比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2013-12-31)

2017/03/10

青木マリーンの最新業績

青木マリーンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から青木マリーンの事業内容についても確認できます。 注意:青木マリーンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2013-12-31:-1.23

2013-09-30:-4.18

2013-06-30:-7.13

2013-03-31:-10

売上高

2013-12-31:34億7096万

2012-12-31:33億1664万

2011-12-31:37億2264万

2010-12-31:37億6627万

売上総利益

2013-12-31:1億8100万

2012-12-31:1億6974万

2011-12-31:2億0026万

2010-12-31:4億2624万

営業利益

2013-12-31:-3959万

2012-12-31:-7029万

2011-12-31:-4244万

2010-12-31:1億5554万

経常利益

2013-12-31:-3738万

2012-12-31:-6757万

2011-12-31:-1362万

2010-12-31:2億0437万

当期純利益

2013-12-31:-2794万

2012-12-31:-7328万

2011-12-31:-1556万

2010-12-31:3億4510万

もっと見る

営業CF

2013-09-30:13億9142万

2012-09-30:3億4596万

2011-09-30:1億0429万

2010-09-30:4億8621万

投資CF

2013-09-30:-172万

2012-09-30:-1608万

2011-09-30:-6億2289万

2010-09-30:3531万

財務CF

2013-09-30:-5050万

2012-09-30:-4997万

2011-09-30:-4977万

2010-09-30:-5006万

総資産

2013-12-31:78億3665万

2012-12-31:80億0958万

2011-12-31:78億1166万

2010-12-31:81億9572万

流動資産

2013-12-31:61億7169万

2012-12-31:61億4038万

2011-12-31:56億6051万

2010-12-31:69億0657万

現金及び現金同等物

2013-09-30:46億3944万

2012-09-30:42億9132万

2011-09-30:43億2978万

2010-09-30:19億5039万

もっと見る

現金及び預金

2013-12-31:41億1457万

2012-12-31:40億6993万

2011-12-31:42億5956万

2010-12-31:54億8090万

固定資産

2013-12-31:16億6496万

2012-12-31:18億6919万

2011-12-31:21億5114万

2010-12-31:12億8915万

負債

2013-12-31:9億3076万

2012-12-31:10億5331万

2011-12-31:8億7716万

2010-12-31:10億2927万

流動負債

2013-12-31:6億1652万

2012-12-31:7億3761万

2011-12-31:5億2802万

2010-12-31:6億2083万

固定負債

2013-12-31:3億1423万

2012-12-31:3億1570万

2011-12-31:3億4914万

2010-12-31:4億0843万

純資産

2013-12-31:69億0589万

2012-12-31:69億5627万

2011-12-31:69億3449万

2010-12-31:71億6644万

もっと見る

従業員数

2013-03-31:86

2012-03-31:83

2011-03-31:83

2010-03-31:63

売上総利益率

2013-12-31:5.2

2012-12-31:5.1

2011-12-31:5.4

2010-12-31:11.3

売上営業利益率

2013-12-31:-1.1

2012-12-31:-2.1

2011-12-31:-1.1

2010-12-31:4.1

売上経常利益率

2013-12-31:-1.1

2012-12-31:-2

2011-12-31:-0.4

2010-12-31:5.4

売上純利益率

2013-12-31:-0.8

2012-12-31:-2.2

2011-12-31:-0.4

2010-12-31:9.2

ROA

2013-12-31:-0.53332

2012-12-31:-1.19997

2011-12-31:-0.26666

2010-12-31:5.59986

もっと見る

ROE

2013-12-31:-0.53332

2012-12-31:-1.46663

2011-12-31:-0.26666

2010-12-31:6.39984

自己資本比率

2013-12-31:88.1

2012-12-31:86.8

2011-12-31:88.8

2010-12-31:87.4

流動比率

2013-12-31:1001

2012-12-31:832.5

2011-12-31:1072

2010-12-31:1112.5

固定比率

2013-12-31:24.1

2012-12-31:26.9

2011-12-31:31

2010-12-31:18

青木マリーンの事業内容

メインサブ
青木マリーン
なし

書類を取得できませんでした。

青木マリーンの業績推移

