比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

ほくやく・竹山ホールディングスの最新業績

ほくやく・竹山ホールディングスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からほくやく・竹山ホールディングスの事業内容についても確認できます。 注意:ほくやく・竹山ホールディングスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:7.14

2017-03-31:4.05

2016-12-31:5.8

2016-09-30:5.92

売上高

2017-06-30:571億6700万

2016-06-30:567億7100万

2015-06-30:549億9400万

2014-06-30:516億0600万

売上総利益

2017-06-30:42億6300万

2016-06-30:41億0700万

2015-06-30:41億0900万

2014-06-30:36億5400万

営業利益

2017-06-30:3億8000万

2016-06-30:2億0600万

2015-06-30:3億8400万

2014-06-30:6400万

経常利益

2017-06-30:7億2300万

2016-06-30:4億8800万

2015-06-30:6億6200万

2014-06-30:3億1000万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:4億5600万

2016-06-30:3億2200万

2015-06-30:3億6500万

2014-06-30:1億6800万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:5億5300万

2016-06-30:3億6700万

2015-06-30:4億3400万

2014-06-30:3億6400万

営業CF

2017-06-30:30億8100万

2016-06-30:37億0900万

2015-06-30:18億3000万

2014-06-30:36億8600万

投資CF

2017-06-30:-10億4700万

2016-06-30:-9億5600万

2015-06-30:-24億8900万

2014-06-30:-1億4200万

財務CF

2017-06-30:-2億1400万

2016-06-30:-3億9600万

2015-06-30:-2億2600万

2014-06-30:-1億0700万

総資産

2017-06-30:1224億4100万

2016-06-30:1252億6400万

2015-06-30:1211億3300万

2014-06-30:1152億5300万

流動資産

2017-06-30:898億2800万

2016-06-30:900億7100万

2015-06-30:872億3700万

2014-06-30:894億1300万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-06-30:196億3100万

2016-06-30:197億0100万

2015-06-30:183億2400万

2014-06-30:220億5800万

現金及び預金

2017-06-30:196億3100万

2016-06-30:197億0100万

2015-06-30:183億2400万

2014-06-30:220億6400万

固定資産

2017-06-30:326億1200万

2016-06-30:351億9300万

2015-06-30:338億9500万

2014-06-30:258億4000万

負債

2017-06-30:747億8200万

2016-06-30:772億1500万

2015-06-30:744億1600万

2014-06-30:719億9000万

流動負債

2017-06-30:713億5900万

2016-06-30:731億5000万

2015-06-30:705億9600万

2014-06-30:691億9800万

固定負債

2017-06-30:34億2300万

2016-06-30:40億6500万

2015-06-30:38億2000万

2014-06-30:27億9100万

もっと見る

純資産

2017-06-30:476億5800万

2016-06-30:480億4900万

2015-06-30:467億1600万

2014-06-30:432億6200万

従業員数

2017-03-31:1409

2016-03-31:1386

2015-03-31:1315

2014-03-31:1233

臨時従業員数(外)

2017-03-31:987

2016-03-31:937

2015-03-31:851

2014-03-31:817

売上総利益率

2017-06-30:7.5

2016-06-30:7.2

2015-06-30:7.5

2014-06-30:7.1

売上営業利益率

2017-06-30:0.7

2016-06-30:0.4

2015-06-30:0.7

2014-06-30:0.1

売上経常利益率

2017-06-30:1.3

2016-06-30:0.9

2015-06-30:1.2

2014-06-30:0.6

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:0.8

2016-06-30:0.6

2015-06-30:0.7

2014-06-30:0.3

ROA

2017-06-30:1.6

2016-06-30:1.2

2015-06-30:1.2

2014-06-30:0.4

ROE

2017-06-30:4

2016-06-30:2.8

2015-06-30:3.2

2014-06-30:1.6

自己資本比率

2017-06-30:38.9

2016-06-30:38.4

2015-06-30:38.6

2014-06-30:37.5

流動比率

2017-06-30:125.9

2016-06-30:123.1

2015-06-30:123.6

2014-06-30:129.2

固定比率

2017-06-30:68.4

2016-06-30:73.2

2015-06-30:72.6

2014-06-30:59.7

業績ランキングは

1489

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ほくやく・竹山ホールディングスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ほくやく・竹山ホールディングス

