比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/07/01

ジャパンローヤルゼリーの最新業績

業界:ヘルスケア業界すぐ比較

ジャパンローヤルゼリーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からジャパンローヤルゼリーの事業内容についても確認できます。 注意:ジャパンローヤルゼリーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:-10

2016-12-31:-8.14

2016-09-30:-6.2

2016-06-30:-4.22

売上高

2017-03-31:27億2583万

2016-03-31:28億0086万

2015-03-31:28億2191万

2014-03-31:30億1529万

売上総利益

2017-03-31:21億9587万

2016-03-31:22億5371万

2015-03-31:22億7578万

2014-03-31:24億5381万

営業利益

2017-03-31:1億6191万

2016-03-31:2億0663万

2015-03-31:1億9477万

2014-03-31:3億3924万

経常利益

2017-03-31:9377万

2016-03-31:1億4218万

2015-03-31:1億6804万

2014-03-31:2億7487万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:472万

2016-03-31:7592万

2015-03-31:-6億4789万

2014-03-31:1億0342万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:1億9706万

2016-03-31:2億1986万

2015-03-31:-4億1276万

2014-03-31:9836万

投資CF

2017-03-31:-4959万

2016-03-31:-1億1054万

2015-03-31:4億4733万

2014-03-31:-1764万

財務CF

2017-03-31:-1億4643万

2016-03-31:-2億6079万

2015-03-31:-9779万

2014-03-31:-2億1170万

総資産額

2017-03-31:47億8090万

2016-03-31:48億7729万

2015-03-31:50億3563万

2014-03-31:58億9901万

流動資産

2017-03-31:17億9411万

2016-03-31:18億6868万

2015-03-31:20億8169万

2014-03-31:20億6166万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:3億6349万

2016-03-31:3億6245万

2015-03-31:5億1276万

2014-03-31:5億7634万

もっと見る

現金及び預金

2017-03-31:3億8749万

2016-03-31:4億1045万

2015-03-31:5億6076万

2014-03-31:6億4234万

固定資産

2017-03-31:29億8678万

2016-03-31:30億0781万

2015-03-31:29億4993万

2014-03-31:38億3012万

負債

2017-03-31:30億5125万

2016-03-31:31億1997万

2015-03-31:33億2184万

2014-03-31:34億7923万

流動負債

2017-03-31:20億9829万

2016-03-31:21億4405万

2015-03-31:17億0087万

2014-03-31:17億2165万

固定負債

2017-03-31:9億5295万

2016-03-31:9億7591万

2015-03-31:16億2096万

2014-03-31:17億5757万

純資産

2017-03-31:17億2965万

2016-03-31:17億5732万

2015-03-31:17億1379万

2014-03-31:24億1977万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:84

2016-03-31:88

2015-03-31:83

2014-03-31:83

臨時従業員数(外)

2017-03-31:12

2016-03-31:12

2015-03-31:22

2014-03-31:17

売上総利益率

2017-03-31:80.6

2016-03-31:80.5

2015-03-31:80.6

2014-03-31:81.4

売上営業利益率

2017-03-31:5.9

2016-03-31:7.4

2015-03-31:6.9

2014-03-31:11.3

売上経常利益率

2017-03-31:3.4

2016-03-31:5.1

2015-03-31:6

2014-03-31:9.1

売上純利益率

2017-03-31:0.2

2016-03-31:2.7

2015-03-31:-23

2014-03-31:3.4

もっと見る

ROA

2017-03-31:0.1

2016-03-31:1.6

2015-03-31:-12.9

2014-03-31:1.8

ROE

2017-03-31:0.3

2016-03-31:4.3

2015-03-31:-37.8

2014-03-31:4.3

自己資本比率

2017-03-31:36.2

2016-03-31:36

2015-03-31:34

2014-03-31:41

流動比率

2017-03-31:85.5

2016-03-31:87.2

2015-03-31:122.4

2014-03-31:119.7

固定比率

2017-03-31:172.7

2016-03-31:171.2

2015-03-31:172.1

2014-03-31:158.3

業績ランキングは

3873

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ジャパンローヤルゼリーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ジャパンローヤルゼリー
なし

