比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2012-03-31)

2015/11/01

熊本銀行の最新業績

業界:銀行業界すぐ比較

熊本銀行の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から熊本銀行の事業内容についても確認できます。 注意:熊本銀行の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2012-03-31:-2.21

2011-12-31:0.78

2011-09-30:3.82

2011-06-30:6.91

経常収益

2012-03-31:264億7800万

2011-03-31:282億2200万

2010-03-31:301億9300万

2009-03-31:343億2700万

経常利益

2012-03-31:-5億7800万

2011-03-31:40億5000万

2010-03-31:9億8900万

2009-03-31:-4億9300万

当期純利益

2012-03-31:15億5100万

2011-03-31:24億0700万

2010-03-31:3億5600万

2009-03-31:7億4600万

営業CF

2012-03-31:190億5900万

2011-03-31:138億7200万

2010-03-31:-52億7800万

投資CF

2012-03-31:-199億5000万

2011-03-31:-92億7200万

2010-03-31:43億4800万

もっと見る

財務CF

2011-03-31:49億9900万

総資産

2012-03-31:1兆2539億8100万

2011-03-31:1兆2090億9400万

2010-03-31:1兆1572億1700万

2009-03-31:1兆1787億5500万

現金及び現金同等物

2012-03-31:296億8700万

2011-03-31:305億7300万

2010-03-31:209億7000万

2009-03-31:218億9700万

負債

2012-03-31:1兆1780億4700万

2011-03-31:1兆1372億4200万

2010-03-31:1兆1026億1000万

2009-03-31:1兆1265億9300万

純資産

2012-03-31:759億3300万

2011-03-31:718億5200万

2010-03-31:546億0600万

2009-03-31:521億6100万

従業員数

2012-03-31:943

2011-03-31:962

2010-03-31:972

2009-03-31:1027

もっと見る

臨時従業員数(外)

2011-09-30:204

2010-09-30:222

2009-09-30:143

売上経常利益率

2012-03-31:-2.2

2011-03-31:14.4

2010-03-31:3.3

2009-03-31:-1.4

売上純利益率

2012-03-31:5.9

2011-03-31:8.5

2010-03-31:1.2

2009-03-31:2.2

ROA

2012-03-31:0.1

2011-03-31:0.2

2010-03-31:0

2009-03-31:0.1

ROE

2012-03-31:2

2011-03-31:3.3

2010-03-31:0.7

2009-03-31:1.4

自己資本比率

2012-03-31:6.1

2011-03-31:5.9

2010-03-31:4.7

2009-03-31:4.4

熊本銀行の事業内容

メインサブ
熊本銀行

書類を取得できませんでした。

熊本銀行の業績推移

熊本銀行の同業他社

業績 (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社3社で構成され、銀行業務を中心に、保証業務などの金融サービスを提供しており、銀行業の単一セグメントであります。なお、当行は株式会社横浜銀行と共同株式移転の方式により平成28年4月1日に両行の完全親会社となる株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループを設立し、両行は完全子会社となりました。...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社3社で構成され、銀行業務を中心に金融サービスを提供しております。なお、当行及び当行の関係会社は銀行業の単一セグメントであり、事業系統は次のとおり、銀行業務とそれを補完するその他の業務の2つの事業部門により構成されております。...(20140731に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当行及び当行の関係会社は、親会社であるフィデアホールディングス株式会社のもと、当行及び連結子会社1社及び関連会社(持分法適用会社)1社で構成され、銀行業を中心に金融サービスを提供しております。平成26年7月1日に、株式会社北都銀行を吸収合併存続会社とし、北都銀ビジネスサービス株式会社を吸収合併消滅会社として合併しました。また、株式会社北都ソリューションズを平成26年10月31日に解散し、平成27年2月23日に清算結了しました。...(20150618に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び関連会社1社(フィデア中小企業成長応援ファンド1号投資事業組合)により構成(平成27年3月31日現在)されており、「創意と熱意、卓越した情報力を駆使して、人々と地域、社会の夢の実現を支援する『革新の金融情報サービスグループ』をめざします」という企業理念のもと銀行業務を営んでおります。当行は、本店ほか支店76カ店、出張所6カ店、代理店3カ店(平成27年3月31日現在)等を拠点に、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務及び社債受託・登録業務を中心に行い、附帯業務として代理業務や証券投資信託、生命保険等の窓口販売業務等...(20150618に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社2社で構成され、銀行業務を中心に金融サービスを提供しております。当行及び当行の関係会社は銀行業の単一セグメントであり、事業系統は次のとおり、銀行業務とそれを補完するその他の業務の2つの事業部門により構成されております。なお、Hokuriku International Cayman Limitedは平成25年7月19日付けで清算結了しております。...(20150629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高マイナス成長へ転落経常利益黒字へ回復,プラス成長に回復当期純利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当行グループは、当行、連結子会社12社で構成され、銀行業務を中心に証券業務、保証業務、事業再生支援・債権管理回収業務などの金融サービスを提供しております。なお、当行グループは、単一セグメントであるため、事業の区分は事業内容別に記載しております。当行の本店ほか支店163ヶ店、出張所6ヶ店、海外駐在員事務所8ヶ所により運営されており、福岡県を主要営業基盤に、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務等を行っております。ふくおか証券株式会社、ふくぎん保証株式会社、ふくおか債権回収株式会社ほか連結子会社9社により、証券業務、保証業務、事業再生支援・債権管理回収業務等を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続黒字,4年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当行及び当行の関係会社(平成29年3月31日現在、当行、親会社2社、連結子会社2社及び関連会社(持分法適用会社)2社により構成)は、銀行業務を中心に、以下の業務を行っております。...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/21

