比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2010-09-30)

2015/11/01

オンキヨーサウンド&ビジョンの最新業績

業界:音響機器業界すぐ比較

オンキヨーサウンド&ビジョンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からオンキヨーサウンド&ビジョンの事業内容についても確認できます。 注意:オンキヨーサウンド&ビジョンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2010-09-30:-6.88

2010-06-30:1.56

2010-03-31:10

2009-12-31:5

売上高

2010-09-30:239億4998万

2009-09-30:255億5086万

2008-09-30:426億2798万

2007-09-30:295億4689万

売上総利益

2010-09-30:63億9817万

2009-09-30:71億8032万

2008-09-30:79億5906万

2007-09-30:83億7766万

営業利益

2010-09-30:-3億5176万

2009-09-30:2億8016万

2008-09-30:-9億7255万

2007-09-30:8億6533万

経常利益

2010-09-30:-6億8336万

2009-09-30:4億0883万

2008-09-30:-19億1780万

2007-09-30:5億4202万

当期純利益

2010-09-30:-9億0885万

2009-09-30:1億5222万

2008-09-30:-31億6912万

2007-09-30:2億3853万

もっと見る

営業CF

2010-09-30:6億0892万

2009-09-30:14億1509万

2008-09-30:-7億7673万

2007-09-30:16億2585万

投資CF

2010-09-30:-2億6383万

2009-09-30:-5億6140万

2008-09-30:-4億3446万

2007-09-30:1687万

財務CF

2010-09-30:-25億8959万

2009-09-30:-10億5291万

2008-09-30:1億6481万

2007-09-30:15億1187万

総資産

2010-09-30:377億2349万

2009-09-30:487億5563万

2008-09-30:623億7962万

流動資産

2010-09-30:213億8233万

2009-09-30:274億2768万

2008-09-30:349億8366万

現金及び現金同等物

2010-09-30:62億4831万

2009-09-30:89億0599万

2008-09-30:106億4942万

2007-09-30:92億1757万

もっと見る

現金及び預金

2010-09-30:62億4831万

2009-09-30:89億0599万

2008-09-30:114億0442万

固定資産

2010-09-30:163億4115万

2009-09-30:213億2795万

2008-09-30:273億9596万

負債

2010-09-30:319億3450万

2009-09-30:423億7216万

2008-09-30:520億9130万

流動負債

2010-09-30:184億7978万

2009-09-30:235億7011万

2008-09-30:296億1619万

固定負債

2010-09-30:134億5472万

2009-09-30:188億0205万

2008-09-30:224億7510万

純資産

2010-09-30:57億8898万

2009-09-30:63億8346万

2008-09-30:102億8832万

2007-09-30:115億9070万

もっと見る

従業員数

2010-09-30:2576

2009-09-30:3194

2008-09-30:3939

2007-09-30:4061

臨時従業員数(外)

