比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/29

新潟ケンベイの最新業績

業界:農産物・園芸卸売業界すぐ比較

新潟ケンベイの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から新潟ケンベイの事業内容についても確認できます。 注意:新潟ケンベイの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:-10

2016-12-31:-8.49

2016-09-30:-6.77

2016-06-30:-5.35

売上高

2017-03-31:369億0274万

2016-03-31:364億9322万

2015-03-31:392億0808万

2014-03-31:457億6970万

売上総利益

2017-03-31:29億8807万

2016-03-31:32億1311万

2015-03-31:21億9560万

2014-03-31:25億5095万

営業利益

2017-03-31:3億8242万

2016-03-31:5億9014万

2015-03-31:-5億1945万

2014-03-31:5168万

経常利益

2017-03-31:4億2177万

2016-03-31:6億3973万

2015-03-31:-4億8801万

2014-03-31:1億0275万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:2億8037万

2016-03-31:4億2750万

2015-03-31:-3億6937万

2014-03-31:7776万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-9706万

2016-03-31:8億4286万

2015-03-31:13億6817万

2014-03-31:-4億4500万

投資CF

2017-03-31:-2億8425万

2016-03-31:-5427万

2015-03-31:-8625万

2014-03-31:-1億2658万

財務CF

2017-03-31:5億3279万

2016-03-31:-8億1525万

2015-03-31:-15億2826万

2014-03-31:6億4188万

総資産額

2017-03-31:107億2491万

2016-03-31:95億3401万

2015-03-31:98億3082万

2014-03-31:117億2931万

流動資産

2017-03-31:66億6974万

2016-03-31:57億0730万

2015-03-31:58億9606万

2014-03-31:79億3981万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:3億8314万

2016-03-31:2億3166万

2015-03-31:2億5832万

2014-03-31:5億0467万

もっと見る

現金及び預金

2017-03-31:11億0514万

2016-03-31:9億5366万

2015-03-31:9億8032万

2014-03-31:12億2667万

固定資産

2017-03-31:40億5516万

2016-03-31:38億2670万

2015-03-31:39億3475万

2014-03-31:37億8950万

負債

2017-03-31:72億4587万

2016-03-31:63億4865万

2015-03-31:70億6694万

2014-03-31:87億1941万

流動負債

2017-03-31:57億1569万

2016-03-31:48億4130万

2015-03-31:55億6819万

2014-03-31:72億9347万

固定負債

2017-03-31:15億3017万

2016-03-31:15億0735万

2015-03-31:14億9875万

2014-03-31:14億2593万

純資産

2017-03-31:34億7904万

2016-03-31:31億8535万

2015-03-31:27億6387万

2014-03-31:30億0990万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:128

2016-03-31:124

2015-03-31:123

2014-03-31:118

臨時従業員数(外)

2017-03-31:52

2016-03-31:53

2015-03-31:56

2014-03-31:54

売上総利益率

2017-03-31:8.1

2016-03-31:8.8

2015-03-31:5.6

2014-03-31:5.6

売上営業利益率

2017-03-31:1

2016-03-31:1.6

2015-03-31:-1.3

2014-03-31:0.1

売上経常利益率

2017-03-31:1.1

2016-03-31:1.8

2015-03-31:-1.2

2014-03-31:0.2

売上純利益率

2017-03-31:0.8

2016-03-31:1.2

2015-03-31:-0.9

2014-03-31:0.2

もっと見る

ROA

2017-03-31:2.6

2016-03-31:4.5

2015-03-31:-3.8

2014-03-31:0.7

ROE

2017-03-31:8.1

2016-03-31:13.4

2015-03-31:-13.4

2014-03-31:2.6

自己資本比率

2017-03-31:32.4

2016-03-31:33.4

2015-03-31:28.1

2014-03-31:25.7

流動比率

2017-03-31:116.7

2016-03-31:117.9

2015-03-31:105.9

2014-03-31:108.9

固定比率

2017-03-31:116.6

2016-03-31:120.1

2015-03-31:142.4

2014-03-31:125.9

業績ランキングは

3812

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

新潟ケンベイの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
新潟ケンベイ

年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161219)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

新潟ケンベイの類似企業へ

新潟ケンベイの業績推移

新潟ケンベイの同業他社

業績赤字あり (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社(ベルグ福島株式会社及び青島芽福陽園芸有限公司)、関連会社(ファンガーデン株式会社、株式会社九重おひさまファーム、四万十あおぞらファーム株式会社)の6社で構成されており、野菜苗生産販売事業、流通事業、海外事業を主な事業として取り組んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社は、この野菜接ぎ木苗生産に特化していることから、1年を通しての納品が可能であり、全国各地の野菜産地及びホームセンターなどの量販店へと販売網を拡大しております。このため、病気及び害虫対策として接ぎ木苗の利用が増加し、現在の施設栽培では、接...(20170131に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/12

