比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

国際紙パルプ商事の最新業績

業界:紙・パルプ卸売業界すぐ比較

国際紙パルプ商事の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から国際紙パルプ商事の事業内容についても確認できます。 注意:国際紙パルプ商事の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-7.78

2017-03-31:-10

2016-12-31:-9.07

2016-09-30:-6.9

売上高

2017-06-30:919億6700万

2016-06-30:897億2300万

2015-06-30:968億5000万

2014-06-30:896億2000万

売上総利益

2017-06-30:51億8800万

2016-06-30:48億5800万

2015-06-30:53億2500万

2014-06-30:54億0200万

営業利益

2017-06-30:3億7300万

2016-06-30:1億0900万

2015-06-30:5億0900万

2014-06-30:1億5300万

経常利益

2017-06-30:6億3500万

2016-06-30:3億6300万

2015-06-30:7億6000万

2014-06-30:3億2500万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:4億1000万

2016-06-30:1億9500万

2015-06-30:4億8700万

2014-06-30:3億5200万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:13億0800万

2016-06-30:-2億6200万

2015-06-30:12億5500万

2014-06-30:1億1200万

営業CF

2017-03-31:11億1400万

2016-03-31:53億7800万

2015-03-31:-20億8700万

2014-03-31:6600万

投資CF

2017-03-31:55億9600万

2016-03-31:-12億4900万

2015-03-31:-4億9700万

2014-03-31:-2億7600万

財務CF

2017-03-31:-67億9100万

2016-03-31:-39億6000万

2015-03-31:29億5000万

2014-03-31:-4億7900万

総資産額

2017-06-30:1840億2900万

2016-06-30:1772億4400万

2015-06-30:1915億2300万

2014-06-30:1804億2100万

流動資産

2017-06-30:1359億5300万

2016-06-30:1293億0600万

2015-06-30:1403億3400万

2014-06-30:1350億6900万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:22億9100万

2016-03-31:25億0200万

2015-03-31:25億4600万

2014-03-31:20億4600万

現金及び預金

2017-06-30:27億8700万

2016-06-30:28億8400万

2015-06-30:26億9000万

2014-06-30:22億5800万

固定資産

2017-06-30:480億7500万

2016-06-30:479億3800万

2015-06-30:511億8900万

2014-06-30:453億5100万

負債

2017-06-30:1392億0400万

2016-06-30:1370億7200万

2015-06-30:1495億3300万

2014-06-30:1427億5600万

流動負債

2017-06-30:1274億7000万

2016-06-30:1243億7500万

2015-06-30:1292億7500万

2014-06-30:1228億8700万

固定負債

2017-06-30:117億3300万

2016-06-30:126億9600万

2015-06-30:202億5700万

2014-06-30:198億6800万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:448億2500万

