比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2012-12-31)

2015/11/01

野田スクリーンの最新業績

業界:電子部品業界すぐ比較

野田スクリーンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から野田スクリーンの事業内容についても確認できます。 注意:野田スクリーンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2012-12-31:1.6

2012-09-30:-2.18

2012-06-30:-6.11

2012-03-31:-10

売上高

2012-12-31:25億9846万

2011-12-31:21億9006万

2010-12-31:26億5858万

2009-12-31:27億3735万

売上総利益

2012-12-31:10億9123万

2011-12-31:9億7429万

2010-12-31:12億0702万

2009-12-31:12億6998万

営業利益

2012-12-31:2億1700万

2011-12-31:1億4732万

2010-12-31:3億0195万

2009-12-31:4億1988万

経常利益

2012-12-31:2億6338万

2011-12-31:1億9352万

2010-12-31:3億2992万

2009-12-31:4億3885万

当期純利益

2012-12-31:1億8415万

2011-12-31:1億3122万

2010-12-31:2億0936万

2009-12-31:2億5185万

もっと見る

包括利益

2012-12-31:1億8099万

2011-12-31:1億1218万

営業CF

2012-09-30:1億1200万

2011-09-30:3億5800万

2010-09-30:3億2865万

2009-09-30:4億5946万

投資CF

2012-09-30:-7億2093万

2011-09-30:-7億8219万

2010-09-30:-7816万

2009-09-30:1億3980万

財務CF

2012-09-30:-5224万

2011-09-30:-6024万

2010-09-30:-4696万

2009-09-30:-5201万

総資産

2012-12-31:75億5953万

2011-12-31:72億9808万

2010-12-31:73億8325万

2009-12-31:73億6080万

流動資産

2012-12-31:46億0833万

2011-12-31:42億5085万

2010-12-31:41億0743万

2009-12-31:44億2633万

もっと見る

現金及び現金同等物

2012-09-30:4億4996万

2011-09-30:17億3666万

2010-09-30:32億4888万

2009-09-30:28億6126万

現金及び預金

2012-12-31:33億7554万

2011-12-31:32億0217万

2010-12-31:28億1640万

2009-12-31:29億8004万

固定資産

2012-12-31:29億5119万

2011-12-31:30億4723万

2010-12-31:32億7582万

2009-12-31:29億3447万

負債

2012-12-31:5億5207万

2011-12-31:4億6870万

2010-12-31:5億6717万

2009-12-31:7億1683万

流動負債

2012-12-31:3億9971万

2011-12-31:3億3090万

2010-12-31:4億4184万

2009-12-31:5億9113万

固定負債

2012-12-31:1億5235万

2011-12-31:1億3779万

2010-12-31:1億2533万

2009-12-31:1億2569万

もっと見る

純資産

2012-12-31:70億0745万

2011-12-31:68億2938万

2010-12-31:68億1608万

2009-12-31:66億4397万

従業員数

2012-03-31:206

2011-03-31:207

2010-03-31:195

2009-03-31:180

臨時従業員数(外)

