比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/26

和光純薬工業の最新業績

業界:医療サービス業界すぐ比較

和光純薬工業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から和光純薬工業の事業内容についても確認できます。 注意:和光純薬工業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:0.67

2016-12-31:0.52

2016-09-30:1.09

2016-06-30:2.49

売上高

2017-03-31:815億1000万

2016-03-31:793億9100万

2015-03-31:776億0200万

2014-03-31:750億6400万

売上総利益

2017-03-31:293億2500万

2016-03-31:294億8100万

2015-03-31:283億7400万

2014-03-31:273億9800万

営業利益

2017-03-31:80億2100万

2016-03-31:77億6100万

2015-03-31:76億7200万

2014-03-31:72億0500万

経常利益

2017-03-31:77億7400万

2016-03-31:78億4900万

2015-03-31:78億3700万

2014-03-31:73億6000万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:56億4400万

2016-03-31:56億6200万

2015-03-31:50億8000万

2014-03-31:45億6600万

もっと見る

包括利益

2017-03-31:56億7800万

2016-03-31:45億8400万

2015-03-31:61億4200万

2014-03-31:54億2600万

営業CF

2017-03-31:107億5400万

2016-03-31:77億6400万

2015-03-31:90億8400万

2014-03-31:83億4700万

投資CF

2017-03-31:-48億4400万

2016-03-31:-45億6000万

2015-03-31:-46億0200万

2014-03-31:-61億0200万

財務CF

2017-03-31:-406億8300万

2016-03-31:-51億6400万

2015-03-31:-44億3000万

2014-03-31:-43億8300万

総資産額

2017-03-31:1198億0700万

2016-03-31:1528億5300万

2015-03-31:1522億8100万

2014-03-31:1499億8600万

流動資産

2017-03-31:806億3700万

2016-03-31:1148億9600万

2015-03-31:1156億1100万

2014-03-31:1137億3400万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:216億2100万

2016-03-31:565億8000万

2015-03-31:587億9800万

2014-03-31:586億4800万

現金及び預金

2017-03-31:179億4000万

2016-03-31:129億6800万

2015-03-31:111億1300万

2014-03-31:100億6800万

固定資産

2017-03-31:391億7000万

2016-03-31:379億5700万

2015-03-31:366億7000万

2014-03-31:362億5200万

負債

2017-03-31:878億6700万

2016-03-31:274億9800万

2015-03-31:278億5200万

2014-03-31:300億6700万

流動負債

2017-03-31:252億5400万

2016-03-31:216億9400万

2015-03-31:219億4700万

2014-03-31:221億6400万

固定負債

2017-03-31:626億1300万

2016-03-31:58億0400万

2015-03-31:59億0500万

2014-03-31:79億0300万

もっと見る

純資産

2017-03-31:319億4000万

2016-03-31:1253億5500万

2015-03-31:1244億2900万

2014-03-31:1199億1900万

従業員数

2017-03-31:1650

2016-03-31:1642

2015-03-31:1606

2014-03-31:1590

臨時従業員数(外)

