比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/26

横浜高速鉄道の最新業績

業界:鉄道業界すぐ比較

横浜高速鉄道の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から横浜高速鉄道の事業内容についても確認できます。 注意:横浜高速鉄道の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:10

2016-12-31:8.82

2016-09-30:7.64

2016-06-30:6.48

営業収益

2017-03-31:116億6867万

2016-03-31:114億7310万

2015-03-31:112億1019万

2014-03-31:112億7797万

経常利益

2017-03-31:2億1572万

2016-03-31:-1億8400万

2015-03-31:-3億1781万

2014-03-31:-3億4357万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:2億8051万

2016-03-31:-1億7813万

2015-03-31:-3億4009万

2014-03-31:3億9203万

営業CF

2017-03-31:60億7118万

2016-03-31:52億7336万

2015-03-31:49億7330万

2014-03-31:49億1495万

投資CF

2017-03-31:-5億6728万

2016-03-31:-12億9774万

2015-03-31:-30億7113万

2014-03-31:-38億2934万

もっと見る

財務CF

2017-03-31:-12億0789万

2016-03-31:2億4381万

2015-03-31:-29億7151万

2014-03-31:-32億3210万

総資産額

2017-03-31:2211億2684万

2016-03-31:2211億8226万

2015-03-31:2211億4949万

2014-03-31:2253億8649万

流動資産

2017-03-31:121億5557万

2016-03-31:77億7536万

2015-03-31:30億7489万

2014-03-31:39億9030万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:102億4768万

