比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2009-12-31)

2015/11/01

キヤノンファインテックの最新業績

キヤノンファインテックの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からキヤノンファインテックの事業内容についても確認できます。 注意:キヤノンファインテックの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2009-12-31:-10

2009-09-30:-3.33

2009-06-30:3.33

2009-03-31:10

売上高

2009-12-31:1081億4800万

2008-12-31:1485億6100万

売上総利益

2009-12-31:174億0800万

2008-12-31:230億7200万

営業利益

2009-12-31:35億9700万

2008-12-31:66億5900万

経常利益

2009-12-31:38億1300万

2008-12-31:68億1900万

当期純利益

2009-12-31:22億2600万

2008-12-31:61億5300万

もっと見る

営業CF

2009-12-31:83億5100万

2008-12-31:89億6500万

投資CF

2009-12-31:-50億8300万

2008-12-31:-150億9500万

財務CF

2009-12-31:-12億5200万

2008-12-31:-15億0500万

総資産

2009-12-31:959億5500万

2008-12-31:983億2400万

流動資産

2009-12-31:635億0500万

2008-12-31:622億5100万

現金及び現金同等物

2009-12-31:271億9500万

2008-12-31:251億1200万

2007-12-31:349億5300万

もっと見る

現金及び預金

2009-12-31:136億9500万

2008-12-31:120億4100万

固定資産

2009-12-31:324億5000万

2008-12-31:360億7300万

負債

2009-12-31:227億7100万

2008-12-31:268億4600万

流動負債

2009-12-31:192億4100万

2008-12-31:225億5700万

固定負債

2009-12-31:35億3000万

2008-12-31:42億8900万

純資産

2009-12-31:731億8400万

2008-12-31:714億7800万

2007-12-31:794億4400万

もっと見る

従業員数

2009-12-31:7311

2008-12-31:7605

2007-12-31:6810

2006-12-31:6695

臨時従業員数(外)