2010-09-30:622

2009-09-30:505

2008-09-30:593

2007-09-30:360

売上総利益率

2010-09-30:26.7

2009-09-30:28.1

2008-09-30:18.7

2007-09-30:28.4

売上営業利益率

2010-09-30:-1.5

2009-09-30:1.1

2008-09-30:-2.3

2007-09-30:2.9

売上経常利益率

2010-09-30:-2.9

2009-09-30:1.6

2008-09-30:-4.5

2007-09-30:1.8

売上純利益率

2010-09-30:-3.8

2009-09-30:0.6

2008-09-30:-7.4

2007-09-30:0.8

もっと見る

ROA

2010-09-30:-4.8

2009-09-30:0.6

2008-09-30:-10.2

ROE

2010-09-30:-31.4

2009-09-30:4.8

2008-09-30:-61.6

2007-09-30:4.2

自己資本比率

2010-09-30:15.3

2009-09-30:13.1

2008-09-30:16.5

流動比率

2010-09-30:115.7

2009-09-30:116.4

2008-09-30:118.1

固定比率

2010-09-30:282.3

2009-09-30:334.1

2008-09-30:266.3

オンキヨーサウンド&ビジョンの事業内容

メインサブ
オンキヨーサウンド&ビジョン
なし

書類を取得できませんでした。

オンキヨーサウンド&ビジョンの業績推移

オンキヨーサウンド&ビジョンの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは放送・通信用ケーブル・ハーネス・コネクタ・機器(パッシブ・電子)及びその付帯器具を製造、販売しております。製造についてはカナレハーネス株式会社(日本)、株式会社カナレテック(日本)、カナレシステムワークス株式会社(日本)、Canare Electric(Shanghai)Co.,Ltd.(中国)がその役割を担っております。一方、販売については当社が国内及びその他の地域を、Canare Corporation of America(米国)が米国、カナダ及び中南米諸国への販売を、Canare Corporation of Korea(韓国)が韓国への販売を、Canare Electr...(20170321に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社14社および関連会社6社により構成されており、AV事業、OEM事業およびデジタルライフ事業を主たる事業としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ONKYO ASIA ELECTRONI SDN. BHD.Pioneer & Onkyo U.S.A. CorporationPioneer & Onkyo Marketing Asia Ltd.S&O ELECTRONI (MALAYSIA) SDN. BHD.FLEXI ACOUSTI”...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の子会社79社(国内20社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内7社、海外1社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVCKENWOOD Electronics Malaysia Sdn. Bhd.PT.JVC Electronics IndonesiaJVCKENWOOD Optical Electronics (Thailand) Co., Ltd.Shanghai Kenwood Electronics Co., Ltd.JVCKE...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”パイオニア株式会社(以下「当社」という。)は、当社および当社の関係会社(以下「当社グループ」という。)の事業を、「カーエレクトロニクス」および「その他」に区分しています。当社グループの各事業の生産販売体制につきましては、生産に関しては当社および当社の生産体制と一体となった国内外の製造子会社が行う体制をとっています。また、販売に関しては、概ね販売子会社が行う体制をとっていますが、一部地域の顧客に対しては、当社が直接販売しています。なお、「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。Pioneer Automotive Technologies, Inc...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社及び子会社27社により構成されており、その事業内容は、電子機器及び電子部品等の製造販売であり、当グループの事業に係わる位置づけは次のとおりです。高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、市販製品を扱う部門である〔フォステクス カンパニー〕が「音響部品・製品」の生産を行っています。生産コスト面の有利性と現地市場の販路拡大等のため、次のとおり海外展開を図っており、当連結会計年度末現在、子会社14社が生産を行っています。中国・香港・韓国地域:フォスター エレクトリックCo.,(ホンコン)Ltd.が中国の製造委託先である広州市番禺区旧水坑豊達電機廠において、「音響部品・製品」...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社(株式会社日立製作所)、子会社21社、関連会社3社及び共同支配企業1社より構成され、日本、米州、欧州、アジア・豪州のセグメントにおいて、主として、車載情報機器、車載音響機器、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、セーフティアンドインフォメーション事業等の製品の開発、生産、販売及びサービスの提供を行っております。なお、各セグメントに属する会社並びに製品及びサービスとの関連は以下のとおりであります。Clarion Canada Inc.Clarion do Brasil Ltda.Electronica Clarion, S.A. de C.V.Ultra Ind...