2016-06-30:401億7100万

2015-06-30:419億8900万

2014-06-30:376億6500万

従業員数

2017-03-31:976

2016-03-31:1011

2015-03-31:980

2014-03-31:956

売上総利益率

2017-06-30:5.6

2016-06-30:5.4

2015-06-30:5.5

2014-06-30:6

売上営業利益率

2017-06-30:0.4

2016-06-30:0.1

2015-06-30:0.5

2014-06-30:0.2

売上経常利益率

2017-06-30:0.7

2016-06-30:0.4

2015-06-30:0.8

2014-06-30:0.4

売上純利益率

2017-06-30:0.4

2016-06-30:0.2

2015-06-30:0.5

2014-06-30:0.4

もっと見る

ROA

2017-06-30:0.8

2016-06-30:0.4

2015-06-30:1.2

2014-06-30:0.8

ROE

2017-06-30:3.6

2016-06-30:2

2015-06-30:4.8

2014-06-30:3.6

自己資本比率

2017-06-30:24.4

2016-06-30:22.7

2015-06-30:21.9

2014-06-30:20.9

流動比率

2017-06-30:106.7

2016-06-30:104

2015-06-30:108.6

2014-06-30:109.9

固定比率

2017-06-30:107.3

2016-06-30:119.3

2015-06-30:121.9

2014-06-30:120.4

業績ランキングは

2895

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

国際紙パルプ商事の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
国際紙パルプ商事

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/12(四半期)
daieidaieidaieikppトリプル安満室テナントビル板紙板紙kpp
paperspaperspapersニューヨーク株式市場板紙kpp
古紙古紙パルプチラシ満室kppパルプ
パルプパルプ古紙電子媒体段原チラシecomoecomo電子媒体
kpp板紙板紙美流渡原紙コピー用紙イスラム過激派kpp美流渡
板紙kpp満室板紙床や電子媒体kppカバ古紙
kppテナントビル段ボール連邦公開市場委員会美流渡カバ底値満室
ecomoecomo電子媒体板紙電子媒体満室シェール革命上質紙テナントビル
満室底値lincle出版物kpp美流渡板紙上質紙ベア板紙
トントン空室率鉱工業トランプ古紙出版物連邦公開市場委員会床や出版物
コピー用紙用紙満室パルプコピー用紙fomcパルプ美流渡連邦公開市場委員会軽自動車税
原紙コピー用紙トン重石加工食品古紙美流渡用紙
製紙原紙空き室輸出入電子媒体賃料通販fomc古紙チラシ
新聞用紙biltube加工食品美流渡原紙ペーパ満室fomc新聞
段ボール段ボールdpic通販古紙テナントビルictテナントビル機械受注自動車販売
用紙不協和音鳴海屋ペーパテナントビル飲料テナント飲料満室ペーパ
テナントビル満室アピカict青果物少子出版物賃料ict
biltubeグラフィックdefault risk少子出版物段ボールドル青果物原紙公共投資
鳴海屋テナントビルecomo高齢青果物用紙高齢ブレーキビル
dpicbiltubeビル通貨脅威円高積み増しテナントビル物件
広告業界鳴海屋イスラム過激派市況ファースト小幅ビルタウン飲料公共
青果物dpicニューノーマル工業印刷物パルプ市況足取り出版物住宅
アピカ新聞賃料物件電子化オリンピック物件電子化排ガス規制電子
軽量広告業界製紙食品用紙テロ食品パルプ青果物差額
品種用紙電子空室率電子電子マネー段ボール有価証券
タウンアピカ紙類差額脅威gdp為替速度積み増しコスト
賃料軽量リメイク有価証券パルプパラリンピック債権チラシタウン仕入れ
品種グリーン仕入れネット通販空き室個人消費テロ電子化債権
brazilタウン商事債権テロ品種タイアップパルプ個人消費
紙類賃料小幅個人消費軽量ict日用品電子マネー証券
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

