する幅広い知識と科学技術分野を専門とする研究員の定量分析評価技術や予測技術等の解析力を活かした、調査研究・コンサル...(20161219に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、グループ会社等の経営管理及びそれに付帯または関連する業務等を行っております。また、当社及び関係会社で構成される当社グループの主な事業内容は以下の通りです。ネットリサーチを含め、マーケティングリサーチに関する事業全般を行っております。Cross Marketing China Inc.Cross Marketing Asia Pte. Ltd.Markelytics Solutions Asia Pte. Ltd.Medical World Panel Asia Pte. Ltd....(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、コンサルティング事業を営む当社と非連結子会社1社により構成されております。コンサルティング事業の内容は次のとおりであります。なお、当該事業の単一事業であるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社9社、非連結子会社3社により構成されており、官公庁や民間企業等に対して、業務及び情報システムの総合的な整理・再構築により組織的な戦略目標の達成を支援する「コンサルティング事業」、新規システムの開発、保守業務、ハードウェアの販売、Webシステム開発、マーケットデータシステム開発、外国為替関連開発、生命保険関連システム開発や保守・運用及び組込開発を行う「システム開発事業」、人材紹介、技術者の派遣及び製造業・流通業等の分野への人材派遣を行う「人材派遣事業」を営んでおります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社3社により構成されており、デジタル放送・デジタルメディア業界向けの様々なサービス(デジタルコンテンツ(映像や音楽等)のマネージメントや配信に関するコンサルティング、ソフトウェア受託開発)、各種システム開発、及びiPhone等スマートフォンを利用した電子決済ソリューションプラットフォームの構築や提供、並びにB2B向けECサイト構築パッケージの開発や販売等の事業を展開しております。なお、以下の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”法人間における取引は通常、企業間信用取引(以下「与信取引」という。)として行われます。与信取引とは、取引先との間に、経済的または、短期的に循環して発生する取引において、営業上の未収金が発生する取引形態をいいます。本来、商取引に際しては、販売及びサービス業における役務発生と同時に現金取引を行うことが、債権の管理上、最も安全と言えますが、取引が頻繁かつ継続的に発生するとその都度現金を受け取るのは非効率であります。また、取引先の信頼の度合いに応じて、未収金を回収する期間が約束され、その結果として売掛金や受取手形等の販売債権等の発生が伴う与信取引においては、将来、販売代金を現金で回収できるかどうかは確...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社2社(ウルシステムズ株式会社及びピースミール・テクノロジー株式会社(平成29年3月31日現在))で構成され、主に顧客企業の収益に直結する戦略的IT投資領域における情報システム投資に対するコンサルテーション及び受託開発からなるコンサルティング事業を展開しています。(1)ウルシステムズ株式会社は、製造業、情報通信・サービス業、公共及び金融業向けを中心とした情報システムに関するコンサルティング・受託開発サービスを展開しております。(2)ピースミール・テクノロジー株式会社は、自治体など公共事業体を中心に、情報システム開発のためのフレームワーク...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社1社(イクオス株式会社)の計2社で構成されており、業務改革や課題解決を進める企業に対し、IT戦略の支援からシステムの設計構築・運用保守・業務アウトソーシング等の総合的なサービスを提供しております。特定のメーカーやパッケージソフト等に依存せず、顧客企業のビジネス戦略に沿った柔軟なシステム実現、ワンストップでの総合的なサービス提供を特徴としております。当事業においては、主にIT戦略の支援及びシステムの設計構築を行っております。主に当社が事業を展開しております。当事業においては、主にコンサルティング/設計/構築事業において顧客に提供したシステムの運用・保守業務を受託し...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”なお、コミュニティサービス事業を営んでおりました株式会社PATHマーケット及び株式会社コミュニタスの全株式を、平成28年9月30日付で株式会社ヒトメディアへ譲渡し、連結の範囲から除外するとともに、同事業を第2四半期連結累計期間をもって廃止いたしました。また、第3四半期連結累計期間において、株式会社giftを清算したため、連結の範囲から除外しております。これにより、当社グループは、当社及び連結子会社3社により構成されることとなりました。さらに、決済代行事業の全部を、平成29年1月15日付で株式会社ユニヴァ・ペイキャストへ譲渡いたしました。これに伴い、当連結会計年度末をもって同事業を廃止いたしまし...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ及び関連会社は、リサーチ、経営コンサルティング及びシステムコンサルティングからなる「コンサルティングサービス」、システム開発及びパッケージソフトの製品販売からなる「開発・製品販売」、アウトソーシングサービス、共同利用型サービス及び情報提供サービスからなる「運用サービス」並びに「商品販売」の4つのサービスを展開しています。各セグメントの事業内容及び同事業に携わる当社以外の主要な関係会社は以下のとおりです。経営・事業戦略及び組織改革等の立案・実行を支援する経営コンサルティングのほか、ITマネジメント全般にわたるシステムコンサルティングを提供しています。主に証券業や保険業、銀行業等の金融...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、持株会社制を導入しており、平成28年12月31日現在、当社、連結子会社16社及び持分法適用関連会社5社で構成されております。当社は、持株会社として、グループ成長戦略の策定、グループ各社の経営のモニタリング及びグループ各社に専門サービスの提供を行っています。顧客の抱える経営上の問題を経営者の視点で共有し、顧客のビジネスを本質から理解したうえで、実践的な高い技術力により先進ITを駆使した情報システムを構築することで、問題を解決していく事業。顧客の業務効率改善を図るために、販売管理、ERP、知的財産管理など、専門性の高い領域へ特化した業務パッケージソフトの導...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社、子会社15社、関連会社1社により構成され、以下(1)に記載している6つのサービス品目を統合的に提供する「情報サービス事業」を営んでおります。なお、関係会社の状況については、第1四半期連結会計期間において、当社が保有する株式会社電通イーマーケティングワンの株式を全て譲渡し、同社を持分法適用の範囲から除外したことから、持分法適用関連会社の数は2社から1社へと変更になりました。また、事業の種類は、情報サービス単一であります。業務プロセスの改革やITの活用に関するコンサルティングサービスを提供しております。具体的には、製造業の製品設計開発プロセス改革に関するコンサルティン...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、親会社(株式会社メディアシーク、当社)、子会社6社(スタートメディアジャパン株式会社、株式会社デリバリーコンサルティング、DELIVERY VIETNAM CO., LTD.、DELIVERY THAI CO., LTD.、DELIVERY INTERNATIONAL THAI CO., LTD.、株式会社ディーソフト)及び関連会社1社(ロクス株式会社)で構成されております。なお、ロクス株式会社は平成28年5月10日付で設立し、持分法適用関連会社としております。法人事業は、企業向けシステムコンサルティング業務を中心とする事業で、各種IT技術やモバイル機器を活用した情報ビジネスを...(20161028に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続赤字,プラス成長に回復経常利益プラス成長に回復,5年連続赤字親会社株主に帰属する当期純損益プラス成長に回復,5年連続赤字

