比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/29

北日本放送の最新業績

業界:テレビ・ラジオ業界すぐ比較

北日本放送の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から北日本放送の事業内容についても確認できます。 注意:北日本放送の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:8.97

2016-12-31:8.88

2016-09-30:8.65

2016-06-30:8.01

売上高

2017-03-31:59億5644万

2016-03-31:59億8148万

2015-03-31:60億3900万

2014-03-31:57億9500万

売上総利益

2017-03-31:30億7416万

2016-03-31:30億7578万

2015-03-31:30億4431万

2014-03-31:30億0805万

営業利益

2017-03-31:5億9396万

2016-03-31:5億5062万

2015-03-31:6億4518万

2014-03-31:5億4268万

経常利益

2017-03-31:8億4992万

2016-03-31:7億9598万

2015-03-31:8億4600万

2014-03-31:7億4300万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:5億6769万

2016-03-31:6億0907万

2015-03-31:5億3500万

2014-03-31:4億5600万

もっと見る

包括利益

2017-03-31:5億3000万

2016-03-31:3億7700万

2015-03-31:16億5600万

2014-03-31:11億0700万

営業CF

2017-03-31:7億9865万

2016-03-31:9億2967万

2015-03-31:7億4000万

2014-03-31:6億3100万

投資CF

2017-03-31:-1億8700万

2016-03-31:-5億4200万

2015-03-31:1億0900万

2014-03-31:-7億1800万

財務CF

2017-03-31:-1億0100万

2016-03-31:-1億0200万

2015-03-31:-1億0200万

2014-03-31:-8100万

総資産額

2017-03-31:230億7995万

2016-03-31:227億5385万

2015-03-31:226億8700万

2014-03-31:205億4100万

流動資産

2017-03-31:85億0813万

2016-03-31:83億1214万

2015-03-31:79億2305万

2014-03-31:69億7445万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:39億9357万

2016-03-31:34億8385万

2015-03-31:31億9824万

2014-03-31:24億4900万

現金及び預金

2017-03-31:68億2557万

2016-03-31:64億8075万

2015-03-31:57億4783万

2014-03-31:54億0687万

固定資産

2017-03-31:145億7182万

2016-03-31:144億4170万

2015-03-31:147億6480万

2014-03-31:135億6742万

負債

2017-03-31:29億9848万

2016-03-31:31億0055万

2015-03-31:33億0968万

2014-03-31:27億1795万

流動負債

2017-03-31:18億4622万

2016-03-31:19億4695万

2015-03-31:19億5325万

2014-03-31:18億0513万

固定負債

2017-03-31:11億5225万

2016-03-31:11億5359万

2015-03-31:13億5642万

2014-03-31:9億1281万

もっと見る

純資産

2017-03-31:200億8147万

2016-03-31:196億5330万

2015-03-31:193億7817万

2014-03-31:178億2300万

従業員数

2017-03-31:147

2016-03-31:134

2015-03-31:133

2014-03-31:130

臨時従業員数(外)

