比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2016-12-31)

2017/03/30

協和の最新業績

協和の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から協和の事業内容についても確認できます。 注意:協和の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2016-12-31:4.27

2016-09-30:4.73

2016-06-30:5.4

2016-03-31:6.17

売上高

2016-12-31:50億6307万

2015-12-31:51億2964万

2014-12-31:53億1139万

2013-12-31:49億2276万

売上総利益

2016-12-31:9億3180万

2015-12-31:9億5161万

2014-12-31:8億9462万

2013-12-31:7億7996万

営業利益

2016-12-31:1億2002万

2015-12-31:1億7090万

2014-12-31:1億4661万

2013-12-31:7703万

経常利益

2016-12-31:1億3134万

2015-12-31:1億5589万

2014-12-31:1億5955万

2013-12-31:1億1043万

親会社株主に帰属する当期純損益

2016-12-31:3億2814万

2015-12-31:7174万

2014-12-31:1億1982万

2013-12-31:-1億7429万

もっと見る

包括利益

2016-12-31:2億4713万

2015-12-31:1億1294万

2014-12-31:1億3897万

2013-12-31:-1億2799万

営業CF

2016-12-31:3億4631万

2015-12-31:1億8484万

2014-12-31:5億9523万

2013-12-31:3億3907万

投資CF

2016-12-31:-4億6554万

2015-12-31:-1億3448万

2014-12-31:-2億9357万

2013-12-31:-1億8868万

財務CF

2016-12-31:2億2159万

2015-12-31:-3849万

2014-12-31:-2億2507万

2013-12-31:-1億2973万

総資産額

2016-12-31:59億3297万

2015-12-31:53億0314万

2014-12-31:53億0380万

2013-12-31:52億4589万

流動資産

2016-12-31:29億9303万

2015-12-31:27億6314万

2014-12-31:26億5384万

2013-12-31:26億4742万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2016-12-31:5億6307万

2015-12-31:4億8232万

2014-12-31:4億6883万

2013-12-31:3億8326万

現金及び預金

2016-12-31:6億0107万

2015-12-31:5億2032万

2014-12-31:5億0683万

2013-12-31:4億2126万

固定資産

2016-12-31:29億3994万

2015-12-31:25億4000万

2014-12-31:26億4995万

2013-12-31:25億9846万

負債

2016-12-31:48億7639万

2015-12-31:44億9368万

2014-12-31:46億0729万

2013-12-31:46億7046万

流動負債

2016-12-31:23億6588万

2015-12-31:23億6989万

2014-12-31:30億5862万

2013-12-31:28億4447万

固定負債

2016-12-31:25億1051万

2015-12-31:21億2379万

2014-12-31:15億4867万

2013-12-31:18億2599万

もっと見る

純資産

2016-12-31:10億5658万

2015-12-31:8億0945万

2014-12-31:6億9650万

2013-12-31:5億7543万

従業員数

2016-12-31:449

2015-12-31:478

2014-12-31:465

2013-12-31:446

臨時従業員数(外)

2016-12-31:65

2015-12-31:65

2014-12-31:71

2013-12-31:76

売上総利益率

2016-12-31:18.4

2015-12-31:18.6

2014-12-31:16.8

2013-12-31:15.8

売上営業利益率

2016-12-31:2.4

2015-12-31:3.3

2014-12-31:2.8

2013-12-31:1.6

売上経常利益率

2016-12-31:2.6

2015-12-31:3

2014-12-31:3

2013-12-31:2.2

もっと見る

売上純利益率

2016-12-31:6.5

2015-12-31:1.4

2014-12-31:2.3

2013-12-31:-3.5

ROA

2016-12-31:5.5

2015-12-31:1.4

2014-12-31:2.3

2013-12-31:-3.3

ROE

2016-12-31:31.1

2015-12-31:8.9

2014-12-31:17.2

2013-12-31:-30.3

自己資本比率

2016-12-31:17.8

2015-12-31:15.3

2014-12-31:13.1

2013-12-31:11

流動比率

2016-12-31:126.5

2015-12-31:116.6

2014-12-31:86.8

2013-12-31:93.1

固定比率

2016-12-31:278.2

2015-12-31:313.8

2014-12-31:380.5

2013-12-31:451.6

協和の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
協和

キーワードの推移
年度or届出書
四半期or半期

(20170330)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20160929)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