2017-03-31:253

2016-03-31:258

2015-03-31:249

2014-03-31:245

売上総利益率

2017-03-31:36

2016-03-31:37.1

2015-03-31:36.6

2014-03-31:36.5

売上営業利益率

2017-03-31:9.8

2016-03-31:9.8

2015-03-31:9.9

2014-03-31:9.6

売上経常利益率

2017-03-31:9.5

2016-03-31:9.9

2015-03-31:10.1

2014-03-31:9.8

もっと見る

売上純利益率

2017-03-31:6.9

2016-03-31:7.1

2015-03-31:6.5

2014-03-31:6.1

ROA

2017-03-31:4.7

2016-03-31:3.7

2015-03-31:3.3

2014-03-31:3

ROE

2017-03-31:17.7

2016-03-31:4.5

2015-03-31:4.1

2014-03-31:3.8

自己資本比率

2017-03-31:26.7

2016-03-31:82

2015-03-31:81.7

2014-03-31:80

流動比率

2017-03-31:319.3

2016-03-31:529.6

2015-03-31:526.8

2014-03-31:513.1

固定比率

2017-03-31:122.6

2016-03-31:30.3

2015-03-31:29.5

2014-03-31:30.2

業績ランキングは

2850

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

和光純薬工業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
和光純薬工業

キーワードの推移
2017/06/26(年度)2016/06/27(年度)2015/06/25(年度)2016/12/13(四半期)2015/12/11(四半期)
和光和光和光試薬試薬
臨床検査シバヤギ試薬臨床検査臨床検査
試薬臨床検査臨床検査
試薬ミュータスワコミュータスワコ
武田薬品工業武田薬品工業臨床臨床
accuraseed武田薬品工業臨床免疫学免疫学
臨床臨床ケミカルimplementimplement
シバヤギライフ・サイエンスミュータスワコ生化学アカデミア
ケミカルケミカルワコー蛍光生化学
ミュータスワコミュータスワコ免疫価格面蛍光
ワコーワコー生物生産計画価格面
免疫学免疫学オートメーションライフ・サイエンス生産計画
化学発光implement生化学免疫ライフ・サイエンス
ライフ・サイエンスオートメーション先行投資challengeテンポ
免疫生化学微生物民間企業免疫
implement先行投資蛍光拡販challenge
富士フイルム蛍光価格面材料民間企業
オートメーション価格面bs半導体有機
生化学bs生産計画ユーザ拡販
先行投資生産計画ライフ・サイエンスeu離脱預入
蛍光免疫テンポ持分コア
価格面challengeラボsmartphone半導体
bsラボ細胞円高ユーザ
酵素材料民間企業仕入れ定期預金
生産計画民間企業ものづくり資金材料
材料ものづくりユーザ金額技術
化学薬品有機個人消費持分
challengeとなり薬品棚卸smartphone
ラボパネルとなりニーズ原油
薬品拡販医薬受取手形仕入れ
年度or届出書
四半期or半期

(20170626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161213)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

和光純薬工業の類似企業へ

和光純薬工業の業績推移

和光純薬工業の同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社のIna Research Philippines, Inc.(以下「INARP」(注)と言います。)から構成されており、事業内容は「非臨床試験」、「臨床試験」、「環境」のセグメントから構成されております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。「非臨床試験」は、医薬品開発企業・食品関連企業及び大学等研究機関等から委託を受け、実験動物や細胞を用いて開発薬物や食品素材の安全性や有効性の確認を行う非臨床試験を実施しております。「臨床試験」においては、主に医薬品開発企業から開発薬...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-02-28)

