比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/29

ホクコンの最新業績

ホクコンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からホクコンの事業内容についても確認できます。 注意:ホクコンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:4.56

2016-12-31:4.08

2016-09-30:5.13

2016-06-30:6.44

売上高

2017-03-31:214億5926万

2016-03-31:194億7907万

2015-03-31:212億3717万

2014-03-31:204億7170万

売上総利益

2017-03-31:33億2648万

2016-03-31:30億8561万

2015-03-31:31億9339万

2014-03-31:29億9396万

営業利益

2017-03-31:5億1929万

2016-03-31:4億4830万

2015-03-31:6億7223万

2014-03-31:5億8299万

経常利益

2017-03-31:5億9636万

2016-03-31:5億2205万

2015-03-31:7億5262万

2014-03-31:6億4586万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:3億9097万

2016-03-31:4億5410万

2015-03-31:5億6808万

2014-03-31:5億5143万

もっと見る

包括利益

2017-03-31:4億0899万

2016-03-31:4億2820万

2015-03-31:5億9097万

2014-03-31:5億8021万

営業CF

2017-03-31:2億2951万

2016-03-31:11億1718万

2015-03-31:7億8225万

2014-03-31:11億6271万

投資CF

2017-03-31:-7億7044万

2016-03-31:-6億6643万

2015-03-31:-9億7362万

2014-03-31:-6億4423万

財務CF

2017-03-31:2億7847万

2016-03-31:-4億6856万

2015-03-31:2億5736万

2014-03-31:-6億7175万

総資産額

2017-03-31:168億3478万

2016-03-31:155億7533万

2015-03-31:163億0250万

2014-03-31:150億5586万

流動資産

2017-03-31:108億5546万

2016-03-31:96億1615万

2015-03-31:107億9527万

2014-03-31:94億7976万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:10億3360万

2016-03-31:12億9606万

2015-03-31:13億1388万

2014-03-31:12億4789万

現金及び預金

2017-03-31:16億9361万

2016-03-31:17億2606万

2015-03-31:19億6388万

2014-03-31:14億9789万

固定資産

2017-03-31:59億7931万

2016-03-31:59億5878万

2015-03-31:55億0624万

2014-03-31:55億7441万

負債

2017-03-31:86億4513万

2016-03-31:77億5098万

2015-03-31:88億6271万

2014-03-31:78億7186万

流動負債

2017-03-31:67億9093万

2016-03-31:63億2962万

2015-03-31:74億9535万

2014-03-31:69億6668万

固定負債

2017-03-31:18億5419万

2016-03-31:14億2135万

2015-03-31:13億6735万

2014-03-31:9億0518万

もっと見る

純資産

2017-03-31:81億8964万

2016-03-31:78億2435万

2015-03-31:74億3978万

2014-03-31:71億8400万

従業員数

2017-03-31:662

2016-03-31:670

2015-03-31:664

2014-03-31:654

臨時従業員数(外)

2013-09-30:0

2012-09-30:0

2011-09-30:0

2010-09-30:0

売上総利益率

2017-03-31:15.5

2016-03-31:15.8

2015-03-31:15

2014-03-31:14.6

売上営業利益率

2017-03-31:2.4

2016-03-31:2.3

2015-03-31:3.2

2014-03-31:2.8

売上経常利益率

2017-03-31:2.8

2016-03-31:2.7

2015-03-31:3.5

2014-03-31:3.2

もっと見る

売上純利益率

2017-03-31:1.8

2016-03-31:2.3

2015-03-31:2.7

2014-03-31:2.7

ROA

2017-03-31:2.3

2016-03-31:2.9

2015-03-31:3.5

2014-03-31:3.7

ROE

2017-03-31:4.8

2016-03-31:5.8

2015-03-31:7.6

2014-03-31:7.7

自己資本比率

2017-03-31:48.6

2016-03-31:50.2

2015-03-31:45.6

2014-03-31:47.7

流動比率

2017-03-31:159.9

2016-03-31:151.9

2015-03-31:144

2014-03-31:136.1

固定比率

2017-03-31:73

2016-03-31:76.2

2015-03-31:74

2014-03-31:77.6

業績ランキングは

2280

(3910社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ホクコンの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ホクコン
なし

