比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2010-03-31)

2015/11/01

明治ゴム化成の最新業績

業界:ゴム工業品業界すぐ比較

明治ゴム化成の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から明治ゴム化成の事業内容についても確認できます。 注意:明治ゴム化成の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2010-03-31:7.39

2009-12-31:3.04

2009-09-30:-1.31

2009-06-30:-5.65

売上高

2010-03-31:176億4847万

2009-03-31:208億9346万

2008-03-31:236億5940万

売上総利益

2010-03-31:30億7783万

2009-03-31:34億2157万

2008-03-31:44億0467万

営業利益

2010-03-31:4億4406万

2009-03-31:2億3872万

2008-03-31:9億2315万

経常利益

2010-03-31:1億4937万

2009-03-31:-4億5297万

2008-03-31:9億0189万

当期純利益

2010-03-31:-1億6330万

2009-03-31:-8億5785万

2008-03-31:3億9006万

もっと見る

営業CF

2010-03-31:10億8637万

2009-03-31:-4億6862万

2008-03-31:9億0654万

投資CF

2010-03-31:-1億1960万

2009-03-31:-8億0099万

2008-03-31:-12億2054万

財務CF

2010-03-31:-3億5071万

2009-03-31:4億8585万

2008-03-31:1億0621万

総資産

2010-03-31:240億1145万

2009-03-31:243億2637万

2008-03-31:277億3066万

流動資産

2010-03-31:98億6365万

2009-03-31:97億4739万

2008-03-31:120億2975万

現金及び現金同等物

2010-03-31:13億1797万

2009-03-31:7億0336万

2008-03-31:14億2425万

2007-03-31:17億7273万

もっと見る

現金及び預金

2010-03-31:15億0942万

2009-03-31:8億9480万

2008-03-31:16億1567万

固定資産

2010-03-31:141億4780万

2009-03-31:145億7898万

2008-03-31:157億0090万

負債

2010-03-31:173億6288万

2009-03-31:179億0941万

2008-03-31:196億2951万

流動負債

2010-03-31:85億6388万

2009-03-31:87億0840万

2008-03-31:112億9357万

固定負債

2010-03-31:87億9900万

2009-03-31:92億0101万

2008-03-31:83億3593万

純資産

2010-03-31:66億4856万

2009-03-31:64億1696万

2008-03-31:81億0114万

2007-03-31:75億4331万

もっと見る

従業員数

2010-03-31:931

2009-03-31:995

2008-03-31:847

2007-03-31:869

臨時従業員数(外)

