比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-03-31)

2017/06/20

廣貫堂の最新業績

業界:製薬・医薬品業界すぐ比較

廣貫堂の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から廣貫堂の事業内容についても確認できます。 注意:廣貫堂の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:-4.72

2016-12-31:-5.43

2016-09-30:-6.34

2016-06-30:-8.17

売上高

2017-03-31:155億6167万

2016-03-31:149億8749万

2015-03-31:148億9341万

2014-03-31:143億7910万

売上総利益

2017-03-31:29億6844万

2016-03-31:33億1157万

2015-03-31:39億6675万

2014-03-31:38億3926万

営業利益

2017-03-31:-5億9369万

2016-03-31:-10億2230万

2015-03-31:-3億1973万

2014-03-31:1億0707万

経常利益

2017-03-31:-6億0196万

2016-03-31:-9億8283万

2015-03-31:-3億6206万

2014-03-31:2億4274万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:-6億5906万

2016-03-31:-1億2717万

2015-03-31:-1億8487万

2014-03-31:1億8630万

もっと見る

包括利益

2017-03-31:-5億5748万

2016-03-31:-3億0113万

2015-03-31:2757万

2014-03-31:2億3185万

営業CF

2017-03-31:12億6953万

2016-03-31:11億0901万

2015-03-31:9億1155万

2014-03-31:14億2555万

投資CF

2017-03-31:-5億6028万

2016-03-31:-11億3497万

2015-03-31:-48億0716万

2014-03-31:-10億5056万

財務CF

2017-03-31:-6億7400万

2016-03-31:1266万

2015-03-31:37億2969万

2014-03-31:-8億4022万

総資産額

2017-03-31:224億0963万

2016-03-31:230億0249万

2015-03-31:232億0574万

2014-03-31:176億9408万

流動資産

2017-03-31:91億2633万

2016-03-31:88億2320万

2015-03-31:84億4551万

2014-03-31:86億6791万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:5億9830万

2016-03-31:5億6796万

2015-03-31:5億9171万

2014-03-31:7億5654万

現金及び預金

2017-03-31:14億3199万

2016-03-31:14億0074万

2015-03-31:14億2456万

2014-03-31:16億0560万

固定資産

2017-03-31:132億8330万

2016-03-31:141億7929万

2015-03-31:147億6023万

2014-03-31:90億2617万

負債

2017-03-31:170億5359万

2016-03-31:170億7847万

2015-03-31:169億2926万

2014-03-31:113億3410万

流動負債

2017-03-31:105億3308万

2016-03-31:97億8821万

2015-03-31:95億4402万

2014-03-31:73億4449万

固定負債

2017-03-31:65億2051万

2016-03-31:72億9025万

2015-03-31:73億8524万

2014-03-31:39億8961万

もっと見る

純資産

2017-03-31:53億5603万

2016-03-31:59億2402万

2015-03-31:62億7647万

2014-03-31:63億5998万

従業員数

2017-03-31:728

2016-03-31:741

2015-03-31:723

2014-03-31:658

臨時従業員数(外)

