比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2010-08-31)

2015/11/01

マツモトキヨシ九州販売の最新業績

業界:ドラッグストア業界すぐ比較

マツモトキヨシ九州販売の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からマツモトキヨシ九州販売の事業内容についても確認できます。 注意:マツモトキヨシ九州販売の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2010-08-31:-10

2010-05-31:10

売上高

2010-08-31:114億5329万

2009-08-31:120億8444万

売上総利益

2010-08-31:31億7939万

2009-08-31:34億9296万

営業利益

2010-08-31:-1億6522万

2009-08-31:415万

経常利益

2010-08-31:-1億6603万

2009-08-31:-2552万

当期純利益

2010-08-31:-6億3842万

2009-08-31:-8億1118万

もっと見る

営業CF

2010-08-31:-3億8082万

2009-08-31:1億7966万

投資CF

2010-08-31:4億6201万

2009-08-31:-1億1555万

財務CF

2010-08-31:-147万

2009-08-31:-3億5801万

総資産

2010-08-31:105億5838万

2009-08-31:122億7551万

流動資産

2010-08-31:50億5895万

2009-08-31:61億3478万

現金及び現金同等物

2010-08-31:7億9286万

2009-08-31:10億0304万

2008-08-31:16億4831万

もっと見る

現金及び預金

2010-08-31:7億9286万

2009-08-31:15億2253万

固定資産

2010-08-31:54億9942万

2009-08-31:61億4072万

負債

2010-08-31:111億1827万

2009-08-31:113億6993万

流動負債

2010-08-31:92億4630万

2009-08-31:65億0096万

固定負債

2010-08-31:18億7197万

2009-08-31:48億6896万

純資産

2010-08-31:-5億5989万

2009-08-31:9億0557万

2008-08-31:19億2539万

もっと見る

従業員数

2010-02-28:528

2009-02-28:583

2008-02-29:561

2007-02-28:547

臨時従業員数(外)

2010-02-28:374

2009-02-28:378

2008-02-29:347

2007-02-28:289

売上総利益率

2010-08-31:27.8

2009-08-31:28.9

売上営業利益率

2010-08-31:-1.4

2009-08-31:0

売上経常利益率

2010-08-31:-1.4

2009-08-31:-0.2

売上純利益率

2010-08-31:-5.6

2009-08-31:-6.7

もっと見る

ROA

2010-08-31:-12

2009-08-31:-13.2

ROE

2010-08-31:228

2009-08-31:-179.2

自己資本比率

2010-08-31:-5.3

2009-08-31:7.4

流動比率

2010-08-31:54.7

2009-08-31:94.4

固定比率

2010-08-31:-982.2

2009-08-31:678.1

マツモトキヨシ九州販売の事業内容

メインサブ
マツモトキヨシ九州販売
なし

書類を取得できませんでした。

マツモトキヨシ九州販売の業績推移

マツモトキヨシ九州販売の同業他社

業績 (2014-08-15)

(2014-08-15) 売上高マイナス成長へ転落営業利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字経常利益8年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益又は当期純損失(△)2年連続マイナス成長,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-15)

(2017-06-15) ”当社グループは、医薬品、化粧品、日用雑貨、食料品及び酒類等を販売するドラッグストア並びに処方箋調剤を主要業務とする調剤併設型ドラッグストアを営む小売業であります。当社グループは、主に郊外型の店舗を出店しており、売場面積400坪以上をメガ・ドラッグストアと定義し、売場面積400坪~1,000坪のメガ・ドラッグストアを中心に展開しております。また、車社会に対応した広い駐車場を店舗の前面に構え、一台あたりの駐車スペースも広くとっております。店舗形態はワンフロアとなっており、前面の駐車場から地続きになっていることで、段差もなく直接店内に入ることができるバリアフリー型になっております。その店内は、明るく...(20170614に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/27