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、木徳神糧株式会社(当社)及び関係会社8社により構成されており、事業は精米の製造販売・玄米の販売を行う米穀事業、加工食品・米粉・その他製造販売を行う食品事業、飼料の販売を行う飼料事業、鶏卵の商品販売を行う鶏卵事業を行っております。米穀事業は、精米販売と玄米販売に大別されます。精米には一般家庭で消費される家庭用精米と、外食・中食産業で使用される業務用精米があり、それぞれ普通精米と無洗米があります。なお、家庭用精米には「純づくり」「特別栽培米」「とがずに炊ける無洗米」「木徳神糧セレクション」という自社ブランド4シリーズを取り揃えております。当社米穀グループは、全国均一したサービスをお...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業グループは、当社および連結子会社5社、非連結子会社2社、持分法適用の関連会社1社により構成されており、外食産業向け食材等の卸売業およびブイヨン、スープ、ソース等の製造販売を主な事業内容とし、さらに不動産賃貸業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社および連結子会社株式会社久世フレッシュ・ワンが国内において当該事業を行っております。首都圏を中心に関東・中部・関西地区に外食産業向け業務用食材および資材の販売を行っております。また仕入れ商品に加え、オリジナル商品の開発も手掛けております。連結子会社の旭水産株式会社は、築地市場内の水産物仲卸であり、場内...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、連結子会社5社および関連会社1社により構成されております。主な事業としてコーヒーおよび食品の販売を行っており、その部門別の主要品目等は次のとおりであります。上記のすべての品目を海外から輸入または国内で仕入れ、全国のコーヒー焙煎業者、業務用食品問屋、飲料メーカー、食品加工メーカー、量販店、外食チェーン店等に販売をしております。当社取扱品目のアンテナショップとしてイタリアンレストランを経営しております。コーヒー生豆を自家焙煎喫茶店等の小口ユーザーに販売をしております。当社が販売するコーヒー生豆の焙煎およびレギュラーコーヒー・インスタントコーヒーの加...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び関係会社16社で構成されており、主に国内及び海外において各種商品の卸売・小売及び輸出入取引を行うほか、電子関連製品の製造・組立を行っております。Shinyei (Thailand) Co., Ltd.Shinyei Corp. of AmericaShinyei Kaisha Electronics(M)SDN.BHD.当該3社については、第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」をご参照ください。...(20170814に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社1社により構成されており、業務用食品の卸売業、小売業、及び水産品の卸売業を行っております。なお、次の各事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に揚げるセグメントの区分と同一であります。当社は、東海地区を中心に関東地区から関西地区までを本支店・営業所・物流センターの9拠点でカバーし、主にホテル・レストラン等で使用される食品から給食・弁当・惣菜等に使用される食品の卸売を行っております。当社は、小規模外食業者及び一般消費者に対して、現金等で販売し商品をお客様自身に持ち帰っていただくキャッシュアンドキャリー...(20160825に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び親会社(三菱商事(株))、子会社13社、関連会社2社で構成されており、日本国内の加工食品、低温食品、酒類及び菓子類の卸売事業を主な事業内容とし、さらに物流事業及びその他サービス等の事業活動を展開しております。当社及び子会社は、主に調味料類、麺・乾物類、嗜好品・飲料類等常温加工食品の卸売を行っております。当社及び子会社は、主に冷凍・チルド類等要冷品の卸売を行っております。当社及び子会社は、主に酒類の卸売を行っております。当社及び子会社は、主に菓子類の卸売を行っております。子会社及び関連会社は、物流事業等を行っております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”業務用食品を中心として幅広い食材を取り揃え、主に外食産業のユーザーに販売する事業を営んでおります。なお、当社は食品卸売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、多種多様な商品のトレーディング、ファイナンス、物流及びプロジェクト案件の企画・調整等を行う他、資源開発投資・事業投資等の実行を通して各種機能・ノウハウ等を培い、かつ保有しております。これらの総合力を活かし、幅広い業界並びにグローバルなネットワークを通じて、7つのディビジョンカンパニーが、繊維や食料、住生活、情報・金融等の生活消費関連分野、機械や化学品、石油製品、鉄鋼製品等の基礎産業関連分野、そして金属資源、エネルギー資源等の資源関連分野において、多角的な事業活動を展開しております。当社グループの事業セグメントごとの取扱商品またはサービスの内容及び主要な...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、生活産業、素材、エネルギー・金属、電力・プラント、輸送機その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開しております。当社グループにおいてかかる事業を推進する連結対象会社は、連結子会社285社、関連会社等153社、合計438社から構成されております。当連結会計年度より、全ての現地法人についてオペレーティング・セグメント毎に分割しております。当社グループのオペレーティング・セグメント毎の取扱商品・サービスの内容及び主要な関係会社名は次の通りであります。国内...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社・子会社11社及び関連会社1社で構成され、商事部門(食品・食材の卸売)を中核に、ホテル部門(ビジネスホテルの経営)及び不動産部門(不動産の賃貸)の3部門により事業活動を展開しており、子会社、関連会社の事業は主に当社の補完的な業務を行っております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。商事部門............