キーワードの推移
2017/06/30(年度)2016/06/30(年度)2015/06/29(年度)2015/06/22(年度)2016/12/27(四半期)2015/12/25(四半期)
jrjjrjjrjjrjキャシュjrj
ローヤルゼリローヤルゼリローヤルゼリローヤルゼリ健康食品キャシュ
ムード全国大会
健康食品かな健康食品健康食品国際金融市場健康食品
プレミアムガーリックオニオン健康食品志気ローヤルオニオンスキン化粧品代理店
プレミアムガーリックオニオンローヤルオニオンスキン代理店化粧品
ファミリファミリファミリフロー大会
原乳ファミリ役員退職慰労金原乳euフロー
ガーリック原乳ローヤル定期預金ファミリ
化粧品ガーリック原乳化粧品熊本地震夏場
蜂蜜化粧品ローヤル蜂蜜株安販管費
オニオン蜂蜜化粧品オニオン食品食品
オニオン蜂蜜利息活性
ボトリングオニオンスキン地震天候
代理店ボトリング名取ボトリング資源国保証金
顆粒顆粒代理店代理店預入原油価格
錠剤錠剤顆粒活性ユーザ
フォローアップ代理店スキン錠剤ユーザ棚卸
カプセル勉強会菜種カプセル社債社債
食品カプセルボトリング食品材料原油
トランプ食品モデル事業一丸円高
メイン出前顆粒電気料金資源
プレミアム短期貸付金錠剤出前お客様金額
原材料保証金カプセル短期貸付金棚卸固定負債
定期預金メイン食品原材料債権
oemプレミアム出前メイン金額配当金
資金調達定期預金短期貸付金定期預金長期金融
貯蔵品oemメインoem配当金資金
資金調達積立資金調達個人消費
一丸社債役員
年度or届出書
四半期or半期

(20170630)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161227)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ジャパンローヤルゼリーの類似企業へ

