比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-04-30)

2017/06/12

泉州電業の最新業績

泉州電業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から泉州電業の事業内容についても確認できます。 注意:泉州電業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-04-30:10

2017-01-31:8.68

2016-10-31:7.21

2016-07-31:6.72

売上高

2017-04-30:368億0700万

2016-04-30:351億9300万

2015-04-30:391億2200万

2014-04-30:381億0500万

売上総利益

2017-04-30:60億2900万

2016-04-30:57億5800万

2015-04-30:53億7900万

2014-04-30:51億0700万

営業利益

2017-04-30:16億1200万

2016-04-30:14億3100万

2015-04-30:13億0400万

2014-04-30:11億8400万

経常利益

2017-04-30:17億3800万

2016-04-30:15億2100万

2015-04-30:14億6800万

2014-04-30:13億3100万

当期純利益

2017-04-30:11億6300万

2016-04-30:9億1300万

2015-04-30:8億6300万

2014-04-30:7億7500万

もっと見る

包括利益

2017-04-30:14億0900万

2016-04-30:6億8900万

2015-04-30:10億4100万

2014-04-30:7億6600万

営業CF

2017-04-30:17億9100万

2016-04-30:14億3300万

2015-04-30:9億7500万

2014-04-30:17億7000万

投資CF

2017-04-30:-7億3800万

2016-04-30:1億3800万

2015-04-30:-5億7500万

2014-04-30:-1億5700万

財務CF

2017-04-30:-1億7900万

2016-04-30:-5億5000万

2015-04-30:-2億6300万

2014-04-30:-1億9400万

総資産額

2017-04-30:611億0500万

2016-04-30:579億4400万

2015-04-30:602億2800万

2014-04-30:573億7500万

流動資産

2017-04-30:423億1000万

2016-04-30:398億9900万

2015-04-30:412億7400万

2014-04-30:387億9200万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-04-30:163億1300万

2016-04-30:142億3600万

2015-04-30:126億1500万

2014-04-30:125億1000万

現金及び預金

2017-04-30:169億3600万

2016-04-30:146億2500万

2015-04-30:127億4500万

2014-04-30:125億1300万

固定資産

2017-04-30:187億9400万

2016-04-30:180億4400万

2015-04-30:189億5300万

2014-04-30:185億8300万

負債

2017-04-30:251億7000万

2016-04-30:233億7500万

2015-04-30:259億5900万

2014-04-30:250億2900万

流動負債

2017-04-30:225億3500万

2016-04-30:210億8100万

2015-04-30:238億5800万

2014-04-30:227億0000万

固定負債

2017-04-30:26億3400万

2016-04-30:22億9300万

2015-04-30:21億0100万

2014-04-30:23億2900万

もっと見る

純資産

2017-04-30:359億3400万

2016-04-30:345億6800万

2015-04-30:342億6800万

2014-04-30:323億4500万

従業員数

2016-10-31:712

2015-10-31:699

2014-10-31:610

2013-10-31:596

臨時従業員数(外)

