比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2012-06-30)

2015/11/01

南九州コカ・コーラボトリングの最新業績

業界:飲料業界すぐ比較

南九州コカ・コーラボトリングの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から南九州コカ・コーラボトリングの事業内容についても確認できます。 注意:南九州コカ・コーラボトリングの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2012-06-30:-2.65

2012-03-31:3

2011-12-31:7.81

2011-09-30:10

売上高

2012-06-30:184億0750万

2011-06-30:190億6877万

2010-06-30:186億9069万

2009-06-30:215億2885万

売上総利益

2012-06-30:77億2700万

2011-06-30:81億9854万

2010-06-30:74億5948万

2009-06-30:84億1288万

営業利益

2012-06-30:1億2350万

2011-06-30:5億6661万

2010-06-30:3億4037万

2009-06-30:4億7170万

経常利益

2012-06-30:1億2650万

2011-06-30:4億9471万

2010-06-30:2億3177万

2009-06-30:3億6549万

当期純利益

2012-06-30:1750万

2011-06-30:3億2428万

2010-06-30:1億0909万

2009-06-30:-1億8200万

もっと見る

包括利益

2012-06-30:2350万

2011-06-30:3億3534万

営業CF

2012-06-30:2億2600万

2011-06-30:20億1406万

2010-06-30:7億1191万

2009-06-30:21億3413万

投資CF

2012-06-30:-14億2200万

2011-06-30:-6億2744万

2010-06-30:-3億7405万

2009-06-30:-3億5078万

財務CF

2012-06-30:-8億2750万

2011-06-30:-11億7897万

2010-06-30:-20億8395万

2009-06-30:-15億0785万

総資産

2012-06-30:602億3400万

2011-06-30:633億8600万

2010-06-30:721億9000万

2009-06-30:708億3672万

流動資産

2012-06-30:196億7900万

2011-06-30:227億8300万

2010-06-30:279億6400万

2009-06-30:299億5243万

もっと見る

現金及び現金同等物

2012-06-30:35億6500万

2011-06-30:83億1900万

2010-06-30:130億3300万

2009-06-30:159億6450万

現金及び預金

2012-06-30:35億6200万

2011-06-30:78億4300万

2010-06-30:125億7400万

2009-06-30:145億2552万

固定資産

2012-06-30:405億5400万

2011-06-30:406億0200万

2010-06-30:442億2500万

2009-06-30:408億8428万

負債

2012-06-30:123億5700万

2011-06-30:158億2000万

2010-06-30:185億9800万

2009-06-30:143億2697万

流動負債

2012-06-30:114億8100万

2011-06-30:121億2000万

2010-06-30:115億8200万

2009-06-30:93億4634万

固定負債

2012-06-30:8億7500万

2011-06-30:36億9900万

2010-06-30:70億1600万

2009-06-30:49億8013万

もっと見る

純資産

2012-06-30:478億7600万

2011-06-30:475億6500万

2010-06-30:535億9100万

2009-06-30:565億0974万

従業員数

2012-06-30:2144

2011-06-30:2230

2010-06-30:2338

2009-06-30:2834

臨時従業員数(外)

