比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2012-12-31)

2015/11/01

日本電産サンキョーの最新業績

業界:電子部品業界すぐ比較

日本電産サンキョーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から日本電産サンキョーの事業内容についても確認できます。 注意:日本電産サンキョーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2012-12-31:-10

2012-09-30:-9.59

2012-06-30:-6.44

2012-03-31:-2.98

売上高

2012-12-31:552億1500万

2011-12-31:643億7000万

2010-12-31:706億3200万

2009-12-31:525億0900万

売上総利益

2012-12-31:103億8600万

2011-12-31:125億8800万

2010-12-31:167億1500万

2009-12-31:107億9200万

営業利益

2012-12-31:39億2300万

2011-12-31:51億6500万

2010-12-31:90億7100万

2009-12-31:44億3200万

経常利益

2012-12-31:45億5400万

2011-12-31:44億6500万

2010-12-31:73億6600万

2009-12-31:39億0800万

当期純利益

2012-12-31:37億4300万

2011-12-31:30億3700万

2010-12-31:54億2600万

2009-12-31:25億1800万

もっと見る

包括利益

2012-12-31:52億0900万

2011-12-31:21億0600万

2010-12-31:39億9000万

営業CF

2012-09-30:64億9300万

2011-09-30:14億3500万

2010-09-30:55億0000万

2009-09-30:59億1400万

投資CF

2012-09-30:-27億3300万

2011-09-30:-29億9400万

2010-09-30:-10億4600万

2009-09-30:-15億6100万

財務CF

2012-09-30:-13億5600万

2011-09-30:-11億1500万

2010-09-30:-12億0900万

2009-09-30:-24億0200万

総資産

2012-12-31:1047億4700万

2011-12-31:998億6300万

2010-12-31:1028億8500万

2009-12-31:1005億5693万

流動資産

2012-12-31:688億1100万

2011-12-31:703億5700万

2010-12-31:747億9200万

2009-12-31:725億0630万

もっと見る

現金及び現金同等物

2012-09-30:316億4700万

2011-09-30:339億6300万

2010-09-30:356億8000万

2009-09-30:321億7300万

現金及び預金

2012-12-31:148億0900万

2011-12-31:108億5400万

2010-12-31:107億8500万

2009-12-31:148億2671万

固定資産

2012-12-31:359億3600万

2011-12-31:295億0500万

2010-12-31:280億9300万

2009-12-31:280億4963万

負債

2012-12-31:166億7900万

2011-12-31:182億0100万

2010-12-31:233億2100万

2009-12-31:238億5486万

流動負債

2012-12-31:156億8000万

2011-12-31:170億1900万

2010-12-31:213億3500万

2009-12-31:207億9564万

固定負債

2012-12-31:9億9900万

2011-12-31:11億8200万

2010-12-31:19億8500万

2009-12-31:30億5897万

もっと見る

純資産

2012-12-31:880億6800万

2011-12-31:816億6100万

2010-12-31:795億6300万

2009-12-31:767億0207万

従業員数

2012-03-31:1万3853

2011-03-31:1万7178

2010-03-31:1万7141

2009-03-31:9017

臨時従業員数(外)