国際紙パルプ商事の類似企業へ

国際紙パルプ商事の業績推移

国際紙パルプ商事の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社303社及び関連会社71社で構成され、その主な事業内容と、主要な会社の当社グループの事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりです。王子マテリア(株)他は、段ボール原紙、白板紙・包装用紙他の製造・販売を行っています。王子コンテナー(株)、森紙業(株)、王子インターパック(株)他は、段ボール他の製造・販売を行っています。王子パッケージング(株)、王子製袋(株)、中越パッケージ(株)、王子アドバ(株)他は、紙器・紙袋製品他の製造・販売を行っています。GS Paper & Packaging Sdn. Bhd.、Harta Packaging Ind...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社119社及び関連会社39社で構成され、紙・パルプの製造販売を主な事業内容とし、さらに紙関連事業、木材・建材・土木建設関連事業及び物流、レジャー等の事業を行っています。なお、セグメントと同一の区分です。洋紙、板紙、家庭紙、特殊紙、雑種紙、パルプ等の製造販売を行っています。・洋紙は、当社及び北上製紙(株)が製造販売、当社及び日本紙通商(株)他が仕入販売を行っています。オーストラリアン・ペーパー社が豪州市場を中心に洋紙の製造販売等を行っています。十條サーマル社が欧州市場を中心に感熱紙等の製造販売を行っています。・板紙は、当社他が製造販売、日本東海インダストリアルペーパーサ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、連結子会社26社、非連結子会社8社及び関連会社10社)が営んでいる主な事業内容と、各社の当該事業に係る位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。紙の製造は、当社及び白菱ペーパーテクノロジー(株)、三菱ハイテクペーパーヨーロッパGmbHが行っております。パルプの製造は、当社及び東邦特殊パルプ(株)が行っております。当社八戸工場と同工場内子会社の業務請負をエム・ピー・エム・オペレーション(株)が行っております。欧州子会社の管理・統括を三菱ペーパーホールディング(ヨーロッパ)GmbHが行っております。製品の販売は、当社、三菱製紙販売(株)、三菱ハイテクペーパーヨーロ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社30社及び関連会社9社で構成されております。当社、Alberta-Pacific Forest Industries Inc.、江門星輝造紙有限公司、Bernard Dumas S.A.S.及び北越東洋ファイバー(株)はパルプ・紙等を製造し、販売は主として当社、北越紀州販売(株)、Alberta-Pacific Forest Industries Inc.及びその他の代理店を通じて行っております。北越紙精選(株)、紀州紙精選(株)及び勝田紙精選(株)は、製品の仕上、包装工程を受託しております。(株)テクノ北越及び紀南産業(株)は、当社の紙製造に関する作業の請負をし...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社7社、非連結子会社4社、持分法適用関連会社6社、及び持分法非適用関連会社12社により構成され、紙パルプ製品の製造販売、紙加工品の製造・販売、発電事業を主な内容とし、さらに、その原材料等の供給、製品の断裁加工・選別包装、並びに製品の物流及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。Japan Paper Technology(Viet Nam) Co.,Ltd.、Japan Paper Technology Dong Nai(VN)Co.,Ltd.New Zealand Plantation ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社30社で構成され、紙・板紙製品及び家庭紙製品の製造販売を主な事業内容とし、これに関連する原材料の調達、物流及びその他の事業活動を展開しています。当連結会計年度において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。なお、主要な関係会社の異動は、次のとおりです。連結の範囲の変更により、PT.エリエールインターナショナルマニュファクチャリングインドネシアが新たに特定子会社となりました。重要性が増したため、PT.エリエールインターナショナルマニュファクチャリングインドネシアを連結の範囲に含めています。これにより、当連結会計年度末における連結子会社数は...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社4社(うち連結子会社3社)で構成されており、アルミ電解コンデンサのセパレータとして使用されるコンデンサ用セパレータおよび電池のセパレータとして使用される電池用セパレータの製造・販売を主事業としております。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社2社により構成されており、不織布および紙の製造・加工および販売事業を営んでおります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分であります。当社グループが生産・販売する不織布は、主にパルプ不織布(エアレイド製法(注1))と化合繊不織布(サーマルボンド製法(注2))であります。パルプ不織布は、フレッシュパルプを主原材料とした不織布で主にクッキングペーパー、おしぼり、ドリップ吸収シート(肉、魚のドリップ吸収材)等に使用されております。当社グループはパルプ不織布を原反として、あるいはクッキングペー...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社および子会社14社、関連会社1社で構成されており、事業は段ボール、印刷紙器および軟包装材の個装から外装まで包装資材の製造・販売ならびにこれに附帯する業務を行っているほか、不動産賃貸事業を営んでおります。なお、平成28年7月1日付けでクラウン紙工業株式会社の株式を取得したことにともない、当連結会計年度より連結子会社としております。当社、土岐ダイナパック株式会社、宮城ダイナパック株式会社、宇都宮ダイナパック株式会社、沼津ダイナパック株式会社、神原段ボール株式会社、多治見ダイナパック株式会社、泰納包装(蘇州)有限公司、DYNAPAC(HK)LTD.、泰納包装制品貿易(深圳)有限...