青木マリーンの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末現在において純粋持株会社であるサムシングホールディングス株式会社(以下当社という。)のもとにグループ会社9社及び関連会社1社により構成されております。事業としては、主に戸建用住宅地を対象として、地盤調査、地盤改良工事及び地盤保証を主に展開しております。なお、当社は、純粋持株会社であり、連結子会社各社の経営指導、グループ全体の事業統括及び新規事業開発等を行っております。また、連結子会社各社から、総務、人事、経理及び経営企画等の管理業務も受託しております。そして、第三者割当による新株式発行(以下、「本第三者割当」といいます。)を行ったことにより、平成28年9月29日...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社(株式会社グリーンアローズ中部及び株式会社グリーンアローズ九州)により構成されており、親会社である株式会社ダイセキの企業グループに属しております。当社グループは、汚染土壌の調査・処理事業、廃石膏ボードリサイクル事業、廃蛍光灯等リサイクル事業及び環境分析事業を主な事業内容としております。セグメント別の事業内容は次のとおりであります。っております。理、迅速性、価格競争力等で、他社との差別化を図っております。主な処理方法としては汚染土壌の掘削除去です。ループリサイクルセンターで加工され、セメント原料として再利用されます。...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当事業年度末における当社グループは、当社及びその他の関係会社(三井金属鉱業株式会社)1社の2社より構成されております。当社は『顧客のニーズを先取りして、創造にチャレンジし 社会に貢献すると共に、社業の発展を期する』を経営理念として、『材料と環境の橋渡し』をスローガンに、様々な環境の中で使用される金属材料を腐食から守り、構造物の期待寿命を確実に維持させることを使命としております。そのために、各種環境に曝されている構造物の腐食・劣化調査と解析・評価を行い、その結果に基づいた腐食対策の提案、防食設計、対策工事そして維持管理という総合的な防食システムの提供(以下「工事」)を主たる業務としております。ま...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社6社及び関連会社1社で構成され、土木事業、地盤改良事業及びブロック事業を主な事業内容としている。当社、高橋秋和建設(株)が土木工事の施工を行っており、両社は相互に工事の発注又は受注を行っている。当社、(株)ソイルテクニカ及びFudo Construction Inc.が地盤改良工事の施工等を行っており、当社は(株)ソイルテクニカより建設機械を賃借している。当社、(株)三柱及び東亜土木(株)が消波・根固ブロック用鋼製型枠の賃貸等を行っており、当社は土木事業においてこれらの会社より消波・根固ブロック用鋼製型枠を貸借している。福祉商事(株)が保険代理等のサービスの提供を行...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社2社で構成され、建設事業及び建設コンサルティング事業を主な事業の内容としております。建設事業 当社は特殊土木技術の専門工事業を営んでおります。子会社である三信建設工業(香港)有限公司が建設業を営んでおりましたが、現在は平成23年10月に開設しました香港支店が香港を拠点とした東南アジア諸国での建設事業を営んでおり、業務移管をしております。その他の事業 子会社である(株)日東テクノ・グループが工業所有権の管理・販売並びに建設用資機材販売事業を営んでおります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び文化財調査コンサルタント(株)(関連会社)の2社により構成されております。当社は建設工事に関連する地質調査、土質調査を中心に環境・防災・海洋調査業務等を行い、これらに関連する測量、建設計画、設計等の業務および工事を営む単一セグメントであります。関連会社の文化財調査コンサルタント(株)は微化石分析と文化財調査を行っております。その一部は当社が発注しております。...(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、地盤改良工事を行わない地盤解析専門会社として、一般的には、地盤調査、地盤解析、地盤改良工事が同一の事業者により行われているケースが多い中、第三者的立場かつ専門家としての見地から地盤改良工事の要・不要についての判定情報を工務店、住宅設計事務所及びハウスメーカー(以下、工務店等という)に提供し、消費者と地盤改良工事を施工する地盤業者との間に存在する情報格差を解消するという、消費者の視点に立った地盤解析事業を展開しております。工務店等が住宅を建築する際には、地盤調査を実施し、国土交通省令を始めとする関係法令に基づいて住宅基礎仕様を決める義務があります。また、...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結対象会社444社(うち、連結子会社368社、持分法適用関連会社76社)からなり、海運業を中心にグローバルな事業展開を図っております。当社グループの事業は、不定期専用船事業、コンテナ船事業、フェリー・内航RORO船事業、関連事業及びその他の5セグメントに分類されており、それぞれの事業の概要及び主要関係会社は以下のとおりです。当社並びに関係会社を通じて、ドライバルク船、油送船、海洋事業・LNG船、自動車専用船等の不定期専用船を保有、運航し、世界的な規模で海上貨物輸送を行っております。MOL CAPE (SINGAPORE) PTE. LTD.、PHOENIX TANKE...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”「コンテナ船」にはコンテナ船事業及び物流事業、「不定期専用船」にはドライバルク事業、自動車船事業、エネルギー資源輸送事業、近海・内航事業、「海洋資源開発及び重量物船」にはエネルギー関連開発事業、オフショア支援船事業及び重量物船事業を集約しています。"K" LINE PTE LTD、"K" LINE AMERICA, INC.、"K" LINE (KOREA) LTD.、KLINE (CHINA) LTD.、"K" LINE (TAIWAN) LTD.、 K LINE (THAILAND) LTD.、"K" LINE (SINGAPORE) PTE LTD、PT. K LINE INDONESI...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”(1)当社グループは、提出会社(NSユナイテッド海運株式会社、以下当社という。)のほか子会社65社、関連会社3社及びその他の関係会社2社により構成されており、海運業及び海運附帯事業を主たる業務としております。当社:運賃、貸船料、運航手数料等を収受する外航海運事業を営んでおります。NEW HARVEST S.A.、HIGHLAND MARITIME S.A.、HOSEI SHIPPING S.A. 他日邦マリン(株)及びNSユナイテッドマリンサービス(株)は、平成29年4月1日を効力発生日として、日邦マリン(株)を存続会社、NSユナイテッドマリンサービス(株)を消滅会社とする吸収合併を行ない、合...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-06-30)