(2014-02-28) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,5年連続黒字経常利益5年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益プラス成長に回復,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社リニカル)及び連結子会社であるLINICAL USA,INC.、LINICAL TAIWAN CO., LTD.、Linical Singapore Pte. Ltd.、LINICAL KOREA CO., LTD.、LINICAL Europe Holding GmbH、LINICAL Europe GmbH、LINICAL Spain, S.L.、LINICAL France SARL、LINICAL Benelux B.V.、LINICAL Croatia d.o.o.、LINICAL U.K. LIMITED及びLINICAL P...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社及び当社の関係会社は、当社及び連結子会社1社、その他の関係会社1社より構成されており、西脇ラボ(兵庫県西脇市)、大阪ラボ(大阪府吹田市)、米国ラボ(米国イリノイ州ホフマンエステーツ)の3研究所(医薬品GLP*1)基準適合施設)を有する、製薬会社等における新医薬品開発試験研究に係る「バイオアナリシス(生体試料中薬物濃度測定)」、「医薬品品質安定性試験」などの受託試験研究に特化した医薬品開発受託研究機関(以下、CRO)*2)であります。当連結会計年度において、シミックホールディングス株式会社が当社のその他の関係会社になっております。また、セグメントと同一の区分であります。なお、本書において、一...(20140625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、シミックホールディングス株式会社(当社)、当社連結子会社19社、関連会社2社の、計22社で構成されております。当社グループは、医薬品の開発支援を中心に製造から販売まで、主に製薬企業を支援する業務を実施しております。当社グループは、製薬企業の付加価値向上に貢献する当社独自の事業モデルであるPVC(Pharmaceutical Value Creator)のもと、CRO(医薬品開発支援)事業、CMO(医薬品製造支援)事業、O(医薬品営業支援)事業、ヘルスケア事業、IPD(知的財産開発)事業という事業領域においてサービスを提供しております。当社グループの事業における主たる業務内容...(20161215に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)アイロムグループ(当社)、連結子会社17社((株)アイロム、(株)アイロム、MCフィールズ(株)、(株)アイロムPM、(株)アイクロスジャパン、(株)アイクロス、CMAX CLINICAL RESEARCH PTY LTD、(株)IDファーマ等)及び関連会社1社(CJ PARTNE(株))により構成されており、より良い医療環境実現のため、医療関連分野における統合医療サポート企業として、様々な事業を展開しております。なお、CJ PARTNE(株)は持分法を適用した関連会社であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社グループは、医薬品”...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、連結子会社22社及び関連会社3社の合計26社で構成されております。事業の内容は、1.製薬企業等から前臨床試験(注1)、臨床試験(治験)(注2)(注3)及び新薬承認申請業務を受託し、医薬品開発支援を行うCR(Contract Research)事業、2.当社が独自に開発した経鼻投与製剤(注4)並びに大学やバイオベンチャーの基礎的な知見や技術を育成してビジネス化していくトランスレーショナル リサーチ事業、3.メディポリス指宿において地熱発電や宿泊施設運営などを行うメディポリス事業を行っております。具体的には、CR事業では、安全性研究所において前臨床試験を、薬物代謝分...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、受託解析及びDNAチップ・次世代シークエンス関連技術開発を行う「研究受託事業」と、RNAチェック関連サービスの販売を行う「診断事業」を主な事業の内容としております。研究受託事業におきましては、大学や研究機関、製薬・食品会社等を主要な顧客としてDNAチップ、次世代シークエンス実験解析等を行っております。また、国家プロジェクト等からの研究開発事業などの経験から得られたノウハウを活用し、新規サービスメニューの拡充を図っております。これらの経験に基づき、製薬・食品等の企業向けの、高次データ解析による遺伝子データの高付加価値化などを通じて、顧客の各レベルの要望に応じたコンサルテーションを行ってお...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-10-31)