2010-03-31:184

2009-03-31:210

2008-03-31:380

2007-03-31:356

売上総利益率

2010-03-31:17.4

2009-03-31:16.4

2008-03-31:18.6

売上営業利益率

2010-03-31:2.5

2009-03-31:1.1

2008-03-31:3.9

売上経常利益率

2010-03-31:0.8

2009-03-31:-2.2

2008-03-31:3.8

売上純利益率

2010-03-31:-0.9

2009-03-31:-4.1

2008-03-31:1.6

もっと見る

ROA

2010-03-31:-0.7

2009-03-31:-3.5

2008-03-31:1.4

ROE

2010-03-31:-2.5

2009-03-31:-13.4

2008-03-31:4.8

自己資本比率

2010-03-31:27.7

2009-03-31:26.4

2008-03-31:29.2

流動比率

2010-03-31:115.2

2009-03-31:111.9

2008-03-31:106.5

固定比率

2010-03-31:212.8

2009-03-31:227.2

2008-03-31:193.8

明治ゴム化成の事業内容

メインサブ
明治ゴム化成
なし

書類を取得できませんでした。

明治ゴム化成の業績推移

明治ゴム化成の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社とその連結子会社8社、非連結子会社10社で構成され、ゴム、化学品、機械機器、科学機器、自動車部品その他各種商品の輸出入、国内販売を主な内容とし、更に各事業に関する技術サービス、研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。なお、当連結会計年度より、従来「ゴム・化学品」としていたセグメントの名称を「化成品」へ変更しております。San-Thap International Co.,Ltd....(20161220に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、純粋持株会社制を導入しており、当社、連結子会社23社及び持分法適用関連会社6社及び主要な持分法非適用会社3社で構成されております。北米において、連結子会社のKuriyama of America,Inc.、Kuri Tec Corporation及びAccuflex Industrial Hose,Ltd.(米国)が、また中南米においては、Kuriyama de Mexico,S.de R.L.de C.V.及びKuriyama Services,S.de R.L. de.C.V.がゴム・樹脂・金属製の産業用ホース等の販売を行っております。これら販売子会社の商品の大部分は、連結...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、JSR株式会社(当社)及び子会社55社、関連会社18社で構成されております。当社は、SBR(スチレン・ブタジエンゴム)、BR(ポリブタジエンゴム)等合成ゴム製品、熱可塑性エラストマー、SBRラテックス等エマルジョン製品及び機能化学材料等の製造・販売を行っております。JSR T Elastomer Co.,Ltd.は溶液重合SBR(SSBR)の製造・販売を行っております。JSR MOL Synthetic Rubber Ltd.はSSBRの製造・販売会社であり、現在プラント建設工事を進めております。(株)エラストミックス、ELASTOMIX (THAILA...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、子会社12社及び関連会社1社により構成)は、同種・同系列の各種部品及び部品素材の製造を業とする単一事業を営んでおり、主な事業内容及び当該事業に係る各社の位置づけ並びにセグメントとの関連は次のとおりであります。当部門においては、家電用ホース(掃除機用・洗濯機用・エアコン用のホース)及び産業用ホース(一般産業用・土木建築用・住宅用等のホース)を製造・販売しております。セグメント区分は製造拠点ごとの区分によっており、当該区分ごとの主要な関係会社の名称は、以下のとおりであります。(日本)当社、武庫川化成(株)、ラバー・フレックス(株)(米州)Tigerflex Corporatio...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業集団は昭和ホールディングス株式会社(当社)及び連結子会社18社、持分法適用関連会社9社により構成され、Digital Finance事業、スポーツ事業、コンテンツ事業、ゴム事業を主な内容とし事業活動を展開しております。また、主要な関係会社における異動は、以下のとおりであります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当事業は、主にタイ王国、カンボジア王国、ラオス人民民主共和国及びインドネシア共和国において当社グループ独自のFintechを中心としたDigital Financeを展開しております。主な関係会社は、Group Lease PCL.であります。当事業は、ソ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社関係会社)は、当社(日東化工株式会社)、子会社1社及び関連会社1社により構成されており、ゴム製品、樹脂製品の製造・販売を主たる業務としております。ゴム事業: 主な製品はコンパウンド、シート、マット、成形品等であります。成形品製品の一部については、PERUBCO NITTO KAKO CO.,LTD.に生産を委託しております。尚、マット製品の一部については、湘南エヌティケー(株)に販売し、同社が施工・販売しております。樹脂事業: 主な製品は、高機能樹脂コンパウンド及び樹脂洗浄剤等であります。以上の親会社等の企業グループ及び当社グループの状況について図で示すと次の通りであ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社16社、関連会社2社及びその他の関係会社1社で構成され、産業用資材、引布加工品及びスポーツ用品の製造販売を主な内容とした事業活動を展開しています。当社、連結子会社杭州藤倉橡膠有限公司、連結子会社安吉藤倉橡膠有限公司、連結子会社IER Fujikura,Inc.及び連結子会社FUJIKURA COMPOSITES HAIPHONG,Inc.が製造販売するほか、一部を連結子会社藤栄産業株式会社が製造し当社で販売しております。また、製造工程の一部については、非連結子会社2社に下請させております。当社グループの製品の一部は、非連結子会社1社及びその他の関係会社1社を通じて販...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(当社)、連結子会社13社および関連会社3社(うち持分法適用会社1社)で構成され、自動車用部品ならびに建築・土木・化粧品等の業界向け一般産業資材を製造販売しております。自動車用部品事業においては、ゴム・樹脂シール製品(ドアシール、ドリップシール、トランクシール、グラスランチャンネル)および内外装製品(ドアオープニングトリム、ドアホールシール)等を当社が製造販売するほか、連結子会社の西川物産(株)、(株)西川ゴム山口ほかに製造を、(株)西川ビッグオーシャンほかに加工を委託しております。また、海外においてはニシカワ・クーパー LLCが主に北米地域の製造拠点として...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、親会社である株式会社朝日ラバーおよび子会社5社より構成されており、工業用ゴム製品および医療・衛生用ゴム製品の製造・販売事業ならびにこれらに付帯する事業を営んでおります。(1) 工業用ゴム事業............... 主要な製品は、車載用機器、電子・電気機器、産業機器、スポーツ用品等に使用されるゴム製品であります。当社および東莞朝日精密橡膠制品有限公司で製造し、販売は当社、子会社朝日橡膠(香港)有限公司が国内および中国を除くアジア諸国へ販売し、東莞朝日精密橡膠制品有限公司は中国へ販売し、欧米向けには子会社ARI INTERNATIONAL CORPORATIONが販売しており...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ニチリン(当社)、子会社14社(連結子会社14社)、関連会社1社(持分法適用会社1社)およびその他の関係会社1社により構成されております。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ピーティー.ニチリン インドネシア当社グループについて図示すると次のとおりであります。...(20170424に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社フコク)及び連結子会社17社、持分法適用会社1社により構成されており、機能品事業、防振事業、金属加工事業、ホース事業、新事業を主な事業として営んでおります。次の5事業はセグメントの区分と同一であります。機能品事業・・・・シール部品及びワイパーブレードラバー等の製品の製造販売であります。当社及び韓国フコク(株)、サイアムフコク(株)、(株)フコク東海ゴムインドネシア、フコクインディア(株)、フコクベトナム(有)、上海フコク有限公司、東莞フコク有限公司、フコクアメリカインク、フコクメキシコ(株)、フコクチェコ(有)が製造しております。販売につ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(当社、子会社27社及び関連会社10社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、ベルト・ゴム製品、ホース・チューブ製品、その他産業用製品、不動産、経営指導を主たる事業としております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。ニッタコーポレーションオブアメリカ、ニッタホールディングB.V.、ニッタインダストリーズヨーロッパGmbH、ニッタコーポレーションオブシンガポールPTE LTD、三友産業(香港)有限公司、ニッタ精密伝動(常州)有限公司、賛友貿易(深圳)有限公司、ニッタ(上海)企業管理有限公司、ニッタコーポレーションインディアPvtLtd、ニッ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、子会社80社及び関連会社9社により構成されており、自動車用品及び一般産業用品の製造販売を主な事業とし、その製品は多岐にわたっております。SumiRiko Ohio, Inc.(米国)SumiRiko Tennessee, Inc.(米国)SumiRiko Poland Sp. z o.o.(ポーランド)Tokai Eastern Rubber (Thailand) Ltd.(タイ)Dytech-Dynamic Fluid Technologies S.p.A....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社2社及び関連当事者1社で構成され、ヘルスケア製品(主に医療用ゴム・ポリウレタン製品及び生活自助具)、プラスチック製品(主に包装用チューブ・フィルム)、その他製品の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連する研究開発及び社会福祉に役立つ介護サービス等の事業活動を展開しております。なお、当社グループの事業は、セグメントと同一の区分であります。ヘルスケア事業...............当社が製造販売しており、子会社相模マニュファクチャラーズ有限公司は、当社との営業取引(同社に対する販売及び同社からの仕入)をしております。また、当社製品の一部を子会社(株)ラジアテックス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社25社および関連会社9社で構成され、自動車部品事業、産業資材事業、高機能エラストマー製品事業の製造・販売および加工を主な内容とし、さらにロボット事業、不動産業等のその他の事業を展開しております。製造・加工・販売については、国内では子会社 東日本バンドー株式会社、福井ベルト工業株式会社、西日本バンドー株式会社、関連会社 バンドー・ショルツ株式会社、海外では子会社 Bando USA, Inc.、Bando Jungkong Ltd.、Bando Korea Co., Ltd.、Bando Belt (Tianjin) Co., Ltd.、Bando (Shanghai...(20170809に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-06-30)