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2016/06/28(年度)2015/06/26(年度)2016/12/26(四半期)2015/12/25(四半期)
ホクコンホクコンホクコンホクコンパイルパイル
パイルクォードクォードクォードブロックブロック
ブロックパイルパイルパイル工法工法
コンクリートブロックブロックブロックブロック物件となり
コンクリートコンクリートブロックコンクリートブロックコンクリートブロック公共事業物件
ユニバーサルコンクリートプレストレスコンクリートパイルコンクリート生産量公共事業
マテリアルユニバーサルbestexユニバーサルとなり生産量
技研マテリアルユニバーサルマテリアル一丸一丸
工法技研コンクリート技研お客様お客様
技研事業所事業所
プレストレスコンクリートパイルプレストレスコンクリートパイルマテリアルプレストレスコンクリートパイル物価物価
bestexbestex遠心力bestex定期預金なす
遠心力工法工法ニーズ定期預金
プレストコーポレーションプレストコーポレーション公共ニーズ
水槽遠心力水槽遠心力ベース中国経済
アイビプレストアイビプレスト公共
公共工事水槽工法ベクトル資金原油
ハイパーアイビコーポレーション技能長期ベース
鉄筋公共工事技術供与水槽金額
防火技術供与ハイパーアイビ棚卸資金
ストレートハイパー雨水メリット金額
土木防火防火技術供与仕入れ棚卸
fpストレートストレートハイパー債権
建設労働者土木fpストック仕入れ
コンストラクションfp防火個人消費債権
建設現場設備稼働率トラストストレート
mmm土木情報個人消費
トラストトラスト住宅着工件数fpグループ
継手住宅着工件数技能道路セグメント金融
住宅着工件数技能労働者技能労働者情報
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161226)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ホクコンの類似企業へ