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)ビジネスブレイン太田昭和)、連結子会社10社及び非連結子会社2社により構成されており、その主な事業内容と当社グループ各社の位置付け等は、次のとおりであります。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ミロク情報サービス)と子会社8社及び関連会社2社により構成されており、ソフトウェア関連事業を主たる事業としております。当社グループは、会計事務所(税理士・公認会計士事務所)とその顧問先企業を中心とする中堅・中小企業に対して、業務用アプリケーションソフトウェアの開発・販売、汎用サーバ・パソコンの販売、サプライ用品の販売並びに保守サービスの提供、経営情報サービス、育成・研修サービス、コンサルティングサービス等を提供し、お客様の経営革新、業務改善を支援しております。なお、当社グループは、ソフトウェア関連事業の単一セグメントであります。具体的には...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、純粋持株会社である当社(株式会社バルクホールディングス)、連結子会社3社(株式会社バルク、株式会社ヴィオ、株式会社マーケティング・システム・サービス)及び関連会社1社(株式会社アトラス・コンサルティング)で構成されており、コンサルティング事業、マーケティング事業及びIT事業を主たる事業としております。また、当社は住宅関連事業を営んでいた株式会社ハウスバンクインターナショナルの全株式を平成29年3月10日に売却し、平成29年1月1日をみなし売却日として同社を連結の範囲から除外いたしました。なお、住宅関連事業は、当社グループのなかで同社のみが営んでいたこと...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社、当社の子会社10社(うち連結子会社10社)及び関連会社1社(うち持分法適用会社1社)の計12社によって構成され、調査、コンサルティング、出版等のサービスを提供するシンクタンク・コンサルティング事業と、情報システムの開発、導入、運用等を提供するITソリューション事業、不動産賃貸を行う不動産賃貸事業を主な事業として取り組んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社の連結子会社である(株)日本能率協会コンサルティングを中心として、R&D開発マネジメント領域、戦略・マーケティング領域、生産・ロジスティクス領域など、各領域のプロフェッショナル...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下「当社グループ」)は、当社、連結子会社6社及び関連会社1社のの計8社で構成されております。当社グループは「新しい価値の概念を追求し、誠実に世の中に価値を提供する」ことを企業理念に掲げ、「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」を合言葉としてソフトウェアテスト事業を中心に展開しております。当社グループの事業内容は次のとおりであります。ソフトウェアは通常、ユーザーにどのようなサービスを提供できるかを決める企画・設計フェーズから、仕様実現のための開発フェーズ、そして動作検証を行うテストフェーズを経てリリースされます。リリース後は保守・運用フ...(20161128に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、高度な「分析力」をコアとするデータサイエンティスト(※1) 集団として、市場のニーズに耳を傾け、ビッグデータアナリティクス領域における最適なソリューションを提供することで、企業が保有するデータ資産を有効活用するための支援を続けてまいりました。特にアドテクノロジーやCRM領域におけるビッグデータ活用には定評があり、製造業や金融機関、商社、Eコマース等、幅広い業種の大手企業にソリューションを提供しています。データサイエンス力及びデータエンジニアリング力をベースに、データから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナルのこと。「(3) 今後の可能性について」をご参照ください。時系...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

アイエックス・ナレッジの同業他社をもっと見る

アイエックス・ナレッジの関連統計

統計分類検索へ

アイエックス・ナレッジの基本情報

企業名 アイエックス・ナレッジ株式会社
カナ アイエックスナレッジカブシキガイシャ
英語名 IX Knowledge Incorporated
業種 情報・通信業
所在地 港区海岸三丁目22番23号
ホームページ http://www.ikic.co.jp/
EDINET E04815
証券コード 9753
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9753)
決算日 03月31日