2016-10-31:120

2015-10-31:145

2014-10-31:161

2013-10-31:163

売上総利益率

2017-04-30:16.4

2016-04-30:16.4

2015-04-30:13.7

2014-04-30:13.4

売上営業利益率

2017-04-30:4.4

2016-04-30:4.1

2015-04-30:3.3

2014-04-30:3.1

売上経常利益率

2017-04-30:4.7

2016-04-30:4.3

2015-04-30:3.8

2014-04-30:3.5

もっと見る

売上純利益率

2017-04-30:3.2

2016-04-30:2.6

2015-04-30:2.2

2014-04-30:2

ROA

2017-04-30:3.8

2016-04-30:3.2

2015-04-30:2.8

2014-04-30:2.8

ROE

2017-04-30:6.4

2016-04-30:5.2

2015-04-30:5

2014-04-30:4.8

自己資本比率

2017-04-30:58.8

2016-04-30:59.7

2015-04-30:56.9

2014-04-30:56.4

流動比率

2017-04-30:187.8

2016-04-30:189.3

2015-04-30:173

2014-04-30:170.9

固定比率

2017-04-30:52.3

2016-04-30:52.2

2015-04-30:55.3

2014-04-30:57.5

業績ランキングは

195

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

泉州電業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
泉州電業

キーワードの推移
2017/01/27(年度)2016/01/29(年度)2015/02/27(年度)2015/01/30(年度)2017/06/12(四半期)2017/03/10(四半期)2016/09/09(四半期)2016/06/10(四半期)2016/03/11(四半期)2015/09/11(四半期)
電線電線電線電線電線電線電線電線電線アシ
ケーブルケーブルケーブルケーブルケーブルケーブル電線
出前泉州電業泉州電業泉州電業ケーブル
出前出前出前トンケーブル積立ケーブル
泉州電業アシトン事務所トンケーブルトン電機
トン泉州電業ヤスヰヤスヰ積立倉庫安値トン安値トン
ジャストトンアイネスアイネス事務所安値元手安値元手安値
商社ジャストトントン倉庫建設需要元手建設需要
商社ジャストジャスト安値元手株安資源価格元手
iso14001iso14001積立積立建設需要グローバル資源価格グローバル
iso9001iso9001ilil元手土地拡販保険拡販耐震
iso安値商社商社meu離脱株安材料病院
安値商品開発ippipp事業所材料グローバル資源株高
商品開発タイムphph土地円高定期預金情報太陽光発電
タイム環境問題安値安値thailand資金調達拡販グループ人員
のれん建設需要タイムタイムm拡販情報投資有価証券セグメント拡販
環境問題元手建設需要建設需要預入材料グループ材料研究開発材料
元手fa元手元手事業所リスクセグメント資源売上高投資有価証券
fafafa資金研究開発資金成績株式
電機co金額売上高証券情報
スピーディスピーディスピーディスピーディltd成績有価証券金融
インインインイン定期預金仕入れグループ
積立耐震耐震耐震資金調達グループ債権セグメント
グローバル東京オリンピック産業機械産業機械拡販研究開発配当金研究開発
東京オリンピック物流拡販拡販保険セグメント売上高
物流産業機械材料環境成績
産業機械貸し付け材料材料資金売上高情報
拡販拡販病院病院投資有価証券成績
オリジナルオリジナル仕入れ株式
材料材料商品開発商品開発債権グループ
年度or届出書
四半期or半期

(20170127)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170612)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

