比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2014-09-30)

2017/03/10

コバレントマテリアルの最新業績

コバレントマテリアルの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からコバレントマテリアルの事業内容についても確認できます。 注意:コバレントマテリアルの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2014-09-30:7.44

2014-06-30:5.23

2014-03-31:3.02

2013-12-31:1.96

売上高

2014-09-30:162億4020万

2013-09-30:148億8302万

2012-09-30:164億8407万

2011-09-30:376億9912万

売上総利益

2014-09-30:55億4616万

2013-09-30:42億8879万

2012-09-30:43億7862万

2011-09-30:87億0871万

営業利益

2014-09-30:22億7196万

2013-09-30:8億3291万

2012-09-30:6億9425万

2011-09-30:-3億1555万

経常利益

2014-09-30:14億2534万

2013-09-30:-6639万

2012-09-30:-1億7136万

2011-09-30:-19億9823万

当期純利益

2014-09-30:17億7976万

2013-09-30:16億4441万

2012-09-30:14億7118万

2011-09-30:-9億7232万

もっと見る

包括利益

2014-09-30:19億9167万

2013-09-30:17億4267万

2012-09-30:13億9217万

2011-09-30:-10億5160万

営業CF

2014-09-30:22億1291万

2013-09-30:17億4199万

2012-09-30:33億2459万

2011-09-30:29億4804万

投資CF

2014-09-30:2億5891万

2013-09-30:22億6159万

2012-09-30:-9億8224万

2011-09-30:-38億5805万

財務CF

2014-09-30:-33億7454万

2013-09-30:-51億2278万

2012-09-30:-4億5190万

2011-09-30:-61億1241万

総資産額

2014-09-30:547億7064万

2013-09-30:574億2596万

2012-09-30:897億3138万

2011-09-30:1391億9258万

流動資産

2014-09-30:214億3063万

2013-09-30:209億7469万

2012-09-30:482億8675万

2011-09-30:504億1607万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2014-09-30:49億4334万