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループは、当社(ゲンキー株式会社)及び連結子会社2社から構成されており、医薬品、化粧品、雑貨、食品等を中心に販売するディスカウントドラッグの経営、ECサイトを通じた化粧品、雑貨の販売を営む小売業の経営、当社のプライベートブランド商品の企画・開発を主たる業務としております。なお、当社グループは、医薬品、化粧品、雑貨、食品等の小売業という単一セグメントであるため、主要取扱商品及び店舗の特徴を表にまとめて記載しております。当社グループは、出店立地等に合わせて次のような店舗形態に分類しております。お客様の足元に密着した親切・丁寧なサービスが特徴。「近所で生活費が節約できるお店」をコンセプトに、生...(20160912に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-08-15)

(2016-08-15) ”当社グループは、お客さまの健康で快適な生活をサポートすることを使命とし、「健康で明るい社会の実現に貢献する」を経営理念に掲げております。今日、ドラッグストアを取り巻く経営環境は、医薬分業の拡大、規制緩和、少子高齢化、セルフメディケーションなど急速な変化が起こっております。を行い、更なる成長を目指しております。当社グループは、小売事業として、医薬品・化粧品を中心とした健康および美容に関する各種の商品に加え、日用雑貨・食品などの最寄りの商品を販売しております。また、一部店舗には併設の調剤薬局やテナントを配置することで、お客様の利便性向上を図っております。なお、当連結会計年度より、当社グループは単一...(20160513に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-08-31)

(2015-08-31) ”当社グループは、当社及びその他の関係会社1社から構成されており、医薬品、化粧品、雑貨、食品等の販売及び処方箋調剤を主要な業務とする小売業を営んでおります。なお、当社は医薬品・化粧品等の小売業の単一セグメントのため、事業部門別に記載しております。...(20150529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社マツモトキヨシホールディングス)、連結子会社14社及び関連会社1社により構成されております。ドラッグストア・保険調剤薬局等のチェーン店経営を行う小売事業を核に、卸売事業、管理サポート事業を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社9社及び関連会社2社により構成されており、医薬品、化粧品、日用雑貨等の店頭販売及び薬局の経営を主たる事業としております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び関係会社10社(連結子会社6社、非連結子会社3社及び関連会社1社)により構成されており、「ドラッグストア」を基本として、医薬品・衛生介護品・ベビー用品・健康食品、調剤、化粧品、家庭用雑貨及び食品等の販売を主たる事業とする小売業を主な事業としております。また、(株)CFSサンズは平成28年9月1日付でウエルシアオアシス(株)と合併しております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは当社(株式会社クリエイトSDホールディングス)及び子会社5社により構成されており、医薬品、化粧品等の小売販売を主たる業務としております。株式会社クリエイトエス・ディーが担当しております。また、ドラッグストアで販売するプライベートブランド商品の製造企画を株式会社エスタが、店舗清掃等を株式会社クリエイトビギンが、それぞれ担当しております。ドラッグストア事業の主な業務は医薬品、化粧品、食料品、日用雑貨品等の販売及び調剤であります。有料老人ホーム事業をウェルライフ株式会社が、デイサービス事業を株式会社サロンデイが、それぞれ担当しております。...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、「コスモス薬品の店があることで、その地域の日常の暮らしが豊かになることを目指します」を経営理念としております。忙しい現代人にとって、最も大切なものは時間であり、時間の節約こそが消費者の最大のニーズと考えます。そこで当社グループは、日常生活で必ず必要となる消耗品を満載したドラッグストアを展開することによって、その地域の生活を便利で豊かなものとし、「地域生活者=お客様」の更なる満足を追求していくことを経営の基本方針としております。また、医薬品・化粧品の専門知識を有したスタッフが、お客様の相談に気軽に応じる「ライトカウンセリング」をはじめ、良い接客、清潔で整理整頓された売場の徹底など...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、医薬品、化粧品、食料品及び日用雑貨等、生活関連商品を扱う小売業を主たる業務としております。主要な取扱品目については、当社は単一セグメントであるため、部門別に記載しております。...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-15)

(2017-05-15) ”当社グループは、当社、連結子会社11社および非連結子会社1社により構成されております。ダイジングに吸収合併しております。...(20170810に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-08-20)