泉州電業の類似企業へ

泉州電業の業績推移

泉州電業の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループにおける主要な関係会社の位置づけは概ね次のとおりであります。日立金属工具鋼(株)、日立金属MMCスーパーアロイ(株)、(株)日立金属ネオマテリアル、(株)日立金属若松、(株)日立メタルプレシジョン、(株)日立金属安来製作所、青山特殊鋼(株)(*)、三菱日立ツール(株)(*)、日立フェライト電子(株)、日立マグネットワイヤ(株)、台湾日立金属股份有限公司、Metglas, Inc.、日立金属韓国(株)、宝鋼日立金属軋グン(南通)有限公司、日立金属商事(株)、Hitachi Metals America, Ltd.、Hitachi Metals Hong Kong Ltd.、Hitac...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、電気機器や電子部品に使用されている材料・部品の金属メッキ加工や化学処理加工を主たる業務とする「電子機能材事業」と、電線用導体などの伸線加工を主たる業務とする「電気機能線材事業」を行っています。また、「電子機能材事業」と「電気機能線材事業」は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。なお、当社は親会社である古河電気工業株式会社を中心とする企業グループの中で事業運営を行っております。携帯電話やパソコン、家電製品や自動車など私達の身の回りには様々な機器が存在し、さらにその内部にはコネクタやコンデンサ、各種センサや半導体など数多くの...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、インフラ、電装エレクトロニクス、機能製品の各事業において培われた技術を発展、応用した製品の製造販売を主な内容とし、更に各事業に関連する物流、研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。当社、古河電池(株)、古河AS(株)、古河マグネットワイヤ(株)、Furukawa Metal (Thailand)Public Co.,Ltd.他が製造及び販売を行っております。当社、東京特殊電線(株)、Trocellen GmbH、古河銅箔股份有限公司他が製造及び販売を行っております。当社、古河物流(株)、古河インフォメーション・テクノロジー(株)、古河日光発電(株)他が各種サービス...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)においては、自動車関連事業、情報通信関連事業、エレクトロニクス関連事業、環境エネルギー関連事業、産業素材関連事業他の5部門にわたって、製品の開発、製造、販売、サービス等の事業活動を展開しております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、(株)フジクラ(当社)、子会社121社及び関連会社19社により構成されており、エネルギー・情報通信カンパニー、エレクトロニクスカンパニー、自動車電装カンパニー、不動産カンパニーに亘って、製品の製造、販売、サービス等の事業活動を展開しております。 次の事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。Fujikura Federal Cables Sdn. Bhd.、Fujikura Fiber Optics Vietnam Ltd.、America Fujikura Ltd.、Verrillon In...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および当社の主要な関係会社の、セグメント情報との関連における事業内容および当該事業に係る位置付けは、次のとおりである。当事業では、主に裸線、ゴム・プラスチック被覆線、母線の製造販売等を行っている。製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム(株)、冨士電線(株)、販売会社として(株)SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司、その他の会社として昭和リサイクル(株)がある。当事業では、主に電力ケーブル、電力機器の製造販売および電力工事の設計・請負等を行っている。製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム(株)、昭光機器工業(株)、販売会社として(株)SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司、その他の会社...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(提出会社及び提出会社の関係会社)は、提出会社及び親会社1社、連結子会社6社及び関連会社1社で構成されており、電線・デバイス製品の製造販売を主な事業内容とし、さらに電線・デバイス製品に関連する研究等の事業を展開しております。電線・デバイス製品の製造販売については、提出会社が製造販売するほか、連結子会社である(株)特電及び関連会社である東特巻線(株)に対し材料の供給を行い、また、これらの会社より製品の購入をしております。当社のサービス業務受託については、連結子会社であるアットライフ(株)が行っております。連結子会社である(株)トクデンプロセルが電線・デバイス製品の製造販売を行い、海外...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社6社で構成され、電線・ケーブル事業、電子材料事業のほか、機器システム製品事業、光部品事業、環境分析事等を行っております。当社、TATSUTA ELECTRONIC MATERIALS MALAYSIA SDN. BHD....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社、その他の関係会社1社で構成され、電線・ケーブルや電極線の製造販売及び不動産の賃貸を主な内容とし展開しております。電線・ケーブル 当社が製造販売するほか、連結子会社である沖電線ワイヤーハーネス(株)が製造、モガミ電線(株)が製造販売、日沖電線(常熟)有限公司、昨年設立したOKI ELECTRIC CABLE AMERICA CORPORATIONが販売しております。電極線 当社が製造販売しております。不動産賃貸 当社が不動産の賃貸をしております。非連結子会社である沖電線サービス(株)は、当社のサービス業務を受託しております。なお、その他の関係会社である沖電気工業...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-09-30)

(2017-09-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び連結子会社19社、持分法適用関連会社1社及び非連結子会社2社で構成されており、電線・ケーブル、ワイヤーハーネス、太陽光発電関連製品及びハーネス加工用機械・部品の製造販売を事業としております。・当社及び連結子会社であるアスレ電器(株)、ASLE CORPORATION SINGAPORE PTE. LTD.、O&S CALIFORNIA,INC.、CZECH REPUBLIC ONAMBA S.R.O.、欧南芭(上海)貿易有限公司、鈞星精密部件有限公司及び恵州市鈞星工貿有限公司は、専ら製品の加工を国内子会社、海外子会社に委託し、仕...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-02-28)