2012-06-30:300

2011-06-30:314

2010-06-30:344

2009-06-30:448

売上総利益率

2012-06-30:42

2011-06-30:43

2010-06-30:39.9

2009-06-30:39.1

売上営業利益率

2012-06-30:0.7

2011-06-30:3

2010-06-30:1.8

2009-06-30:2.2

売上経常利益率

2012-06-30:0.7

2011-06-30:2.6

2010-06-30:1.2

2009-06-30:1.7

もっと見る

売上純利益率

2012-06-30:0.1

2011-06-30:1.7

2010-06-30:0.6

2009-06-30:-0.8

ROA

2012-06-30:0

2011-06-30:2

2010-06-30:0.8

2009-06-30:-1.2

ROE

2012-06-30:0

2011-06-30:2.8

2010-06-30:0.8

2009-06-30:-1.2

自己資本比率

2012-06-30:79.5

2011-06-30:75

2010-06-30:74.2

2009-06-30:79.8

流動比率

2012-06-30:171.4

2011-06-30:188

2010-06-30:241.4

2009-06-30:320.5

固定比率

2012-06-30:84.7

2011-06-30:85.4

2010-06-30:82.5

2009-06-30:72.3

南九州コカ・コーラボトリングの事業内容

メインサブ
南九州コカ・コーラボトリング
なし

書類を取得できませんでした。

南九州コカ・コーラボトリングの業績推移

南九州コカ・コーラボトリングの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社74社、関連会社21社およびその他の関係会社1社で構成されています。当社が製造し、主に全国に所在するヤクルト販売会社113社(宮城中央ヤクルト販売(株)の子会社1社、東京ヤクルト販売(株)の子会社1社、(株)ヤクルト東海の子会社4社、(株)ヤクルト北陸の子会社1社、(株)ヤクルト山陽の子会社2社を含む。このうち、連結子会社は東京ヤクルト販売(株)他23社、関連会社は武蔵野ヤクルト販売(株)他16社(持分法非適用)以下同じ)へ販売しています。 なお、製造にあたっては、製造工程の一部を(株)岩手ヤクルト工場他4社(連結子会社)に委託し、(株)ヤクルトマテリアル他1社(...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団(アサヒグループ)は、当社、連結子会社137社及び持分法適用会社138社により構成され、その主な事業内容と、主要な会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりです。連結子会社であるアサヒビール(株)は全国でビール類、低アルコール飲料等の製造・販売及び焼酎、洋酒、ワイン等の販売を行っております。また、連結子会社であるニッカウヰスキー(株)は、焼酎、洋酒等の製造を行っており、アサヒビール(株)等へ販売しております。連結子会社であるさつま司酒造(株)は、焼酎の製造を行っており、アサヒビール(株)等へ販売しております。連結子会社であるサントネージュワイン(株)は、ワインの製造を行っており、アサヒ...(20170512に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、純粋持株会社制を導入しており、当社及び連結子会社188社、持分法適用関連会社18社によって構成されております。当社は、持株会社として、グループ戦略の策定、グループ経営のモニタリング機能を果たすとともに、グループ会社への専門サービスの提供を行っております。キリン(株)(連結子会社)は、日本綜合飲料事業の事業管理を行っております。キリンビール(株)(連結子会社)は、ビール・発泡酒・新ジャンル・その他酒類等の製造・販売を行っております。キリンビールマーケティング(株)(連結子会社)は、業務用市場・量販市場での価値創造、販売マーケティング活動、ブランド価値を伝えるプロモーション開発とい...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、当社の親会社及び連結子会社4社で構成されており、親会社の大日本印刷株式会社は印刷事業を主な事業内容としているのに対し、当社グループの事業は清涼飲料の製造・販売事業であります。当社が販売するほか、子会社が製造、運送、自動販売機のオペレーションなどの付帯業務を行っております。なお、当社グループは清涼飲料の製造・販売事業の単一セグメントであります。当社が販売するほか、北海道ベンディング株式会社が自動販売機による販売事業及び自動販売機のオペレーション事業を行っております。北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社は当社からの業務委託により、飲料の製造及び自動販売機の修理等の事業を行っ...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(コカ・コーラウエスト株式会社)、子会社18社、関連会社6社により構成されており、清涼飲料事業を主たる業務としております。また、株式会社リコーはその他の関係会社であります。当社、四国コカ・コーラボトリング株式会社、コカ・コーラウエストベンディング株式会社、西日本ビバレッジ株式会社、四国キヤンテイーン株式会社、パシフィックエース西日本株式会社、コカ・コーラウエストセールスサポート株式会社、株式会社カディアック、新CCW設立準備株式会社、株式会社ウエックス、コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社、株式会社エフ・ヴィ・コーポレーション、株式会社アペックス西日本が行っておりま...(20170323に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年12月31日現在で、当社、連結子会社2社、非連結子会社1社および持分法適用関係会社3社で構成されております。当社、FVイーストジャパン株式会社が行っております。当社が行っております。...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、親会社であるサントリーホールディングス(株)を中心とするサントリーグループの飲料・食品セグメントの中核をなす企業で、飲料・食品の製造・販売事業を行っています。当社グループは、当社、子会社101社及び関連会社14社より構成されています。当社グループは、サントリーグループの「人と自然と響きあう」すなわち「世界の人々、人々を取り巻く様々な自然環境と響きあいながら、人々のニーズに基づいた生活文化の豊かな発展と、その存続基盤である地球環境の健全な維持を目指して企業活動に邁進し、真に豊かな社会の実現に貢献する」という企業理念に基づき、事業活動を展開しています。また、サントリーグループはコーポレート...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年4月15日開催の取締役会において決議した当社と株式会社エフエルシーとの間で締結した「経営統合に関する基本合意書」に基づく株式交換を実施し、純粋持株会社である「株式会社プレミアムウォーターホールディングス」(平成28年7月1日付で当社の商号を変更)を親会社とする持株会社体制に移行いたしました。また、新たに株式取得により株式会社Bestライフソリューション他2社を持分法適用の範囲に含めております。また、当社の連結子会社であった株式会社アイディール・ライフ及び株式会社ディー・アクションは、同じく連結子会社である株式会社ウォーターダイレクトを存続会社とする吸収合併により消滅し...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-04-20)