2009-12-31:127

2008-12-31:156

2007-12-31:141

2006-12-31:140

売上総利益率

2009-12-31:16.1

2008-12-31:15.5

売上営業利益率

2009-12-31:3.3

2008-12-31:4.5

売上経常利益率

2009-12-31:3.5

2008-12-31:4.6

売上純利益率

2009-12-31:2.1

2008-12-31:4.1

もっと見る

ROA

2009-12-31:2.3

2008-12-31:6.3

ROE

2009-12-31:3

2008-12-31:8.6

自己資本比率

2009-12-31:76.3

2008-12-31:72.7

流動比率

2009-12-31:330.1

2008-12-31:276

固定比率

2009-12-31:44.3

2008-12-31:50.5

キヤノンファインテックの事業内容

メインサブ
キヤノンファインテック
なし

書類を取得できませんでした。

キヤノンファインテックの業績推移

キヤノンファインテックの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の関係会社(親会社1社、子会社32社、関連会社3社)で構成されており、法人事業(中小企業・個人事業主向け)及びコンシューマ事業(一般消費者向け)を主な事業として取り組んでおります。なお、以下に示す区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分であります。従来の蛍光灯に比べ長寿命かつ低消費電力が特徴であるLED照明「L-eeDo(エルイード)」、空調機器等の販売施工保守を行っております。当社、(株)エフティコミュニケーションズ、(株)エフティコミュニケーションズウエスト、(株)エフティ北日本、(株)エフティ...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社153社並びに持分法適用関連会社6社で構成されており、主な事業は情報機器事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2017年3月31日現在)。なお、以下の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記」に掲げるセグメントの区分と同一であります。複合機及びITサービスの開発・製造・販売、関連消耗品・ソリューション・サービスの提供。デジタル印刷システム、各種印刷サービス及び産業用インクジェットの開発・製造・販売、関連消耗品・ソリューション・サービスの提供。Konica Minolta Business Te...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社61社により構成されており、電子プリンタ、ハンドラベラー等メカトロ製品、ICタグ・ラベル、シール、ラベル、プライマリーラベル、タグ、チケット、リボン、MCカード等サプライ製品の製造及び販売を主な事業としており、当社を中核とする企業集団であります。SATO GLOBAL SOLUTIONS, INC.(アメリカ)SATO AMERICA, LLC.(アメリカ)SATO AUTO-ID DO BRASIL LTDA.(ブラジル)ACHERNAR S.A.(アルゼンチン)SATO ARGENTINA S.A.(アルゼンチン)PRAKOLAR RÓTULOS AUTO-...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社28社により構成されており、事業は、印刷機器の開発・製造・販売を主に行っているほか、不動産業を営んでおります。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分であります。RISO INDUSTRY(THAILAND)CO.,LTD.RISO,INC.RISO LATIN AMERICA,INC.RISO(U.K.)LTD.RISO FRANCE S.A....(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社12社並びに関連会社2社、株式会社三桂製作所(その他の関係会社)及び新潟三桂株式会社(その他の関係会社の子会社)で構成されております。株式会社三桂製作所及び新潟三桂株式会社は、可撓電線管の製造販売を主な事業内容としており当社とは借入及び下丸子本社の賃貸借以外に重要な営業取引はありません。また、当社及び子会社並びに関連会社は、画像情報機器(大判型デジタル機器及びマイクロモーター等)の製造販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。当社が製造販売するほか、台湾三桂股份有限公司が製造し、台湾省内での販売以外はすべ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む主な事業は、プリンティング・アンド・ソリューションズ事業、パーソナル・アンド・ホーム事業、マシナリー事業、ネットワーク・アンド・コンテンツ事業、ドミノ事業、その他事業の6事業であり、その製品は多品種にわたっております。主要な関係会社における異動は、以下の通りであります。当連結会計年度において、連結子会社でありました兄弟工業(深圳)有限公司は、兄弟高科技(深圳)有限公司を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。当事業分野においては、プリンター、複合機等の通信・プリンティング機器及び電子文具、スキャナー等の製造・販売等を...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社25社及び関連会社1社で構成され、ホッチキス、タイムレコーダ、文字表示機器、オートステープラ等を中心としたオフィス機器、釘打機、エアコンプレッサ、鉄筋結束機、充電工具、浴室暖房換気乾燥機、全館24 時間換気システム等を中心としたインダストリアル機器及び標準車いす、特殊車いす等を中心としたHCR機器の製造販売を主な事業内容としております。更に事業に関連する物流、その他のサービス等の活動を展開しております。オフィス機器.....................当社が製造販売するほか、MAX(THAILAND)CO.,LTD.、美克司電子機械(深圳)有限公司等で製造して...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社、連結子会社82社等から構成され、事務用機械器具及び電気機械器具の開発、製造、販売及び保守サービスを主な事業の内容としております。国内及び海外市場向けPOSシステム、国内市場向け複合機及び国内市場向けオートIDシステム並びにその関連商品の開発・製造・販売・保守サービス事業を行っております。国内はTOSHIBAブランド、TECブランドにて当社及び代理店が販売する体制となっております。海外はTOSHIBAブランドを中心として、海外の子会社及び代理店を経由して販売するとともに、取引先ブランドにより販売する体制となっております。海外市場向け複合機、海外市場向けオートIDシス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”また、エンドユーザーの属する市場別に分類した事業の内容は次のとおりであります。