2017-03-31:55

2016-03-31:58

2015-03-31:54

2014-03-31:61

売上総利益率

2017-03-31:51.6

2016-03-31:51.4

2015-03-31:50.4

2014-03-31:51.9

売上営業利益率

2017-03-31:10

2016-03-31:9.2

2015-03-31:10.7

2014-03-31:9.4

売上経常利益率

2017-03-31:14.3

2016-03-31:13.3

2015-03-31:14

2014-03-31:12.8

もっと見る

売上純利益率

2017-03-31:9.5

2016-03-31:10.2

2015-03-31:8.9

2014-03-31:7.9

ROA

2017-03-31:2.5

2016-03-31:2.7

2015-03-31:2.4

2014-03-31:2.2

ROE

2017-03-31:2.8

2016-03-31:3.1

2015-03-31:2.8

2014-03-31:2.6

自己資本比率

2017-03-31:87

2016-03-31:86.4

2015-03-31:85.4

2014-03-31:86.8

流動比率

2017-03-31:460.8

2016-03-31:426.9

2015-03-31:405.6

2014-03-31:386.4

固定比率

2017-03-31:72.6

2016-03-31:73.5

2015-03-31:76.2

2014-03-31:76.1

業績ランキングは

1014

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

北日本放送の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
北日本放送

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/29(年度)2016/12/27(四半期)2015/12/28(四半期)
knbケイエヌビィケイエヌビィ短波ラジオラジオ放送
ケイエヌビィknbイーcmタイム
イータイムラジオローカル民放連
ラジオ放送イータイムタイムdy
タイムラジオ番組民放連cm
入船テレビ放送テレビ放送dy博報堂
テレビ放送北陸新幹線スポット企画展バレエ
ラジオローカルテレビ博報堂オペラ
企画展テレビ北陸新幹線スポット番組
番組番組番組改編ラジオ放送実質成長率
別館ラジオ放送cmテレビ局雇用契約
モバイル広告博報堂dyラジオ放送テレビ放送ぶり
博報堂dy人材派遣博報堂dyマイナス視聴率
人材派遣レギュラ人材派遣ネットテレビ放送
テレビネットローカルラジオレギュラ
空調設備パートナーズメディアメディア武器
ネットcmパートナーズ電通ブレーキ
ローカルぶりぶりパートナーズローカル
パートナーズ歯止めラジオ
歯止め投資有価証券番組電通
スポットメディアネット研究所パートナーズ
cmプラス不動産テレビマイナス
空調繰延税金負債投資有価証券投資有価証券スポット
ぶり不動産プラスプラスコマーシャル
土地有価証券イベント研究所
メディアインターネット繰延税金負債繰延税金負債テレビ
投資有価証券証券貸倒れ証券メディア
繰延税金負債売上原価土地定期預金投資有価証券
不動産なか証券役員プラス
インターネットインターネット有価証券繰延税金負債
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161227)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