ジャパンローヤルゼリーの業績推移

ジャパンローヤルゼリーの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)総医研ホールディングス)及び子会社5社により構成されており、生体評価システム事業、ヘルスケアサポート事業、化粧品事業、マーケティング事業及び健康補助食品事業を主たる業務としております。生体評価システム事業は(株)総合医科学研究所が営む事業であり、大学の研究成果を導入することにより、身体や病気の状態を客観的かつ定量的に評価するための指標であるバイオマーカーとそれを利用した生体評価システムの研究開発を行い、その技術を応用して、従来は適正な評価方法が存在しなかったために有効な食品や医薬品等の開発が不可能であった病態や疾病等に関して新たな食薬等の市...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、親会社であるサントリーホールディングス(株)を中心とするサントリーグループの飲料・食品セグメントの中核をなす企業で、飲料・食品の製造・販売事業を行っています。当社グループは、当社、子会社101社及び関連会社14社より構成されています。当社グループは、サントリーグループの「人と自然と響きあう」すなわち「世界の人々、人々を取り巻く様々な自然環境と響きあいながら、人々のニーズに基づいた生活文化の豊かな発展と、その存続基盤である地球環境の健全な維持を目指して企業活動に邁進し、真に豊かな社会の実現に貢献する」という企業理念に基づき、事業活動を展開しています。また、サントリーグループはコーポレート...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社93社及び持分法適用会社7社より構成され、調味料・加工食品、冷凍食品、コーヒー類、加工用うま味調味料・甘味料、動物栄養、化成品、アミノ酸、更にその他の事業活動を行っております。これに伴い、当社の持分比率は40%となり、同社は当社の連結子会社から持分法適用会社となりました。これに伴い、同社を当社の持分法適用会社としております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社36社および関連会社4社で構成され、食料品の製造販売を主な事業内容とし、さらに当該事業に関連する物流およびその他のサービス、ならびにレストラン経営等の事業活動を展開しております。国内における香辛・調味加工食品および業務用製品の製造販売事業を行っております。ハウス食品(株)は、香辛・調味加工食品および業務用製品の製造販売を行っております。(株)ギャバンは、香辛料の輸入・製造販売および輸入食品販売を行っております。サンハウス食品(株)は、レトルト食品等の製造を行っております。サンサプライ(株)は、食肉の加工を行っております。ハウスあいファクトリー(株)は、スパイス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社2社(マルミフーズ(株)、UMIウェルネス(株))で構成されており、事業は、調味料、機能食品、水産物及びその他の食品等の製造・販売業務を営んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の企業集団は、当社((株)AFC-HDアムスライフサイエンス)及び連結子会社7社により構成されており、主な事業として当社及び連結子会社5社により、下記の事業を営んでおります。なお、当社グループのセグメントは、健康食品を中心とするヘルスケア事業と漢方医療用医薬品を中心とする医薬品事業に分類しております。以上、述べた事業を、当社グループを構成する会社別に要約いたしますと、次のとおりであります。...(20161125に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ユーグレナ)、子会社8社及び関連会社1社により構成されており、微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食品用途屋外大量培養技術をコア技術とし、ユーグレナに関する多様な研究開発活動を行うとともに、その研究開発成果を活かしてヘルスケア事業(ユーグレナを活用した食品製造販売及び化粧品製造販売)、エネルギー・環境事業(ユーグレナを活用したバイオ燃料開発等)といった事業を展開しております。子会社である八重山殖産株式会社は微細藻類の大量培養施設を有し、当社ユーグレナの大量培養を行い、当社ユーグレナの乾燥粉末(以下、「当社ユーグレナ粉末」といいます。)を製造しております。ユーグレ...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社5社により構成されており、コミュニケーション・セールス事業、化粧品卸事業及びカラーコンタクトレンズ事業を営んでおります。当社グループの事業展開は以下のとおりであります。化粧品及び健康食品の通信販売を行っております。化粧品及び入浴剤の卸売りを行っております。カラーコンタクトレンズ等の製造及び販売を行っております。...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社、連結子会社4社で構成され、医薬品及び機能食品の製造販売を主な事業にしております。当社が製造・販売するほか、シオエ製薬(株)においても製造・販売を行っております。タジマ食品工業(株)は、原料を製造し当社に供給しております。また、米国においてはNS Pharma, Inc.が、医薬品の導出入業務と臨床開発業務を中心に行っております。当社が製造・販売するほか、タジマ食品工業(株)が受託製造を行っております。シオエ製薬(株)からは、商品の供給を受けております。NSシェアードサービス(株)において、ビジネスサポート業務、損害保険代理及び生命保険の募集、不動産の賃貸を行っております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社である大和薬品工業株式会社、Daito Pharmaceuticals America, Inc.及び大桐製薬(中国)有限責任公司によって構成されており、原薬及び製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販売及び仕入販売、原薬及び製剤に係る製造受託、並びに健康食品他の販売を主な事業としております。なお、当社グループは医薬品事業のみの単一セグメントであるため、販売品目毎の内容を記載しております。(注1) 医薬品(薬)とは、化学物質が生体に作用する性質を、人間や動物の病気を治すための道具として利用したものであり、原薬とは、このような性質を持っている化学物質自体のこと。...(20160826に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社147社、関連会社32社で構成され、事業の核をヘルスケアに置いて、国内・海外で医療関連、ニュートラシューティカルズ関連(注)、消費者関連及びその他(倉庫・運送業、液晶・分光事業及び化学薬品等)の事業活動を展開しております。当社は持株会社として、グループ戦略の立案・決定、グループ経営のモニタリング機能を果たすとともに、グループ会社に対して、各種共通サービスの提供を行っております。