(2014-06-30) 売上高2年連続プラス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益3年連続赤字,2年連続プラス成長当期純利益3年連続赤字,4年連続マイナス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、提出会社(飯野海運株式会社、以下当社という。)のほか連結対象子会社56社、持分法適用会社4社及び連結対象外の関係会社10社(平成29年3月31日現在)で構成され、外航海運業、内航・近海海運業及び不動産業の3事業を行っております。船舶の運航、貸渡、用船、管理、海運仲立業、舶用品販売及び代理店業を行っております。(運航及び貸渡) AZALEA TRANSPORT S.A.船舶の運航、貸渡、用船及び管理を行っております。ビルの賃貸、管理、倉庫業及び不動産関連事業を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社(T.S. Central Shipping Co.,Ltd.、大四マリン(株)及び本山パインクレスト(株))の計4社で構成されており、外航海運業、内航海運業及び不動産賃貸業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。連結財務諸表提出会社(玉井商船(株)、以下当社という。)は、主として、内外航船舶をもって海上の貨物運送を行い、運賃、貸船料等の海運業収益を得ることを目的とする海運業を営んでおります。T.S. Central Shipping Co., Ltd.(連結子会社、以下、T.S. Central社という。海運業)からの長期定期用船船舶5隻を...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は当社及び子会社15社(国内会社1社、外国会社14社)、その他の関係会社1社(国内会社)で構成されていて、主な事業の内容は船舶運航業務及び船舶貸渡業であり、当該事業に係る関係会社の位置づけは次のとおりであります。船舶を運航又は貸し渡すことにより、運賃、貸船料等を収受する外航海運事業及びその付帯事業を営んでおります。(1)船舶を保有し、当社に船舶を貸し渡す事業を営んでおります。(2)船舶を保有し、得意先に貸し渡す事業を営んでおります。(3)船舶を当社より借り受け、当社に貸し渡す事業を営んでおります。(4)業務委託契約を結びバースマスター業務等の海運周辺事業を営んでおります。日本郵船...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社6社で構成され、海運事業、貿易事業、洋上給油事業及び船舶貸渡事業を主な事業としております。なお、本文中において中華民国は台湾と記載しております。当社及び当社グループが所有する超低温冷蔵船6隻に加え、他社からの受託により運航する超低温冷蔵船2隻の計8隻を主体にした船団により、往航は海外操業漁船向けの冷凍餌料及び漁労資材などの運搬を行い、復航では日本及び外国漁船が漁獲した冷凍まぐろの運搬、海外蓄養まぐろ基地での船上凍結加工及び加工品の運送などを行っております。東南アジアを中心として航海機器・漁具・餌料・水産加工品及び冷凍魚類の輸出入、冷凍まぐろの輸入代行業務を行...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社1社で構成され、製品およびサービスの販売方法の類似性から主に消波根固ブロックの製造用鋼製型枠の型枠貸与事業と工場で製造した護岸ブロック等のコンクリート二次製品、連結した自然石製品、吸出防止、洗掘防止、遮水等の土木シート製品等の製品販売事業を主な事業としております。当社グループの売上構成は、次のとおりであります。(13.8)(14.9)(86.2)(85.1)(100.0)...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高4年連続プラス成長営業利益2年連続プラス成長,7年連続黒字経常利益2年連続プラス成長,7年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、持株会社である当社、連結子会社8社(株式会社アイ・エス・ソリューション、YAMAテック株式会社、株式会社ランドコンシェルジュ、株式会社エンバイオ・リアルエステート、ヴェガ・ソーラー合同会社、アルタイル・ソーラー合同会社、ソーラー年金株式会社、太陽光パーク2合同会社)、関連会社1社(江蘇聖泰実田環境修復有限公司)及びその他の関係会社1社(株式会社シーアールイー)により構成されています。当社グループは、土壌汚染の調査・浄化工事・リスクコンサルティング及び土壌汚染関連機器・資材販売を行う土壌汚染対策事業、土壌汚染地の有効活用を支援するブラウンフィールド活用事業を主要な事業とし、土地の...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

青木マリーンの同業他社をもっと見る

青木マリーンの関連統計

統計分類検索へ

青木マリーンの基本情報

企業名 青木マリーン株式会社
カナ アオキマリーンカブシキガイシャ
英語名 AOKI MARINE CO., LTD.
業種 建設業
所在地 大阪市北区大淀南一丁目4番15号
ホームページ http://www.aokimarine.co.jp/
EDINET E00214
証券コード 1875
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1875)
決算日 -