北日本放送の類似企業へ

北日本放送の業績推移

北日本放送の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社のその他の関係会社である(株)読売新聞グループ本社は、それぞれに子会社・関連会社から構成される企業集団を有し広範囲に事業を行っております。このうち、当社グループは、認定放送持株会社である当社と子会社48社及び関連会社28社から構成されており、セグメント区分ごとの事業内容は以下のとおりです。日本テレビ放送網(株)及び(株)日本は、テレビ番組を企画制作し、無料放送を行うことによるテレビ広告枠の販売、番組などのコンテンツの配信及びライセンス、映画の製作・公開、イベント・美術展の開催並びに通信販売を行っております。(株)日本は、110度衛星基幹放送事業及び番組供給事業を行ってお...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、平成19年4月2日に、(株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(以下、「スカイパーフェクTV」)とジェイサット(株)(以下、「JSAT」)が経営統合し、両社を完全子会社とする共同持株会社として設立されました。その後、平成20年3月31日に宇宙通信(株)(以下、「SCC」)を子会社化し、平成20年10月1日には、スカイパーフェクTVを存続会社としてJSAT及びSCCの3社が合併した新会社(スカパーJSAT(株) 以下、「スカパーJSAT」)を中核事業子会社とするグループとなりました。有料多チャンネル事業は、東経110度で運用中の衛星を利用し、デジタルテレビですぐに楽しめる約70チャ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社8社、関連会社4社で構成されており、事業の種類別では放送関連、不動産関連およびその他で構成されております。各事業の内容等は次のとおりです。なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、グループ各社が、独自の権限と責任による迅速な意思決定を図り、グループ全体の「営業力」をより強固なものとし、放送メディアとして、一層の企業価値向上を図ることが可能となり、また、経営資源の効率的な配分により、戦略的機能の拡充、集約や新規事業への積極的な取り組みといったことが可能となる仕組みを築くべく、平成28年4月1日付で、グループ経営管理事業及び不動産賃貸事業を除く一切の事業に関する権利義務の一部を当社の完全子会社であるRKB毎日分割準備株式会社(現 RKB毎日放送株式会社)に吸収分割により承継し、認定放送持株会社へ移行しました。当社は本会社分割後、グループ経営管理事業及び不動産賃貸事業...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、平成29年3月31日現在、当社、子会社4社及び関連会社7社で構成され、放送関連事業、不動産関連事業を主たる業務としている。なお、放送関連事業及び不動産関連事業の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。放送関連事業 ─── 当社がテレビジョン、ラジオの放送及び放送に関連した事業を主催する他、持分法適用関連会社(株)インフォメーション・ネットワーク・コミュニティにおいて当社のテレビジョン放送を長野県の一部に有線による再送信をしている。連結子会社(株)コンテンツビジョン及び関連会社(...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは当社、子会社2社で構成され、放送関連事業、その他の事業の2部門に関係する事業を主として行っており、各事業における当社及び子会社の位置付け等は次のとおりであります。当社は、放送法によるラジオ放送及びテレビ放送事業、並びにこれに関連する諸事業を行っております。子会社(株)北陸スタッフは主として広告代理事業を、子会社(株)北陸アイティエスは主として放送番組制作、人材派遣業等を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社と子会社3社で構成され、商業テレビ・ラジオ放送、放送番組の企画制作並びに販売等の民間放送事業、ビル賃貸業等の不動産事業及び物品販売、各事業に関連する催物・イベントの請負、太陽光発電事業等のその他の事業活動を展開しております。○民間放送事業: 当社は、商業テレビ・ラジオ放送及びその番組の企画・制作・販売をしております。番組の企画・制作の一部は子会社株式会社ケービーシーメディア及び株式会社ケイ・ビー・シー映像が受注し、当社が全部を仕入れております。○不動産事業 : 当社は、新KBCビル・KBCビル・KBCパーキングビル等を賃貸し、子会社ケイビーシー開発株式会社が賃貸管理を行って...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当グループは、当社、子会社5社及び関連会社2社で構成され、一般放送業を主な事業の内容とし、更に、コンピューター関連事業、不動産賃貸事業、学園・貸ホール事業及びその他(サービス事業)を行っている。なお、次の5部門の内、その他(サービス事業)については連結対象に含んでいないが、他の4部門は「第5 経理の状況」 1.(1)連結財務諸表 注記」に掲げるセグメントの区分と同一である。当社が行うテレビ及びラジオ放送に係わる番組、CM、PR映画の企画制作を株式会社プロダクションナップ(連結子会社)、ページワンプランニング株式会社(非連結子会社)、株式会社NBCソシア(連結子会社)が行い、販売面においては、広...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社及び子会社2社で構成され、民間放送事業を中心に各種の事業を営んでおります。当社はラジオ、テレビの放送時間の販売と番組の制作ならびに販売等を営んでおります。子会社株式会社Kプロビジョンは記録・PR映画の制作等を営んでおります。子会社株式会社山陽放送サービスはコンピューターソフト開発、イベント企画制作、バラ園事業等を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、電波法の規定に基づくラジオ、テレビジョン放送の設備を有し、放送法によって商業放送を行なう基幹放送事業者であり、放送番組の制作と販売を営んでいる。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社、子会社4社及び関連会社4社で構成され、放送事業、不動産賃貸事業、情報処理事業及びその他の事業の4事業を行っています。なお、セグメントと同一の区分です。当社が(株)フジテレビジョンをキー局とするFNSネットワークの九州基幹局として、主として(株)フジテレビジョンから番組の供給を受けて放送、並びに自社制作番組、広告を放送しています。当社制作番組の一部については、(株)ビデオ・ステーション・キュー(連結子会社)に、CM運行の一部と美術部門の運営、グッズの販売については(株)TNCプロジェクト(連結子会社)にそれぞれ業務委託しています。当社と(株)TNC放送会館(連結子会社)が共...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続プラス成長営業利益4年連続黒字,プラス成長に回復経常利益4年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高4年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,4年連続プラス成長当期純利益5年連続黒字,4年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続赤字,プラス成長に回復経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び親会社である(株)ビックカメラ(東京証券取引所市場第一部上場)で構成されており、デジタル放送事業の単一セグメントであります。当社は、放送法に基づく放送衛星を利用した認定基幹放送事業を営むことを主たる事業目的として設立され、デジタルハイビジョン放送(チャンネル:211ch、リモコンID:11)を行っており、全国無料放送による総合編成を行う放送局として、報道番組、教養番組、娯楽番組、広告、ショッピング番組、その他の番組を広く扱うことにより、広告主よりタイム収入、スポット収入及びその他収入を得ております。また、「質の高い情報を提供することで人々に感動を与え幸せな社会づ...(20161117に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益2年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益2年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-02-28)

(2015-02-28) ”当社の事業は、有線テレビジョン放送法及び電気通信事業法に基づく放送・電気通信施設をもって、有線テレビ放送事業を営む単一セグメントですが、事業の内容については、事業の部門別に記載しています。受信者(加入者)に対して、ケーブルテレビネットワークを通じてNHK、民放各社の番組を配信するほか、当社が他から購入した番組及び自社で制作した番組を配信し、配信に対して月額利用料を徴収します。また、加入にあたっては加入料のほか、受信のための必要な工事の対価として工事料を徴収します。有線テレビジョン放送用のネットワークを利用し、インターネット専用のIP接続サービスを提供します。サービスの提供に対しては接続利用料を...(20150820に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

北日本放送の同業他社をもっと見る

北日本放送の関連統計

統計分類検索へ

北日本放送の基本情報

企業名 北日本放送株式会社
カナ キタニホンホウソウカブシキガイシャ
英語名 Kitanihon Broadcasting Co.,Ltd.
業種 情報・通信業
所在地 富山市牛島町10番18号
ホームページ http://www.knb.ne.jp/
EDINET E04395
証券コード -
決算日 03月31日