(2015-10-31) ”当連結会計年度末の当社グループは、当社(株式会社綜合臨床ホールディングス)と子会社4社(株式会社綜合臨床サイエンス、株式会社あすも臨床薬理研究所、株式会社綜合臨床メデフィ、株式会社ジェービーエス)により構成されております。当社グループは、臨床試験(以下、治験という。それぞれの業務内容は、以下のとおりであります。医薬品の治験実施過程において、とりわけ被験者と治験との調整を行い、治験の倫理性、科学性を保証するための活動を行います。製薬企業等から依頼を受けた医療機関は、IRBを開催し、倫理的、科学的及び医学的妥当性の観点から治験実施の適否を判断する必要がありますが、当社は、IRB開催の通知、資料の配...(20151022に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/12/11

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”日本化薬グループ(当社グループ)は、日本化薬(株)(当社)、子会社34社、関連会社11社より構成されており、各社の当該事業に係わる位置付けの概要は次のとおりであります。当社は、エポキシ樹脂、紫外線硬化型樹脂、高機能化学品等を製造・販売しております。一部製品については、連結子会社の(株)日本化薬福山、厚和産業(株)が製造業務の請負をしております。連結子会社の化薬化工(無錫)有限公司は、紫外線硬化型樹脂、タッチパネル用接着剤を製造・販売しております。連結子会社のマイクロケム CORP.は、フォトレジスト等を製造し、当社及び外部の得意先へ販売しております。当社は、機能性色素、インクジェットプリンタ用...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年9月30日現在、EPSホールディングス株式会社(当社)、当社連結子会社42社、関連会社5社から構成され、事業としては主として国内CRO(*)事業、国内SMO(*)事業、国内CSO(*)事業、Global Research 事業及び益新事業の5つの事業から成り立っています。当社グループは、製薬会社を主とした医薬品開発に関係する業界に属しています。製薬会社では、多額の研究開発費と長い期間を費やしていわゆる「新薬」の開発に向けて多大な努力がなされています。「新薬」は、医薬品として承認される前段階において、製薬会社からの委託を受けた医療機関が必ず臨床試験を実施することとなって...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、純粋持株会社であるみらかホールディングス株式会社(以下「当社」という。)、富士レビオ株式会社、株式会社エスアールエル及びそれぞれの子会社・関連会社より構成されており、臨床検査薬の製造・販売、臨床検査の受託とヘルスケア関連の事業を行っております。富士レビオ株式会社は、臨床検査薬の製造・販売を行っており、国内外の代理店及び当社の子会社を通じて、医療機関及び受託臨床検査会社等へ販売しております。海外では、Fujirebio Diagnostics, Inc.は、癌関連臨床検査薬の抗原・抗体等を世界各国の臨床検査薬会社等に販売しております。Fujirebio America, Inc....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社、以下同じ。)は診断用薬、検査薬、検査用機器、医薬品、健康食品および化粧品などの製造、仕入、販売を主な内容として事業を営んでおります。診断用薬............当社が、製造、仕入、販売をしております。また、親会社の日本水産(株)へ製商品を販売しております。検査用機器.........当社が、仕入、販売をしております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社医学生物学研究所)と子会社7社及び関連会社3社・3組合で構成されており、臨床検査薬及び基礎研究用試薬の研究・開発ならびに製造、販売を主な事業としているほか、これらに関連する各種機器、器具の販売も行っております。子会社及び関連会社においては遺伝子検査薬及び新しい抗体作製技術の開発、薬剤スクリーニング測定系の研究開発のほかに、バイオ関連企業への投資や技術提携の斡旋等を行っております。なお、以下の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) 試薬事業・・・主要な製品...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”人ががん疾患、リウマチなどの免疫炎症疾患、アルツハイマー病などの神経変性疾患になると、体内では細胞の異常な増殖、分化が起こっています。この原因と考えられている分子のひとつに、細胞内外の情報伝達をつかさどるキナーゼ(*)と呼ばれる酵素があります。当社は、このキナーゼに焦点をあてて研究開発を行っております。がん、炎症、リウマチなどの異常な細胞の増殖を伴う疾患では、それら細胞のなかに存在する特定のキナーゼ(*)がそれら細胞の異常な増殖や分裂を引き起こしていることについて明らかになっていました。しかしながら、キナーゼは細胞の生命機能において大変重要な働きを担っているため、キナーゼを阻害する薬は副作用が...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、連結子会社として(株)協同医学研究所、(株)ピーシーエルジャパン、(株)東京公衆衛生研究所、(株)ジャパンクリニカルサービス、(株)愛媛メディカルラボラトリー、(株)アレグロ、(株)BMLフード・サイエンス、(株)松戸メディカルラボラトリー、(株)第一臨床医学検査センター、(株)日研医学、(株)オー・ピー・エル、(株)盛岡臨床検査センター、(株)BMLライフサイエンス・ホールディングス、微研(株)、(株)ラボテック、(株)第一岸本臨床検査センター、(株)九州オープンラボラトリーズ、(株)リンテック、(株)QOLセントラルラボラトリーズ、(株)BMLメディカルワークス及び(株)...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社が営んでいるSMO(※1)事業は、臨床試験(※2)等において、医療機関からその業務の一部を受託し、臨床試験等が適正かつ円滑に実施されるように医療機関の業務を支援する事業であります。なお、当社はSMO事業の単一セグメントを営んでおり、以下の当社の事業を説明する上で、GCP省令に沿って行われる業務を「SMO」、GCP省令の対象外となる業務を「その他」として記載しております。標準業務手順書の設置、治験事務局の設置運営補助、治験審査委員会の設置運営補助、臨床試験の啓発、GCP教育等を行い、倫理性、科学性、そして信頼性の高い臨床試験を実施するための適切なインフラ整備、及び実際の臨床試験への対応に関す...(20141218に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社により構成されております。当社グループの主たる事業は、医療アシスタンス事業及びライフアシスタンス事業であり、連結子会社は、主に医療アシスタンス事業を行っております。当社グループが行っているアシスタンスサービスは主に国境をまたいだ環境におられるユーザーに対するサービスで、海外での問題を解決するサービス(医療アシスタンスサービス)と海外での生活をより楽しくするサービス(コンシェルジュサービス、当社のセグメントではライフアシスタンス事業)の両サイドをご提供しています。国内外の要医療サービス地に健康危機管理、救助・救急、及びエマージェンシ―教育などのサービスを提供しま...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長経常利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長当期純利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

和光純薬工業の同業他社をもっと見る

和光純薬工業の関連統計

統計分類検索へ

和光純薬工業の基本情報

企業名 和光純薬工業株式会社
カナ ワコウジュンヤクコウギョウカブシキガイシャ
英語名 Wako Pure Chemical Industries,Ltd.
業種 医薬品
所在地 大阪市中央区道修町三丁目1番2号
ホームページ http://www.wako-chem.co.jp/
EDINET E00966
証券コード -
決算日 03月31日