2012-03-31:5

2011-03-31:6

2010-03-31:6

2009-03-31:7

売上総利益率

2012-12-31:42

2011-12-31:44.5

2010-12-31:45.4

2009-12-31:46.4

売上営業利益率

2012-12-31:8.4

2011-12-31:6.7

2010-12-31:11.4

2009-12-31:15.3

売上経常利益率

2012-12-31:10.1

2011-12-31:8.8

2010-12-31:12.4

2009-12-31:16

もっと見る

売上純利益率

2012-12-31:7.1

2011-12-31:6

2010-12-31:7.9

2009-12-31:9.2

ROA

2012-12-31:3.19992

2011-12-31:2.39994

2010-12-31:3.73324

2009-12-31:4.53322

ROE

2012-12-31:3.46658

2011-12-31:2.53327

2010-12-31:4.13323

2009-12-31:5.06654

自己資本比率

2012-12-31:92.7

2011-12-31:93.6

2010-12-31:92.3

2009-12-31:90.3

流動比率

2012-12-31:1152.9

2011-12-31:1284.6

2010-12-31:929.6

2009-12-31:748.8

固定比率

2012-12-31:42.1

2011-12-31:44.6

2010-12-31:48.1

2009-12-31:44.2

野田スクリーンの事業内容

メインサブ
野田スクリーン
なし

書類を取得できませんでした。

野田スクリーンの業績推移

野田スクリーンの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、太陽ホールディングス株式会社(提出会社)、子会社17社及びその他の関係会社1社により構成され、主としてPWB用部材を始めとする電子部品用化学品部材の製造販売及び仕入販売に関する事業を行っています。製商品品目については以下の略語を使用しています。PWB用部材は、電機メーカー各社のPWB内製部門及びPWB専業メーカー各社で消費され、パソコン、スマートフォン、タブレット端末等のIT機器並びに薄型テレビ、カーエレクトロニクス製品等のAV機器を始めとするデジタル家電を中心とした数多くの電化製品の中で重要な部材として使用されます。また、PWB用部材は、機能別にSR、エッチングレジスト、マー...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社15社及び関連会社5社で構成され、電子材料、産業用構造材料、電気絶縁材料、ディスプレイ材料を製造・販売しております。更に各事業に関連する商品の販売、物流及びその他のサービスの事業活動を展開しております。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。電子材料として使用されるフレキシブル及びリジットプリント配線板用材料等は当社が製造・販売を行い、プリント配線板用硝子クロスは子会社のアリサワファイバーグラス(株)が製造しております。また、フレキシブルプリント配線板用材料等については、子会社...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、(株)フジクラ(当社)、子会社121社及び関連会社19社により構成されており、エネルギー・情報通信カンパニー、エレクトロニクスカンパニー、自動車電装カンパニー、不動産カンパニーに亘って、製品の製造、販売、サービス等の事業活動を展開しております。 次の事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。Fujikura Federal Cables Sdn. Bhd.、Fujikura Fiber Optics Vietnam Ltd.、America Fujikura Ltd.、Verrillon In...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社、その他の関係会社1社で構成され、電線・ケーブルや電極線の製造販売及び不動産の賃貸を主な内容とし展開しております。電線・ケーブル 当社が製造販売するほか、連結子会社である沖電線ワイヤーハーネス(株)が製造、モガミ電線(株)が製造販売、日沖電線(常熟)有限公司、昨年設立したOKI ELECTRIC CABLE AMERICA CORPORATIONが販売しております。電極線 当社が製造販売しております。不動産賃貸 当社が不動産の賃貸をしております。非連結子会社である沖電線サービス(株)は、当社のサービス業務を受託しております。なお、その他の関係会社である沖電気工業...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社および関係会社6社(子会社6社)により構成され、電子機器部品製造装置、ディスプレイおよび電子部品、その他の3部門にわたって、製品の開発、生産、販売、サービスに至る幅広い事業活動を展開しております。JPN,INC.ISHII HYOKI(SUZHOU)CO.,LTD.事業の概要図は次のとおりであります。...(20170426に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社7社(白井電子科技(香港)有限公司・白井電子科技(珠海)有限公司・白井電子商貿(上海)有限公司・白井電子商貿(深セン)有限公司・Shirai Electronics Trading(Thailand) Co.,Ltd. ・オーミハイテク株式会社・シライ物流サービス株式会社)、関連会社1社(科惠白井電路有限公司)で構成されております。 プリント配線板の設計・製造・販売を主な事業内容としているほか、プリント配線板外観検査機及び各種ソリューションビジネス商品の開発・販売、並びに運送業、業務請負を営んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。当社の主力事業であり、...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループは、当社及び連結子会社4社((株)ミラック、TAIYO TECHNOLEX(THAILAND)CO.,LTD.、マイクロエンジニアリング(株)及び太友(上海)貿易有限公司)により構成されており、電子基板(※8)、基板検査機、検査システム、鏡面研磨機の製造及び販売並びにメーカー各社の産業機械等の販売を主たる業務としております。電子部品を表面に固定し当該部品間を配線で接続するために必要な導体パターンを、絶縁基板の表面のみ又は表面及びその内部に形成した板状又はフィルム状の部品であるプリント配線板と、プリント配線板に電子部品を実装したモジュール基板の総称。前者は材質によりリジッド板、FPC...