広告・看板等の製作に使用されるサイングラフィックス市場向けの製品を開発・製造・販売しております。クイックレスポンス、コスト削減、高画質が求められデジタル化が進むサイングラフィックス市場に向け、用途やプリント素材に応じてインクを使い分けた広幅インクジェットプリンタや、文字・ロゴ・イラスト等の輪郭をカットするカッティングプロッタ等が該当いたします。工業製品のほか、一般消費者向けの商品やギフト、ノベルティ、オーダーグッズ等の生産現場等で使用される製品を開発・製造・販売しております。ユーザーの生産合理化やコスト削減の実現に資...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および当社の関係会社(以下「エプソン」という。)は、プリンティングソリューションズ事業、ビジュアルコミュニケーション事業およびウエアラブル・産業プロダクツ事業などに係る各製品の開発、製造、販売およびこれらに付帯するサービスの提供を主な事業としております。エプソンでは、事業部制による世界連結マネジメントのもと、開発活動については先行研究開発や製品開発を主に当社(本社研究開発部門および事業部研究開発部門)で行い、生産活動および販売活動については国内外の製造・販売関係会社を中心に展開しております。各事業の内容と事業に携わる主要な関係会社は、次のとおりです。なお、以下の4セグメントは、「第5 経理...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社18社で構成され、事業内容はプリンター、プロッタ、工作機器等コンピュータ周辺機器の製造販売であります。なお、区分すべき事業セグメントが存在しないため、単一セグメントとなっております。製品の開発は、主に当社で行っております。製品の製造は、主に当社及びタイの子会社Roland Digital Group (Thailand) Ltd.で行っております。開発部門においては需要の変化に素早く対応するため、少人数制のプロジェクトを主体とする体制をとり、製造部門はデジタルデータを活用したセル生産方式を採用しております。また、開発から生産までを3次元CADによるデジタルデータで...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(千代田インテグレ株式会社)及び子会社(22社)により構成されております。なお、次の4区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社は、OA機器、AV機器、通信機器、自動車などの各製品の機構部品、機能部品を製造し、主として国内電気メーカーへ販売するとともに、子会社へ当社グループ製品の原材料等を販売し、CHIYODA INTEGRE CO.(S)PTE.LTD.、CHIYODA INTEGRE CO.(M)SDN.BHD.、CHIYODA INTEGRE CO.(JOHOR)...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ムサシ(当社)及び子会社8社、関連会社1社により構成されており、情報・印刷・産業システム機材、金融汎用・選挙システム機材及び紙・紙加工品の販売並びに不動産賃貸・リース事業等を行っております。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当グループ(当社及びその連結子会社367社、持分法適用関連会社9社を中心に構成)は、オフィス、イメージングシステム、産業機器等の分野において、開発、生産から販売、サービスにわたる事業活動を営んでおります。開発については主として当社において、生産については当社及び事業内容別に編成された国内外の生産関係会社により行っております。また、一部の生産関係会社は各事業セグメ...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社218社、関連会社8社で構成されております。当社グループでは、画像&ソリューション、産業及びその他分野において、開発、生産、販売、サービス等の活動を展開しております。開発については、主として当社が担当しております。また、生産については、当社及び当社の生産体制と一体となっている国内外の生産関係会社が行っております。また、販売・サービス体制は、国内、米州、欧州・中東・アフリカ、中華圏・アジア等のその他地域の4極の統括会社が世界約200の国と地域で事業を展開しております。当事業分野においては、顧客のオフィス生産性の向上を目的とした製品等の提供を行っております。その主たる...(20170707に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社及び子会社8社で構成されており(平成29年3月31日現在)、事務機器、光学電子情報機器、電装機材の製造販売、ソフトウェア開発及び不動産賃貸を主たる事業としております。事務機器............... 主な製品は複写機オプション・ユニット、プロッタであります。株式会社セコニック及び恵州賽科尼可科技有限公司が製造し、株式会社セコニック及び賽科尼可有限公司が販売しております。製品の大部分は事務機器メーカーに納入しております。光学電子情報機器... 主な製品は露出計、カラーメーター、光学式マーク読取装置(OMR)、監視カメラ、記録計、温湿度記録計、粘度計であります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、キヤノンマーケティングジャパン株式会社とその連結子会社24社により構成されており、グローバルに展開するキヤノングループの一員として、日本市場におけるキヤノン製品の販売、サービス、マーケティングを統括しております。キヤノン株式会社が製造するビジネス機器等やその他の取引先から仕入れた商品の販売、ビジネス機器とソフトウェア、運用サービスを連携させたソリューションや、アフターサービスを行っています。当社が、キヤノンシステムアンドサポート株式会社等の関係会社並びにビジネスパートナーやシステムパートナー等の販売店への卸売を行い、また大手顧客等への直接販売も行っております。各業種に向けたSI...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,3年連続プラス成長経常利益4年連続赤字,3年連続プラス成長当期純利益4年連続赤字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高プラス成長に回復営業利益3年連続赤字,プラス成長に回復経常利益3年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益3年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

キヤノンファインテックの同業他社をもっと見る

キヤノンファインテックの関連統計

統計分類検索へ

キヤノンファインテックの基本情報

企業名 キヤノンファインテック株式会社
カナ キヤノンファインテックカブシキガイシャ
英語名 CANON FINETECH INC.
業種 精密機器
所在地 三郷市谷口717
ホームページ http://www.canon-finetech.co.jp/
EDINET E02317
証券コード -
決算日 12月31日