2017-03-31:84

2016-03-31:99

2015-03-31:93

2014-03-31:74

売上総利益率

2017-03-31:19.1

2016-03-31:22.1

2015-03-31:26.6

2014-03-31:26.7

売上営業利益率

2017-03-31:-3.8

2016-03-31:-6.8

2015-03-31:-2.1

2014-03-31:0.7

売上経常利益率

2017-03-31:-3.9

2016-03-31:-6.6

2015-03-31:-2.4

2014-03-31:1.7

もっと見る

売上純利益率

2017-03-31:-4.2

2016-03-31:-0.8

2015-03-31:-1.2

2014-03-31:1.3

ROA

2017-03-31:-2.9

2016-03-31:-0.6

2015-03-31:-0.8

2014-03-31:1.1

ROE

2017-03-31:-12.3

2016-03-31:-2.1

2015-03-31:-2.9

2014-03-31:2.9

自己資本比率

2017-03-31:23.9

2016-03-31:25.8

2015-03-31:27

2014-03-31:35.9

流動比率

2017-03-31:86.6

2016-03-31:90.1

2015-03-31:88.5

2014-03-31:118

固定比率

2017-03-31:248

2016-03-31:239.4

2015-03-31:235.2

2014-03-31:141.9

業績ランキングは

3359

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

廣貫堂の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
廣貫堂
なし

キーワードの推移
2017/06/20(年度)2016/06/21(年度)2015/06/23(年度)2016/12/22(四半期)2015/12/24(四半期)
cmo廣貫堂cmocmo
cmo廣貫堂cmoプロジェクトベース配置販売業
プロジェクトベース顆粒廣貫堂
廣貫堂顆粒医薬品配置販売業
顆粒医薬品家庭薬廣貫堂三本の矢
薬剤薬剤薬剤ドリンク医薬品
医薬品ドリンクドリンク医薬品
ドリンクkyosokyoso後継者
総曲輪パナワンパナワン後継者薬膳
ジェネリック医薬品後継者後継者薬膳葛根湯
パナワンプロジェクトベース薬膳葛根湯熊胆
後継者葛根湯熊胆六神丸
レガート六神丸葛根湯六神丸ヘルスケア
薬膳熊胆六神丸ヘルスケアリテール
葛根湯トキワ熊胆富山空港富山空港
六神丸配置販売業トキワ
熊胆リテール配置販売業物流費薬品
トキワ東邦ホールディングスヘルスケアoem販売事業
配置販売業富山空港販売事業武田薬品工業
ヘルスケアヘルスケア東邦ホールディングス医療費液剤
リテール販売事業健保リテール顆粒
富山空港グローカルotc医薬品
oemイチ販売事業武田薬品工業
メディックグローカル液剤高齢化
物流費武田薬品工業メディック薬剤グローバル
販売事業ドラッグストアリテール高齢高齢
グローカルny高齢化otc医薬品ドリンク
メディックaeon mall武田薬品工業グローバルo
基軸ビジネスモデルドラッグストア高齢化流通事業
武田薬品工業oemnyoカフェ
年度or届出書
四半期or半期

(20170620)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161222)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