2013-09-30:45億6733万

2012-09-30:195億4922万

2011-09-30:96億5190万

現金及び預金

2014-09-30:50億4494万

2013-09-30:46億6893万

2012-09-30:288億0177万

2011-09-30:97億6846万

固定資産

2014-09-30:333億4000万

2013-09-30:364億5127万

2012-09-30:414億4463万

2011-09-30:887億7651万

負債

2014-09-30:379億3646万

2013-09-30:417億0363万

2012-09-30:798億5884万

2011-09-30:976億0967万

流動負債

2014-09-30:54億1820万

2013-09-30:75億8110万

2012-09-30:725億5073万

2011-09-30:280億0537万

固定負債

2014-09-30:325億1826万

2013-09-30:341億2253万

2012-09-30:73億0810万

2011-09-30:696億0430万

もっと見る

純資産

2014-09-30:168億3418万

2013-09-30:157億2232万

2012-09-30:98億7254万

2011-09-30:415億8290万

従業員数

2014-09-30:1338

2013-09-30:1328

2012-09-30:1426

2011-09-30:2905

売上総利益率

2014-09-30:34.2

2013-09-30:28.8

2012-09-30:26.6

2011-09-30:23.1

売上営業利益率

2014-09-30:14

2013-09-30:5.6

2012-09-30:4.2

2011-09-30:-0.8

売上経常利益率

2014-09-30:8.8

2013-09-30:-0.4

2012-09-30:-1

2011-09-30:-5.3

売上純利益率

2014-09-30:11

2013-09-30:11

2012-09-30:8.9

2011-09-30:-2.6

もっと見る

ROA

2014-09-30:6.4

2013-09-30:5.8

2012-09-30:3.2

2011-09-30:-1.4

ROE

2014-09-30:21.2

2013-09-30:21

2012-09-30:29.8

2011-09-30:-4.6

自己資本比率

2014-09-30:30.7

2013-09-30:27.4

2012-09-30:11

2011-09-30:29.9

流動比率

2014-09-30:395.5

2013-09-30:276.7

2012-09-30:66.6

2011-09-30:180

固定比率

2014-09-30:198

2013-09-30:231.8

2012-09-30:419.8

2011-09-30:213.5

コバレントマテリアルの事業内容

メインサブ
コバレントマテリアル

書類を取得できませんでした。

コバレントマテリアルの業績推移

コバレントマテリアルの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”イビデン株式会社(当社)の企業集団は、子会社37社及び関連会社3社であり、事業内容は、電子、セラミック、建材、樹脂、食品等の製造・販売を主に、設備工事関係、保守、サービス等を行っているほか、グループ製品・原材料等の運送業務を営んでおります。当社、イビデン樹脂(株)イビデン産業(株)イビデンU.S.A.(株)(米国)イビデンシンガポール(株)(シンガポール)イビデンヨーロッパ(株)(オランダ)台湾揖斐電股分有限公司(台湾)イビデンフィリピン(株)(フィリピン)揖斐電電子(上海)有限公司(中国)揖斐電電子(北京)有限公司(中国)イビデンコリア(株)(韓国)イビデンエレクトロニクスマレーシア(株)(...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と親会社及び当社の子会社2社で構成されております。当社は半導体用石英製品等の製造・仕入・販売を主な事業内容としており、親会社であるジーエルサイエンス株式会社へ製品の一部を供給しております。当社の親会社であるジーエルサイエンス株式会社は、クロマトグラフの装置・消耗品等の製造・販売を主な事業内容としております。当社の子会社は全て100%出資した現地法人であり、主な事業内容として杭州泰谷諾石英有限公司(中国浙江省)は、当社製品の製造を行い、GL TECHNO America,Inc.(アメリカ カリフォルニア州)は、当社製品の販売を行っております。なお、セグメントとの関連につきま...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、子会社74社(うち連結子会社58社、持分法適用会社1社)及び関連会社5社(うち持分法適用会社1社)で構成され、その主な事業内容と、各構成会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりです。当事業は、電力用がいし・機器及びNAS®電池の製造・販売を行っております。がいしの製造は、国内では当社と明知ガイシ(株)、海外については米国ではLOCKE INSULATO,INC.、NGK-LOCKE POLYMER INSULATO,INC.、中国ではNGK唐山電瓷有限公司が行っております。販売は国内では当社、米国ではNGK-LOCKE,INC.、カナダではNGK INS...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は日本特殊陶業(株)(以下「当社」)、子会社48社、関連会社7社で構成され、自動車関連製品、テクニカルセラミックス関連の半導体関連製品及びセラミック関連製品の製造販売等を主な事業内容としています。当事業は、スパークプラグ、グロープラグ、自動車用各種センサ、セラミック製エンジン部品をはじめとした自動車部品の製造販売を行っています。国内では当社が製造販売を行っている他、当社からセラミックセンサ(株)・(株)日特スパークテックWKSをはじめとした国内子会社7社へ原材料・部品を支給して製造委託し、完成品及び半製品・組立部品として購入した上で販売しています。また、海外においてはブラジル特殊陶業...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業グループは、当社、子会社21社及びその他の関係会社1社により構成されており、電子部品を含むセラミック部品及び照明機器等の製造販売を事業としております。国内ユーザーに対しては、照明機器事業を除き、当社の営業グループが製品の直接販売を行っております。一方、海外ユーザーに対しては、当社の営業グループまたは海外の子会社からユーザーへ直接販売する場合と、海外の子会社が当社と海外ユーザー間取引の取次を行う場合があります。当社、連結子会社 Maruwa(Malaysia)Sdn. Bhd.、MARUWA MELAKA SDN.BHD.、MARUWA Electronics (Taiwan) Co....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業内容は、セラミックス事業とエンジニアリング事業とに大別されます。なお、セグメントと同一の区分であります。セラミックス事業は、工業用セラミックス製品を当社堺工場及び東山工場で製造し販売するもので、当社の製品は、ほとんどがエンドユーザーである電子部品、食品、薬品、塗料等の各メーカーにおける生産工程で使用されるセラミックス製の道具類、備品、機械部品等の消耗品であります。エンジニアリング事業は、セラミックス事業とは異なり製造工場は持たず、加熱装置や計測機器等を商品として仕入し販売しております。品種別の主要な製品商品及びその使用使途等は次のとおりであります。セラミックスが電気を通さない特性を利...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社34社で、半導体デバイス、パワーモジュール(PM)、パワーシステム(PS)等の製造・販売並びにこれらに付随するサービスを主な内容として事業活動を展開しております。半導体デバイス事業 ...半導体デバイス製品は、子会社石川サンケン株式会社、山形サンケン株式会社、鹿島サンケン株式会社、サンケンオプトプロダクツ株式会社、大連三墾電気有限公司及びポーラー セミコンダクター エルエルシーに製造を委託しております。当社の製品は、当社の他、子会社大連三墾貿易有限公司、アレグロ マイクロシステムズ エルエルシー、サンケン パワー システムズ(ユーケー)リミテッド、サンケン エ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年12月31日現在、当社、子会社30社(国内4社、海外26社)および持分法適用関連会社1社(国内1社)により構成されております。当社グループは、半導体専業メーカーとして、各種半導体に関する研究、設計、開発、製造、販売およびサービスを行っております。当社グループの研究、設計、開発、製造、販売およびサービス機能は、主に当社および当社の子会社が分業しております。研究、設計、開発機能は、当社が担当するほか、ルネサス システムデザイン(株)、ルネサス セミコンダクタデザイン北京社、ルネサス デザイン・ベトナム社、およびルネサス エレクトロニクス・ヨーロッパ社などの国内外の子会社が...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社メガチップス)及び子会社10社により構成されており、画像・音声・通信分野の基礎技術をベースとしたシステムLSI、自社システムLSIを搭載した電子部品及びシステム機器などの設計・開発・製造(外部委託)及び販売を主たる業務としております。主な製品は、ゲーム機等エンターテインメント機器向けLSI、デジタルカメラ向け等画像処理LSI、液晶パネル向けタイミングコントローラLSI、Smart Connectivity LSI(DisplayPort)、MEMSタイミングデバイス、セキュリティ分野向け映像監視システム機器であり、当社及び当社の子会社において製品の設計・開発を行い...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、親会社 日清紡ホールディングス(株)、当社および子会社9社で構成されております。当社の親会社グループは、エレクトロニクス、ブレーキ、精密機器、化学品、繊維、不動産、その他事業を営んでおります。当社および子会社9社は、主に電子部品(マイクロ波製品、電子デバイス製品)の製造・販売および研究開発業務を分担し、事業活動を展開しております。当社、THAI NJR CO.,LTD.当社、佐賀エレクトロニックス(株)、(株)エヌ・ジェイ・アール福岡、THAI NJR CO.,LTD.NJR CORPORATION、NJR KOREA CO.,LTD.、NJR Europe GmbHNJR ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社24社で構成されており、主としてエンジニアリングプラスチック及びその複合材料による各種製品の製造、加工ならびに販売を主業としている専業メーカーであります。当事業においては、高精度ギアを核としたOA・情報通信・音響映像機器、計器、住宅機器、自動車機器、バイオ関連製品等を製造・販売しております。(海外販売) ENPLAS HI-TECH(SINGAPORE)PTE.LTD.ENPLAS MICROTECH, INC.ENPLAS(ISRAEL)LTD.ENPLAS (EUROPE)LTD.(海外製造販売) ENPLAS(U.S.A.), INC...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び子会社46社(国内11社、海外35社)、関連会社3社(国内1社、海外2社)で構成され、電子部品の総合メーカーとして、その製造・販売を主たる事業内容としております。主な製品及び事業の名称は次のとおりであります。なお、当社子会社は複数セグメントに跨って事業展開を行っており、セグメント別に記載すると複雑になりますので、一括して記載しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社14社により構成され、主な事業内容は、金型、電子部品、電機部品、工作機械の製造・販売であります。アジア地域の連結子会社8社、ミツイ・ハイテック(ホンコン)リミテッド、ミツイ・ハイテック(シンガポール)プライベート・リミテッド、ミツイ・ハイテック(マレーシア)センドリアン・バルハド、三井高科技(天津)有限公司、三井高科技(上海)有限公司、ミツイ・ハイテック(タイワン)カンパニー・リミテッド、ミツイ・ハイテック(タイランド)カンパニー・リミテッド及び三井高科技(広東)有限公司についてはミツイ・アジア・ヘッドクォーターズ・プライベート・リミテッドが経営管理、資金管理...(20170421に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および子会社11社(うち連結子会社10社)は、着実な進歩を続けるエレクトロニクス産業にあって、半導体パッケージのリーディングカンパニーとして幅広い半導体実装技術に基づく製品の開発・製造・販売を主な事業内容としております。また、当社は富士通株式会社の子会社であります。当社は、リードフレーム、PLP(プラスチック・ラミネート・パッケージ)、ガラス端子等の半導体パッケージの開発・製造および販売ならびにICの組立・販売を主要な事業としており、開発・設計から出荷に至る一貫生産体制によりさまざまな半導体パッケージ等を製造しております。プラスチックパッケージ......メタルパッケージ............(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-03-31)