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続プラス成長経常利益黒字へ回復,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び(連結)子会社2社で構成され、銀行業務を中心に不動産管理業務、保証業務などの金融サービスを提供しており、銀行業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-09-30)

(2012-09-30) 売上高マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-09-30)

(2012-09-30) 売上高マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行の業務は、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務の他、代理業務、国債等公共債及び証券投資信託の窓口販売、保険商品の窓口販売等の銀行業務のみで、リテールバンキングに積極的に取り組んでおります。なお、当行の事業の区分は銀行業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) 経常収益プラス成長に回復経常利益2年連続プラス成長,6年連続黒字当期純利益6年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社(株)かなぎんビジネスサービス、(株)かなぎんオフィスサービスで構成され、銀行業務を中心に、証券業務、保険窓口販売業務などの金融サービスを提供しております。当行の本店のほか33支店においては、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務これらの業務に付帯する代理業務を行い、地域特化型の銀行として地域に密着した金融サービスに積極的に取組んでおります。当行の有価証券関連部門においては、商品有価証券売買業務、国債等公共債および証券投資信託の窓口販売業務、有価証券投資業務を行っております。当行においては、保険窓口販売業務を行っております。連結子会社においては...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行は、銀行業務を中心に、証券業務、投資信託・保険商品の窓口販売業務等の金融サービスに係る事業を行っており、当行の事業の区分は銀行業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行は、預金業務、貸出業務、内国為替業務の他、代理業務、国債等公共債及び証券投資信託の窓口販売、保険商品の窓口販売等の銀行業務を行っております。なお、当行の事業の区分は、銀行業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-09-30)

(2015-09-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行及び子会社1社で構成されており、銀行業務を中心に保証業務などの金融サービスに係る事業を行っております。...(20150930に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/12/22

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループ(当行及び当行の関係会社)は、当行及び連結子会社2社で構成され、銀行業務を中心に企業経営に関するコンサルティング及び経営相談業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、当行グループは、銀行業の単一セグメントであるため、事業の区分は事業内容別に記載しております。当行の本店ほか支店46店、出張所2店においては、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務等を取扱い、県内法人及び個人の資金需要に対して積極的に資金を供給しております。子会社については、企業経営に関するコンサルティング等を行っております。なお、かいぎんカード株式会社は、平...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

熊本銀行の同業他社をもっと見る

熊本銀行の関連統計

統計分類検索へ

熊本銀行の基本情報

企業名 株式会社熊本銀行
カナ カブシキガイシャクマモトギンコウ
英語名 The Kumamoto Bank, Ltd.
業種 銀行業
所在地 熊本市中央区水前寺六丁目29番20号
ホームページ http://www.kumamotobank.co.jp/
EDINET E03675
証券コード -
決算日 03月31日