協和の類似企業へ

協和の業績推移

協和の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社5社、関連会社2社で構成され、溶射加工を中心とし、その周辺分野としてTD処理加工、ZACコーティング加工、PTA処理加工、PVD処理加工等を行っております。これらはいずれも、被加工品の表面にその基材とは異なる性質の皮膜を形成し新たな機能を付与する「表面改質加工」と呼ばれるものであります。なお、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分で記載しております。溶射加工は、半導体・FPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の部品、発電用ガスタービンや電力貯蔵用電池、各種軸受類などの産業...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社6社(株式会社三ツ知製作所、株式会社三ツ知部品工業、株式会社三ツ知春日井、Thai Mitchi Corporation Ltd.、Mitsuchi Corporation of America、三之知通用零部件(蘇州)有限公司)で構成されており、自動車部品に係るカスタムファスナーの製造・販売等を主たる業務としております。当社グループの製品は、自動車用部品における車体用部品向けがその中心であり、用途別にはシート用部品、ウインドウレギュレーター用部品、ロック用部品等の各機能部品となっております。技術開発拠点として、高度加工技術の追求及び一貫生産体制の構築。冷間鍛造技...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社(株式会社山王)及び子会社3社(Sanno Philippines Manufacturing Corporation(以下SPMC)、山王電子(無錫)有限公司(以下山王電子)、Sanno Land Corporation(以下SLC))により構成されており、コネクタ・スイッチ等の電子部品の精密プレス加工及び金型製作、貴金属表面処理加工を主たる業務としております。 なお、精密プレス加工と貴金属表面処理加工を一貫して行う能力を有することで、得意先の求める品質・価格・納期の対応を行っております。 両工程の内容は次のとおりであります。日本セグメントにおいて、顧客である主にコネクタ...(20161031に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社44社及び関連会社12社で構成されております。金属表面処理剤の製造・販売を当社、国内の1社及び海外の17社が行っております。金属表面処理剤等の一部販売を大関化学(株)他1社が行っております。金属表面処理剤等製品の国内での運送・保管業務を共同輸送(株)に委託しております。金属表面処理剤等の一部原料の販売を海外の1社が行っております。防錆油の製造・販売をパーカー興産(株)及び海外の5社が行っており、当社及び子会社2社がその製品の一部を販売しております。圧延油の製造・販売を当社及び海外の2社が行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社(石原化美(上海)商貿有限公司)の計2社で構成されており、電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野の3つの分野で、金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品の4つの事業を行っております。当社は金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品の製品・商品の販売を主な事業とし、連結子会社(石原化美(上海)商貿有限公司)は金属表面処理剤及び機器等、自動車用化学製品等の製品・商品の販売を主な事業の目的としております。なお、当社グループにおける事業分野別の主要品目は次のとおりであります。これら電子部品は、プ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/18