2012-03-31:2150

2011-03-31:3848

2010-03-31:2326

2009-03-31:1663

売上総利益率

2012-12-31:18.8

2011-12-31:19.6

2010-12-31:23.7

2009-12-31:20.6

売上営業利益率

2012-12-31:7.1

2011-12-31:8

2010-12-31:12.8

2009-12-31:8.4

売上経常利益率

2012-12-31:8.2

2011-12-31:6.9

2010-12-31:10.4

2009-12-31:7.4

もっと見る

売上純利益率

2012-12-31:6.8

2011-12-31:4.7

2010-12-31:7.7

2009-12-31:4.8

ROA

2012-12-31:4.79988

2011-12-31:3.9999

2010-12-31:7.06649

2009-12-31:3.33325

ROE

2012-12-31:5.73319

2011-12-31:4.93321

2010-12-31:9.06644

2009-12-31:4.39989

自己資本比率

2012-12-31:84.1

2011-12-31:81.8

2010-12-31:77.3

2009-12-31:76.3

流動比率

2012-12-31:438.8

2011-12-31:413.4

2010-12-31:350.6

2009-12-31:348.7

固定比率

2012-12-31:40.8

2011-12-31:36.1

2010-12-31:35.3

2009-12-31:36.6

日本電産サンキョーの事業内容

メインサブ
日本電産サンキョー

書類を取得できませんでした。

日本電産サンキョーの業績推移

日本電産サンキョーの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、三相電機株式会社(当社)、子会社7社で構成され、モータ、ポンプおよびモータ応用製品、部品の製造・販売を主に、またこれらに附帯する保守、研究開発およびその他のサービス等の事業活動を展開しております。当社が製造・販売しております。岡山三相電機株式会社は、大部分を当社製品の組立加工および部品加工を行っております。一部は他社へ販売しております。播磨三相電機株式会社は、モータ・ポンプの主要部品であるモータの固定子(ステータ)を製造し、大部分を当社へ販売するとともに、一部は他社へ販売しております。上海三相電機有限公司は、部品・生産設備等の一部を当社より仕入れ、モータ・ポンプの製造・販売をし...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(ホシデン株式会社)、子会社27社により構成されており、当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係わる位置付けは次のとおりであります。「機構部品」の区分に属する主要な製品にはコネクタ、ジャック、スイッチ等を含みます。「音響部品」の区分に属する主要な製品はマイクロホン、ヘッドホン、ヘッドセット、スピーカー、レシーバー等となっています。「表示部品」の区分に属する主要な製品は液晶表示素子、タッチパネルとなっています。「複合部品その他」の区分に属する主要な製品は上記の区分に属さない複合機器となっています。当社は、最終製品の製造を行い、子会社より...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益8年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益8年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益8年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、トミタ電機株式会社(当社)、子会社2社で構成されており、主な事業内容は、電子部品材料であるフェライトコア(磁性材料)、電子部品のコイル・トランスの製造及び販売並びに、国内不動産の賃貸事業であります。なお、当社グループは、同一セグメントに属する電子部品材料の製造、販売を行っており、電子部品材料事業については製品別に記載しております。当社、TOMITA FERRITE LTD.以上の当社グループ等について図示すると次のとおりであります。...(20170426に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/19

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、株式会社エノモト(当社)及び子会社4社(連結子会社3社、非連結子会社1社)により構成されており、事業は主にIC・トランジスタ用リードフレーム(※1)、オプト用リードフレーム、コネクタ用部品とそれらの製造に使用する精密金型・周辺装置の製造・販売を行っております。当社グループは、金型技術の基本である「抜き・曲げ」に、「つぶし(コインニング)・絞り」及び樹脂成形など多彩な技術を複合させることにより、あらゆる分野で高度な要求に応えられることを強みとしています。なお、当社グループは、国内4工場、海外3工場(フィリピン2ヵ所、中国1ヵ所)に展開しております。ENOMOT...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は平成29年3月31日現在、双信電機株式会社(当社)および親会社1社、子会社9社、関連会社1社で構成され、事業は産業機器分野および情報通信機器分野向け製品の開発、製造、販売の他、実装事業等を主たる業務としています。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-03-20)