(2017-04-20) ”当社グループは、当社及び子会社16社、持分法適用関連会社5社、非連結持分法非適用子会社1社により構成されており、飲料の製造・販売を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)飲料販売部門 当社及び販売会社7社が、主に、当社が企画開発しグループ外の飲料製造業者に容器等の資材を支給して製造委託した各種清涼飲料を、自販機とコンビニエンスストア等の店頭を通して消費者に販売しております。また、大同薬品工業(株)(連結子会社)が製薬会社と業務提携して製造するドリンク剤(医薬部外品)を自販機で...(20170417に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社34社、関連会社5社により構成されており、茶葉(リーフ)、飲料(ドリンク)の製造販売を主たる事業とし、飲食関連事業ならびにその他の関連事業も行っております。当社は茶葉(リーフ)製品を仕入製造し、緑茶、麦茶、ウーロン茶等を中心に全国に販売しております。ただし、沖縄地区におきましては、(株)沖縄伊藤園が当社製品を仕入れて販売しております。また、伊藤園産業(株)及び(株)伊藤園関西茶業は緑茶、麦茶等を製造加工し、その大部分を当社が仕入れております。当社はほとんどの飲料(ドリンク)製品を企画・開発し、生産につきましては当グループ外のメーカーに製造委託し、完成品として仕入れ...(20170726に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社、関連会社2社で構成され、当社は、消費者に直飲される清涼飲料及び業務用飲料等の受託製造を主たる業務としております。当社は、一般消費者が直飲する清涼飲料及び業務用飲料等について、お客様である飲料メーカー(業界では「ブランドオーナー」と呼んでおります。)から受注し、飲料メーカーの製品仕様に従って受託製造しております。また、当社には、その他の関係会社として伊藤忠商事(株)があり、同社とは、業務用飲料の受託製造などの取引を行っております。非連結子会社の旧 ジャパンジュースプロセッシング(株)は、平成29年2月13日付公表の「会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ」の...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社41社及び関連会社4社で構成され、国内外での食品の製造、仕入及び販売を主な事業内容としております。なお、国内事業は製品の種類により分化しており、各セグメントの補足は以下の通りであります。「飲料」は、野菜飲料、フルーツ飲料、乳酸菌などが対象となります。「食品」は、調味料、調理食品が対象となります。「ギフト」は、主として飲料のギフトが対象となります。「農」は、各菜園での生鮮トマトなどの生産とその販売、農産資材などの販売を行っております。「通販」は、自社通販による通販専用の飲料やサプリメントなどが対象となります。...(20170317に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の子会社1社で構成され、麦茶・健康茶等の製造販売を主力とする飲料事業、ビーフジャーキーの製造販売を行う珍味事業、その他乾燥ナルト等の業務用商品の製造販売を主たる事業として行っております。(1) 飲料事業・・・当社が製造・販売しております。(2) 珍味事業・・・子会社が製造し、当社が販売しております。(3) その他・・・・当社が製造・販売しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続赤字,プラス成長に回復経常利益3年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益3年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の主たる事業は以下の4つの部門で構成されています。当社工場において製造した、ワイン、リキュール等の酒類及び清涼飲料水を工場直営売店にて販売しておりま す。また、県内外の酒類卸売、小売業者への販売を行っております。工場直営売店において、上記の当社製品のほかに、土産品を商品として販売しております。自社工場設備を活用して、他社の酒類の充填業務を行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-09-30)

(2013-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続マイナス成長,6年連続黒字経常利益マイナス成長へ転落,6年連続黒字当期純利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-04-30)

(2011-04-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,プラス成長に回復経常利益4年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高4年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益4年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益3年連続黒字,4年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社及び関係会社は、純粋持株会社制を導入しており、当社、親会社、子会社274社及び関連会社46社より構成され、飲料・食品及び酒類の製造・販売、更にその他の事業活動を行っています。当社は、グループ全体の経営戦略の策定・推進及びコーポレート機能を果たしています。サントリー食品インターナショナル(株)及びその子会社は、日本、欧州、アジア、オセアニア等のエリアで、清涼飲料の製造・販売を行っています。サントリーフーズ(株)、サントリービバレッジソリューション(株)、サントリービバレッジサービス(株)及び(株)ジャパンビバレッジホールディングスは、清涼飲料の販売を行っています。サントリープロダクツ(株)は...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、ブラジル連邦共和国パラ州のトメアス総合農業協同組合(以下、「CAMTA」(注)1という。当社は、「健康・本物」を基本に据えて、主力商品であるアサイーを中心に、まさに天然のサプリメントといえるアマゾンフルーツをわが国に普及、拡大すべく事業を展開しております。当社は、『自然と共に生きる』を企業理念とし、地球温暖化対策に貢献するべく、“経済が環境を復元させる事業モデルの構築~グリーンエコノミーの実現~”を企業コンセプトとして推し進めております。アマゾンフルーツを安定的に供給するには、持続的農業と加工設備の両立が不可欠で、それを実現させているのがCAMTAです。CAMTAは、アマゾン地域で持続...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

南九州コカ・コーラボトリングの同業他社をもっと見る

南九州コカ・コーラボトリングの関連統計

統計分類検索へ

南九州コカ・コーラボトリングの基本情報

企業名 南九州コカ・コーラボトリング株式会社
カナ ミナミキュウシュウコカコーラボトリングカブシキガイシャ
英語名 
業種 食料品
所在地 熊本市南高江三丁目5番1号
ホームページ http://www.minami-kyushu.ccbc.co.jp/
EDINET E00425
証券コード -
決算日 -