2016-03-31:59億5167万

2015-03-31:17億3224万

2014-03-31:28億0159万

現金及び預金

2017-03-31:53億0866万

2016-03-31:59億8334万

2015-03-31:4億9224万

2014-03-31:17億1326万

固定資産

2017-03-31:2088億9353万

2016-03-31:2133億6894万

2015-03-31:2180億7460万

2014-03-31:2213億9618万

もっと見る

負債

2017-03-31:1825億5610万

2016-03-31:1828億9203万

2015-03-31:1826億8113万

2014-03-31:1865億7803万

流動負債

2017-03-31:174億5465万

2016-03-31:175億5659万

2015-03-31:169億2687万

2014-03-31:168億9652万

固定負債

2017-03-31:1651億0145万

2016-03-31:1653億3544万

2015-03-31:1657億5426万

2014-03-31:1696億8151万

純資産

2017-03-31:385億7073万

2016-03-31:382億9022万

2015-03-31:384億6836万

2014-03-31:388億0845万

従業員数

2017-03-31:102

2016-03-31:107

2015-03-31:97

2014-03-31:97

売上経常利益率

2017-03-31:1.8

2016-03-31:-1.6

2015-03-31:-2.8

2014-03-31:-3

もっと見る

売上純利益率

2017-03-31:2.4

2016-03-31:-1.6

2015-03-31:-3

2014-03-31:3.5

ROA

2017-03-31:0.1

2016-03-31:-0.1

2015-03-31:-0.2

2014-03-31:0.2

ROE

2017-03-31:0.7

2016-03-31:-0.5

2015-03-31:-0.9

2014-03-31:1

自己資本比率

2017-03-31:17.4

2016-03-31:17.3

2015-03-31:17.4

2014-03-31:17.2

流動比率

2017-03-31:69.6

2016-03-31:44.3

2015-03-31:18.2

2014-03-31:23.6

固定比率

2017-03-31:541.6

2016-03-31:557.2

2015-03-31:566.9

2014-03-31:570.5

業績ランキングは

102

(3910社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

横浜高速鉄道の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
横浜高速鉄道
なし

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/27(年度)2015/06/25(年度)2016/12/20(四半期)2015/12/24(四半期)
みなとみらい21線みなとみらい21線みなとみらい21線鉄道施設鉄道施設
こどもの国線こどもの国線こどもの国線みなとみらい21線みなとみらい21線
鉄道施設鉄道施設鉄道施設旅客旅客
東急東横線東急東横線東急東横線鉄道鉄道
日本政策投資銀行日本政策投資銀行日本政策投資銀行こどもの国線こどもの国線
鉄道・運輸機構鉄道・運輸機構鉄道・運輸機構第一種鉄道事業第一種鉄道事業
京浜急行電鉄京浜急行電鉄京浜急行電鉄第三種鉄道事業第三種鉄道事業
路線図路線図路線図走行距離走行距離
財政投融資財政投融資財政投融資鉄道線路保険金
第三種鉄道事業第三種鉄道事業第三種鉄道事業運輸圧縮記帳
京浜急行京浜急行京浜急行線路鉄道線路
鉄道鉄道鉄道第一種運輸
地下地下ホームドア客車線路
地下利息第一種
こどもの国協会こどもの国協会高島トンネル支払利息客車
多極分散型国土多極分散型国土使用料支払利息
こどもの国こどもの国こどもの国協会出前使用料
第二種鉄道事業者第二種鉄道事業者多極分散型国土出前
機構債機構債こどもの国
旅客旅客第二種鉄道事業者社債
利子利子機構債ii保険
第三種鉄道事業者第三種鉄道事業者旅客人員利息
路線路線利子有価証券ii
運輸運輸第三種鉄道事業者人員
路線証券
第一種鉄道事業第一種鉄道事業自主企画長期長期
鉄道駅鉄道駅運輸
相互直通運転相互直通運転
路盤路盤第一種鉄道事業資金資金
走行距離走行距離鉄道駅金額金額
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161220)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

横浜高速鉄道の類似企業へ

横浜高速鉄道の業績推移

横浜高速鉄道の同業他社

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 営業収益2年連続プラス成長営業利益7年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益7年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益7年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”索道路線は広島県廿日市市宮島町紅葉谷公園奥地標高約60米の地点紅葉谷駅を起点とし、南方約1,100米、標高約350米の地点榧谷駅までの第一区間を8人乗り客車22両を60秒間隔で運行する複線循環式索道と、更に榧谷駅から南方約530米、標高435米の地点獅子岩駅までの第二区間を30人乗り客車2両を4分間隔で運行する三線交走式索道により観光客の輸送を行い、その付帯事業として紅葉谷駅に売店を、獅子岩駅にレストラン及び売店等を設置し、経営を行っております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益マイナス成長へ転落,赤字へ転落経常利益マイナス成長へ転落,7年連続赤字当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当企業集団は岳南鉄道株式会社(当社)、親会社及び子会社2社により構成されており、その営んでいる主要な事業内容は次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/21

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の企業グループは、当社及び子会社3社で構成され、運輸事業(鉄道、バス、タクシー)、流通事業(石油製品販売等)、不動産事業(不動産賃貸)を主な業務としております。当社および子会社の事業内容は、次のとおりであります。なお、以下の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-09-30)

(2015-09-30) ”おり、運輸、不動産、レジャー・サービスを主な事業として取り組んでおります。あります。上記部門の会社数には、当社が重複して含まれている。...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-09-30)