当社が米の集荷及び販売をするほか、メーカーより小麦粉、澱粉、砂糖、油脂、飼料、畜産、加工食品、酒類その他を仕入れて販売し、ユアサフナショク・リカー...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、国内外のネットワークを通じて、エネルギー、金属、機械、化学品、生活産業関連の多種多様な商品の売買や製造、資源開発、インフラ関連事業、金融事業を行うほか、新エネルギー・環境分野等における新しいビジネスモデルや新技術の事業化、総合商社の持つ機能を活かした各種サービスの提供など、広範な分野で多角的に事業を展開しています。当社はこれらの事業を、取扱商品又はサービスの内容に応じて複数の営業グループに区分しており、それぞれの事業は、当社の各事業部門及びその直轄の関係会社(子会社 834社、持分法適用会社 440社)により推進しています。事業セグメントごとの取扱商品又はサービスの内容、及び主...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社で構成され、物流関連、食品関連を中心に情報関連、不動産関連の各事業を営んでおります。なお、次の4部門はセグメントと同一の区分であります。倉庫業..................寄託を受けた物品を倉庫に保管し、その対価として保管料を収受し、倉庫保管に伴い入出庫する貨物の荷役及びこれに付随する業務を行っております。当社は、保管業務及び入出庫業務を、(株)アクティブに委託しております。港湾運送業............国土交通大臣の免許のもと、京浜港及び神戸港において一般港湾運送事業(第1種)を営んでおります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは加藤産業(株)(当社)、子会社29社及び関連会社3社より構成されており、食品卸売業を主な事業内容とし、さらに物流及びその他サービス等の事業活動を展開しております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。常温流通事業.........当社及び九州加藤(株)が加工食品の卸売を、カトー菓子(株)及び(株)植嶋は菓子の卸売を、和歌山産業(株)及び兵庫興農(株)は当社グループで販売する商品の一部を製造加工しております。また海外事業として、Naspac Marketing Pte.Ltd.、Toan G...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当社、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、事業内容と当社及び関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。なお、次の卸売業部門・小売業部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び(株)アキタサトー商会の2社が調理冷食を中心に各種業務用食品の販売を行っております。当社の業務用食品直売センター18店舗及び業務用食品専門店の1店舗が、宮城県、岩手県、山形県及び福島県の各地域で調理冷食を中心に、各種業務用食品の販売を行っております。(株)エフ・ピー・エスがメニュ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(東京青果株式会社)、子会社7社及び関連会社3社により構成されており、中央卸売市場における青果物及びその加工品の卸売業を主たる事業としております。 当社、連結子会社である東一川崎中央青果株式会社及び持分法適用関連会社である東一宇都宮青果株式会社は、農林水産大臣の許可を受けた卸売業者であり、それぞれ東京都中央卸売市場大田市場、川崎市中央卸売市場北部市場及び宇都宮市中央卸売市場において卸売事業を営んでおります。卸売市場法に基づき各中央卸売市場において全国より集荷した果実品目を市場内の仲卸業者及び売買参加者等に販売しております。諸外国から主に果実品目を輸...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本酒類販売株式会社)、子会社16社及び関連会社2社で構成されており、酒類・食品等の販売(酒類の一部については製造・製造受託及び壜詰)を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。酒類・食品等販売・・・・・酒類・食品・空容器の卸売業を当社が行っているほか、子会社(株)水戸日酒販が茨城県内、(株)山陰日酒販が島根県及び鳥取県内、広島中央酒販(株)が広島県内、青森県酒類販売(株)が青森県内、(株)長崎日酒販が長崎県内、(株)弘中酒販が山口県...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社トーカン)、子会社4社及び関連会社2社により構成され、食料品の卸売業を主な事業の内容としております。当社グループの主な事業内容は次のとおりであります。食料品を中心とする各種商品の卸売業を主とし、あわせて、製造加工、その他日用一般商品の販売を行っております。自動車運送業及び倉庫業を行っております。海苔の加工を行っております。椎茸の加工及び椎茸・海苔の販売を行っております。中国における食料品を中心とする各種商品の卸売業を行っております。...(20161216に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) ”当社グループは当社と関連会社1社で構成され、米穀の卸売及び加工業務を主とし、それに関連する食料品、飲料品、家庭用品、燃料を含めた卸売事業を営んでおります。なお、当社では米穀事業の単一セグメントであります。なお、関連会社(株)和穀は、当社の商品事業部門を営業譲渡し設立しました。当社の事業組織は次のとおりであります。大阪府下の米穀店向けの玄米、精米製品の卸業務を主軸に営業活動を展開しております。また、地域に密着した情報収集から、それぞれのお店に合わせた販売促進計画の立案も実践しております。これまでの米穀卸売の実績を基に、スーパー、百貨店、生協、CVS(コンビニ)など、チェーン展開を進める大型、多店...(20140626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

新潟ケンベイの同業他社をもっと見る

新潟ケンベイの関連統計

統計分類検索へ

新潟ケンベイの基本情報

企業名 株式会社 新潟ケンベイ
カナ カブシキガイシャニイガタケンベイ
英語名 TheNiigataKenbei-Co.,Ltd.
業種 卸売業
所在地 新潟市中央区上大川前通9番町1265番地
ホームページ http://www.kenbei.co.jp/
EDINET E02598
証券コード -
決算日 03月31日