キーワードの推移
2017/06/30(年度)2016/06/29(年度)2015/06/30(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/10(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/10(四半期)2015/08/10(四半期)
ほくやくメイプルファーマシ日本調剤薬局診療報酬診療報酬診療報酬maplemaplemaple
カエデほくやくほくやく調剤薬局調剤薬局調剤薬局調剤薬局ルスケアふれあいの森ふれあいの森
調剤薬局mapleヤマナダ福祉用具カエデカエデカエデ抗癌剤ルスケアルスケア
薬局日本調剤いろは用具介護事業地域包括ケアシステム地域包括ケアシステムメイプルファーマシhqfメイプルファーマシ
モルスファーマシまりもたけ薬価介護事業薬局hqficthqf
ヤマナダ薬局阿寒介護保険施設薬局薬価介護保険施設ict介護事業ict
メイプルファーマシ調剤薬局ルスケア医療機器介護保険施設薬局介護事業新薬アカウンティング介護事業
まりもアドウイック薬局ドットコム医療機器介護保険施設薬価介護事業サミットアカウンティング
阿寒モルス調剤薬局ictb to c医療機器ホールディングスアカウンティングc型肝炎リベート
地域包括ケアシステムヤマナダモルス医療リベートサミットサミットファーマシファファーマシ
アグロジャパンhqfメイプルファーマシ画像診断ワーク・ライフ・バランスict医薬品サミット画像診断spd
日本調剤いろはhqf生活習慣病ict画像診断ict医薬品生活習慣病サミット
mulberryまりもアグロジャパンネットショップ医療生活習慣病画像診断画像診断調剤報酬赤字
介護事業阿寒mulberry調剤報酬画像診断調剤報酬生活習慣病生活習慣病商品カテゴリー機械受注
診療報酬アグロジャパン後発医薬品商品カテゴリー生活習慣病医療調剤報酬調剤報酬医薬品
mapleパルスmaple福祉調剤報酬福祉用具商品カテゴリー処方箋医療機器画像診断
医療機器mulberry地域包括ケアシステム医療従事者福祉用具わけ医療機器商品カテゴリー福祉用具生活習慣病
パルス地域包括ケアシステムパルスわけわけ抗癌剤福祉用具医療機器わけ調剤報酬
ファーマシアカウンティングファーマシ抗癌剤抗癌剤眼科わけ福祉用具抗癌剤グループホーム
医療機関医療機関介護事業地域包括ケアシステム地域包括ケアシステムクリニック抗癌剤わけ地域包括ケアシステム医療
ヘルスケア医療機器ict眼科眼科介護保険眼科地域包括ケアシステム眼科商品カテゴリー
医薬品ヘルスケア医薬品後発品クリニック介護報酬クリニック眼科クリニック生活支援
薬価介護事業医療機器クリニック介護保険用具介護保険クリニック医療医療機器
社会保障医薬品後発在宅医療介護報酬医薬品介護報酬医療用具福祉用具
ほくやく・竹山ホールディングス同軸薬価介護保険用具医療用具医薬品わけ
ict新薬リハビリ介護報酬医薬品後発医薬品用具抗癌剤
医療ほくやく・竹山ホールディングス診療報酬医薬品脅威後発医薬品後発医薬品地域包括ケアシステム
btoc抗癌剤ほくやく・竹山ホールディングス後発医薬品マニュアル後発医薬品脅威脅威眼科
介護保険施設ict福祉用具脅威脅威社会保障脅威マニュアルマニュアルクリニック
レベル医療後発薬診療報酬マニュアル対抗措置マニュアル事業所社会保障症例
年度or届出書
四半期or半期

(20170630)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ほくやく・竹山ホールディングスの類似企業へ