(0000-00-00) ”当社グループは、当社及び子会社3社で構成されております。セグメント別の事業内容は次のとおりであります。おります。当事業では、ソフトウェア・ハードウェアの受託開発、高機能産業製品の製造及び販売等を行っております。...(20170531に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは放送・通信用ケーブル・ハーネス・コネクタ・機器(パッシブ・電子)及びその付帯器具を製造、販売しております。製造についてはカナレハーネス株式会社(日本)、株式会社カナレテック(日本)、カナレシステムワークス株式会社(日本)、Canare Electric(Shanghai)Co.,Ltd.(中国)がその役割を担っております。一方、販売については当社が国内及びその他の地域を、Canare Corporation of America(米国)が米国、カナダ及び中南米諸国への販売を、Canare Corporation of Korea(韓国)が韓国への販売を、Canare Electr...(20170321に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社3社により構成されており、ゴム電線、プラスチック電線、合成樹脂異形押出品ならびにその附属品、電熱線・帯、その他の製造販売を主たる業務としております。主要品目は次のとおりであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社19社により構成されており、電気・電子産業を支えるエレクトリックワイヤーの全般と光中継システム等の伝送・放送機器及び電線ケーブル技術を応用した医療チューブ等の製品の開発・設計・製造・販売・サービスを主たる業務としております。(1)「電線・加工品」.........このセグメントに含まれる品目は、機器用電線・加工品、ファインケーブル・加工品、電源コード・電源パーツ、ワイヤーハーネスであります。また、主要な製品はデジタル機器用ケーブル、高周波同軸ケーブル、車載用ケーブル、半導体製造装置関連ケーブル、携帯電話及び無線基地局用ケーブル、エネルギー産...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社5社で構成され、ねじ及び電線ケーブルの製造、販売並びに不動産事業を主な事業として取り組んでおります。当セグメントにおきましては、当社で自動車、産業機器、精密機器及び建材等のねじの製造、販売及び加工を行っており、(株)LADVIKで、自動車、産業機器、端子類及び光学機器等の精密ばね部品及び関連品の製造及び販売を行っております。当セグメントにおきましては、三陽工業(株)及び三陽電線加工(株)で産業機器用(バーコードリーダー用、PHS基地局用ハーネス等)、通信用(光通信、LAN用、電話・FAXコード等)、輸送用(自動車ヘッドランプ用ハーネス等)及び音響機器用等の電線・ケー...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(南海プライウッド株式会社)、子会社5社、関連会社1社及びその他の関係会社1社(平成29年3月31日現在)により構成されており、木質建築内装材の製造並びに販売を行っているほか、電線電気機器の販売等を営んでおり、そのうち当社及び連結子会社が営む「木材関連事業」「電線関連事業」についてセグメント情報を開示しております。なお、次の4部門のうち、「木材関連事業」及び「電線関連事業」については、「第5 経理の状況 1.(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。PT.NANKAI INDONESIA以上の企業集団等について図示す...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び関係会社15社により構成されており、電設資材及び制御機器等の卸販売並びに空調部材等の製造販売を事業活動として展開しております。NISHIDEN (MALAYSIA) SDN. BHD.SIAM ORIENT ELECTRIC CO.,LTD.、INABA DENKO (MALAYSIA) SDN. BHD.、PATLITE(U.S.A.) Corporation、PATLITE KOREA CO.,LTD.、PT.PATLITE INDONESIA、...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益4年連続プラス成長,3年連続黒字経常利益4年連続プラス成長,2年連続黒字当期純利益5年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と連結子会社(海外6社)で構成されております。当社グループの主な取り扱い製品は、「電線関連製品(加工付電線、電子機器用電線、巻線他)」「化成品関連製品(銅張積層板、合成樹脂、半導体・電子部品他)」「金属関連製品(表面処理鋼板、薄板、電磁鋼板他)」を販売しております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。「電線関連製品」「化成品関連製品」「金属関連製品」を販売しております。「化成品関連製品」「金属関連製品」を販売しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

泉州電業の同業他社をもっと見る

泉州電業の関連統計

統計分類検索へ

泉州電業の基本情報

企業名 泉州電業株式会社
カナ センシュウデンギョウカブシキガイシャ
英語名 SENSHU ELECTRIC CO.,LTD.
業種 卸売業
所在地 吹田市南金田一丁目4番21号
ホームページ http://www.senden.co.jp/
EDINET E02742
証券コード 9824
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(9824)
決算日 10月31日