廣貫堂の類似企業へ

廣貫堂の業績推移

廣貫堂の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは連結財務諸表提出会社(以下「当社」という)と連結子会社(パートナーシップを含む)147社、持分法適用関連会社19社を合わせた167社により構成されております。日本においては、当社と日本製薬株式会社他が製造・販売しております。当社グループの製品は、一部を除いては当社経由で販売しております。日本を除くその他の地域においては、武田ファーマシューティカルズ・インターナショナル AGを販売統括とし、各国に展開している子会社・関連会社が販売機能を担っております。当社はこれらのうち一部の関係会社に製品を供給しております。また、武田アイルランド Limitedが、当社との加工委託契約に基づき製造...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社81社、持分法適用会社10社から構成されており、医薬品の研究、開発、製造及び販売を主要な事業としています。当社は研究、開発及び販売を行っており、各地域の当社の連結子会社へ原料及び製品の一部を供給しています。アステラス ファーマ テック株式会社が製造を行っており、当社へ供給しています。持株会社であるアステラス US ホールディング Inc.(米国)のもと、アステラス US LLC(米国)が米州の本社機能を担っています。アステラス ファーマ US, Inc.(米国)等が販売を行っています。アステラス US テクノロジーズ Inc.(米国)が米州の技術統括機能を担っ...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成29年3月31日現在、当社、親会社、子会社22社(連結子会社16社、非連結子会社6社)および関連会社7社(持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社4社)で構成されております。当社が医療用医薬品の製造、仕入および販売を行っております。当連結会計年度において新たに設立された連結子会社DSファーマプロモ株式会社が、医療用医薬品等のプロモーションを行っております。持分法適用関連会社株式会社クリエイトワクチンは、当社、日本ビーシージー製造株式会社と株式会社産業革新機構が出資する合弁会社であり、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所とNPO法人Aerasと共に結核ワクチンの開発...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社38社及び関連会社4社(平成29年3月31日現在)より構成されており、医療用医薬品の研究開発、仕入、製造、販売並びにこれらの付随業務を事業内容とする単一セグメントであります。主要な会社は次のとおりであります。シオノギヘルスケア(株)、シオノギテクノアドバンスリサーチ(株)、高田製薬(株)、シオノギ INC.、シオノギ Ltd.、C&Oファーマシューティカル テクノロジー ホールディングス Ltd.、台湾塩野義製薬(股)、北京塩野義医薬科技有限公司、シオノギシンガポール Pte.Ltd.、...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、2017年3月31日現在、当社および当社の関係会社である親会社、子会社27社(連結子会社27社)および関連会社1社の計30社で構成されており、主に医薬品事業を営んでおります。当社グループは、医療用医薬品、要指導医薬品および一般用医薬品の研究開発・製造・仕入・販売等を、国内および海外で行っております。医療用医薬品とは、医師もしくは歯科医師によって使用され、またはこれらの者の処方せんによって使用されることを目的として供給される医薬品をいい、一般用医薬品とは、医療用医薬品以外の医薬品で、一般消費者が薬剤師等による説明や相談を参考にしながら直接薬局・薬店等から購入して使用することを目的...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社(わかもと製薬株式会社)は、医療用医薬品(主な製品名:「マキュエイド硝子体内注用40mg」「ジクロード点眼液0.1%」「ゼペリン点眼液0.1%」「リズモンTG点眼液」)、薬粧品(主な製品名:「強力わかもと」「アバンビーズ」)、その他の医薬品(医薬品原料)の製造、販売を主たる業務としております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社と親会社(大正製薬ホールディングス株式会社)により構成されております。当社の主な事業内容は、医薬品・医薬部外品・食品の製造並びに販売であり、親会社グループの主な事業内容は医薬品・医薬部外品・食品等の研究開発、製造、販売であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、連結財務諸表提出会社(以下、「当社」という。国内事業:当社が製造した医薬品を、全国の特約店を通じて販売しております。製造については、一部医薬品の原材料をエフ・ホフマン・ラ・ロシュ・リミテッド[本社:スイス]から購入しております。また、中外製薬工業(株)及びジェネンテック・インコーポレーテッド[本社:米国]に医薬品の製造を委託しております。研究業務については、(株)中外医科学研究所に医薬品の研究業務の一部を委託しており、また同社に研究用施設等の管理業務を委託しております。(株)未来創薬研究所は創薬研究を実施しております。開発業務については、(株)中外臨床研究センターに臨床開発業務の...(20170323に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下、当社という)、連結子会社45社および持分法適用関連会社1社で構成され、その事業内容を医薬品事業とその他事業に区分しています。医薬品事業では、医療用医薬品、ジェネリック医薬品、一般用医薬品等の研究開発・製造・販売を行っています。なお、その他事業には、当社の医薬品原料などに係る事業が含まれます。Morphotek, Inc. (米国)Eisai Inc. (米国)H3 Biomedicine Inc. (米国)Eisai Europe Ltd. (英国)...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および子会社(以下、当社グループ)、並びに当社グループの関連会社においては、医薬品部門に関係する事業を行っております。医療用、一般用医薬品の製造・販売を行っております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社と連結子会社16社、持分法適用関連会社3社で構成されており、主に医薬品事業を営んでいます。「その他」には以下の有線テレビ放送事業及びその他の事業が含まれます。(国内) 1当社が製造販売しています。また、当社に商品を供給しています。(海外) 1連結子会社の持株会社ヒサミツ ユーエス インコーポレイテッドのもと、ヒサミ ツ アメリカ インコーポレイテッドは、当社より製品の供給を受け、主に米国で 販売を行っています。(国内) 1連結子会社の(株)CRCCメディアは、都市型有線テレビ放送事業、インターネット接続 サービス業を行っています。...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”参天製薬グループは、当社と連結子会社29社(期末現在)により構成されており、「医薬品の研究開発・製造・販売を中心とする医薬品事業」を主な事業として取り組んでいます。なお、次の2区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記」に掲げるセグメントの区分と同一です。Santen Holdings EU B.V.Santen S.A.S.Santen Italy S.r.l.Santen Pharmaceutical Spain, S.L.Santen Pharmaceutical Asia Pte. Ltd....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループが営んでいる主な事業内容と、当該事業に係る各社の位置付けは次のとおりであります。医療用医薬品および一般用医薬品を連結財務諸表提出会社(以下、「当社」という。)が製造・販売しております。連結子会社の深セン津村薬業有限公司は、主に医薬品の原料である生薬の調達・選別加工を行い、当社および連結子会社の上海津村製薬有限公司に販売しております。連結子会社の上海津村製薬有限公司は、主に漢方エキス粉末の生産を行い、当社に販売しております。持分法適用関連会社の四川川村中薬材有限公司は、主に医薬品の原料である生薬を調達・選別し、当社に販売しております。連結子会社のTSUMURA USA, INC.は、...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、連結財務諸表提出会社(以下当社という。)と連結国内子会社3社及び非連結海外子会社1社を合わせた5社により構成されており、医療用医薬品の製造販売を主な内容とし、更に関連する資材の仕入・販売、システム開発・情報処理業務、建設請負業務、施設・設備管理業務、情報収集・開発支援業務及びその他サービス等の事業活動を展開しております。医療用医薬品の製造販売............当社が研究開発した医療用医薬品を製造販売するほか、一部は当社で仕入れて販売しております。情報収集・開発支援業務............非連結子会社KISSEI AMERICA,INC.が海外における医薬品の開発に係る情...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社4社により構成され、医薬品及びLALの研究開発、製造・仕入及び販売に関する事業活動を展開しております。(医薬品) 当社は、医薬品、医療機器及び医薬品原体等の研究開発、製造・仕入及び販売を行っております。(LAL) 当社グループは、エンドトキシン測定用試薬等の研究開発、製造・仕入及び販売を行っております。当社は、研究開発、仕入及び販売を行っております。アソシエーツ オブ ケープ コッド インクは、研究開発、製造・仕入及び販売を行っております。また、アソシエーツ オブ ケープ コッド インターナショナル インク及びパイロクァント ディアグノスティークは、販売を行ってお...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び親会社で構成され、主な事業内容と当該事業に係る位置付けは次のとおりです。...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業セグメントは、「医薬品事業」と「検査事業」の二つです。「医薬品事業」は、医薬品の研究・開発・製造・販売を事業目的とし、「検査事業」は、検査薬の研究・開発・製造・販売及び検査機器の開発・製造・販売並びに検査サービスの提供を事業目的としています。当社はウイルス学に立脚した創薬技術を駆使した研究開発を行い、「がんと重症感染症」を初めとする難病の治療法にイノベーションを起こし、世界の医療に寄与することを使命としています。医薬品事業においてはがんや重症感染症などの難病を対象に安全で有効な新薬を創出すること、また、検査事業においてはウイルスの遺伝子改変技術を活かした新しい検査法による特殊検査プラ...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-01-31)