ほくやく・竹山ホールディングスの比較例

業界ごとの代表的な比較例へ

ほくやく・竹山ホールディングスの業績推移

ほくやく・竹山ホールディングスの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、持株会社としてグループ全体の経営ビジョンの策定、それに基づく経営計画の立案を行うとともに、グループとして経営資源を有効に活用し継続的な企業価値の向上を図ることを基本的な役割としております。当社グループは、アルフレッサ株式会社を中心とした医療用医薬品、医療用検査試薬、医療機器・材料等の卸販売、アルフレッサ ヘルスケア株式会社を中心とした一般用医薬品等の卸販売、アルフレッサ ファーマ株式会社を中心とした医薬品、医療用検査試薬、医療機器・用具、医薬品原薬等の製造販売、およびアポロメディカルホールディングス株式会社を中心とした調剤薬局の経営を主たる事業としております。また、その他の事業について...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(山下医科器械株式会社)、連結子会社1社(株式会社イーピーメディック)及び関連会社1社(パナソニックメディコム九州株式会社)の計3社で構成されております。当社グループは、主に、医療機器メーカーより仕入れた医療機器を、病院をはじめとする医療機関等に販売しており、販売先である医療機関の診療分野、販売活動の形態、取扱い商品の特徴に応じて、次の事業セグメント及び分野構成で事業を行っております。医療機器販売業は、一般機器分野、一般消耗品分野、低侵襲治療分野、専門分野及び情報・サービス分野の5分野から構成されます。一般機器分野は、汎用医療機器から高度医療機器まで、幅広い製品を取り扱う当...(20160826に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社24社及び関連会社3社により構成され、医薬品卸売事業及びその他事業の2部門に関係する事業を主として行っており、その他事業では調剤薬局事業、医薬品等の小売業、農薬・動物用医薬品等の卸売業、運送業、介護サービス業、医療機関に対するコンサルティング業、損害保険代理業、不動産斡旋業、駐車場業等の事業活動を行っております。なお、平成29年4月1日付で、当社を存続会社、株式会社VKシェアードサービスを消滅会社とする吸収合併を行いました。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社49社及び関連会社(持分法適用会社)4社(平成29年3月31日現在)により構成されており、医療・保健・福祉・介護の分野を事業ドメインとして設定し、現在、これらの領域において、トータルパックプロデュース事業(医療機関等に対するコンサルティング、医療機器・医療設備等の製造販売及びリース、医療機関等への不動産賃貸等の総合的な提供)、メディカルサプライ事業(診療材料及び医療機器等の販売)、ライフケア事業(老人ホーム・グループホーム等の運営、食事提供サービス業務、リハビリ支援業務)、調剤薬局事業(調剤薬局の運営)を主要事業として展開しております。また、その他として、理化学...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(コスモ・バイオ株式会社)、連結子会社1社及び非連結子会社2社で構成されており、ライフサイエンスに関する研究用試薬、機器、受託サービス及び臨床検査薬の仕入卸売販売を主たる業務としております。当社グループ商品のエンドユーザーは、主にライフサイエンスの研究を行っている大学・公的研究機関・企業等の研究者であります。当社は、先端的かつ研究動向に合った商品を国内外に広く存在する仕入先から調達し、また自社により開発・製造した商品を加え、幅広い商品を提供しております。国内では日本全国に広がる代理店を経由する卸売販売を、海外輸出販売では卸売販売及びエンドユーザーへ...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社イーエムシステムズ(以下当社)及び連結子会社5社、持分法非適用関連会社1社、非連結子会社2社で構成されております。その関連事業.....................薬局向けのシステムを開発販売し、付帯するサプライの供給や保守メンテナンスサービスを行っております。主要な製品は薬局向けシステムであり、自社開発のソフトウェアをパソコンに導入調整してお客様に納入します。当社及び連結子会社コスモシステムズ株式会社が販売するほか、販売代理店経由で販売しております。連結子会社の益盟軟件系統開発(南京)有限公司は、当社からの受託開発を行っております。主要な製品はASP(アプリケーシ...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社メディパルホールディングスを中核として子会社25社と関連会社14社で構成し、医薬品、化粧品・日用品等の販売やサービスの提供を主とする事業活動を展開しております。なお、当社グループの事業統合の一環として、平成28年4月1日付で当社の連結子会社であるMPアグロ株式会社が行う事業のうち、食品加工原材料ならびに食品添加物の卸売業を、当社の子会社である桜井通商株式会社が承継し、商号をメディパルフーズ株式会社に変更いたしました。これに伴い、同社を連結子会社とするとともに、セグメントの名称を「動物用医薬品等卸売事業」から「動物用医薬品・食品加工原材料等卸売事業」に変更しております。を...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、イワキ株式会社(当社)及び子会社(17社)、関連会社(1社)で構成され、医薬・FC、HBC、化学品、食品等の事業を展開しております。当連結会計年度より、弘塑電子設備(上海)有限公司、Tokyo Kakoki Co.,Ltd.(Cayman)の重要性が増したため、連結の範囲に含めております。...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当社グループは、主として当社及び連結子会社8社、持分法適用関連会社2社で構成されております。また、各社の主な事業内容は、医薬品等の製造・販売業であり、単一のセグメントであります。各社は主として、当社及び当社取引先を対象に事業を営んでおります。...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社78社及び関連会社16社により構成されており、主な事業内容、当該事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。なお、次の4部門は、「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。連結子会社5社(東邦薬品株式会社、九州東邦株式会社、株式会社セイエル、株式会社幸燿、合同東邦株式会社)、非連結子会社14社及び関連会社4社(酒井薬品株式会社、他3社)は、製薬メーカー等から医薬品及び医療関連商品を仕入れ、病院・診療所・調剤薬局等へ販売しております。製薬メーカー等の商品については上記の連結...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、(株)スズケン(当社)、子会社58社及び関連会社6社により構成されており、医薬品の販売、製造及び保険薬局を主な事業としているほか、これらに付随する医療関連サービス等事業を営んでおります。(1) 医薬品卸売事業............医薬品、診断薬、医療機器・材料等を販売する事業であります。(2) 医薬品製造事業............医薬品、診断薬等を製造する事業であります。(3) 保険薬局事業...............医療機関からの処方箋に基づき調剤を行う事業であります。メーカー支援サービス...医薬品の輸配送、希少疾病用医薬品の流通に関する総合的支援を行う事業...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-06-30)