ホクコンの業績推移

ホクコンの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下当社という)と子会社45社及び関連会社12社で構成されている。セメント事業については、セメントの製造・販売を中心とし、生コンクリートの製造・販売、セメント工場における電力の販売やリサイクル原燃料の受入処理、営繕工事、各種品質試験サービス等の事業を行っている。鉱産品事業については、石灰石や骨材の採掘・販売等を行っている。建材事業については、コンクリート構造物向け補修材料等の製造・販売、その関連工事等を行っている。光電子事業については、導波路タイプ光変調器等の光関連部品の製造・販売を行っている。新材料事業については、各種セラミックス製品・機能性フィルム・各...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(太平洋セメント株式会社)、子会社211社及び関連会社104社で構成され、セメント事業、資源事業、環境事業、建材・建築土木事業、その他に不動産、エンジニアリング、情報処理、金融、運輸・倉庫、化学製品、スポーツ等の事業を営み、また、新規事業も積極的に展開しております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ノザワ(当社)及び連結子会社4社より構成されており、建築材料関連事業における製品の製造、販売並びに工事の請負、設計、監理を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営んでいる。製品の製造及び販売については、当社及び野澤積水好施新型建材(瀋陽)有限公司(連結子会社)が製造し販売するほか、(株)ノザワ商事(連結子会社)及び野澤貿易(上海)有限公司(連結子会社)が販売している。(株)ノザワ商事は当社が使用する副資材の一部を納入している。また、工事については当社及び(株)ノザワ商事が当社製品等を用い設計、施工している。(株)ノザワが不動産の賃貸を行っている。また、...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社11社、持分法を適用した関連会社5社及び持分法を適用しない関連会社1社で構成され、コンクリート製品、工事、不動産開発に関連する事業を主として行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。コンクリート製品の製造・販売、型枠製造・附属品等の販売を行っております。諸工事の請負を行っております。不動産の賃貸、管理及び開発を行っております。環境関連機器の販売、スポーツ施設運営事業、レンタル事業、太陽光発電事業等を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、セメント二次製品の製造販売及び関連する諸工事の請負を主な内容としているコンクリート関連事業と、不動産事業を行っております。その他の関係会社であります日本ヒューム(株)とコンクリート関連事業への販売・仕入等を行っております。また、主要株主である太平洋セメント(株)の特約販売店よりコンクリート関連事業へセメント等を仕入れております。当社の事業内容は次の通りであります。なお、「財務諸表に関する注記事項」に掲げるセグメントと同一区分であります。部門別内訳は以下の通りであります。当部門においては、セメント二次製品(ヒューム管、ボックスカルバート、コネクトホール、共同溝、電線共同溝、テールアルメ、...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(日本コンクリート工業株式会社)、子会社20社及び関連会社5社により構成されており、ポール、パイル及び土木製品等の製造・販売及びこれに伴う原材料の調達並びにこれらに付帯する製品の輸送、工事請負の事業を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び連結子会社)は、当社及び子会社3社で構成されており、コンクリート二次製品、コンクリートセグメントの製造・販売及び工事請負を主たる業務としております。なお、セグメントと同一の区分であります。パイル...........................当社が製造・販売しております。セメント資材及び継手金具は、(株)東商から仕入れております。トウパル興産(株)が製品の出荷及び構内作業を行っております。また、当社はパイル商品の仕入販売も行っております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社20社、非連結子会社2社及び非持分法適用関連会社1社で構成されております。主な事業としては、コンクリートパイル、ポール、環境製品(ブロック製品)、砂利の製造販売及び消波ブロックの型枠賃貸を行っており、ほか情報関連、環境衛生、施設管理、ビジネスホテルの運営、不動産賃貸業務及び太陽光発電の事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。(非連結子会社2社及び非持分法適用関連会社1社は、除いております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社で構成されており、「スパンクリート(穴あきPC板)」の製造、販売を主たる業務としております。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)スパンクリート事業.........建築用床・壁・屋根の材料として建築業界に広く採用されております「スパンクリート」を主要な製品として、その製造・販売の事業を行っております。(2)不動産事業.....................オフィスビルの賃貸業を手掛けております。(有)スパンクリートライフサービスは、厚生施設の管理事業を行っております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は当社および子会社4社で構成され、コンクリート二次製品の製造・販売ならびにこれらに付帯する輸送、工事請負などの事業活動を行っております。なお、次の3事業は、第5「経理の状況」1「連結財務諸表等」(1)連結財務諸表 注記事項 に掲げるセグメントの区分と同一であります。土木資材事業.........公共事業向けのボックスカルバート、ヒューム管、重圧管、L型擁壁ほか水路用・道路用・農林用・下水道用製品などであり、当社が製造・販売しております。