国内においては、大塚製薬(株)及び大鵬薬品工業(株)他が、海外においては大塚アメリカファーマシューティカル Inc.、大鵬オンコロジー Inc.及び大塚ファーマシュー...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、(株)ファンケル(当社)、子会社13社および関連会社2社で構成され、化粧品および栄養補助食品の製造販売を主な事業としております。営業活動は、通信販売(インターネット通信販売を含む)、直営店舗販売、卸販売の3形態を中心に展開しております。無添加化粧品を中心としたファンケル化粧品の製造は(株)ファンケル美健(連結子会社)が行い、販売は(株)ファンケルおよび(株)ファンケル化粧品(連結子会社)が行っております。アテニア化粧品の製造は(株)ファンケル美健が行い、販売は(株)アテニア(連結子会社)が行っております。boscia(ボウシャ)化粧品はboscia,LLC(連結子会社)が当企業集...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社シーズ・ホールディングス)、子会社8社により構成されており、株式会社ドクターシーラボの研究開発部が中心となり製商品化した、人の肌が持つ自然治癒力に着目した化粧品や、健康食品、美容機器等を販売する事業並びにエステティック・サロンの展開を主たる業務としております。Dr.Ci:Labo Company Limited(子会社)Ci:Labo USA, Inc.(子会社)DR.CI:LABO PTE.LTD.(子会社)...(20161026に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は株式会社創健社(当社)及び連結子会社である髙橋製麺株式会社により構成されており、事業は安全性、栄養性を追求した食品を広く取扱う、製造販売を営んでおります。 なお、当社グループは、健康自然食品の卸売業として単一セグメントであるため、セグメントの記載を省略しております。(当社)株式会社創健社 食べ物による健康作りを目指し、「安心で」「おいしく」「栄養価値のある」食品を提供することを企画・開発及び販売しております。髙橋製麺株式会社 当社即席麺の製造会社及び袋詰商品のリパック(小分け作業)工場であります。 また、即席麺の他社ブランド商品のOEM供給及び仕入先への...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(マルマン株式会社)、連結子会社5社(合同会社西山荘C.C.マネジメント、株式会社西山荘C.C.マネジメント、丸万(香港)有限公司、丸万(上海)体育用品貿易有限公司、丸万(北京)商貿有限公司)、持分法適用関連会社1社(株式会社マルマンゴルフコーポレーション)で構成され、「健康」をキーワードとして、ゴルフクラブ・キャディバッグ等のゴルフ用品、禁煙パイポ等の禁煙関連商品、各種サプリメント等の健康食品及びマウスケア商品の企画・開発・製造・販売・輸出入及びゴルフ場の運営を行っております。(1)国内ゴルフ事業......主な製品は、ゴルフクラブ、ゴルフ用品等であります。当社が開発・製...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる主な事業内容と企業集団を構成する各会社の当該事業における位置づけの概要は次のとおりであります。当社グループはシャクリー・グローバル・グループ(株)を持株会社とし、その傘下に各事業会社を配置しております。(国内) 日本シャクリー(株)が、シャクリーファミリー(スーパーバイザー、ディストリビューター及び メンバーで構成)を通じて、国内の消費者へ販売しております。 なお、原料及び製品の一部をシャクリーコーポレーションより購入し、製造技術等使用料を支払っ ております。また、シャクリー工業日本(株)へは製品の加工を委託しております。(海外) シャクリーコ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(森田薬品工業株式会社)、子会社2社(連結子会社1社、非連結子会社1社)により構成されており、OTC医薬品、受託製造医薬品、医薬部外品及び栄養機能食品などの製造、仕入、販売を主な内容とする単一セグメントの医薬事業を営んでおります。当社は、OTC医薬品、医薬部外品、栄養機能食品等の製造及び仕入、販売を行っております。また、連結子会社ビタエックス薬品工業(株)のOTC医薬品等の受託製造も行っており、同社より医薬品等を仕入れております。主な製造医薬品として「小児用ノバコデシロップ」、「マイコスダッシュ」、主な仕入販売医薬品として「タチカワ電解カルシウム」...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続プラス成長営業利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、主にインターネット上で一般消費者向けに健康美容商品を販売する「Eコマース事業」を行っております。当社は、製品の製造は外部委託及びOEM先に製造委託することにより業務のスリム化を図っております。また、受注・出荷業務、サイト制作、販売促進ツール等の企画制作、システム開発等については社内で運営する体制を基本としながら、今後の事業拡大を視野に入れ、外注による一層の業務効率化と機能強化を合わせて進めております。以上により、顧客満足度向上のための業務改善の迅速化や効率化を図っております。当社が取り扱う商品ジャンルは、健康や美容の悩みに対して具体的に効果を体感しやすくリピート使用されやすいものを中心...(20170531に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-09-30)

(2015-09-30) ”当社は、『モノ創りで、笑顔を繋ぐ。』をビジョンとして、心身ともに健康的で美しくありたいと頑張る女性に、笑顔で幸せな生活を楽しんでいただくための商品を提供することを目指しております。当社は、製造、物流を外部へ委託するファブレス企業であり、商品の企画、開発、マーケティング、プロモーション、セールスに経営資源を集中し、商品を企画、開発、販売しております。当社は「ビューティー&ヘルスケア」の単一事業を展開しておりますが、商品カテゴリーを「ヘルスケア」、「ボディケア」、「スキンケア」、「デイリーケア」に区分しております。当社は、生産を外部メーカーへ委託することにより、当社がデザイン事務所として事業を開始...(20151208に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

ジャパンローヤルゼリーの同業他社をもっと見る

ジャパンローヤルゼリーの関連統計

統計分類検索へ

ジャパンローヤルゼリーの基本情報

企業名 ジャパンローヤルゼリー株式会社
カナ ジャパンローヤルゼリーカブシキガイシャ
英語名 JAPAN ROYAL JELLY Co., LTD.
業種 食料品
所在地 新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル
ホームページ http://www.jrj.co.jp/
EDINET E00485
証券コード -
決算日 03月31日