(2016-06-30) ”当社グループは、当社、子会社35社及び関連会社3社で構成されており、自動車用並びにその他の使用に供するゴム及び合成樹脂製品の製造販売を主な内容とした事業活動を展開しております。また、日産自動車(株)はその他の関係会社であり、主要な得意先であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社は、自動車用並びにその他の使用に供するゴム及び合成樹脂製品の製造販売を行っております。子会社の(株)キヌガワ郡山、(株)キヌガワ大分及び佐藤ゴム化学工業(株)で車体シール部品を製造しており、当社で仕入れて販売しております。子会社のナリタ合成(株)及び(株)キヌガワ防振部品で防振部品を製造し...(20160628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社2社で構成され、主にゴム製品及び精密機器等の製造・販売及びそれらに付帯する事業を行っております。また、当社グループの事業は、セグメントと同一の区分であります。当社は、医療機器等のゴム製品の製造・販売を行っております。不二ライフ(株)は、主に当社製品(コンド-ム)の販売事業を行っております。当社が精密機器(主に緩衝器)の製造・販売を行っております。FUJI LATEX SHANGHAI CO., LTD.は、主に緩衝器の輸出入及び中国国内での販売を行っております。当社が風船及び販売促進用品等の販売を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社3社により構成されており、ゴム電線、プラスチック電線、合成樹脂異形押出品ならびにその附属品、電熱線・帯、その他の製造販売を主たる業務としております。主要品目は次のとおりであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社58社、関連会社11社より構成されており、自動車部品とオプトエレクトロニクス製品に関する事業を行っております。当事業においては、ドアウェザストリップ・ガラスランなどのウェザストリップ製品、機能系コンポーネント・燃料タンクモジュール構成部品などの機能部品、インストルメントパネル・コンソールボックスなどの内外装部品、ハンドル・エアバッグモジュールなどのセーフティシステム製品など、自動車部品およびその金型・機械装置を製造・販売しております。当事業においては、液晶バックライト・照明光源用の高光度LEDランプ・チップ製品などを製造・販売しております。...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

明治ゴム化成の同業他社をもっと見る

明治ゴム化成の関連統計

統計分類検索へ

明治ゴム化成の基本情報

企業名 株式会社 明治ゴム化成
カナ カブシキガイシャ メイジゴムカセイ
英語名 Meiji Rubber&Chemical Co.,Ltd.
業種 ゴム製品
所在地 新宿区西新宿七丁目22番35号
ホームページ http://www.meiji-rubber.co.jp/
EDINET E01101
証券コード -
決算日 03月31日