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社123社、関連会社8社及びその他の関係会社4社で構成されており、塗料及びファインケミカルの製造販売を主な事業としております。NIPSEA CHEMICAL CO., LTD. (韓国)ASIA INDUSTRIES, LTD. (台湾)NIPPON PAINT (H.K.) COMPANY LIMITED (香港)GUANGZHOU NIPPON PAINT CO., LTD. (中国)NIPPON PAINT (CHENGDU) CO., LTD. (中国)NIPPON PAINT (M) SDN. BHD. (マレーシア)...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社15社により構成されており、薬品事業、装置事業及び新規事業を行っております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。JCU (THAILAND) CO., LTD.PT. JCU IndonesiaJCU AMERICA, S.A. DE C.V.JCU INTERNATIONAL, INC.JCU CHEMICALS INDIA PVT. LTD....(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、主に金属加工油剤を生産・販売しており、国内においては当社及び日本シー・ビー・ケミカル(株)が、海外においては各地域をそれぞれ独立した現地法人が担当しており、取扱う製品について各地域の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。また、「日本」セグメントでのみ、金属加工油剤のほか、ビルメンテナンス製品を生産・販売しております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、クニミネ工業株式会社(当社)および子会社6社により構成されており、事業はベントナイト原鉱石の採掘、ベントナイトの製造、販売、農薬加工および化成品の製造販売を行っているほか、粘土鉱物、調泥剤の仕入販売、サービス部門として運送取扱い業務や各種研究・分析業務を営んでおります。なお、平成28年4月に関東ベントナイト鉱業株式会社はクニミネマーケティング株式会社へ商号変更しております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ベントナイト事業は、鋳物用、土木建築用、ペット用トイレ砂等の製造販売であり、他に調泥剤の仕入販...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、電気機器や電子部品に使用されている材料・部品の金属メッキ加工や化学処理加工を主たる業務とする「電子機能材事業」と、電線用導体などの伸線加工を主たる業務とする「電気機能線材事業」を行っています。また、「電子機能材事業」と「電気機能線材事業」は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。なお、当社は親会社である古河電気工業株式会社を中心とする企業グループの中で事業運営を行っております。携帯電話やパソコン、家電製品や自動車など私達の身の回りには様々な機器が存在し、さらにその内部にはコネクタやコンデンサ、各種センサや半導体など数多くの...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社19社で構成され、ダイカスト製品、パワーツール及び建築用品、印刷機器の製造・販売を主な事業内容としています。リョービダイキャスティング(USA),INC.アールディシーエム, S. de R.L. de C.V.リョービダイキャスティング(タイランド)CO.,LTD.保険代理業を、リョービ開発(株)はゴルフ場経営を行っています。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社16社により構成されており、ダイカスト事業、アルミニウム事業、完成品事業を営んでおります。主要な製品は、自動車・二輪自動車向けを主とするダイカスト製品、金型鋳物製品、ダイカスト用金型等であります。ダイカストは、製品をお客様に提供するまで、製品設計(湯流れ、強度等の解析含む)、金型製作、試作、量産(ダイカスト鋳造、機械加工等)という流れとなります。当社グループ会社のほとんどがダイカスト事業に関連しており、一連のダイカスト製品の量産に至る過程、量産工程の一部を担うか、又は、その過程において使用する設備装置の提供等を行っております。日本では当社...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、子会社10社(内8社を連結)および関連会社4社で構成されており、建設資機材の製造販売事業を主な事業とし、さらにその他の事業分野の開拓にも注力しております。当社が関連工法の開発および関連製品の開発、製造、販売を行っております。OMM(株)は製造子会社であり当社より仮設・型枠製品の製造を受託しております。岡部インダストリー(株)は仮設・型枠製品の開発、製造、販売を行っており、当社は同社製品を仕入れ販売しております。福岡フォームタイ(株)は仮設・型枠製品を主に当社より仕入れ九州地区において販売しております。また、当社は中国現地法人の販売店であります岡...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(高周波熱錬株式会社)、子会社17社及び関連会社5社により構成されており、土木・建築に使用されるPC鋼棒・異形PC鋼棒、主に自動車・二輪車用サスペンションばね等に使用される高強度ばね鋼線(ITW)の製造販売、自動車部品・建設機械部品等の製造販売、各産業分野に向けた誘導加熱装置等の製造販売を行うほか、自動車・工作機械・建設機械等の重要保安部品の熱処理受託加工を主な事業内容としております。また、オフィスビル等の賃貸事業及び各事業に関連する研究開発を展開しております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社オーネックス(以下、「当社」という。)及び連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、金属熱処理加工事業及び運送事業を営んでおります。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び株式会社オーネックステックセンターが金属熱処理加工事業を営んでおります。金属矯正加工事業は、持分法適用関連会社の株式会社昌平が営んでおります。当社は同社へ、金属熱処理加工に伴って発生する製品の曲り、捩れなどの矯正加工を委託しております。株式会社オーネックスライ...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当連結会計年度において、当社グループが営む事業の内容に重要な変更はありません。なお、当連結会計年度において、有信制造(無錫)有限公司を設立しましたが、同社の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、連結の範囲及び持分法適用の範囲から除外しております。当社グループは、当社、子会社30社及び関連会社1社の合計32社で構成され、各社が3つの事業セグメントに属する自動車部品、産業機械用部品、住宅機器用部品(ビル・住宅用錠前その他)の開発・生産・販売といった事業活動を行っております。この...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社5社で構成されており、自動車内装部品、住宅設備資材及び建築内装資材等の製造販売を主たる業務としております。主要な製品は、トランク部品、フロア部品、シート部品、ルーフ部品等の自動車内装部品であります。当社が国内で製造販売するほか、海外では、盟和(大連)汽車配件有限公司、盟和(佛山)汽車配件有限公司、MEIWA INDUSTRY NORTH AMERICA,INC.、MEIWA INDUSTRY (THAILAND) CO.,LTD.が製造販売しております。産業資材として、住宅設備資材及び建築内装資材を当社が製造販売しております。梱包用緩衝材等の発泡プラスチック成形品...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社及び関連会社計26社で構成され、ポリウレタンフォーム関連製品の製造仕入販売(車両用品、化成品)、不動産賃貸を行っています。当社が製造販売するほか、子会社の(株)ティ・アイ・コーポレーション、(株)ティ・キュー・ワン・エコ、(株)東洋グリーンライト、グリーンライト加工(株)、(株)東洋ウレタン、(株)ティ・ティ・コーポレーション、関連会社である(株)インズコーポレーションに於いて製造した製品を当社が仕入販売しています。海外におきましては子会社の東洋佳嘉(広州)汽車零配件有限公司、関連会社である東洋佳嘉(上海)海綿制品有限公司、TQ-1 de Mexico S.A. ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益4年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益4年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,7年連続黒字経常利益プラス成長に回復,7年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

協和の同業他社をもっと見る

協和の関連統計

統計分類検索へ

協和の基本情報

企業名 株式会社協和
カナ カブシキガイシャキョウワ
英語名 KYOWA CO.,LTD.
業種 金属製品
所在地 高崎市大八木町588番地
ホームページ http://www.kyj.co.jp/
EDINET E01399
証券コード -
決算日 12月31日