(2012-09-30) 営業利益6年連続黒字,3年連続マイナス成長経常利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益6年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高3年連続プラス成長経常利益2年連続マイナス成長,赤字へ転落当期純利益プラス成長に回復,3年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は地方鉄道による単一事業の旅客運輸業を行っている。なお、旅客運輸営業に付帯する旅行業、広告業を行っている。また、駅構内において、売店による物品販売及び軽飲料水の自動販売機による営業も併せて行っている。路線については、営業区間は会津若松市(西若松)を起点とし南会津町(会津高原尾瀬口)を終点とする57.4kmである。当社は、事業系統別に分かれていないので、下記のとおり会社の組織図を記載する。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の主たる事業は鉄道事業法による鉄道事業で、その他事業として国内旅行業及び物品販売業等を行っております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。昭和62年10月31日運輸大臣(現国土交通大臣)から能登線(穴水・蛸島間)の第1種鉄道事業免許を受け、昭和63年3月25日から営業を開始、平成2年1月31日に七尾線(七尾・輪島間)の第2種鉄道事業免許を受け、平成3年9月1日から営業を開始しておりましたが、第2種鉄道事業免許区間の一部の七尾線穴水・輪島間の営業を平成13年4月1日に、第1種鉄道事業免許区間の能登線穴水・蛸...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高2年連続プラス成長経常利益2年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、関西圏における広域的な都市機能整備の一環として、鉄道事業法に基づく鉄道事業及び軌道法に基づく運輸事業等を行うことを目的に、昭和63年5月25日に設立された第三セクターであります。同年10月28日に鉄道事業法に基づき、片福連絡線の第三種鉄道事業者(鉄道施設を敷設して他社に運営させる事業者)の免許を取得し、平成9年3月より第二種鉄道事業者(他の鉄道事業者が敷設した線路を使用して運営を行う事業者)であり、当社の「その他の関係会社」でもあります西日本旅客鉄道株式会社にJR東西線の鉄道施設を貸付け、同社から線路使用料を収受し、その資金にて独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下、「鉄道運...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は平成17年8月24日に開業したつくばエクスプレスを第一種鉄道事業者として運営する旅客運送業者です。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間(58.3km)を最速45分で結ぶ都市高速鉄道で、利用者及び沿線地域に以下のような効果を生み出すことを期待されています。東京圏北東方面は東京都心からの放射方向の鉄道網の密度が極めて低い地域となっていましたが、開業により、都心までの時間距離が大幅に短縮されました。沿線地域は多くの開発計画地を抱えており、沿線開発と鉄道整備を一体的・計画的に整備することにより、良質の住宅・宅地の供給が可能となります。IT拠点として発展する秋葉原と研究開発拠点のつくばが結びつくこ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社11社及び関連会社4社で構成され、その営んでいる主要な事業内容は、次のとおりです。東京都区部を中心に、9路線からなる地下鉄ネットワークを保有し、鉄道の運行及び運営並びに鉄道施設等の保守管理を行っています。鉄道事業とのシナジー効果が発揮できる事業展開を基本とし、当社路線の沿線において、渋谷マークシティなど、オフィスビルやホテルを中心とした不動産の賃貸を行っています。当社資産などを活用し、当社路線の駅においてEchikaなどの商業施設の運営、主として駅構内や電車内の広告を取り扱う広告事業、光ファイバーの賃貸などを行う情報通信事業などを行っています。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-03-31)

(2013-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2017/01/25

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、「世界を、活性化する。」ことをコーポレートミッションに掲げ、店舗情報及び消費者(以下、ユーザーという)の店舗に関する評価・口コミ(感想)に基づくランキング等を掲載する地域情報口コミサイト「エキテン」の運営を中心にインターネットメディア事業を行っております。 店舗にとって「エキテン」は、インターネット上に情報発信を行うための場であるとともに、自店舗に対する感想・評価を口コミとして収集し、集客、販売や経営に活用するためのツールでもあります。他方、ユーザーにとって「エキテン」は、多業種に渡る店舗検索サービスを利用することで、自身のニーズを満たす店舗を探し当てたり、利用した店舗の感想・評価を発...(20161129に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

横浜高速鉄道の同業他社をもっと見る

横浜高速鉄道の関連統計

統計分類検索へ

横浜高速鉄道の基本情報

企業名 横浜高速鉄道株式会社
カナ ヨコハマコウソクテツドウカブシキガイシャ
英語名 -
業種 陸運業
所在地 横浜市中区元町一丁目11番地
ホームページ http://www.mm21railway.co.jp/
EDINET E04152
証券コード -
決算日 03月31日