(2011-06-30) 売上高4年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,4年連続マイナス成長経常利益4年連続赤字,4年連続マイナス成長当期純利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社83社及び関連会社10社により構成されており、国内及び海外における各種商品の販売を主要事業とし、その他商品の製造・加工・販売・サービスの提供等の業務に携わっております。Project 21 PTE. Ltd. 、(株)インコントロ、当社、La Esperanza Delaware Corp. 、Kowa Europe GmbH、Kowa Asia Ltd. 、Kowa Holdings Asia Pte, Ltd. 、Kowa Asia Pacific Pte. Ltd. 、Kochi S. A. 、その他20社Kowa Pharmaceu...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-06-30)

(2013-06-30) 売上高プラス成長に回復営業利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益マイナス成長へ転落,6年連続黒字当期純利益マイナス成長へ転落,6年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益2年連続マイナス成長,赤字へ転落経常利益2年連続マイナス成長,赤字へ転落当期純利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-06-30)

(2009-06-30) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)フォレストホールディングス)、子会社23社及び関連会社11社(うち持分法適用関連会社1社)により構成されており、医薬品・医療機器等の卸販売を主たる業務、その他事業を付帯業務としております。(1) 医薬品等卸販売事業......主要な商品は医療用医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品、医療機器等であります。医療用医薬品......子会社(株)アステム他子会社3社が卸販売しております。一般用医薬品......子会社(株)リードヘルスケアが卸販売しております。動物用医薬品......子会社(株)サン・ダイコーが卸販売しております。医療機器等 .......(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は平成27年10月1日に単独株式移転の方法により、株式会社大木の完全親会社として設立されました。当社は、持株会社として傘下グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務を行っております。当社グループは、主として当社及び連結子会社8社、持分法適用関連会社2社で構成されております。また、各社の主な事業内容は、医薬品等の製造・販売業であり、単一のセグメントであります。各社は主として、株式会社大木及び株式会社大木の取引先を対象に事業を営んでおります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

ほくやく・竹山ホールディングスの同業他社をもっと見る

ほくやく・竹山ホールディングスの関連統計

統計分類検索へ

ほくやく・竹山ホールディングスの基本情報

企業名 株式会社ほくやく・竹山ホールディングス
カナ カブシキガイシャホクヤクタケヤマホールディングス
英語名 HOKUYAKU TAKEYAMA Holdings,Inc.
業種 卸売業
所在地 札幌市中央区北6条西16丁目1番地5
ホームページ http://www.hokutake.co.jp/
EDINET E03003
証券コード 3055
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3055)
決算日 03月31日