(2016-03-31) ”当社の企業集団は、親会社1社、連結子会社5社(海外5社)で構成され、パワー半導体の製造販売を柱に事業活動を展開しております。親会社は、京セラ株式会社であります。なお、連結子会社5社のうちフィリピンに所在する製造子会社である1社は平成28年2月に清算することを決議し、生産活動を終了しております。...(20160617に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、コンポーネント(コンデンサ・圧電製品など)、モジュール(通信モジュール・電源など)の電子部品並びにその関連製品の開発及び製造販売を主たる事業として行っております。当社は、各種電子部品の中間製品である半製品を生産し、国内外の生産会社へ供給しております。また、自社内及び関係会社で完成品まで加工した製品を、国内外の得意先及び販売会社へ販売しております。販売会社は、当社及び関係会社で生産された製品の販売及び販売仲介を行っております。重要な販売会社である米国の「Murata Electronics North America, Inc.」、中国の「Murata Com...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益6年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益6年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高5年連続マイナス成長営業利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長当期純利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

コバレントマテリアルの同業他社をもっと見る

コバレントマテリアルの関連統計

統計分類検索へ

コバレントマテリアルの基本情報

企業名 コバレントマテリアル株式会社
カナ コバレントマテリアルカブシキガイシャ
英語名 Covalent Materials Corporation
業種 ガラス・土石製品
所在地 品川区大崎一丁目6番3号
ホームページ http://www.coorstek.co.jp/
EDINET E01224
証券コード -
決算日 03月31日