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、昭和パックス株式会社(当社)と子会社合計6社により構成されています。その主な事業内容は重包装袋、フィルム製品、コンテナー、その他包装関連製品・商品等の製造・販売並びに不動産の賃貸等であります。以上の企業集団等について図示すると次のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社(国際チャート株式会社)と親会社から構成されております。当社は、ラベル紙、産業用記録紙、医療用記録紙、記録計用各種補用品(消耗品及び部品)、記録計用ペン、温湿度記録計、屋外検針用記録紙等の製造、販売及び東芝テック製ラベルプリンタ機器、サプライ商品関連の販売を主たる事業内容としております。当社及び親会社並びに代理店等を経由して販売する体制となっております。主な事業の主要製品は次のとおりであります。レジロール紙、再生トナー、蛍光灯、LED、静電気防止袋、コピー用紙等であります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の子会社)は、(株)シモジマ(当社)、当社の子会社9社で構成され、当社は包装資材(主な商品名、紙袋、包装紙・紙器、ポリ袋、粘着テープ、紐・リボン、店舗用品)の販売及び仕入を行っております。当社を事業部門別に分けると次のとおりであります。(1) 営業販売部門 二次卸・包装用品販売店に対するディーラー販売と、ユーザーへの直接販売を行っております。また、フランチャイズ加盟店(パッケージプラザ)に対しても卸販売を行っております。(2) 直営店販売部門 直営店舗によるユーザーへの直接販売、及び当社カタログを媒体とした通信販売を行っております。商品仕入は、子会社ヘイコーパック(株...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の企業集団は、当社(小津産業株式会社)、子会社8社、関連会社1社及びその他の関係会社1社より構成されており、不織布製品の加工・販売、家庭紙・日用雑貨の仕入・販売を主たる事業としております。当社では、エレクトロニクス用、コスメティック用、メディカル用、産業資材用の不織布製品の販売等を行っており、連結子会社であるオヅテクノ株式会社及び株式会社ディプロ並びに持分法適用関連会社である株式会社旭小津では、不織布製品の加工を行っております。連結子会社である小津(上海)貿易有限公司が中国向けの不織布製品の販売等を行っており、日本プラントシーダー株式会社では、農業用資材・機材の製造・販売を行っております。...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社73社及び関連会社24社の計98社で構成されており、紙パルプ等の卸売を主な事業とし、これに関連する製造、加工等の事業並びに再資源化等の事業及び不動産賃貸事業に取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。JPP Far East(S)Pte. Ltd.、Tai Tak Paper Co., Ltd.、Japan Pulp & Paper GmbH、Japan Pulp & Paper Co.,(H.K.)Ltd.、Japan Pulp & Paper(U.S.A.)Corp.、Talico,S.A.de C.V.、Japan P...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社共同紙販ホールディングス)、子会社(関東流通株式会社、ファイビストオフィス株式会社)の計3社で構成されており洋紙の販売を主たる業務としております。(1)洋紙卸売事業・・・当社が洋紙を顧客へ販売しております。また、当社はファイビストオフィス株式会社を通じて特殊紙等を仕入れております。(2)不動産賃貸事業・・当社が不動産賃貸業を行っております。(3)物流事業・・・・・関東流通株式会社が当社を含む顧客商品の保管・加工・配送を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社)が営んでいる主な事業内容は、木材及びその他の原料から製造された紙、又は、これらの紙から製造された紙加工品等を取扱う和洋紙卸売業であり、当該事業にかかわる各社の位置づけは次のとおりであります。なお、当社グループは、和洋紙の販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、主要な事業の内容別に記載しております。和洋紙卸売業他 :当社並びに連結子会社である株式会社辻和及び平和紙業(香港)有限公司も販売しております。なお、株式会社辻和は、主として和紙の販売をおこなっております。倉庫業・紙加工業:連結子会社である平和興産株式会社は、主として当社及び株式会社辻和の商品...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益黒字へ回復経常利益黒字へ回復当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益黒字へ回復,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益マイナス成長へ転落,6年連続黒字経常利益プラス成長に回復,6年連続黒字当期純利益プラス成長に回復,黒字へ回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業内容と当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。当社グループは紙、板紙、化成品、機械、パルプその他紙関連物資の販売を主要業務としており、ほかに不動産の賃貸・管理、紙加工業等を営んでおります。紙・板紙・化成品等卸売関連事業につきましては、当社が卸売事業を全国的に行うほか、子会社(株)紙大倉他8社及び関連会社(株)大文字洋紙店が卸売事業を地域的に行っております。また、子会社新生物流(株)他1社及び関連会社若洲共同物流(株)が主に当社の委託を受け、商品の保管・運送業務を行っております。紙加工等関連事業につきましては、子会社(株)興栄他4社及び...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

国際紙パルプ商事の同業他社をもっと見る

国際紙パルプ商事の関連統計

統計分類検索へ

国際紙パルプ商事の基本情報

企業名 国際紙パルプ商事株式会社
カナ コクサイカミパルプショウジカブシキガイシャ
英語名 KOKUSAI PULP&PAPER CO., LTD.
業種 卸売業
所在地 中央区明石町6番24号
ホームページ http://www.kppc.co.jp/
EDINET E02516
証券コード -
決算日 03月31日