また、子会社の東播商事株式会社は、土木関連製品の製造を行っております。同社は関西地区を中心として当社製品の一部製造を行っており、当社は同社の製品を...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社3社、親会社で構成され、土木コンクリート製品及び金属製品の製造販売並びに工事の請負を主な内容としております。RCセグメント(トンネルの構造部材)を主とする土木用製品は、当社が製造販売及び付帯工事の請負を行っているほか、親会社である新日鐵住金(株)からの受託製造を行っております。また、子会社であるジオファクト(株)に製造の一部を外注し、土木用製品の原材料等を子会社であるジオファクト(株)より仕入れております。なお、海外市場につきましては、シンガポールに販売会社としてGEOSTR-RV PTE.LTD.、マレーシアに同社の子会社として製造会社で...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、平成28年10月3日付でコンクリート製品製造・販売事業を主たる事業とする株式会社熊本ヤマウを設立し、子会社といたしました。この結果、当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ヤマウ)及び連結子会社12社(有限会社ヤマウ・アサヒ、株式会社ヤマウトラスト、九コン販売株式会社、メック株式会社、クリエイティブ・モールド株式会社、光洋システム機器株式会社、大分フジ株式会社、宮崎プレコン株式会社、開成工業株式会社、株式会社リペアエンジ、大栄開発株式会社、株式会社熊本ヤマウ)で構成されており、土木製品、景観製品、レジンコンクリート製品から構成されるコンクリート製品製造・販売を主な事業内...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社2社及び関連会社1社により構成され、その事業内容は次のとおりであります。また、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)土木用セメント製品事業 ---- 土木用コンクリート二次製品(道路用製品、景観用製品等)の製造・販売、付随する商品・資材の販売及び施工を行っております。当事業は当社、(株)東北ヤマックス及び(株)福岡ヤマックスが行っております。(2)建築用セメント製品事業 ---- 建築用コンクリート二次製品(PCカーテンウォール、住宅用PC板等)の製造・販売、付随する商品...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、コンクリート二次製品の製造・販売、及びこれらに関連するゴムジョイント等の商品の販売、並びに環境を中心とした製商品の民間企業への販売と、空調設備を中心とする建築設備関連機器の販売・施工・メンテナンス、賃貸用マンション等の賃貸・管理の事業活動を行っております。なお、セグメントと同一の区分であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関連会社)は当社(アジアパイルホールディングス株式会社)、子会社19社及び関連会社2社により構成されており、基礎工事関連事業を営んでおります。国内ではジャパンパイル(株)がゼネコンや商社及び代理店等から基礎工事を請け負って製造・施工・販売するほか、子会社のジャパンパイル基礎工業(株)が施工、ジャパンパイル富士コン(株)が施工・販売を行っております。上記に付随してジャパンパイルロジスティクス(株)は、ジャパンパイル(株)に対してコンクリート杭の原材料の販売を行っております。また、ジャパンパイル(株)は同業他社との間でOEM製品を委託または受託し、仕入または販売を行うこ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社(純粋持株会社)、連結子会社6社及び関連会社2社で構成され、コンクリート二次製品の製造・販売、これらの製品の据付をはじめとする各種土木工事、さらにニューセラミック製品の製造・販売、RFIDの販売並びに賃貸等の事業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。マンホール、ヒューム管、ボックスカルバート等のコンクリート製品及び各種落石防護柵等の防災製品の製造・販売並びにその関連商品の販売を行っております。電子部品及び半導体装置関連部品・摺動部品等のニューセラミック製品の製造・販売を行っております。コンクリート製品及び防災製品の据付工事を行っております。機器レンタル及...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社13社より構成されており、外装材事業の分野における製品の製造販売を主な事業内容としているほか、繊維板事業、工事事業、FP事業、その他事業を展開しております。なお、次の5部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。外装材事業............国内では、当社が窯業系外装材を製造販売するほか、子会社ニチハマテックス(株)、子会社高萩ニチハ(株)、子会社八代ニチハ(株)及び子会社ニチハ富士テック(株)が製造する窯業系外装材のほとんどを当社で仕入れて販売しております。また、子会社(株)チューオ...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長経常利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長当期純利益3年連続赤字,4年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社グループは、当社及び関連会社1社(持分法非適用関連会社)で構成され、コンクリート二次製品の製造・販売を単一の事業として運営しております。...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/24

あとで比較する

すぐに比較する

ホクコンの同業他社をもっと見る

ホクコンの関連統計

統計分類検索へ

ホクコンの基本情報

企業名 株式会社ホクコン
カナ カブシキガイシャホクコン
英語名 HOKUKON CO.,LTD
業種 ガラス・土石製品
所在地 越前市北府一丁目2番38号
ホームページ http://www.hokukon.co.jp/
EDINET E01134
証券コード -
決算日 03月31日