(2017-01-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社9社で構成されており、当社グループの事業内容はOTC事業(OTC医薬品、医薬部外品、食品及び化粧品等の研究開発、製造及び販売)と医薬事業(医療用医薬品の研究開発、製造及び販売)の2つの事業からなっております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。医薬品、医薬部外品、化粧品、食品、雑貨等の製造販売を行っております。医薬品の製造販売を行っており、当社製品の製造作業行程の一部の下請けも行っております。香港で当社製品の販売を行っております。SATO PHARMACEUTICAL(Singapore)PTE.,LTD.シンガポール...(20161027に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/04/28

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(千寿製薬株式会社)、子会社5社及び関連会社3社により構成されており、当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。当社は眼科・耳鼻科用医薬品及びコンタクトレンズ用剤及び動物用医薬品の製造、販売を行っております。当社が化粧品原料の製造、販売を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

廣貫堂の同業他社をもっと見る

廣貫堂の関連統計

統計分類検索へ

廣貫堂の基本情報

企業名 株式会社 廣貫堂
カナ カブシキガイシャ コウカンドウ
英語名 KOKANDO CO.,LTD.
業種 医薬品
所在地 富山市梅沢町2丁目9番1号
ホームページ http://www.koukandou.co.jp/
EDINET E00959
証券コード -
決算日 03月31日