(2015-03-20) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社・子会社1社・持分法適用関連会社1社で構成されており、電子部品製造関連製品、情報関連製品・サービス事業(オプトメカトロニクス、情報通信ビジネス)を展開しております。また、当企業集団は安川電機グループに属し、親会社である(株)安川電機に製品の販売、部材及び製品の購入を行っております。以上の当社グループ(当社及び当社の関係会社)について図示するとつぎのとおりです。...(20150617に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、浜松ホトニクス株式会社(当社)、子会社17社及び関連会社3社で構成されており、光電子増倍管、イメージ機器及び光源、光半導体素子、画像処理・計測装置等の光関連製品の製造、販売を主な事業とし、かつ、これらに付帯する事業を営んでおります。当社が製造販売するとともに、子会社のハママツ・コーポレーション、ハママツ・ホトニクス・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハー、ハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル、浜松光子学商貿(中国)有限公司他海外子会社を通じ販売しております。また、当社は、光電子増倍管につきましては、国内子会社の高丘電子(株)、浜松電子プレス(株)、海外子会社の...(20161216に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社日本抵抗器製作所)、子会社10社により構成されており、電子部品(主な製品群としては、抵抗器、ポテンショメーター、ハイブリッドIC、電子機器)の製造販売を主たる業務としております。主な用途として自動車用、農電機器用、住設機器用、電源機器用、医療機器用、家電用等があり、主に(株)日本抵抗器大分製作所、(株)サンジェニックスで生産し、当社が生産管理、品質管理し、日本抵抗器販売(株)に販売しております。主な用途として自動車用、建設機械用、農電機器用等があり、主に(株)サンジェニックスで生産し、当社が生産管理、品質管理し、日本抵抗器販売(株)に販売...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社1社により構成され、機械部品事業、電機部品事業並びにこれらに類しないその他の事業を行っております。当社グループの事業概要は次のとおりであります。NTダイカッター、切削工具、耐摩耐食部品、機械部品、磁気ヘッド基板、超精密加工品、半導体・液晶関連機械部品、自動化・省力化機器等を製造販売しております。NIPPON TUNGSTEN USA, INC. (米国、連結子会社)NIPPON TUNGSTEN EUROPE S.r.l (イタリア、連結子会社)電気接点、電極、遮蔽材、タングステン及びモリブデン線・棒・板等の製造販売を行っております。上...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社18社及び関連会社1社で構成され、主な事業内容は、電子機器等の回路部品である抵抗器、IC、複合部品等の製造販売であり、企業集団内の位置づけは次のとおりであります。(生産拠点)高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、当社と興亜エレクトロニクス(株)を含めた連結子会社4社、及び子会社である日本電子応用(株)において抵抗器、IC、高周波インダクタ等の生産を担当しております。(販売拠点)当社の9ヶ所の営業所と連結子会社である興亜販売(株)が担当しております。(生産拠点)生産コスト面の有利性とグローバルな事業展開を目的として、連結子会社であ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社、子会社11社及び関連会社3社で構成され、電力機器事業及び回転機事業を行っております。なお、電力機器及び回転機は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当該事業に係る製品・工事は、各種変圧器、配電盤等、電力設備工事等があります。各種変圧器、配電盤は、当社、子会社岐阜愛知電機(株)が製造・販売しております。工事関連は、電力設備工事を当社が行っているほか、子会社岐阜愛知電機(株)、長野愛知電機(株)が発変電・送電・通信関係の工事を行っております。主な販売先は中部電力(株)(その他の関係会社)をはじめとする電力会...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,プラス成長に回復経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高5年連続マイナス成長営業利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長当期純利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長経常利益7年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益7年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長経常利益3年連続赤字,3年連続マイナス成長当期純利益5年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-08-31)

(2010-08-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、各種アナログIC製品の開発・製造・販売を行っております。当社グループは、当社、連結子会社8社(販売子会社6社、製造子会社2社)によって構成されております。当社グループは、「常に豊かな知性と感性を磨き、市場に適応した価値ある製品を創出し、豊かな社会の実現と地球環境の保全に貢献するとともに、私たちの事業に携わるすべての人々が共に繁栄することを企業の理念とする」という企業理念に基づき、事業活動を展開しています。私たちの生活に欠かせない携帯電話、AV機器、パソコン、家電などから産業用機器、医療機器、自動車などの各種機械装置まで、高度情報化社会の進展に伴って電子機器化が急速に進んでいます。当社の...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

日本電産サンキョーの同業他社をもっと見る

日本電産サンキョーの関連統計

統計分類検索へ

日本電産サンキョーの基本情報

企業名 日本電産サンキョー株式会社
カナ ニホンデンサンサンキョーカブシキガイシャ
英語名 NIDEC SANKYO CORPORATION
業種 精密機器
所在地 諏訪郡下諏訪町5329番地
ホームページ http://www.nidec-sankyo.co.jp/
EDINET E02279
証券コード -
決算日 03月31日