(20170316に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社16社(連結子会社12社、非連結子会社4社)で構成されており、電子回路基板等の設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子関連事業を主とし、その他の事業については、重要性が乏しいため記載を省略しております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社10社で構成されており、プリント配線板及びこれに付随する電子部品等の製造・販売を主要な事業としております。Guangzhou Kyosha Circuit Technology Co.,Ltd.Kyosha North America,Inc.Kyosha (Thailand) Co.,Ltd.KS Circuit Technology Sdn.Bhd.Kyosha Korea Co.,Ltd.KS Circuit Mexico S.A. de C.V....(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社3社で構成されており、熱のコントロールを基礎技術として、火災警報システム、消火システム、高性能防災システム、半導体製造装置用熱板、人工腎臓透析装置、プリント基板の実装組立等の分野において製品の開発、システムの販売・設計・工事・メンテナンス等を主な事業活動としております。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社FENWAL CONTROLS OFJAPAN(H.K.),LIMITED(SHENZHEN)CO.,LIMITED...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社キョウデン(以下「当社」という。)、連結子会社8社、持分法適用非連結子会社1社及び非連結子会社1社により構成され、事業は電子事業、工業材料事業及びその他の事業を営んでおります。KYODEN (THAILAND) CO., LTD.KYODEN HONG KONG LTD.重要性に乏しいため、報告対象とならないセグメントにより構成されております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、親会社(日本電気株式会社)及び当社子会社2社により構成され、情報システム、電子機器、プリント配線板の製造、販売を主な事業内容としております。なお、当社は平成28年7月7日開催の取締役会において、プリント配線板事業を沖電気工業株式会社グループに事業移管することを決議しております。当社の親会社である日本電気株式会社及びその一部の子会社に対しては、当社企業グループ製品の販売とともに、当社企業グループが使用する一部の部品を購入しております。以上について図示すると次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社図研(当社)、子会社22社(非連結子会社2社を含む)により構成されており、エレクトロニクス、自動車関連及び産業機器製造業を中心に設計から製造までのプロセスにかかわるソリューションの研究開発・製造・販売及びこれらに附帯するクライアントサービス等の事業を営んでおります。ズケンLtd.(欧州)ズケン・ユーエスエーInc.(米国)ズケン・ユーケーLtd.(欧州)ズケンS.A.(欧州)ズケンS.r.l.(欧州)ズケン・コリアInc.(アジア)...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、日本シイエムケイ株式会社(当社)及び子会社11社、関連会社1社により構成されており、事業はプリント配線板の製造販売業(10社)を営んでいるほか、ファクタリング業務等(1社)、その他(1社)を営んでおります。また、平成29年3月31日現在子会社1社が清算手続き中であります。プリント配線板の製造販売業、ファクタリング業務等を営んでおります。プリント配線板の製造販売業を営んでおります。CMK ASIA(PTE.)LTD.及びCMK CORPORATION(THAILAND)CO.,LTD.プリント配線板の販売業を営んでおります。CMK EUROPE N.V.及びCMK AMERICA...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社9社、関連会社1社、その他の関係会社1社で構成され、主な事業内容はコンデンサ及びプリント回路の製造販売並びにその他の事業であります。また、その他の関係会社である太陽誘電(株)は、各種電子部品の開発・製造・販売等をおこなっており、当社の議決権の26.48%を保有しております。なお、セグメントと同一の区分であります。国内生産子会社(エルナー東北(株))及び海外生産子会社(TANIN ELNA CO.,LTD.、ELNA-SONIC SDN.BHD.)で製造し、当社及び海外販売子会社を通じて販売しております。また、海外生産子会社は現地への直接販売も行っております。当社及...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、116社(当社、子会社101社、関連会社14社)より構成され、シール製品、電子機器部品、事務機用ロール製品等の製造・販売を主な事業としております。国内生産においては、シール製品、その他製品を当社、他28社が、電子機器部品を日本メクトロン(株)、他1社が、事務機用ロール製品をシンジーテック(株)、他2社が担当しております。海外生産においては、シール製品、その他製品をタイNOK Co.,Ltd.、他17社が、電子機器部品をメクテックマニュファクチャリングCorp.珠海Ltd.、他17社が、事務機用ロール製品をシンジーテックベトナムCo.,Ltd.、他4社が...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-11-30)

(2016-11-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社7社、及び関連会社1社で構成され、プリント配線基板、時計・精密機器部品の製造販売を主な内容とし、更に各事業に関連する研究を行っております。プリント配線基板関連......当社は、プリント配線基板を製造販売しており、子会社YAMAMOTO Mfg.(USA)Inc.は当社から仕入れて販売しております。 子会社東莞山本電子科技有限公司は、製造販売しており、当社で仕入れて販売しております。 一部の作業工程については、子会社山本金属工業(株)に下請けさせております。 子会社(株)ヤマモトエレクトロニクスは、製造販売しており、一部の作業工程について当社が行っております。時計...(20170228に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-05-31)

(2009-05-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

野田スクリーンの同業他社をもっと見る

野田スクリーンの関連統計

統計分類検索へ

野田スクリーンの基本情報

企業名 株式会社野田スクリーン
カナ カブシキガイシャノダスクリーン
英語名 
業種 電気機器
所在地 小牧市大字本庄字大坪415番地
ホームページ http://www.nodascreen.co.jp/
EDINET E02052
証券コード -
決算日 -