(2016-08-20) ”当社は、「健康と美と衛生を通じて社会から期待される企業作りを目指すこと」という経営理念に基づいて、医薬品や化粧品を核商品としながら、生活者の利便性も重視して、日用雑貨、食品、小物衣料などの生活必需品を加えた品揃えのあるドラッグストア事業を行っております。当社のドラッグストアは、出店立地の環境に応じて売場面積150坪から500坪の範囲で店舗展開を進めております。ドラッグストアの出店地域は主に北陸3県であり、当該地域におけるドミナント基盤強化を行っております。更に、信越・北関東・東海近畿への出店を継続しており、当該地域においてもドミナントエリアの拡大を行っております。平成28年5月20日現在で北陸...(20160818に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(スギホールディングス株式会社)及び子会社4社により構成されております。当社グループの主要な会社の事業内容は次のとおりであります。医薬品・健康食品・化粧品・日用品等を販売するとともに、処方箋調剤や地域の医療関係者と連携した在宅医療に取り組む『地域医療対応型ドラッグストア』の経営を主たる業務としております。訪問看護サービス・居宅介護支援サービスの提供を通して、地域医療機関ならびに社会福祉事業者との連携を密にした『訪問看護ステーション』の経営を主たる業務としております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-05-31)

(2015-03-31) ”当社は、親会社で純粋持株会社イオン株式会社を中心とするイオングループのH&BC事業の中核会社の一員として、ドラッグストア事業とその関連事業を展開しており、イオングループ各社との間でプライベートブランド等の商品供給、用度品・資材の供給、ショッピングセンターへの出店、クレジット・電子マネー等の取引を行っております。また、当社グループは当社を中心とする子会社3社から構成され、医薬品、化粧品、日用雑貨品及び加工食品、一部の生鮮食品等の小売を主体に事業活動を展開しております。当社を中心とした企業集団が営んでいる主な事業内容は、次のとおりであります。...(20150520に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社アインホールディングス)、子会社89社及び関連会社1社により構成されており、「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報と同一区分であり、当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。当社は、調剤薬局の経営及びフランチャイズ業、調剤薬局開設に係るコンサルティング等を行っております。子会社株式会社アインファーマシーズ、株式会社アインメディオ、株式会社ダイチク、株式会社あさひ調剤、株式会社メディオ薬局、NPホールディングス株式会社、株式会社葵調剤ほか73社は、調剤薬局の経...(20170731に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社サンドラッグ(当社)及び子会社7社(株式会社サンドラッグファーマシーズ、株式会社星光堂薬局、株式会社サンドラッグプラス、株式会社サンドラッグ・ドリームワークス、株式会社ピュマージ、ダイレックス株式会社、株式会社サンドラッグエース)の合計8社により構成されております。当社グループは、薬局の経営並びに医薬品・化粧品・日用雑貨等の販売及び卸売りを主たる事業としております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-09-30)

(2009-09-30) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社3社、持分法適用関連会社1社、非連結子会社1社及び持分法非適用関連会社1社の計7社で構成されており、ドラッグストア及び保険調剤薬局等における、医薬品、健康食品、化粧品、育児用品及び雑貨等の販売を主たる事業として展開しております。当連結会計年度において、連結子会社であったBEAUNET CORPORATION LIMITEDは第三者割当増資により議決権比率が減少し関連会社となったため、連結の範囲から除外し、持分法適用の範囲とするとともに、同社の子会社である上海美優文化伝播有限公司、璞優(上海)商貿有限公司並びに美悉商貿(上海)有限公司については、連結の範囲から除外...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

マツモトキヨシ九州販売の同業他社をもっと見る

マツモトキヨシ九州販売の関連統計

統計分類検索へ

マツモトキヨシ九州販売の基本情報

企業名 株式会社 マツモトキヨシ九州販売
カナ カブシキガイシャ マツモトキヨシキュウシュウハンバイ
英語名 Matsumotokiyoshi Kyusyuhanbai Co.,Ltd.
業種 小売業
所在地 福岡市博多区住吉二丁目2番1号
ホームページ http://www.mkq.matsukiyo.co.jp/
EDINET E03383
証券コード -
決算日 02月28日