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社13社により構成されており、音響機器、情報機器の開発及び製造販売を主たる事業として行っております。ティアック アメリカ,INC.ティアック UK LTD.ティアック オーディオ(チャイナ)CO., LTD.東莞ティアック エレクトロニクス CO., LTD.ティアック セールス アンド トレーディング(深セン)CO., LTD.以上の企業集団等について図示すると次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社24社の計25社で構成されており、音響機器とセキュリティ機器の2つを中心に製造、販売およびこれらに関連する事業を営んでおります。セグメントは所在地別に日本セグメント、アメリカセグメント、欧州・中東・アフリカセグメント、アジア・パシフィックセグメント、中国・東アジアセグメントの5つの区分で構成されております。当セグメントにおいては、主に当社が企画・開発を行った製品について、アコース(株)において音響機器、タケックス(株)においてセキュリティ機器の製造を行っており、当社およびTOAエンジニアリング(株)が製品の販売を行っております。TOAエンジニアリング(株)および...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、親会社、子会社38社及び関連会社6社より構成され、自動車用音響機器及び情報・通信機器の製造販売を主な事業とし、かつ、これに附帯する事業を営んでいます。当社の親会社はアルプス電気株式会社であり、当社は同社から音響機器及び情報・通信機器用の部品・製品を仕入れています。生産は、国内では生産会社3社が担当し、海外では主として欧州のALPINE ELECTRONI MANUFACTURING OF EUROPE, LTD.、中国のDALIAN ALPINE ELECTRONI CO., LTD.のほかアジア及び北米の生産会社が担当して”...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、親会社(日本電気株式会社)及び当社子会社2社により構成され、情報システム、電子機器、プリント配線板の製造、販売を主な事業内容としております。なお、当社は平成28年7月7日開催の取締役会において、プリント配線板事業を沖電気工業株式会社グループに事業移管することを決議しております。当社の親会社である日本電気株式会社及びその一部の子会社に対しては、当社企業グループ製品の販売とともに、当社企業グループが使用する一部の部品を購入しております。以上について図示すると次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメントの区分と同一であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、オリンパス株式会社(当社)、子会社107社および関連会社2社で構成されており、医療、科学、映像およびその他製品の製造販売を主な事業とし、さらに各事業に関連する持株会社および金融投資等の事業活動を展開しています。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社70社及び関連会社6社で構成され、楽器事業、音響機器事業及びその他の事業を営んでおります。また、事業の帰属を見直し、防音事業を「楽器」事業から「音響機器」事業に変更しております。主に(株)ヤマハミュージカルプロダクツ他国内製造子会社及びPT. Yamaha Music Manufacturing Asia、杭州雅馬哈楽器有限公司、天津雅馬哈電子楽器有限公司他海外製造子会社が製造し、当社が販売すると共に(株)ヤマハミュージックジャパン他国内販売子会社及びYamaha Music Europe GmbH、Yamaha Corporation of America、雅馬哈...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高4年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,4年連続マイナス成長経常利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高4年連続マイナス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益黒字へ回復,2年連続プラス成長当期純利益黒字へ回復,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,プラス成長に回復経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社16社、関連会社2社で構成され、エネルギー、産業用部材料及び電器・コンシューマー製品の製造・販売を主な事業内容としております。コイン形リチウム二次電池、産業用リチウムイオン電池、民生用リチウムイオン電池といった二次電池、リチウム一次電池、ボタン電池といった一次電池のほか、蓄電デバイスなどの製造販売をしております。また太陽光発電による売電事業を行っております。光学部品、機能性材料、電鋳・精密部品、金型・合成樹脂成形品、粘着テープ、RFIDシステム、ICカードなどの製造販売をしております。プロジェクター、小型電気機器、ヘルスケア、音響機器、ハードディスク、光ディスク、充...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社と連結子会社3社から構成されている。(1)放送事業・・・ラジオ・テレビ放送を事業内容とし、コマーシャルやビデオソフトなどの制作委託を連結子会社 南海放送サービス株式会社が、放送番組の企画・制作他を放送事業に関わる人材を擁する連結子会社 RNBコーポレーション株式会社が行っている。(2)機器販売業・・音響、映像機器販売及び音響照明業務委託を連結子会社 南海放送音響照明株式会社が行っている。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

オンキヨーサウンド&ビジョンの同業他社をもっと見る

オンキヨーサウンド&ビジョンの関連統計

統計分類検索へ

オンキヨーサウンド&ビジョンの基本情報

企業名 オンキヨーサウンド&ビジョン株式会社
カナ オンキヨーサウンドアンドビジョン
英語名 
業種 電気機器
所在地 寝屋川市日新町2番1号
ホームページ http://www.jp.onkyo.com/
EDINET E02078
証券コード -
決算日 -